柴犬と1400GTR

柴犬・コテツと小鈴とカワサキ1400GTRと食べ歩き日記

和歌山 井出商店(そごう広島店)中華そば

い - 4
そごう広島店の夏の全国うまいもの大会(6月21日(水)〜7月3日(月))にあの和歌山 井出商店がやってくると告知されていたのでさっそく行ってきた。
いで - 15いで - 1
和歌山市の井出商店には実際訪れた事があるのでその時との比較になってしまうが、このような出店でどう違うのか調べてやろうと言う意地悪な意識がどうしても強くなる(笑)
いで - 2いで - 3
メニューには701円と書かれていたが実際には700円と言われてなんだか得したような気がしたが確か和歌山市の本店と同金額ってのは立派だ。
いで - 4
イートインスペースが用意されていてゆっくりと食べることができるのはやっぱりありがたい。
い - 1
あまり待たされないでやってキタヨ!和歌山 井出商店の中華そば700円。
まあなんとも懐かしいというか「ザ・和歌山ラーメン」というルックスと漂って来る香りに惚れ惚れするわ。
い - 2
麺はムチッとした食感の黄色いストレート。
そうそう!!これだった!と思い出してしまった。
いで - 5いで - 11
ナルトを見るといつも和歌山ラーメンと連想してしまうほどの強烈なアイコンになっているようで、味のインパクトはさほど感じないが箸休めとして面白い。
いで - 7いで - 13
メンマも存在感は希薄でどっちかというと入ってるだけという立ち位置なのも本店と同じでポリポリと食感を楽しめる。
いで - 6いで - 10
こってり脂ギッシュなチャーシューは相変わらずのパンチが効いていてこのラーメンのトッピングの主に相応しい。
い - 3
でもはやりこのラーメンのキモは広島ラーメンとは全く方向性の異なる濃厚で独特なコクがはっきりと伝わってくるとんこつ醤油スープであることは誰の目にも明らかだ。
いで - 8いで - 9
最初からレンゲが入っているのだけは唯一本店と違ったところだが自分はこのスープに圧倒されながら本店同様にレンゲを使わないで食べた。
いで - 12いで - 14
和歌山市でたべた井出商店の中華そばと寸分の差異もないとことを確信した時、このスープを残す選択肢はもうなかった。
完食してそういえばこの丼も本店のそれと同一であることも判明した。
これだったら和歌山市まで行かないでも同料金で同じラーメンを食べることができるこの機会をみすみす逃す手があるのだろうか?あるワケがない。
井出商店は今回が広島初出店らしいがコレに懲りずにまた来て欲しいもんぢゃ。

福岡 だるま(広島三越 催事出店)とんこつラーメン

だ - 1
三越広島店の地下にある名人の台所
ここに福岡 だるまが期間限定6月20日(火) ~ 6月27日(月)で出店すると聞いてやって来た。
だる - 1
料金は前払い制で756円だ。
「昭和38年創業から変わらず作りつづけている博多豚骨ラーメン、スープは濃厚かつ繊細、麺は極細麺を使用しています」
だ - 2
ちょっと待ってからキタヨ!福岡 だるまのとんこつラーメン。
ほんの少しの獣臭が鼻腔をくすぐる。
だ - 3
いわゆる博多豚骨ラーメンの特徴である極細麺。
はやく食べないとあっという間に伸びるのでさっそくいただくがこの細さでこのコシはちょっと考えられないが後半になると頼りなくなるだろう。
だる - 3だる - 8
こってり脂の乗ったチャーシューがどどーんと2枚も入っている。
普通博多ラーメンってチャーシューはオマケみたいなのが多いがこれはキチンと手が入っていて嬉しい。
だる - 5だる - 7
博多豚骨ラーメンのもうひとつの特徴であるキクラゲ。
しかしこれほどのキクラゲ大量投入もちょっと記憶にないがメンマの代わりの食感を楽しむには向いている。
だる - 4だる - 6
そんなだるまのとんこつラーメンだがこの真っ白なとんこつスープは確かに濃厚だがクリーミーということはなく醤油による下支えがはっきりと分かるタイプだ。
だ - 4
たまげたのはこのしっかりと辛いネギでこれがどっとかといえば諄いとんこつスープを一気にピリッと締まった味に転換してくれている。
だる - 2だる - 10
これに気づいてからは敢えてネギと麺をスープを一緒に食べるようにするとこのラーメンの本質がわかるような気がしてずっとこれを繰り返した。
だる - 9だる - 11
博多ラーメンといえば個人的にはどうしても一風堂と比較してしまうのだがこの手の出店だと仕方がないが高菜や辛子モヤシなどがないのでハッキリ言ってオールドタイプのとんこつラーメンは後半食べ飽きてしまう。
極細麺は伸びやすいのでそうなるのに拍車がかかる悪循環だ。
この手のラーメンにはどうしてもそういうアシストが必要な事が図らずもわかってしまった博多 だるまだった。

