柴犬と1400GTR

柴犬・コテツと小鈴とカワサキ1400GTRと食べ歩き日記

めん処 栄家(中区中町)カツ丼

さか - 1
中区のめん処 栄家
「めん処」とついてはいるがここはカツ丼が有名なお店らしい。
さかえ - 1さかえ - 2
店内は縦に長く右手に厨房とカウンター、その後ろにテーブルが並ぶ典型的な麺屋さんだ。
客層は圧倒的に男性が多くそのほとんどがカツ丼を注文している。
メニューも上段はそばになっていて丼モノは下の段、やっぱりここはめん処なのかと思うがやっぱり自分もカツ丼を注文した。
さかえ - 3さかえ - 4
目の前の本棚には「月刊正論」がズラッと並べてありここの大将は愛国者のようだ(笑)
と思っていたらあっという間にやってきたよ!カツ丼ミニうどん物付き840円。
さか - 2
これがその有名なカツ丼か〜。
トロトロタマゴにカツオの香りが印象的だ。
さかえ - 5さかえ - 7
これにミニうどんと漬け物がオマケでついてくる。
さか - 3
まずはとんかつだけ食べてみたが際立って柔らかいとかジューシーだってことはなく比較的一般的なとんかつでここのカツ丼がとんかつで持っているワケじゃないことは確実だ。
さかえ - 6さかえ - 8
ご飯と混ぜて食べてみたが通常のカツ丼よりも明らかにツユの存在感が強いのでもしやと思ってミニうどんを食べてみたが、ここの基本的なカツオダシが相当にパンチがあることがわかる。
さか - 4
通常の広島のうどん屋さんだったらイリコダシなのでカツ丼にするとどうしても敗けてしまうのだが、なるほどここのカツ丼はややクセのあるかつおだしのお陰でグンと全体のまとまりが際立っているのだろう。
さかえ - 9さかえ - 10
いわゆるつゆだくなカツ丼ながら雑炊のようにはなってはなくしっかりと最後までカツ丼たるのは立派だ。
ミニうどんと漬け物のアシストも素晴らしく最後までカツ丼を楽しめる。
さかえ - 11
これは確かにカツ丼が有名なのはすごく納得できてしまっためん処 栄家だった。
こんどはメニューのカツ丼ヨコにかいてあった「岡山名物デミカツ丼」を是非食べてみたい!!

直ちゃんラーメン(日南市)らーめん

な - 1
やってきたのは日南市油津にある直ちゃんラーメン
実は2年前にここに来て臨時休業で痛恨のお預けを食らったお店でもある(笑)
なお - 10なお - 9
それにしても凄い年季が入っていていかにも歴史あるお店という雰囲気が漂っている。
なお - 1
お店のヨコとウラにも駐車場が完備されていてこれだったらアクセスも楽だろうし、さすがは有名&人気店だけのことはある。
なお - 2なお - 3
店内は縦に長い造りになっていて外から見るよりも広い。
平日の昼過ぎにお邪魔したがほとんど満員に近いようだが、これだと休日は行列ができてしまうんじゃないかな。
な - 2
迷わず注文した一番人気と書かれたらーめん580円。
な - 3
広島カープ日南キャンプで選手にも振る舞われるなどカープファンの間では有名店なのでいろいろ噂だけは聞いていてあまり期待しないほうが良いと思っていたのだが実際に食べてみるとそれほど悪くない(笑)
特に麺は角断面の中太麺で意図的なのか柔らかく茹でられている。
な - 4
トッピングにモヤシがあるなんて北九州ラーメンや広島ラーメンみたいだけど上手に処理してあってよくあっている。
なお - 5なお - 6
基本的にけっこうシャバいトンコツスープなのだがその分、臭みとかクセがなくて万人向けになっている。
なお - 4なお - 7
それを補っているのかチャーシューはかなり塩辛くなっていて絶妙のバランスが成り立っているとも言える(笑)
なお - 8
全体的に年配の人向けというか穏やかな味付けのラーメンという印象が強くカープ選手を始めゴリゴリの若い人には物足りないだろう。
常連客の中には注文時に「ニンニク入り」と言ってるヒトもいてなるほど確かにコイツはニンニクをドカッと入れたら一気に化けそうなそんな予感がした直ちゃんラーメンだった。

九州とんこつ味 焼豚ラーメン(サンポー食品)

さん - 1
本格的な豚骨スープです。かやくには焼豚、ねぎ、コーン、そして生の紅しょうが。さらに焼豚はハート型をしており、「心をこめて作りました」という意味がこめられています。
さんぽ - 1さんぽ - 2
内容量
94g(めん71g)
熱量
439kcal
希望小売価格
180円(税抜)

