柴犬と1400GTR

柴犬・コテツと小鈴とカワサキ1400GTRと食べ歩き日記

一代 弥山 特別純米 山廃 夏生(中国醸造)

み - 1
一代 弥山 特別純米 山廃 夏生。
「穏やかな吟醸香と、滑らかでありながら、キレのある味わいを活かすため、生酒でお届け致します。」
みせ - 4みせ - 1
限定300本に釣られてついつい買ってしまった。
みせ - 2みせ - 3
原料米:八反錦 
精米歩合:**%
日本酒度:+* 
酸度:*.* 
詳しい情報がなのでスペックはよくわからない。
値段も2800円で蔵で直接買ってきた。
み - 2
よく冷やして呑んでみたが個人的には一代弥山 純米吟醸 夏酒(生)八反錦の方がまだ好みだと思った。
辛口なのはわかるがすこしわざとらしい風味で好みには合わなかったがこの手の日本酒は料理、特に魚料理と合わせるとその実力を発揮するのかもしれない。
熱燗のほうがよりわかりやすい酒なのかもな〜。

広島ラーメン海松(南区大須賀)広島ラーメン

み - 1
広島ラーメン海松(みる)
まだ開店したばかりのラーメン屋さんみたいだがこのテナントは以前はなんだったんだろう??
みる - 1みる - 2
ランチ営業もやっているがメインは夜の〆ラーメンってトコを狙っているのだろうが、自分らもまんまとその飲み会の〆ラーメンをいただきたくてやってきたのだった(笑)
みる - 3みる - 4
店内はこの界隈ではよくあるスタイルで狭いながらもカウンターだけのラーメン屋なら問題無さそうだ。
よっしーが注文した稲荷ずし2個150円。
み - 2
さてやってきたのよ!広島ラーメン海松の広島ラーメン600円。
み - 3
ルックス的には確かに広島ラーメンで間違いないのだがここで漂ってくるのは魚介の香り。
みる - 5みる - 7
実際食べてみてもスープに明らかに魚介の存在がはっきりとわかるし、これだといわゆる典型的な「広島ラーメン」と少し違う気がする(笑)
みる - 6みる - 8
麺やメンマ、ネギ、モヤシ、チャーシューなどはちゃんと広島ラーメンを踏襲していてここらへんは、ああ広島ラーメンだと思わせる。
み - 4
チャーシューはコッテリしている懐かしい系でこれはこれで非常に好ましい(笑)
みる - 10みる - 11
ただスープはダブルスープなのは確実で、まあこれを持って広島ラーメンというのもアリなのかもしれない。
みる - 9みる - 12
酔っていたから正確かどうかは保証できないがラーメンのデキについては飲んだ後ラーメンとして考えたらそれほど塩辛くもなくなかなか旨い。
みる - 13みる - 15
そもそも広島ラーメンの定義なんてのも厳密にあるわけじゃなく適当なんだとしたらこういう変化球広島ラーメンも良いと思うしこの近所にもラーメン屋はあるから差別化を図っているのかもしれない。
店名の海松(みる)とは藻の一種のことらしいがこれがお店にまったく反映されていないのだがどうしてだろう(笑)

梵天丸(佐伯区)鳥にぼしラーメンに

ぼ - 1
梵天丸
ぼん - 1ぼん - 2
3日間限定で鳥にぼしラーメンを提供するとの情報を得てやってきた。
ぼん - 3ぼん - 4
不定期にこのメニューを出しているようだがこれまで食べた事がなかったので興味津々で楽しみだ。
ぼ - 2
さてほとんど待たされないでキタヨ、梵天丸の限定鳥にぼしラーメン550円。
トッピングはシンプルなのはわかるがそれでもイマドキ550円は安い。
ぼ - 3
麺は汁なし担々麺と共通なのかは分からないがちょっと粉っぽさが感じられたのが残念だった。
ぼん - 5ぼん - 7
肝心のスープだが旨みはじゅうぶんに発揮されているのはわかるが「鳥にぼしラーメン」と名乗るには鳥も煮干しの主張が弱くどっちかというと醬油が勝ってしまっている印象がある。
ぼん - 6ぼん - 8
鶏と魚介のダブルスープにしてはそれほど奥行きが感じられずこの辺もマイナス要素になってしまっていると思われる。
ぼ - 4
一方こってりしたチャーシューは非常に旨く、その柔らかさも手伝ってこのラーメンを強力にアシストしてくれている。
ぼん - 9ぼん - 10
あの梵天丸の限定麺だからって期待が大きかったのは認めるが冬限定のもりそばのデキを知っているからどうしてもあれくらいのクオリティを想像してしまうのは仕方なかろう。
550円という良心値段を考慮したとしても個人的にちょっと物足りなかった梵天丸の鳥にぼしラーメンだった。