カップヌードル クリーミートマトヌードル(日清食品)

と - 1
カップヌードル クリーミートマトヌードル。パスタやスープでおなじみのメニューである "クリーミートマト" に相性の良いチーズを加え、カップヌードル流にアレンジしました。トマトの酸味とクリーム感が絶妙なコクのある味わいが特徴です。
とま - 1とま - 2
今回発売する「カップヌードル クリーミートマトヌードル」は、冬季限定商品の「カップヌードル ミルクシーフードヌードル」と同様に、濃厚な味わいにこだわった冬にぴったりの商品です。
と - 2
今回発売する「カップヌードル クリーミートマトヌードル」は、冬季限定商品の「カップヌードル ミルクシーフードヌードル」と同様に、濃厚な味わいにこだわった冬にぴったりの商品です。
パスタやスープでおなじみのメニューである "クリーミートマト" に相性の良いチーズを加えてカップヌードル流にアレンジし、トマトの酸味とクリーム感が絶妙なコクのある味わいに仕上げました。とろけたチーズ、トマト、コーン、ピーマンなどの色鮮やかな具材が、見た目にも食欲をそそる一杯です。
と - 3
1. 麺
カップヌードルならではの、しなやかでコシとつるみのある麺。
2. スープ
トマトの酸味とクリーム感がマッチした濃厚なトマトスープ。バジルやパセリの風味とチリフレーバーでアクセントをつけました。
3. 具材
チーズ、ベーコン風味ビッツ、トマト、コーン、ピーマン。
とま - 3とま - 4
これは何ていうか最近の日清食品にありがちな非常にクセのあるカップ麺だ。
アグレッシブに攻めるのはよくわかるし面白いと思うが時々脱線し過ぎているのも見かける(笑)
とま - 5とま - 6
一言で言えば中途半端な印象でこの路線でいくのならもっとトマトの酸味を全面に出すかチーズでどろどろにするくらいの思い切りがないと単なる青臭い野菜カップ麺としか映らない。
どうせ通常のカップヌードルよりも高く取るのならもう少し弾けてもいいんじゃなかろうか(笑)

Dylan(ディラン) Bluetoothヘッドセット

で - 3
アマゾンで買ったDylan(ディラン) Bluetoothヘッドセット。
かれこれ半年の使用感をレビューしてみようと思う。
でゆ - 1でゆ - 2
値段に変動があるようで自分が買った時は2398円だったようだ。
いわゆる補聴器のような耳掛け式の片耳Bluetoothヘッドセットで白いスピーカー部分が回転するので両耳で使えるようになっている。
でゆ - 10でゆ - 11
このスピーカー部分のアタッチメントはサイズ変更できるようにS.M.Lと用意されていてデフォルトでMが付いている。
それと英語の取説に充電用のUSBコードが付いてくる。
で - 1
耳の後ろに隠れるようになる本体の一番下にスイッチがあってこれを長押ししてペアリング、起動、シャットダウンをする。
でゆ - 6でゆ - 8
使っている時はこの緑が点滅しているが充電時は赤く点灯し充電完了するとまた緑が今度は点きっぱなしになって知らせてくれる。
で - 2
充電時は本体の下側にあるUSBジャックに充電コードを差し込むのだが、ジャックが丸見えなのでこの手のヘッドセットに有りがちな差しにくさはなく比較的カンタンに出来るのは嬉しい。
でゆ - 4でゆら - 1
ヘッドセット本体上部にはボリューム調整ボタンがあってこれが曲を進めたり戻したりの機能を兼ね備えており非常に便利だ。
でゆ - 5でゆ - 7
スピーカー部分のイヤーチップの反対側には回転式のマイクとそのスイッチが内蔵されていて電話がかかってきた場合にはここを操作して話すことが出来る。
こんなにマイクが小さいのにちゃんと電話で普通に会話が成立するのにはたまげた。
でゆ - 9でゆ - 3
この手のガジェットはジャブラプラントロニクスが本家だと思うがこの値段を考えれば間違いなくパチモン中華製だろう。
だからあまり高い期待をし過ぎてはならんのでランニングとか雨天使用とかの過酷な状況での使用はしていない。
基本的に朝40分、夜20分のイヌの散歩でニット帽を被ってコレを毎日使い続けているが、フル充電で月曜から金曜の朝30分くらいの時点(4時間半)で「バッテリーロー」と警告が始まり5回程度繰り返されて15分くらいで電源が落ちたが、出来ればもう少し早く(1時間前くらい)に警告してくれたら更に使いやすかろう。
連続使用だと5時間でも平気だったからだいたいこのくらいのバッテリー性能だと思えば良さそうだ。
以前使っていたQCY Q26 Bluetooth 4.1 イヤホン スポーツ仕様 ワイヤレス 片耳 ミニ型の実質2時間半程度と比較すれば内蔵バッテリーの使用時間は驚異的でやはりこれくらいじゃないと実用的ではない。
ただイヤーチップがカナル式のように耳の穴に挿入するタイプではなく耳の穴に「乗っかってる」タイプなので装着感は良いかわりに遮音性に乏しく騒音の大きな場所だと当然聞こえにくくなってしまう。
それと片耳式だからモノラル音源になってしまうのはやむを得ないが音質が良く自分の場合は音楽を聞くのまったく弊害にならない。
コイツの登場のお陰でQCY Q26 Bluetooth 4.1 イヤホン スポーツ仕様 ワイヤレス 片耳 ミニ型は惰眠を貪るハメになってしまったがハッキリ言ってなるで比べ物にならないくらいDylan(ディラン) Bluetoothヘッドセットに軍配があがる。
良いことばかり書いてきたが欠点もあって日によって感度が良くないときがあって原因不明だが、スマートフォンと離れたり振動があるとたびたび通信が切れてしまう事が幾度かあった。
だとしても3000円を切るこの値段でこの高性能は考えられないし満足度は高いがあとは耐久性がどうなのかはこれからわかってくるのだろう。

