柴犬と1400GTR

柴犬・コテツと小鈴とカワサキ1400GTRと食べ歩き日記

はりがね(中区)くろがね

はり - 1
舟入のはりがね
はりが - 1はりが - 2
ひさしぶりにここにやってきたのだが公式サイトを見ると以前と違っていろいろ新メニューがあるようだ。
はりが - 3はりが - 4
そんなはりがねの焼きアゴラーメン狙いだったが店内のメニューにどこにも書いてなかったので急遽くろがねラーメンをお願いした。
はりが - 5はりがね - 1
ただ自分の直後に入ってきた客が「焼きアゴラーメンある?」と店員さんに聞くと奥から寸胴持ってきて「あります」と答えていたからこれは裏メニュー的な存在なのかもしれんな。
はり - 2
さてそんなこんなでやって来たよ!はりがねのくろがねラーメン750円。
「香味野菜をごま油で焦がし黒ゴマを散りばめた当店オリジナルマー油ラーメン」とメニューにあるが熊本系をイメージさせるルックスだ。
はり - 3
麺は店名から連想させるような極細タイプではなく広島では馴染みのある太さのストレート。
はりが - 6はりが - 8
店内が暗いのでどうしても写真がピンぼけになりがちだが、マー油由来のニンニク臭とかはあまり感じられない。
はりが - 7はりが - 9
そこでテーブルに置いてあったニンニクペーストを少々入れてみた。
これで一気にニンニキーになってそれらしくなってきた。
はりが - 10はりが - 11
この手の濃厚なとんこつスープにはモヤシがイマイチ合わないような気がするのだがここではモヤシの存在感はそれほど強くない。
はり - 4
テーブルに置いてあるもうひとつの辛味噌のようなのも思い切って入れてみた。
確かにこれは劇薬でもしかしてこのお店の名物調味料なんかしらんがニンニク強い豆板醤みたいでビンタを食らったような気がした。
はりが - 13はりが - 12
チャーシューは薄いがコッテリ系で博多ラーメンコンセプトとしてはかなり凝ってる。
チャーシュー麺にすればもっとブタブタしたラーメンが楽しめることだろう。
はりが - 14はりが - 15
謎の赤味噌を追加してからは一気にワイルド方面にぶっ飛んでしまったがベースのとんこつがしっかりしているのでそのドーピングに全然負けていないのは驚いた。
今度こそ焼きアゴラーメンを食べにまたここにやってこないといかんようだ。

わいるどラーメン ごんぞう 日本本店(東広島市)

ごん - 1
わいるどラーメン ごんぞう 日本本店
開店直後に訪麺して以来3ヶ月ぶりにやってきた。
ごんぞ - 2ごんぞ - 1
相変わらず先着5人までは730円のデフォルトラーメンが500円になるサービス続行中のようで、運良く今回もその一人に滑り込めてしまった。
開店前から並んでいたのだがその殆どが学生さんらしき若い男性でおっさんの自分が割引にありついたりしてなんか悪いような気がしてしまった(笑)
ごんぞ - 3ごんぞ - 4
開店時間少し前に大将が出てこられて入店し自動券売機で食券を購入してカウンターに通された。
ごんぞ - 5ごんぞ - 6
前回その量の多さにびっくりしたので豚1枚の650円のチケットを購入したのだが着席するなり150円を返却してもらった。
そしてしばらく待って来たのがコレ。
ごん - 2
わいるどラーメン ごんぞう 日本本店のラーメン豚一枚(ニンニク、野菜、コチュジャン増し)500円。
ごん - 3
どこから見てもブッとくてデカいチャーシューは2枚に見える。
値引いてもらって更にチャーシュープラスしてもらっているのに文句など言えるだろうか?言えるはずもない。
ごん - 4
これまたかなり太くずっしり重量感のある自家製麺を引っ張り出して混ぜる。
だけどさすがは自家製だけあってコシは凄まじいくらいで風味もあってかなり上質な麺であることは間違いない。
ごんぞ - 7ごんぞ - 8
さて気合を入れて上と下を混ぜて全体にニンニクを行き渡らせる。
どうでも良いがこのときニンニク増しコールしたのは自分くらいであとの若者たちは野菜、脂、コチュジャン増しが多かった。
ごんぞ - 9ごんぞ - 10
自分はこの手の二郎系ラーメンはニンニク抜きだと完食する自信がないが若い人は平気なのだろう。
前回はなかったコチュジャンだが非常にこのスープに合うし味変を楽しむためにはこれは必須だろう。
ごんぞ - 11ごんぞ - 14
それにしてもこのどえらいチャーシューはお腹にドシンと来るのだが柔らかくジューシーで相当に旨いのでガンガン食べられる。
ごんぞ - 12ごんぞ - 13
それよりも後半にその存在感を大幅に増してくるのはこの太麺で並でもどれくらい入っているのか知らんが通常のラーメンよりかなり多く感じるし女性だと麺半分ってのがあるからこれを選んだほうが無難だろう。
ごんぞ - 15ごんぞ - 16
脂増しを選択してなくても最初から背脂がかなり混入していてこってり感も半端ない。
時々背脂も麺に乗って食べてしまうのでかなり気合を入れて立ち向かわないと食べきれなくなってくるだろう。
どうにかこうにか完食、前回は店内が暑くて倒れそうになったが今回は空調が改善されたようでクーラーがガンガンに効いていてこの辺の心配はなくなったのは有難かった。
それにしても自分のようなおっさんだとここのラーメンはキツイのも確かで量と脂に不安がある場合は思い切って麺を減らして注文するほうが無難だろう。
こんなに打ちのめされて店を出たのに暫くするとまたここのラーメンにまた揉んでもらいたくなるのはドMのラヲタである以上仕方がないことなのかもしれない(笑)

