柴犬と1400GTR

柴犬・コテツと小鈴とカワサキ1400GTRと食べ歩き日記

ブログ移転・再開します。

IMG_4067

SSL時代になりブログを移転・再開することにしました。
タイトルも「らをた広島」として一新します。
内容はラーメンにフォーカスを強くさせようと考えていますが更新間隔は以前よりゆっくり目にしようと考えています。
自分のサーバーでやろうかとも思いましたが過去記事までまるごと移転できたので「はてなブログPro」を使用することにし、加えて今回は独自ドメインを取得しましたのでブックマークは
https://www.rawota.hiroshima.jp/
でお願いします。
ぼちぼちやっていますのでお付き合いのほど宜しくお願いします。

麺工房 東海(安佐南区)タルメン

た - 1
麺工房 東海
ここって昔、さんやがあった場所かな?
自家製麺が自慢のお店らしく通されたカウンターの前には手打ちタルメンと国産牛テールスープラーメンが売りだと書いてある。
たる - 1たる - 3
それじゃあって事で手打ちタルメンなるものを注文したがこの日は自家製麺がないそうで機械打ち麺にはなるが大盛り無料で100円引きになると言われたので機械打ちタルメンをお願いした。
た - 2
タルメン(麺大盛り)980円。
そもそもタルメンとはなんぞや?と思っていたのだがどうやら五目あんかけラーメンのことらしくぶっちゃけ中華丼の飯が麺になったもののようだ。
た - 3
ちょっと肩透かしだった機械打ち麺だがなかなかしっかりしていて全然不満はない。
たる - 2たる - 4
よく考えたらありうそうでなかった中華丼の麺バージョンだがもともと中華丼が好きだからすぐに馴染んだ。
たる - 6たる - 7
キクラゲやらエビやら中華丼には定番の具がかなり入っている上に大盛りの麺が食べても食べてもなくならない(笑)
たる - 9たる - 11
さすがにこの量に食べ飽きてきたのでテーブルにあったコショウと酢をいれて味変を試みることにした。
たる - 5たる - 8
作戦は見事に的中し再び再加速して一気に食べ進めることができた。
たる - 10たる - 12
まあだけどこれだったら素直に中華丼にシたほうが良いのではないか?という疑問が脳裏を横切り続けてしまい結局結論はでなかったがなんとなく腑に落ちなかったのは確かだ。
休日のお昼前にお邪魔したが家族連れがひっきりなしでかなり繁盛しているようだ。
ラーメン屋というよりどちらかといえば中華料理店のような立ち位置のお店のようで自分のようなラヲタはちょっと場違い感を覚えながら店を後にしたのだった。

小麦と箸(中区)背油そば

むぎ - 1
小麦と箸
むぎと - 18むぎと - 1
ここは以前おどるタンタン麺があったテナントだがここに新規開業した油そば、つけ麺専門店のようだ。
入店すると自動券売機があるので買おうとしたらこの日は直接大将に注文して先払いするように言われたのでもしかしたら券売機が壊れていたのかな。
むぎと - 3むぎと - 2
カウンターしかない店内の一番奥に製麺機がどーんと置いてあってここが自家製麺のお店であることが主張してある。
むぎと - 4
店名の「小麦」は自家製麺でわかるが「箸」の方は立派な割り箸のことなのか最後までよくわからなかった。
むぎ - 2
少し待たされてからキタヨ!小麦と箸の背油そば800円。
むぎと - 5むぎと - 6
トッピングがかなり凝っていてこれにまず目を奪われてしまった。
むぎ - 3
メンマはわかるがそのうちの一本が揚げたゴボウなんてこれは初めてだ。
むぎ - 4
かなり太めの麺は自家製麺らしくコシがしっかりとあって確かにこれはウマいわな。
デフォルトのまましばらく食べてみたがやっぱりトッピングがあれこれあって面白い。
むぎと - 7むぎと - 8
ここらで味変をすべくお酢と魚粉をふりかけてみた。
むぎと - 9むぎと - 10
なるほど思った通りの変化だがやや物足りなかったので辛味の刺激が欲しくて一味もぶっこんでみた。
むぎと - 11むぎと - 12
ここで好みの味になったのでこのまま一気に完食しようかと思っていたら大将からレンゲご飯なるものが無料で提供されるので全部食べないように言われたのでどうにか思いとどまった。
むぎと - 13むぎと - 14
一口程度のレンゲご飯はそのまま全部入れて魚粉をかけると相性が良いと教えてもらったのでそのとおりにやってみることにした。
むぎと - 15むぎと - 16
なるほどこの〆はたしかに残ったタレをご飯に吸わせて食べるのに好都合であることはまちがいない。
それにこのレンゲご飯のおかげでお腹はいっぱいになって連食しようと画策していたのを諦めたのだった。
なるほど面白い発想の個性的な油そばではあるがここまでやるのならもう一捻り欲しい気もする。
このレベルならもうひとつのメインメニューであるつけ麺も気になるところではある。

