柴犬と1400GTR

柴犬・コテツと小鈴とカワサキ1400GTRと食べ歩き日記

一代 彌山 特醸吟撰(広島・中国醸造)

み - 1
〈原材料〉米・米麹・醸造アルコール
〈アルコール分〉15度以上16度未満
〈精米歩合〉60% 〈原料米〉八反錦 他(すべて広島県産)
〈使用酵母〉協会9号
〈日本酒度〉+4 〈酸度〉1.2 
〈アミノ酸度〉1.1
みせ - 1みせ - 2
一代 彌山 特醸吟撰 1800ml 税込み 2,116円。
みせ - 3みせ - 4
「一代・彌山 特醸吟撰」は、選りすぐった酒米を使用し辛口でありながら深い味わいの逸品です。弥山の崇高なる自然を想う、味わい深い佳酒です。
彌山」の書 武門ノ茶・上田宗箇流 家元 上田宗冏匠
上田宗箇流は四〇〇年の歴史を持つ武家の茶道です。桃山時代に確立した「侘び茶」を、武家の茶として現代まで途絶えることなく伝える、武家茶の代表的な流儀と言われています。一代「彌山」の書は、十六代目御家元 上田宗冏宗匠によるものです。
み - 2
蔵元で購入したのだが熱燗で呑むように指示されたのでそのようにしてみた。
2000円ソコソコの安酒ながら昔の呑むと喉が変に焼けるわ、塩が入ってんじゃないかと思うほど不自然に辛かった悪しき箱酒一代とはまるで別物、相当に洗練されているのに驚いた。
比較的大きな事業規模の会社だからまあ色々妥協もあるのだろうがこのレベルなら充分に通用するだろう。
知らない間に日本酒も大きく進化しているのは間違い無さそうだ。

ニュータッチ 大阪なにわの焼そば(ヤマダイ)

な - 1
ニュータッチ大阪なにわの焼そば
なに - 1なに - 2
・ ソースは地元大黒屋の串かつソース使用!
・ ふりかけの花かつおが踊る!
・ パッケージの通天閣が目印です
なに - 3なに - 4
発売日 2017年6月19日
希望小売価格(税抜) 170円
内容量 125g/めん100g
なに - 5なに - 6
日本における“粉もん"文化のメッカ、大坂。そんな大阪の焼そばをカップ焼そばで表現しました。味の決め手となるソースには大阪の人気地ソースである㈱大黒屋の「串かつソース」を使用。
なに - 7なに - 8
麺はもっちりとした弾力のあるフライ麺で、量も100gと食べ応えも十分です。ビーフの旨みやガーリック、スパイスを絶妙に効かせたソースが太めの麺によく絡みます。
な - 2
トッピングの花かつおをふりかければ、甘辛さにダシ感がプラスされ、後引く味わいに。パッケージから味に至るまで、大阪情緒あふれる一品に仕上げました。
な - 3
1食当たり エネルギー:538kcal、たんぱく質:9.1g、脂質:18.5g、炭水化物:83.8g、ナトリウム:1.6g、食塩相当量:4.1g
なに - 9なに - 10
実際に食べてみるとけっこうな太麺のソース焼きそばとしてはまあ珍しくもないし甘辛い仕上がりは大阪らしさ、要はオリジナリティも乏しい。
なに - 11
トータルで考えるとニュータッチ 大阪なにわの焼そばでなければならない、という理由もないので敢えてこれを選ぶ理由はあまりない。
大手の焼きそばとは一味違う個性をもっと前面に押し出して欲しいと残念に思ってしまった。

