柴犬と1400GTR

柴犬・コテツと小鈴とカワサキ1400GTRと食べ歩き日記

東洋美人 純米大吟醸 西都の雫 槽垂れ生(澄川酒造場)

とう - 1
東洋美人 純米大吟醸 西都の雫 槽垂れ生。
山口県内限定流通
生産本数:1400本
販売価格:3,500円外税
日本酒度:±0
酸度:1.5
アルコール度数:16度
原料米:西都の雫80%使用
精米歩合:40%
麹米:山田錦 精米歩合:40%
とう - 2
西都の雫とは「「西都の雫」は、県の農業試験場で育成された山口県オリジナルの酒米です。幻の米「穀良都(こくりょうみやこ)」を母方に「西海222号(親:山田錦)」を父方に交配・選抜して生まれました。倒れにくく収量性が高いので、栽培しやすいという特徴をもっています。
 当初は「山口酒1号」という名前で呼ばれており、平成15年から試験栽培と並行して醸造試験を行ってきました。今では、「西都の雫」を使ったいろいろなお酒が造られています。」
とう - 3
山口県の酒米「西都の雫」を80%使用して40%まで磨き上げられたお酒。
限定品なのでお早目にお楽しみください。
しぼったままのお酒を瓶詰めしていますので若干おりが絡んでます。
とう - 4
実際に冷やして呑んでみると東洋美人らしく香りはかなり控えめで味でストレートに呑ませる酒だ。
だけどこれまでの東洋美人シリーズと違って酸味と仄かな苦味が加わったややクセがあるのが特徴で、いつもの東洋美人のような飲みやすさを期待するとやや裏切られる。
最近ではこうして各県で独自の酒米の研究が日々進んでおりこれからの日本酒に新たな新酒の発見があるかもしれない。
結論としてはなんだかんだと言っても東洋美人は全体に非常にハイレベルなブランドであることは間違いない。

乃きや(南区)玉子とじあんかけうどん

の - 1
広島駅前の乃きや
今日はマツダスタジアム2軍戦の帰りにやってきた。
のき - 1のき - 2
時間にして17時前だったので店内は誰も居なかったが通し営業のようで、助かった。
ただ居酒屋メニューは17時からということなのでうどんを食べることになった。
のき - 3のき - 4
玉子とじあんかけうどん(肉・野菜・きのこ入り)850円。
これにおろしたショウガが別皿ででてくる。
の - 2
これはランチ時には注文できないようなのだが手が掛かるのかもしれない。
ショウガ好きの自分はさっそくショウガを放り込んだのだった。
の - 3
うどんはいつもの乃きやの手打ちうどんでしっかりとコシがあって歯ごたえも素晴らしい。
のき - 5のき - 8
この讃岐うどんのコシをもっとハッキリ体感したかったら冷たいうどんにするのがベストなのはわかっているが、さすがにあんかけうどんになるとそうもいかない。
の - 4
そこで息子が注文した数量限定カキ天おろしぶっかけうどんの冷たい750円。
大きなカキ天が5つも入ってる冷たいうどんだがおそらくこっちのメニューの方が歯ごたえ満点なんだろう。
のき - 6のき - 7
後半に入るとちょっと辛味が欲しくなり七味唐辛子を投下!!
これがグッと全体の味が締まって自分好みに変身してくれた。
のき - 9のき - 10
餡かけってくらいだから強烈なトロミがつけてありドロドロなのだが肉とキノコが良い変化を与えてくれているので最後まで食べ飽きることはなかった。
のき - 11のき - 12
うどんはなくなって最後は餡だけ残ったがここまで来たら完食することに決定。
迷わず遂行したのだがさすがに冬メニューを春先に食べただけあって汗だくになってお店を後にしたのだった(笑)

博多長浜屋台やまちゃん とんこつラーメン(日清食品)

や - 1
日清 博多長浜屋台やまちゃん とんこつラーメン
やま - 1やま - 2
コクがあるのにさっぱりと臭みのない豚骨スープが特長です。具材は、チャーシュー・キクラゲ・ネギ・ゴマです。
やま - 3やま - 4
ファミリーマート、サークルK、サンクス限定・数量限定。
やま - 5やま - 6
長浜屋台やまちゃん監修
やまちゃんの味を“カップ麺”で再現!
「博多長浜屋台やまちゃん とんこつラーメン」を発売!
やま - 7やま - 8
“長浜屋台やまちゃん”は多くのお客さまに親しまれています。
“長浜屋台やまちゃん”は、1986年より続く博多長浜の屋台を中心に、福岡県と東京都で合計4店展開しています。その美味しさに、地元の人はもちろん、全国から訪れるラーメンファンや観光客など多くの人々に支持されています。
“長浜屋台やまちゃん”のラーメンは、じっくり時間をかけ、コクがあるのにさっぱりと臭みのない豚骨スープが特徴です。
やま - 9やま - 10
商品開発担当が“長浜屋台やまちゃん”の店主のもとを訪れ、やまちゃんの味を再現しました!
“長浜屋台やまちゃん”のラーメンに感動したファミリーマート商品開発担当が、全国の人にもこの味を知ってもらいたいと“長浜屋台やまちゃん”の店主にカップラーメンでの発売を提案し、試食を行っていただき、“長浜屋台やまちゃん”のラーメンを再現しました。
やま - 11やま - 13
【商品名】
博多長浜屋台やまちゃん とんこつラーメン
【税込価格】268円
【製造】日清食品
【内容】“長浜屋台やまちゃん”の味をカップ麺で再現しました!臭みがなく、豚骨の旨みがつまったスープに、まっすぐな細麺が絡みます。
トッピングには、チャーシュー、キクラゲ、ネギ、胡麻、紅生姜を盛りつけました。
や - 2
最後に毒々しい赤い色の紅しょうがを入れて完成だ。
トンコツの香ばしい香りが漂っている。
や - 3
麺はかなり細めのストレートで博多ラーメンらしさはきっちりと反映されているようだ。
やま - 12やま - 14
ハッキリ言って268円というお値段から考えると全体に凡庸で少々物足りなさは隠しきれず結果としてはイマイチな印象だ。
200円くらいにするかもう少し値段相応なヒネリがないといくらなんでも納得できないだろう。
いろいろ攻めている日清食品にしては残念な結果だった博多長浜屋台やまちゃん とんこつラーメンだった。

