柴犬と1400GTR

柴犬・コテツと小鈴とカワサキ1400GTRと食べ歩き日記

亀齢萬年 純米六拾(亀齢酒造)

き - 1
亀齢萬年 純米六拾。
1800ml ¥2,916(税込)
内容量 1800ml
保存方法 冷暗所にて
原材料 米、米麹
製造元 亀齢酒造
アルコール度数 17度
日本酒度 +5
精米歩合 60%
きれ - 1きれ - 2
亀齢萬年シリーズは全国の30店舗だけが扱っている限定流通のお酒です。
色々な雑誌などのメディアから取材の申し込みを受けるもかたくなに断り、知る人ぞ知るこだわりの
日本酒です。
きれ - 3
亀齢萬年シリーズ 名杜氏、西垣昌弘氏が醸す新作。
広島の人気蔵 亀齢 の待望の新作発売です。
香り抑え目で旨み重視の亀齢酒造から新しい試みでちょっと香りのあるお酒を楽しみたいなって思うときに最適な日本酒です。
ラフランスや青っぽいバナナの香りと亀齢ならではの旨みと切れ変化球もたまにはいいかも!(^^)!
き - 2
たまたま見つけて衝動買してしまった。
亀齢酒造のファンなのでつい見境もなしに飛びついてしまうのだがこれも値段を考えれば考えられないほどの旨さに仕上がっている。
香りと旨味のバランスが秀逸で熱燗で呑むとしみじみとした豊かさとスパッと旨味が消えるキレを同時に味わうことがデキて非常に幸せだった(笑)
これからも手当たり次第亀齢酒造の酒を呑んでしまおうと思っている(笑)

猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)

DeJHhL3yHfPEx7zDpGEfcyJ3dGt3fAjbcVO7Is8M86RvIdWcPj0igRJ3B5PoZ3dy
『猿の惑星』の前日譚(たん)を描いた『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』『猿の惑星:新世紀(ライジング)』の続編となるSF大作。
猿と人類が地球の支配者を決する戦いの一方で、自らの種族を守るべく行動する猿のリーダー・シーザーの心の葛藤も映す。シーザーは、前2作に続きアンディ・サーキスが演じる。
共演は、ジュディ・グリアとウディ・ハレルソンら。監督は前作と同じくマット・リーヴスが務める。 
20171221-2
猿と人類の全面戦争が始まってから2年が経ち、シーザー(アンディ・サーキス)が率いる猿の群れは、森の奥深くのとりでに姿を隠していた。
ある日、奇襲によってシーザーの妻と息子の命が奪われる。シーザーは人類の軍隊のリーダーである大佐(ウディ・ハレルソン)に復讐するため、オランウータンのモーリス(カリン・コノヴァル)らと共に旅立つ。 ymuq6RwBIMz215EZRCb8chLfFpeh185tJDa9dJD9
猿の惑星 創世記は観たが新世紀は観ずにこの映画を観た。 
猿は恐らく昔のような被り物ではなく(主役の猿は特殊メイクなんかも知れないが)全部CGなんだろうがその進歩たるやもはやどれが本物でどこまでCGか区別がつかないほどで、それをここまで多用されると実写映画と言うよりCGアニメに俳優がちょい出演してるだけと言うのが実態だ。 図1猿の惑星・聖戦記
ここまで出来るなら実写映画と言いながら風景や背景だけ本当に撮影して登場人物や乗り物は全部CGという作品が出来ても不思議じゃない。 22
さて物語は人間対猿の闘いを猿の視線から描いたもので内容は取り立てて目新しいものではない。 
人間なのに猿より野蛮なのもいれば猿なのに人間より人間らしいのも登場する。 
猿の中には猿を売り人間側について協力してる裏切猿もいてコレはリアリティがある。 
猿視線のストーリーだからだんだん人間が憎たらしく思えてくる。 
後半の戦闘シーンの迫力はかなりのもので見入ってしまうがラストのまさかのオチはこれなら納得が行く。 
いつまでたってもつまらない争いをやめられない人間は実際問題、ホントに猿よりアホなんかも知れん(笑)

アップルウォッチ4 Nike+ その5  徒歩ナビ

IMG_1255
イヌの散歩のついでにアップルウォッチの徒歩ナビも試してみた。
実際問題、バイクなら別かも知れないがカーナビとしてアップルウォッチを使うと言うのはあまり現実的ではない。
IMG_1261
さてアップルウォッチへの入力が必要になるのだが基本的にSiriか画面に指で文字を書くの2通りだが文字入力が日本語対応していない現在では数字かアルファベットしか使えない。
IMG_1254
事実上はSiriに頼らざるを得ないがコレが昔と比較するとその聴き取り性能は飛躍的に向上しているようでかなり正確に入力出来るのに正直驚いた。
IMG_1259
とりあえず「自宅まで案内して」とSiriに話しかけたらナビアプリって言うか純正の地図アプリが起動してくれて案内を開始した。
IMG_1250
アップルウォッチのナビはBluetoothイヤホンに声で道案内するタイプではなくこの小さなディスプレイの表示がメインのようだ。
IMG_1252
それで分岐点が近づくとちょうどクルマのウインカーのような音がヘッドセットから流れて教えてくれる。
FullSizeRender
必要最低限のシンプルなナビではあるがスマホを片手に持って画面見ながらの案内よりは、アップルウォッチを見ながらの方が使い勝手は悪くなさそうだ。
IMG_1260
ただ当然バッテリーはけっこう消耗する事になりそうで音楽を聴きながら30分程度ナビを稼働させて歩いたらワークアウトアプリ使用時より画面を見る機会が多いからか通常のGPS系アプリよりもう少し減ってしまった。
この辺りは便利さの代償だから仕方がないかも知れないが、これだったらそんな長距離のナビには向かないだろうが歩きながらスマホ画面を観るよりはるかにストレスを感じないのも事実で実用性はかなり高いと思われる。
新規のラーメン屋探しにも積極的に使ってみようと思った(笑)