博多一風堂 広島袋町店(中区)赤丸新味

い - 1
やってきたのは博多一風堂 広島袋町店
いつ - 1いつ - 2
今日は飲み会の〆できたのは良いのだがはっきり言って飲みすぎていて記憶が定かじゃない。
正直に言うとこの写真も自分で撮影したのに全部初見の画像ばかりだ(笑)
い - 2
注文したのは赤丸新味のようでこれにタマゴを追加しているようだが普段は滅多にタマゴ入れたりしないのになんでこんなことになっているのか?
い - 3
変な話だがいつもは白丸元味を注文することがほとんどだから赤丸はあまり知らなくて、麺が白丸より太いように見える。
いつ - 4いつ - 7
どうでも良いのだが酔っているせいでピンぼけの麺を持ち上げた写真ばかりがズラズラとあるのだがどういう心理なのだろう。
いつ - 5いつ - 6
スープも少ないながらも一応はかろうじて撮っているようだ。
いつ - 8いつ - 9
なぜか煮玉子を最後のあたりまで残しているようでこんなこと絶対にせんのにな〜と思って笑える。
い - 4
たどたどしい箸裁きながらどうにかタマゴを割ったようだ。
いつ - 3いつ - 10
ベロ酔いの割にしっかりと食べているのには呆れる。
翌日ニンニクの香りを感じたので何かと追加したのかも知れないが全く記憶にない。
オマケにここからどういう経路で自宅まで帰ったのかも定かじゃなくお酒って怖いことを今頃思い出したのだった(汗)

集来軒(中区袋町)

し - 1
集来軒
グーグルマップを使っていたからやってこれたが普通は絶対に気づかないようなお店。
しゆ - 1しゆ - 2
今日は忘年会で何の予備知識もなくこの店にやってきた。
しゆ - 3しゆ - 4
4人の忘年会に少し早くついてしまったから待っている間にも着々と準備が進められていてタレと塩、キャベツが運ばれてきた。
しゆ - 5しゆ - 6
メンツが揃って生ビールで乾杯!
メニューはこういう当店名物おすすめコース2人分4800円がウリなのようなのでこれをお願いした。
ずいぶんザックリとした注文だがこんな方が楽で良いとは思うわな。
しゆ - 7しゆ - 8
ヤサキ刺し。
ヤサキっていわゆる「ハツ」の事で心臓のようだ。
生肉は久しぶりだがそれにしても新鮮なのかこれは臭みもまったくなくてウマいがね。
しゆ - 9しゆ - 12
これってホッペらしい。
いわゆる頬の肉ではなく牛の肺らしい。
グニュグニュとした独特の食感でこれもなかなかのもんだ。
しゆ - 10しゆ - 11
メニュー通りだとするとこれがホルモン?
とにかく半分以上が脂身のコッテコテながら酢の効いたタレに相性が非常に良い。
それ以前にこのあっさり酸っぱくて少し辛味のある独特のタレの秀逸さが光る。
しゆ - 14しゆ - 15
さてこのへんから日本酒にチェンジ。
最初は金光酒造の桜吹雪大吟醸
初めて呑んだがサスガの飲みやすさにがっつり呑んでしまった。
し - 2
牛タン。
こんな柔らかいタンって食べたこと無いよ。
どうなっているの?
しゆ - 13しゆ - 16
もうここらへんになると記憶も曖昧でこのメニューっていったんなんなんだろう?(汗)
し - 3
これはどうみてもタンじゃないから追加で注文したのかな?
う〜〜ん写真はあるけど思い出せない。
し - 4
おお!貴まで呑んだのか。
今になって初めて知った。
楽しい忘年会だったがいったい幾ら払ったのだろう?
それにしてもこお集来軒のお肉料理のレベルの高さには正直舌を巻いた。
こんな名店をこれまで見過ごしていたとは一生の不覚だった。
今度は迂闊にウマい日本酒に呑まれる事なく肉を味わいにリベンジを誓ったのだった。

旭鳳 特別純米 八反錦(旭鳳酒造)

きょ - 1
旭鳳 特別純米 八反錦
きょく - 1きょく - 2
蔵元 旭鳳酒造
日本酒度 +3
原料米 八反錦
酵母 K701
アルコール度数 15~16度
精米歩合 60%
きょく - 4きょく - 3
広島県産酒造好適米八反錦を使用した、まろやかでバランスのとれた純米吟醸酒です。
きょ - 2
熱燗にして呑んでみた。
香りは日本酒のそれと言うよりどことなくニッケ飴を思わせるような独特なもの。
きょく - 5
色はかなり黄色くこれも個性的。
味も同様で甘さの中に香ばしさがあってチョコレートを思わせるいわゆるクセのある日本酒だ。
好き嫌いの好みがハッキリ分かれそうでこういう酒が広島で造られていること自体面白い。
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カテゴリー
月別アーカイブ
記事検索
メッセージ