らーめんもりかわ(中区)フュージョン

ひゅ - 1
らーめんもりかわ
ひゅー - 1ひゅー - 3
二郎系の新メニューが始まったと聞いてやってきた。
ひゅー - 4ひゅー - 2
要は二郎系のラーメンに麻婆豆腐が追加されているのがフュージョンというラーメンの実態のようだ。
店内に貼ってある紙には辛麻婆豆腐の単品もあるようでわざわざ辛とあるのはそういうことなのだろう。
ひゅー - 5ひゅー - 6
けっこう待たされてからキタヨ!らーめんもりかわのフュージョン(野菜・ニンニク増し)1100+50+50円。
しかし凄まじいまでの野菜の山だ(笑)
ひゅー - 7
さすがにこのまま麻婆豆腐を入れると溢れるのは確実なのでまずはデフォルトのままで食べ始めた。
ひゅ - 2
少し丼に「空き」ができたのでここで満を持して麻婆豆腐を投入。
それでもまだ半分くらいか入れることがないない。
ひゅ - 3
麺は相変わらずの極太麺でコシもしっかりあってこの手のラーメンにはよくあっている、っていうかこれじゃないと無理だろう。
ひゅー - 9ひゅー - 8
期待の辛麻婆豆腐であるが確かにかなり辛くてこのスープを一気に激辛仕様に変化させてくれる。
ひゅ - 4
これだったらと残りの麻婆豆腐を全部投下してスープに混ぜてやった。
当然ながらの辛さが押し寄せてきたがこれくらいのパンチがあったほうが特に後半の食べ飽きることがないので個人的には好ましい。
ひゅー - 10ひゅー - 11
チャーシューも麺や激辛スープに負けない超極太で食べごたえも満点だ。
ひゅー - 12ひゅー - 13
しかし麻婆豆腐がラーメンにこんなに好相性とは知らなかったがここの素のインスパイアにややパンチ不足を感じる向きには少々高いがこのフュージョンの激辛仕様にするってにはアリだと感じた。
今回は野菜とニンニク増し(各50円)にしたがニンニク増しだけは必須なんじゃないかと感じた。
量も凄く最初は完食できるか正直心配だったがあっけなく食べられたのはやはり辛麻婆豆腐によるところは大きいのだろう。

太閤うどん 中町店(中区)太閤ラーメン

たい - 1
太閤うどん 中町店
初めてやってきたが広テレ跡地のわかりやすい立地に洒落た門構えのうどん屋さん。
たいこ - 2たいこ - 3
毎月最終日になるとなぜかうどん屋ではなくラーメン屋に変身すると聞いてやってきたが本当のようだ。
たいこ - 1たいこ - 4
店内ももはやうどん屋とはとても思えないほどシャレオツな雰囲気で自分のようなおっさんにはもしかして場違い感すら漂っているのではないか。
たい - 2
基本的にラーメンはワンメニューのようでこの日は「自家製麺の尾道ラーメン」だった。
たいこ - 5たいこ - 7
「真空調理で仕上げたもみじ豚のチャーシュー」だそうだがこれは確かに完璧にラーメンとしてのトッピングだ。
ちゃんと尾道ラーメンらしく背脂も浮いていてかなり期待させられるがな。
たい - 3
麺は平打ち麺のかなり太いタイプでもううどんとの判別がギリギリくらいのデキだ。
たださすが自家製麺と謳っているだけあってコシがしっかり効いていてかなりのもんだ。
たいこ - 6たいこ - 8
柚子がアクセントになっているスープはもう完全にかつお節を強く感じさせる和風ラーメンだ。
たい - 4
穂先メンマが一本まるごと奢られていてこれはしっかりコストが掛かっているのは間違いない。
たいこ - 10たいこ - 11
煮玉子もちゃんと味付けがしてあってうどんのトッピングの流用じゃないところが芸が細かい。
たいこ - 9たいこ - 12
ただここまで和風を全面に押し出してしまうと全体としてうどんとラーメンの境界線が不明瞭になってきて要はうどんを食べているのかラーメンを食べているのかわからなくなってきた。
たいこ - 13
自分が訪ねた時は開店直後でおっさんしかお客がいなかったが場所柄女性をターゲットにしているのならこういうラーメンもアリなのだろう。
ここまで思い切って個性的に仕上げた「ラーメン」ではあるが基本はきっちりと押さえてあって気がつけばスープまで完食してしまった。
月イチしか食べられないのが残念ではあるがこういう実験的でチャレンジングなお店があるのも悪くないと思ったのだった。
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カテゴリー
月別アーカイブ
記事検索
メッセージ