さんぽ - 3さんぽ - 4

豚骨スープがよく絡む細ちぢれ麺です。スープとの相性を考えて、揚げ油にラードを配合しており、昔ながらの歯切れのよい麺に仕上げています。
さんぽ - 5さんぽ - 6
スープ
長年の試行錯誤でたどりついた10種の豚骨エキスと、ガーリック、オニオン、ブラックペッパーなどのスパイスを絶妙にブレンドした九州人のための本格豚骨スープです。
さらに別添の調理油は、豚骨ラーメン特有の香りで食欲をそそります。
さんぽ - 7
かやく
薄くスライスした焼豚は、発売当初から変わらないハート型をしています。これは「心をこめて作りました」というサンポー食品の想いを添えています。
また、豚骨ラーメンには欠かせないねぎと生の紅しょうがの定番のかやくも、発売当初から変わらぬおいしさで添えられています。
さん - 2
トンコツラーメン誕生秘話
昭和22年(1947年)頃、九州は福岡県・久留米市界隈の、ある屋台のラーメン屋を営む主人が 仕込みの過程で豚骨をうっかり煮出しし過ぎて、白濁のスープにしてしまったのです。 この白濁でこってりと濃厚なスープの独特な味が、豚骨ラーメン元祖と言われています。 いわば失敗から生まれた素敵な味の出現でした。
さん - 3
今では定番の味となった「とんこつ味」のインスタントラーメン。
サンポー食品がこの味の基本を確立したのは、1959年のことです。
豚骨ラーメン発祥の地である久留米のラーメンのおいしさを、もっと多くの人に味わっていただきたいと、棒状ラーメン「三宝(みたから)ラーメン」を生み出したのが始まりです。
豚骨、鶏ガラ、数種の果物や野菜を煮込み、職人達が自分たちの舌を納得させるまで、試行錯誤を繰り返して完成させました。
その味の基本を受け継いで、1978年には「焼豚ラーメン」が発売。
本場のおいしさをより手軽に、という思いを込めてカップめんとして売り出されました。
カップめん「焼豚ラーメン」は九州の白濁の豚骨味とハート型のチャーシューが大変な人気となり、今もって人気をいただいています。
さん - 4
九州ではどのコンビニでも普通に売ってるこのサンポー食品の九州とんこつ味 焼豚ラーメン。
実は自分は知らなかったのだが九州のヒトだともはやソウルフードとも呼ばれているらしい。
さんぽ - 8さんぽ - 9
即席麺でトンコツといえば「うまかちゃん」が有名だが、うまかっちゃんよりトンコツ臭が立ち込めて本物っぽくパンチがある。
ただ「焼豚ラーメン」と名乗る割にはチャーシューはペラペラで存在感がないがこれは値段を考えれば仕方がないのだろう。
さんぽ - 10さんぽ - 11
昨今のとんこつラーメンは臭みがまるでなかったり魚介が入ったりとバリエーションを増やし洗練されてきているが昔ながらのとんこつラーメンってこういう形で残っていくのかもしれない。
これはハマると相当やばそうな予感がむんむんと伝わってきた九州とんこつ味 焼豚ラーメンだった。

そば処 吉野家 佐波川サービスエリア下り店(防府市)辛味肉つけそば

から - 1
そば処 吉野家 佐波川サービスエリア下り店
文字通り山陽自動車道の佐波川サービスエリア下りの中にあるそば処の吉野家
から - 3
から - 2
メニューもいろいろあるのだがここは思い切って今流行の辛味肉つけそば630円を注文してみた。
から - 4
締めて冷たいソバと予想していたらこれがナント暖かいのでちょっとびっくり。
からみ - 1からみ - 2
ラー油が入っているつけダレにどっぷりと浸してから食べてみるとソバが暖かい分そのコシとかは楽しめないが寒い季節にはやっぱりなかなか嬉しい。
からみ - 3からみ - 4
ソバの上に敷き詰められた肉は豚肉がメインのようだが牛肉も入っているようで食べごたえがあるし面白い。
からみ - 5からみ - 6
ちょっと残念なのは辛さの元であるラー油が少ないようでその辛さが貧弱だ。
せめて各自好みで後から追加できるようにしてくれたら嬉しいのにと思ってしまった。
からみ - 7からみ - 8
量は満足できるのだが630円という値段を考えれば辛さの件をなんとかしてくれたらブレイクするだろうに、残念に思ったそば処 吉野家 佐波川サービスエリア下り店の辛味肉つけそばだった。

広島ラーメンたかひろ(南区大須賀)しょうゆらーめん

た - 1
通称「エキニシ」の大須賀地区にある広島ラーメンたかひろ
大須賀地区は最近大きく変貌を遂げているので訪れるたびに新しい店が増えているような気がする。
たか - 1たか - 2
広島県民にとって「たかひろ」と聞くと今だったらどうしても広島カープ新井貴浩選手の事を連想せざるを得ないのだが、このお店と新井選手との関わりは不明だが表の看板にはやっぱりカープ帽を被ったキャラクターが描かれている。
たか - 3たか - 4
噂によると向洋からの移転だそうでしょうゆ、塩、味噌、カレー、その他に酒のツマミメニューも展開されているうようだから生粋のラーメン屋っていうよりも一昔前の屋台のようなお店と捉えるのが正解かもね。
た - 2
まず断っておくがこの日は飲み会の〆でやってきたし、ここでも調子に乗って日本酒を呑んだくらいだから基本的に酔っ払いの戯言をツラツラと書き連ねてると思って欲しい。
広島ラーメンたかひろメニュー筆頭のしょうゆらーめん600円。
た - 3
古典的な広島ラーメンのルックスで正確にはとんこつ醤油らーめんといって良いだろう。
麺もやや細めのストレートでまあ広島人にはお馴染みのタイプだ。
たか - 5たか - 8
チャーシューは脂身が多いのでコッテリしているがこれもなかなか悪くない・・・だったハズ。
たか - 7たか - 6
適度にモヤシも入っていて広島ラーメンの期待を裏切らない・・・ハズ。
た - 4
広島ラーメンとしては大きめのメンマでコイツがコリコリしてうまかったのは酔っ払っていたが印象的だった。
たか - 9たか - 10
だけどディテールについてはかなり曖昧でなので話半分と思って読んで貰いたい。
ランチ営業もされているようなのでやっぱり一度シラフで食べに行ってみんといけんわ(笑)
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カテゴリー
月別アーカイブ
記事検索
メッセージ