あつあつ豚汁うどん(東洋水産)

と - 1
近所のスーパーで130円程度で売っていたあつあつ豚汁うどん
とん - 1とん - 2
■商品コンセプト
 「赤いきつねうどん」「緑のたぬき天そば」シリーズの派生品として、本格的な味わいでご好評をいただいている「あつあつ豚汁うどん」を、今年も秋冬期限定で発売致します。和風カップ麺の需要が高まるこれからの時期にラインアップへ加え、シリーズの強化を図って参ります。
とん - 3とん - 4
■商品概要
 コシのあるなめらかなうどんに、豚の旨味を利かせたまろやかな味噌味のつゆがよく絡みます。具材には、豚肉・きざみ揚げと4種類の野菜を加え、彩り豊かな一品に仕上げました。
とん - 5とん - 6
めん コシと弾力のある、なめらかな太めのうどん麺重量70g、5分戻し。
つゆ ポークの旨みをベースに赤・白の味噌を合わせ生姜を効かせたコクのあるつゆ。
具材 豚肉、きざみ揚げ、じゃがいも、にんじん、ささがきごぼう、ねぎ。
とん - 7とん - 8
マルちゃん「赤いきつねうどん」「緑のたぬき天そば」のシリーズ品、季節限定の豚汁うどんです。
ごぼう・じゃがいも等6種類の具材入り、豚の旨み・生姜を利かせ、コクのある味噌で仕上げた豚汁うどん。
とん - 9とん - 10
エネルギー :
めん・かやく 338 kcal 、 スープ 87 kcal 、 合計 425 kcal
食塩相当量 :
めん・かやく 2.3 g 、 スープ 3.8 g 、 合計 6.1 g
と - 2
これで完成!
この時点で味噌の香りが良くまさに寒い季節のお決まりのうどんという感じがする。
と - 3
うどんっていうか麺は確かにもっちり感があって最近のこの手のうどんの技術力に驚かされる。
とん - 11とん - 12
スープは香り高く何も知らされないでこれがカップに入っていなかったら本当の豚汁に即席うどんがはいったものと勘違いしかねんなと思ってしまうほどのデキだ。
と - 4
まあ豚汁ってくらいだから豚肉は入っていないといかんのだがこういう感じになってしまうのは仕方がなかろうて(笑)
とん - 13とん - 14
それでもなにより素晴らしいのは具材の多さのお陰で最後まで「スープだけ」って残念な結果にならずに「豚汁」で有り続けることだった。
いやいやこれが130円程度っていうのは相当なバーゲンだ。
秋になったらまた絶対に買ってしまうと思うな。
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カテゴリー
月別アーカイブ
記事検索
メッセージ