麺厨房あじさい(広島三越 催事出店)味彩塩拉麺

あじ - 1
広島三越の地下にある名人の台所
あじさ - 1あじさ - 2
ここに5月29日までの限定で函館の麺厨房あじさいがやってくると言うので塩ラーメン狙いでやってきた。
あじさいの塩ラーメンといえば大昔に新千歳空港で食べて感激して、後にツーリングで函館の本店を訪ねるも行列で断念した過去があるのだが、とにかく10年以上ぶりのご対麺というわけだ。
あじ - 2
ほとんど待たされないでやってきたよ!麺厨房あじさいの味彩塩拉麺851円。
あじさ - 4あじさ - 3
なんとまあキレイに澄んだスープが印象的だが水菜とネギ?のあわせ技のような美しい緑のトッピングが目につく。
あじ - 3
麺はなんていうか独特の食感でやや柔らかく少し昔の麺のように懐かしい味わいがする。
あじさ - 6あじさ - 5
パンチを控えたようなチャーシューと単なるゆで卵かと油断していたらきっちり煮玉子でビビった味玉。
やっぱりこういうディテールもきっちり仕事しているのはサスガだ。
あじ - 4
それと最大のトピックはこの大きなお麩だ。
確証があるわけではないが東北から北海道にかけてお麩をラーメンに入れる文化があるようでこの辺のアイディアはかなり面白いと思う。
あじさ - 7あじさ - 8
メンマは薄いのがたくさん入っていてコリコリと食感を楽しめる。
最初から柔らかめの麺だから後半伸びたように感じないのは有難いしそもそも麺の量も少し多いように感じた。
あじさ - 9あじさ - 10
おそらくは昆布と鶏と推察されるがかなり上質なのが使ってあるのか日本人の琴線に触れるようなスープは最後まで飲み飽きない。
だから気がついたら完食してしまっていたがさすがはあの麺厨房あじさいの塩ラーメンだと感心したのだった。

Assietteアシェット(南区大須賀)ラムステーキ

あし - 1
Assietteアシェット
ココは自分のバイク乗りの知り合いの大将がやっている洋食屋さん。
あしえ - 1あしえ - 14
以前はなかったメニュー看板に「ヨーロッパ郷土料理・氷感熟成肉」とありこれがこのお店のコンセプトというわけだ。
一階はカウンター席なのだが今日は2階のテーブル席を予約して3人でやってきたのだった。
あしえ - 2あしえ - 3
おまかせ5000円フリードリンクのコースの始まりなのだがまずは大好きなハートランドビールで乾杯。
そしてオードブルと思われるピクルス。
あし - 2
サバの燻製とともしかしたらこれが「氷感庫で寝かせた熟成肉のロースト」ってやつなんだろうか?
生ハムをもう少し濃厚にしたような食感だ。
あしえ - 4あしえ - 5
肉の煮込み料理なのだが自分のようなラヲタにこの手の欧州料理の詳しいことなどわかるはずもなく、残ったスープを
バケットで吸い取らせて全部平らげた。
あし - 3
自家製フランクフルトにエビのソースがかけてあるもの。
あしえ - 8あしえつ - 1
これもエビソースがあまりに旨くてバケットで食べ尽くした(笑)
あしえ - 6あしえ - 7
そしてこちらはガレット
前回もいただいたがパリパリ香ばしくてビールによく合う。
あし - 4
さてステーキになったがこの日はなんと分厚いラム肉ぢゃがね!
自分が言うのもあれだが、ハッキリ言って広島でこれほど上質なラムステーキはなかなか食えないだろう。
柔らかいし旨みの波状攻撃に目眩すら感じる。
あしえ - 9あしえ - 10
今度はパスタ、エビのペペロンチーノだ。
シンプルながらもブリブリのエビとしっかりしたコシの麺はやっぱり旨い。
あしえ - 11あしえ - 12
打って変わって今度はカルボナーラ
シェフの腕を見るならカルボナーラが一番とか言うけど、自分にはようわからん(笑)
だけどこのカルボナーラがストレートに牛乳の旨みを伝えてくるのだけはわかる。
あし - 5
ラムステーキがあまりに旨かったので追加をお願いした。
すると今度はソースが変わっていてこちらの味わいもなかなかだ。
う〜〜んやるの〜。
あしえ - 13あしえつと - 1
デザートたるジェラートだがあっさり気味でまさにコースのラストを飾るに相応しい。
これでビールや赤白ワイン、いろいろ呑んで3人腹いっぱいになって全部で2万円だからリーズナブルと言えるだろう。
申しわけないが自分の予想していた内容より遥かに充実していたのでびっくりした。
大将なかなかやるぢゃん、また来るね!
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カテゴリー
月別アーカイブ
記事検索
メッセージ