柴犬と1400GTR

柴犬・コテツと小鈴とカワサキ1400GTRと食べ歩き日記

川菜味(東区光町)四川マーボードーフ定食

かわ - 1
光町のわかりやすい場所にある川菜味
なんて読むのかと思っていたらローマ字が振ってあるので「かわなみ」というお店だとわかった。
以前にテレビで「陳建一のお弟子さんの店」として紹介されていたので一度訪ねてみたかったのだった。
かわな - 3かわな - 1
店内はけっこう広く奥が厨房のようだが客からは見えない。
テーブル席と有難いことにカウンターがあったのでそこに座った。
かわな - 2かわな - 4
あの陳建一の弟子ということは四川料理が得意な訳でココはやっぱり麻婆豆腐と行きたい。
メニューには「マーボードーフ定食」と「四川マーボードーフ定食」の2つがあるので違いを店員さんに尋ねたら四川マーボードーフ定食の方が唐辛子と山椒の量がかなり多いと説明されたので迷わず四川マーボードーフ定食を注文。
かわ - 2
しばらく待ってからキタヨ!
川菜味の四川マーボードーフ定食850円!!
かわな - 6かわな - 7
かわな - 8かわな - 9
これにお代わり自由のご飯にサラダ、漬け物、スープがついてくる。
中でもこの漬け物がけっこうイケる。
かわ - 3
まあだけどなんのかんの言っても主役はこの四川麻婆豆腐であることは間違いない。
明らかにそれとわかる花山椒の薫りが立ち込めていて嬉しくなってしまう。
かわ - 4
まずはそのままレンゲでいただいたがこれはハッキリ言って「辛い!」。
それに花山椒も容赦なく襲い掛かってくるので予備知識無しで食べると驚くだろう。
かわな - 11かわな - 12
そこで当然の流れと思うがとりあえずご飯に乗っけて食べてみるが慣れるまではむせかえる程の辛さに苦戦するほどだ。
かわな - 13かわな - 14
その分、麻婆豆腐本来の旨味も凝縮されており、こんなに辛いのにレンゲが止まらないのよ。
かわな - 10かわな - 15
辛さに慣れてくると逆に辛さに快感さえ抱くようになってもはやこの麻婆豆腐の虜になっていることが実感できる。
かわな - 16かわな - 17
最後は麻婆豆腐の皿にご飯を全部ぶっこんでしもたがな。
かわな - 19かわな - 20
紹介し忘れたがデザートには杏仁豆腐が付いてくる。
唐辛子と花山椒で痺れた口腔に甘い杏仁豆腐は心地よいのだが味はようわからかった(笑)
かわな - 18かわな - 21
陳建一の料理を食べたことがないのでようはわからんが、さすが中華の鉄人と言われるヒトの弟子と名乗ることはある四川麻婆豆腐定食だというのはよ〜〜く理解できた。
広島にまた一軒、旨い麻婆豆腐食わせるお店を確認できて嬉しかった。

博多 一縁(中区大手町)チャンポン

いち - 1
新しく大手町にできた博多 一縁
店名からして博多ラーメンのお店のようだ。
いちえ - 1いちえ - 3
開店時間がわからなかったので11時にココに着いたのだがどうやら11時半から開店のようなので店の前に置いてあった椅子に座って待たせてもらうことにした。
店内では男性二人が開店の用意をしているのが見える。
いちえ - 6いちえ - 2
30分経過して11時半になったのだが開店する様子がない。
自分より後から来た客が店内に入ったら「もう少し待ってください」と出されている。
11時40分んが過ぎた頃やっと開店したようで店内に通されたが、ずっと待っていた自分に気づいていたろうに何の言葉もないのがやや気になったがまあ、黙ってカウンターに座った。
いちえ - 5いちえ - 4
店は広くカウンターにテーブル、奥には別室のようになっている個室のようなテーブルまであって以前はここは何だったんだろう?
いち - 2
他には客が2人でラーメンを注文。
自分がチャンポンを注文したからかもしれないが後から入った客より遥かに遅れ、着席してから20分位まってからやっとチャンポンはやってきた。
そのことに関する言葉もなく「おまちどう〜」と言われたが「ホンマに待ったわ」と言いそうになったがやめておいた。
いち - 3
どんな扱いを受けようがチャンポンが旨ければ報われるわけだが想像していたよりやや細めの麺。
いちえ - 7いちえ - 8
チャンポンらしく山盛りになっている野菜と海鮮はしっかり炒められており量もじゅうぶんで文句のつけようがないのだがスープが凡庸極まりない味で完全に具にパワー負けしている。
いち - 4
本当のチャンポンのチャーシューってどんなのが正統派なのか知らないが買ってきたそのままの茹で豚が何枚も入っており肉のパンチはじゅうぶんに感じられる。
いちえ - 9いちえ - 11
いかんせんスープの腰砕けを立て直すべく卓上に置いてあったにんにくペーストを投下したが到底足りなかったので3度くらい追加投入!!
いちえ - 10いちえ - 12
最初に思った通りに後半は完全に食べ飽きてくるのでこの辺りからかなり食べるのがしんどくなってくる。
いちえ - 13いちえ - 14
なんとか食べ終わったが接客とか色んな意味でこのチャンポンの750円っていうのは高いと思わざるを得なかった。
博多 一縁という店名だったが自分には縁がなかったようだ。

