柴犬と1400GTR

柴犬・コテツと小鈴とカワサキ1400GTRと食べ歩き日記

虎龍馬(周南市)清湯とんこつラーメン 山口拉麺維新2017

と - 1
周南市の虎龍馬
比較的わかりやすい場所にあって店舗周囲に駐車場完備だからアクセスも楽だ。
とら - 1
今日は山口拉麺維新2017の3軒目としての訪麺であるが今日はこのイベント用の維新限定、清湯とんこつラーメン狙いでやってきた。
このラーメンは2年前の山口拉麺維新2015 究極の限定ラーメンの「西軍・これが豚骨ラーメンだ!!」の再現であることは間違いない。
と - 2
さてあまり待たされないでやってキタヨ!虎龍馬の清湯とんこつラーメン700円。
このシンプルさは確かに2年前の究極の限定ラーメンだ。
と - 3
麺は一般的なのより少し細く感じるがコシはしっかりとあってなかなか旨い麺だ。
とら - 3とら - 2
トッピングはこのドドドと気前よく4枚も入ったチャーシューに三つ葉だけ。
とら - 4とら - 7
チャーシューはどっちかといえばこってり系ではあるが敢えて主張は抑えめにされているかのようで決して出しゃばらない。
とら - 6とら - 5
逆に三つ葉は良い意味での緊張感を発揮させておりアクセントというより清涼感を持たせて食べ飽きないように工夫されているようだ。
と - 4
まあ何と言ってもこのラーメンのハイライトはこの「濁っていないとんこつスープ」であることは明らかだが豚の旨みは充分に抽出するされていると思うが個人的にはやや脂分が多くオイリーに感じた。
とら - 8とら - 9
いつものように大将が店の外まで着いてこられて感想を聞かれたので上記の事を伝えたが、要は通常の白湯のトンコツがあるのなら清湯はもっとスッキリの方向に持っていく方がコンセプトがわかりやすいんじゃないかと。
ただ清湯とんこつラーメンって繊細で相当バランスが難しいらしいが、現時点でもかなりのところまで来ているのでまだ伸びしろはあると信じている。

ラーメン大将(周南市)ざるラーメン 山口拉麺維新2017

た - 1
ラーメン大将
ココが建て替わってから2回めの訪麺だ。
たい - 1たい - 2
入店して出迎えてくれるのは自動券売機。
今日は山口拉麺維新2017でやってきたので限定ざるラーメンを食べることにした。
ラーメン大将のざるラーメンは過去にも何度か食べたことがあるが、夏の定番のようだ。
た - 3
さて今年のざるラーメン650円はどういう仕様になっているのか楽しみにしてきた。
た - 2
このお店最大の特徴でもある自家製麺。
今回はどうも全粒粉麺を止めたようでナルトもこれまで見たことがない。
たい - 3たい - 4
つけダレと薬味も変更はないように見える。
たい - 14たい - 5
「ざるラーメン」と言いながらどこにもざるがないがな!と心の中で突っ込んでまずは薬味なしで食べてみたが、これが不思議と日本そばのようになっていないのが面白い。
たい - 6たい - 7
次はネギとミョウガだけ入れて食べてみたがさすがにミョウガのアクセントが際立ってる。
たい - 8たい - 13
ゴマはそれほど大きく変わらないが唐辛子はさすがにピリ辛になると予想される。
た - 4
ここでチャーシューと一緒に麺を食べてみることにする。
唐辛子の量が以前と比較して少なくなっているので辛さはホンの少しであまり味の変化はない。
具入りラー油があったのでコレを入れようかとも思ったがざるラーメンは麺の素の旨さを味わうコンセプトだと察して止めておいた。
たい - 9たい - 10
トッピングはメンマに煮玉子、チャーシューとナルトとシンプルでタレにチャーシューの脂が加わると少しこってりしてくるがそれまでが非常にスッキリした食べ口だ。
たい - 11たい - 16
それとパット見、量が少ないと感じて食べ始めたが実際はかなりの量があって中盤から後半にかけてズシッとお腹に入ってくるのがわかるほど。
たい - 17たい - 12
煮玉子はうっすら味がついているがそれほど自己主張はない。
だけどコイツもお腹にドカンと来てくれる(笑)
たい - 15たい - 18
チャーシューの存在感があるからなのか食べ終わるとそばではなくラーメンを食べた感が大いにあって満腹感も手伝って満足度は高い。
スープがないからとはいえこれで650円ってやっぱり安いと思ってしまったのだった。