札幌ラーメン武蔵(ひろしまラーメンスタジアム2018)

む - 1
札幌ラーメン武蔵
むさ - 1むさ - 2
別段の理由もないのだがこちらの札幌味噌ラーメンを食べることにした。
む - 2
あまり待たされることなくキタヨ!札幌ラーメン武蔵の熟成黒味噌ラーメン。
むさ - 3むさ - 4
この時点でニンニクの香りがパンパなく立って熊本ラーメンなんかに入っているマー油が追加されていることがよくわかる。
それにしてもここもチャーシューの盛りが気前良い。
む - 3
麺は味噌ラーメンらしく黄色が眩しいタマゴ麺。
当然の如く味噌ラーメンの定番で強く縮れていてコシもかなりある。
むさ - 6むさ - 10
玉子もちゃんと半熟にしてあってこれもデフォルトで半分はいっているなんて嬉しいのぅ〜。
むさ - 7むさ - 5
メンマはやや存在感が薄く他のトッピングに比べて弱い。
む - 4
ニンニクによりパワー増強された味噌スープはけっこうこってりしており脂が上に層になっていてこれも北海道の味噌ラーメンらしい。
むさ - 8むさ - 9
チャーシューは柔らかいがホクホクしていて相当にパンチがある良質なもの。
むさ - 12むさ - 11
後半になると味噌ラーメン特有のクドさからくる飽きがきてしまいどうしても味変してみたくなる。
むさ - 13むさ - 14
さすがにこちらもスープまで完食とはならなかったが今回のひろしまラーメンスタジアム2018は量を見直したのか自分が食べた2軒とも渡された時の重量感が増えているようで実際2杯で満腹になってしまった。
780円という値段を考えればこれくらいのサービスが適正とも思えなかなか良い傾向なんじゃないかと思った。
個人的には凪の煮干しラーメンに完膚なきまでに打ちのめされたひろしまラーメンスタジアム2018だった(笑)

すごい煮干しラーメン凪(ひろしまラーメンスタジアム2018)

なぎ - 16なぎ - 1
今年もやってきたひろしまラーメンスタジアム2018
なぎ - 15なぎ - 2
入場は無料だが全店共通780円食券を2枚先に購入してから入った。
なぎ - 3なぎ - 4
今回のラーメン屋ラインナップで個人的に最も注目したのはこのすごい煮干しラーメン凪
な - 1
昨今の煮干しラーメンブームに乗って急成長したラーメン屋さんでカップ麺まで発売されていたしラーメンウォーカーTVでも取り上げられていたので楽しみにしてやってきた。
な - 2
さて渡されたラーメンはズシッと重量感があって去年までより少し増量されたと感じるのは気のせいか?
な - 3
麺は平打ち麺でしかもこれでかなりコシがある不思議な食感。
さすがにこういう個性的な麺にはお目にかかったことがない。
なぎ - 5なぎ - 7
イワシがトッピングされているのだがその下にあるのはワンタンかと思って持ち上げたらこれが一反もめんみたいな麺じゃないの!!
なぎ - 8なぎ - 6
この図太い麺と平打ち麺という2種類の麺が楽しめるというなんとも奇天烈な展開が待っているとは思いもしなかった。
なぎ - 9なぎ - 13
これらを受け止めるスープは凄まじいまでのニボニボ感に溢れかえっておりこれだけ煮干しを強調するのにどれだけの煮干しが必要なのか心配になるくらいだ。
な - 4
チャーシューは1枚ブットイのがドカンと入っていてこれの存在感も大概だ。
なぎ - 10なぎ - 11
ここまで来ると煮干しの旨味だけではなく雑味のようなものまで感じられるので好みが分かれそうだ。
基本はとんこつなのかもしれないが実はエッジの立った醤油スープがベースでやはりこの基本となる部分がしっかり作り込まれているように感じる。
なぎ - 12なぎ - 14
この一反もめんみたいな太すぎる麺もワンタンと思えば楽しく食べられるし、見た目黒くて塩辛そうなスープも実際はグイグイ飲めてしまうので気がつけばスープも完食してしまっていた。
それにしても今年のひろしまラーメンスタジアム2018はこれまでと違って一杯でお腹にドスンときてしまったので連食するには気合が必要になってしまったのだった(笑)
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カテゴリー
月別アーカイブ
記事検索
メッセージ