吉野家 2号線五日市店(佐伯区海老園)とんこつ鍋膳

とん - 4
いつものように歩いてきたよ!近所の吉野家 2号線五日市店
なんだかんだ言っても24時間営業の吉野家が近所にあるってのは色々便利ではある。
とんこ - 2とんこ - 3
今日の狙いはズバリ!吉野家冬メニューである牛すき鍋膳シリーズの今回新たな試みでもあるご当地鍋膳。
自分が住む広島県は博多とんこつ鍋膳がご当地となるようでこれをターゲットに定めた。
とん - 1
注文してからすぐに厨房の方からこれまで吉野家で体験したことがないような獣臭みたいなのが漂ってきた。
そしてその獣臭を撒き散らかしながら登場したのは吉野家の博多とんこつ鍋膳680円。
とんこ - 4とんこ - 7
「九州ラーメンの代名詞「とんこつスープ」を使った鍋です。黒マー油で味にパンチを効かせ、高菜をトッピングし、ご飯との相性も抜群です。」
なるほど!これはなかなかにインパクトあるわな〜。
それにしても野菜はまだほとんど生のようでしばらくは煮込んだ方が良さそうだ。
とんこ - 5とんこ - 6
牛すき鍋膳に付属していた生卵はどうなるんだろう?と勝手に思っていたがその代わりに黒マー油の塊と高菜がついてきた。
とんこ - 8とんこ - 9
この黒マー油なしで少しスープを飲んでみたがそれでもなかなかの濃厚さがある。
おそらくニンニクも入っているのだろう黒マー油を少し溶いてみたがさすがにパンチが効いてくる。
とん - 2
こりゃええがな!と結局黒マー油全部を鍋にぶっ込んでしまったが当然ながらコッチのほうが正解だと思う。
とんこ - 10とんこ - 11
高菜は鍋にいれようか迷ったが取り敢えずご飯の上に乗っけてその上に肉を乗せてから食べてみた。
とんこつ鍋ってそうそうお目にかかれないがこれはじゅうぶんにアリよね〜。
とんこ - 12とんこ - 14
ここにきてやっと野菜にも火が通ってきたようなのでこれも食べてみると、白菜ととんこつの組み合わせも悪くない。
とん - 3
勿論、とんこつにうどんなんて奇天烈なものも初体験だったが驚くほどのマッチングだ。
とんこ - 13とんこ - 15
牛肉は最初から火が通っているのでだんだん硬くなるんじゃないかと心配したが杞憂に終わったようだ。
とんこ - 18とんこ - 20
箸ケースかられんげを取り出してスープと一緒に別皿にいれてこの鍋だけを食べてみた。
確かに後半は少し煮詰まったようになって更に濃厚なトンコツになってしまっているが、おそらくはセントラルキッチンスタイルの出来合い濃縮とんこつスープなのだろうが、そのデキたるや仰け反りかえるほどでちょっとスープだけ売って欲しい程だ。
とんこ - 19とんこ - 21
豆腐は粉々に砕けてしまって最後はほとんど原型を留めていなかったがそれにしても最後までグツグツ煮えているのでカラダが温まることこの上ない。
通常の牛すき鍋膳よりも少しだけ高価なご当地鍋膳ではあるはそれだけの価値があると強く思ってしまった博多とんこつ鍋膳だった。