丸源ラーメン 広島五日市店(佐伯区)台湾ラーメン

まる - 1
久しぶりに丸源ラーメン 広島五日市店にやってきた。
まるげ - 1まるげ - 2
今日の目的はハッキリしていて公式サイトに公開されていた台湾ラーメン狙いだ。
まるげ - 3まるげ - 4
台湾ラーメンと言えば本場名古屋の味仙が有名だがここの味が忘れられなくてあっちこっちで食べてみるがどれもこれもアレでカップ麺が一番マトモという皮肉な事になってしまっている。
まるげ - 6まるげ - 5
だから過度な期待はしないで思い切ってチェーン店にすがりついたってとこかな。
辛さが足りない事態が想定されるのでまずはここらへんの卓上調味料をチェック!!
まる - 2
比較的はやくキタヨ!!丸源ラーメン 広島五日市店の台湾ラーメン(激辛でとお願いしたが意味があったのだろうか?)750円。
まる - 3
まず本物との違いはモヤシトッピングでどことなく不安を覚えるがまあとにかく食べてみないとね。
麺はこの台湾ラーメン専用のストレート麺とメニューに書いてあったが少し柔らかめの黄色い麺。
まるげ - 8まるげ - 9
肉そぼろにニラが浮いているのはいかにも台湾ラーメンだが肝心のスープは旨味はじゅうぶんながら想像通り辛さが足りない。
まるげ - 10まるげ - 11
って言うより味仙の台湾ラーメンはデフォルトで驚くほど辛くてパンチが効いているのでこのインパクトがないとソレらしさが一気になくなってしまう。
まるげ - 12まるげ - 14
そこでテーブルにあった「どろだれラー油」を少し溶いてみたがこれでかなり辛さがアップすることがわかった。
まるげ - 7まるげ - 13
あとはニンニクの香りがもう少し欲しいのでこれも卓上調味料で追加してやった!
まるげ - 15まるげ - 16
これでかなり本物に近づいたがやはりまだ辛さが足りない。
まる - 5
そこでどろだれラー油のさらなる追加とどさくさで辛そうなのでテーブルにあった野沢菜醤もついでに放り込んでやった(笑)
まる - 4
果たしてこれで自分の思うような辛さとコクが生まれて台湾ラーメンらしくなって嬉しくなった。
まるげ - 17まるげ - 18
後半はスープに沈んだ肉をレンゲですくっていたらスープもほとんど飲んでしまったが辛さで汗だくななって完食はできなかった。
だけどラーメンチェーン店とたかをくくっていたのだがベースは相当本格的でかなり生真面目に台湾ラーメンを追求しているなと感心してしまった。
万人受けさせる必要から辛さを抑制しているのはまあ仕方がないにしてもそのポテンシャルは決して侮れないなと反省しながら店を出たのだった。