ラーメン食堂(安佐南区上安)豚骨醬油ラーメン

ら - 1
ラーメン食堂
わかりやすい立地ながら駐車場が2台でしかもかなり狭い(笑)
らめ - 1らめ - 2
お店の外にもメニューがあって入店前にどれを食べるのか決めることができるのはなんだかんだ言ってもやっぱり親切だと思う。
らめ - 3らめ - 4
基本的に豚骨と鶏スープの二本柱にそれぞれ醬油と塩があって、おそらく豚骨ベースの味噌ラーメンという組み合わせという構成だ。
ら - 2
メニューの最初に書いてある豚骨醬油ラーメン600円。
いわゆる広島ラーメンとはハッキリと一線を画するルックス。
ら - 3
麺はどこ製かわからんがしっかりとコシがわかるように適切に茹でられていてもちもち感もあってたまげるほどハイレベルだ。
らめ - 6らめ - 8
もやしはよくあるタイプだがネギは変わっててどっちかというと激辛広島つけ麺に入っていそうな細長いやつ。
しかもこれがかなりピリッと辛さがあってアクセントとして上等だ。
らめ - 5らめ - 7
炙ってあるようなチャーシューは極薄ながらコッサリしててこのラーメンにはよくあっている。
ら - 4
問題はこのコクのあるスープで豚骨なのに荒々しさはまるでないのに旨みに溢れてハッキリと他のラーメン店とは違い仕上がりに正直驚いた。
らめ - 9らめ - 10
カウンターの目の前にこのフライドガーリックが置いてあったので「入れろ」といいうことなのかと少しだけパッパと投入してみた。
らめ - 11らめ - 12
だけど香りが弱くさしたる味変も起きなかったのでラーメンに入れる為じゃないのかな?(笑)
それにしても最初はバリエーション広いメニューにさしたる期待をしていなかったのだがこれは良い方向に大きく裏切られ安佐南区界隈ではトップクラスと言っても過言ではない。
これは急いで鶏スープも試してみないといけないようだ。

旨辛 広島つけ麺(マルバヤシ)

まる - 1
スーパーで300円ソコソコで売っていた旨辛 広島つけ麺
まるば - 1まるば - 2
復刻版広島つけ麺セット
辛味・旨味・酸味が一体となった「つけだれ」と、シコシコ麺との相性が抜群の広島つけ麺です。
まるば - 3まるば - 4
一般的にお店で食べる広島つけ麺の相場はラーメンのそれよりも高めで1000円超えは当たり前、下手すりゃ1500近くになることもザラにある。
まるば - 5まるば - 6
その不当な値付けの高さが専門店が増えていかなかった大きな原因だと思うがこれがスーパーになんと400円以下で売っているなんてその値段の差が凄い。
まるば - 7まるば - 8
だったらあおの味にあまり期待してはいけないのかもしれないがどんなもんか食べてみることにしたのだった。
まるば - 9まるばや - 1
付属の唐辛子で辛さ調整できるようなのでここは思い切って全部いれて10倍辛にチャレンジ(笑)
まる - 3
ドカッと麺を入れてよ〜くつけダレに浸してから一気に食べると確かにまあまあ辛いがむせることもなくなかなかイケる。
まる - 4
茹でたキャベツも丁度よい具合になってて歯ごたえもバッチリだ。
まるば - 10まるば - 11
ならば!とどんどんつけダレに放り込んでガンガン食べ進めると広島つけ麺の欠点であるだんだん辛さが弱くなってくる。
まるば - 12まるば - 13
チャーシューはまあ値段を考えればこれでも立派なくらいで有難くて涙がでる(笑)
まるば - 14
勿論麺にコシとかはかいのだが油が入ってちゃんと辛い広島つけ麺として立派に成立しているのはオドロキだ。
あまりにつけダレが旨いので最後まで飲んでしまった。
このコストでこの味だったら全くもって文句がないというのが正直な感想だったマルバヤシの旨辛 広島つけ麺だった。
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カテゴリー
月別アーカイブ
記事検索
メッセージ