第三スター(周南市)中華そば

だい - 1
周南市の市街地にある第三スター
駐車場はないが近所にコインパーキングがたくさんあるので心配はない。
だい3 - 1だい3 - 2
それにしても年季の入りまくった外観にちょっとびびってしまった。
もう遠くからでも昭和の香りが蔓延しているかのようだ。
だい3 - 4だい3 - 3
店内も決して期待を裏切らない。
カウンターのない全部がテーブルの枯れた雰囲気がむんむんと漂っていていわゆる典型的なおばちゃんが出迎えてくれる。
だい3 - 5だい3 - 6
店内からは厨房は見えないが奥でおそらく大将がラーメンを造っていると思われるが確認できなかった。
そして注文してすぐにトイレに行ったのだが帰ってきたらもうラーメンが机の上に置いてあった。
だい - 2
第三スターの中華そば550円。
イマドキ550円という値段も衝撃だがこのまったく油の浮いていないスープもオドロキだ。
ちなみに徳山駅近くにはスター本店、第二スター、そしてこの第三スターの醤油ラーメンのお店があってこれらを総称してスター系と呼んでいわゆるご当地ラーメンになっている。
だい - 3
麺はなんていうのか平打ちのような長方形断面の珍しい細麺だ。
ただでさえ伸びやすかろうこの細麺なのに、この辺の方々の好みなのか最初からかなり柔らかく茹でられており、なんとも懐かしくもある昔の中華そば。
だい3 - 7だい3 - 8
もやしにネギが効果的に辛味と甘みをプラスしておりなかなかどうしてよく計算されている。
だい - 4
チャーシューは失礼ながらもうスープに旨味を出し切った抜け殻のような味なのだが、これもこの手の昔のラーメンではお約束ではあるわな。
それでも迫力ある大きなのが2枚もデーンと入っているのはこの値段を考えれば破格だ。
だい3 - 9だい3 - 10
スープのベースが鶏なのか豚なのかさっぱりわからないが今の基準からすれば、やや物足りないのでテーブルに置いてあるデッカイ胡椒缶に手が伸びてササッとラーメンにふりかけてしまった。
だけどどうやらこれが正解だったようで実にコショウが入るとピリッとした辛さが立って醬油の甘さが引き締まる。
こういうオールドスタイルのラーメンはやっぱり昔の流儀でコショウ一発が欠かせないのかもしれない。
これだけ脂分がないのにちゃんとラーメンとして成立させているのは凄いことだと思って店を出た。

クリックリーダー

ろう - 1
少し前からその必要性を感じながらずっと問題を先送りにして逃げていた老眼問題。
自分はずっと目が良かったからとにかくメガネが嫌いだ。
サングラスだって長時間かけていられないのでスキーをやってるときはずっとゴーグルだった。
だけどさすがにこの頃歳には勝てず本や雑誌を読むのがキツくなってしまったのでとりあえずアマゾンでまずは安いのを適当に買って使ってみた。
するとびっくりするくらい手元や小さな文字までよ〜〜く見えるじゃないの。
逆に言うと今までここまで見えていなかった事に愕然とした。
ろうが - 1ろうが - 2
そんな老眼鏡だが問題は老眼鏡をかけると今度は遠くが見えにくくなってしまうこと。
そうなるとどうしても老眼鏡をかけたり外したりするのが面倒になってしまったのでこのクリックリーダーを買ってみた。
動機はNHKのにっぽん縦断こころ旅で火野正平さんが使っていたのを思い出したから(笑)
ろう - 3
届いたクリックリーダーはこんな風に弦が後ろで繋がっていて前のレンズの間にマグネットで開閉できるシステム。
ろう - 2
こんな感じに開くのだがこのクリックリーダーのミソはそのまま首にぶら下げる事が可能だ。
だからこれを使わないときはずっと首に置いておけば、老眼鏡を探し回ったりすることもないしど根性ガエルのひろしのように頭に乗っけておくこともないから非常に実用的になる。
中央のマグネットもかなり強力でパチンとくっついたら安易には外れたりしない。
ろうが - 3ろうが - 6
ただその分、首にかける以外の持ち運ぶ方法って無きに等しいのでずっとぶら下げておくか、使う場所限定での使用というのが前提となる。
ちなみに自分は職場限定の使用なので職場ではずっと着用している(笑)
ろうが - 5ろうが - 4
弦の長さは調節可能でこれだけ余裕があれば余程の特異体質でもない限りどんな人でも使える。
だけど弦が繋がっている分、耳の上で固定されているような圧迫感が常にあって、独特の装着感に慣れるまで時間を要するだろう。
人によってはこの違和感で使い続けることができなくなる可能性もある。
だが自分のようにメガネ嫌いのメガネ初心者でも普通にパソコン見たり文字を読むのにあまりにも便利なので手放せなくなってしまったくらいだから、老眼鏡の置き場に困っているような人は一度このクリックリーダーにチャレンジしてみるのも良いかもしれない。
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カテゴリー
月別アーカイブ
記事検索
メッセージ