くにまつ+武蔵坊(南区)ハーフ&ハーフセット

くに - 1
くにまつ+武蔵坊
ekieという広島駅に新しく出来た観光客向けグルメスポットのコラボ店舗。
くにむさ - 1くにむさ - 2
廣島ぶちうま通りのどんつきにあって店内に入るとまずはこの自動券売機が待っている。
くにむさ - 3くにむさ - 4
基本的に初心者向け店舗なので外人さんにもわかるように食べ方の説明が丁寧にしてある。
くにむさ - 2
くにまつ、武蔵坊の両方の汁無し坦々麺のハーフ&ハーフセット1000円。
くに - 3
こっちが武蔵坊かな?
くに - 4
そしてこちらがくにまつ?
くにまつはKUNIMAXしか食べたことがないのでようわからん(笑)
くにむさ - 5くにむさ - 6
これに丁寧に〆のライスと温泉卵がデフォルトでついてくる。
これで1000円はなかなかオトクなんじゃないかと思えてくる。
くに - 5
くに - 6
さっそくマゼマゼするのだが麺はどっちも同じなのか差がようわからん(笑)
くにむさ - 7くにむさ - 8
辛さもほどほどでノーマルでもなかなかウマいやん。
くにむさ - 10くにむさ - 11
基本的に温泉卵は入れない派なのだがついてきたので入れてみた。
まあ予想通りかなりマイルドになるのだがなんとなく刺激が減って物足りない。
くにむさ - 12くにむさし - 1
卓上にはくにまつ、武蔵坊の花山椒が別々に置いてあってこれを入れて刺激を取り戻そう!
くにむさ - 13くにむさ - 14
なるほどこれをするとしっかり汁無し坦々麺の旨さが立ってくるようで嬉しくなってしまった。
くにむさ - 15くにむさ - 16
普通に食べると自然とタレが残ってくるのでここからご飯の出番になる。
くにむさ - 17くにむさ - 18
う〜〜んやっぱりこのライスインはやっぱり好きになれんのでご飯は残してしまった。
くにむさ - 20
初めて来たのでよくわからなかったので一番無難そうなハーフ&ハーフセットをお願いしたがよくよく自動券売機を見ればくにまつKUNIMAXのハーフ600円と武蔵坊昇天のハーフ600円ってのがあるやん。
次回はこれにチャレンジしにやってこようと思ったのだった(笑)

きみの声をとどけたい

470197414ad4c965032062c1348351a1
メールやSNSが普及した時代だからこそ声の力を信じたいという思いのもと制作された、神奈川県の湘南を舞台に7人の女子高校生の青春を描くアニメ。
言葉に宿る魂を信じるヒロインと友人たちが織り成す奇跡を映し出す。
制作をマッドハウスが担当し、監督を『オーバーロード』シリーズなどの伊藤尚往が担当。
ボイスキャストをオーディションで選ばれた片平美那ら6名から成る声優ユニット「NOW ON AIR」と、三森すずこが務める。 36622286_107461
海辺の町、日ノ坂町に住んでいる16歳の少女、行合なぎさは幼少期に祖母から聞いた、言葉に宿る魂「コトダマ」の話を信じていた。
ある日、なぎさは何年も使われないままになっているミニFMステーションに迷いこんでしまう。
出来心でDJの真似事をしたなぎさの声は偶然にも放送され、その言葉がある人物に届いて……。
kimikoe_b001
何の予備知識もなく観たアニメーション映画。
 夏の高校が舞台でコンセプトは「言霊」。 
女子高校生がひょんな事から夏休みミニFMラジオ局をやるようになるのだが物語のテーマが最初に提示されているのでストーリーの組み立てが実に理解しやすく展開も早い。 maxresdefault
1時間半と短めの映画ながら少女漫画のような柔らかいタッチの絵に乗ってええ歳ぶら下げたおっさんの自分もこの世界に惹き込まれてしまった。 
内容も実に奥深く練り込まれており全体の起承転結までしっかりしているのには脱帽だ。 20170830205611
ラストのオチもあまりに清々しくて思わず泣けてしまった。 
まさかこんな若い女の子向けみたいなアニメで心を打たれてしまうなんて映画はやっぱり観てみんとわからんもんじゃのー。 
伊藤尚往という監督さんはビッグな作品を当てそうで、コレから発表する作品には注目する必要がありそうだ。 
個人的には久しぶりに強くススメたい一本。 
素晴らしい。
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カテゴリー
月別アーカイブ
記事検索
メッセージ