ニュータッチ 凄麺 奈良天理スタミナラーメン(ヤマダイ)

て - 1
ニュータッチ 凄麺 奈良天理スタミナラーメン
発売日 2017年1月23日
希望小売価格(税抜) 210円
内容量 112g/めん60g
てん - 1てん - 2
・ 食感の良い白菜をたっぷり使用
・ 白菜エキスがきいた風味豊かなスープ
・ 豆板醤、にんにくでピリ辛に仕上げました
てん - 3てん - 4
凄麺の中でも人気の高いご当地ラーメンシリーズに、奈良県をテーマにした一品が新たに仲間入りです。スープは豚骨ベースの醤油味で、ニンニクや豆板醤で辛さとパンチを加えました。
てん - 5てん - 6
麺はつるつるモチモチとした生麺のような食感が自慢のノンフライ麺で、中細の麺とピリ辛スープとの相性は抜群です。
て - 2
豆板醤の辛味に白菜の旨味、ニラ、ニンニクの風味が混ざりあった個性的な味わいは、一度食べるとクセになる一品です。
てん - 7てん - 8
「当商品の開発にあたり実際にお店で天理ラーメンを食べてみて、まずは白菜の存在感に驚きました。
てん - 9てん - 10
そこで具材にたっぷりの白菜を入れスープも白菜の旨みにこだわることでスープと具材を炒め煮込んだような雰囲気の再現を目指しました。
て - 3
また、お店のようなピリ辛でやみつになる味を再現したいと考え豆板醤の辛味やニンニク風味の強さを試行錯誤しました。
て - 4
また食べたい!と思っていただければ幸いです。
開発担当者より」
てん - 11てん - 12
凄麺シリーズには3タイプの麺があるようでこれは4分の中太麺ということになるようだが、それぞれコシがあってなかなかウマい。
てん - 13てん - 14
奈良天理スタミナラーメンを最初にひとくち食べた瞬間から相当なレベルに有ることがよくわかるデキだ。
正直思わず唸ってしまったくらい。
このシャキシャキ感が残る白菜もだがスープが素晴らしい。
個人的には天理に行って本物を食べたことがないが雄山で一度食べたことがあるくらいだ。
てん - 15てん - 16
豆板醤とニンニクのアシストが素晴らしく最後までまったく食べ飽きない。
ブラックラーメンでもたまげたが、奈良天理スタミナラーメンもカップ麺の中では最高ランクにしてしまわざるを得ないと今回も脱帽してしまった。

ニュータッチ 凄麺 新潟背脂醤油ラーメン(ヤマダイ)

にい - 1
ヤマダイ株式会社(本社:茨城県結城郡代表取締役:大久保慶一)は、「凄麺新潟背脂醤油ラーメン」をリニューアル発売することになりました。
にいが - 1にいが - 2
新潟のご当地ラーメン「燕三条系ラーメン」の特徴である煮干しのダシと背脂感を従来品よりもUPし、また今回からスープに使用する醤油を100%新潟県産醤油に置き換えました。
にいが - 3にいが - 4
商品名:ニュータッ凄麺 新潟背脂醤油ラーメン(内容量124g)
麺:当社独自製法のノンフライ麺。
表面はつるつる、中はモチモチとした食感で、濃厚な背脂醤油スープとの絡みも絶妙です。また時間が経っても伸びにくいのが特徴です。(熱湯5分)
にいが - 5にいが - 6
スー
プ:地元新潟県産のしょうゆをベースに、背脂をふんだんに配合したラーメンスープです。
ポーク・チキンエキスを配合し、旨味を付与しました。
にいが - 7にいが - 8
これに「燕三条系ラーメン」の特徴である煮干の旨味(エキス&煮干粉)と隠し味で鰹節粉を配合し、魚介の旨味を付与しました。
さらに油部にも煮干オイルを配合し、香り立ち豊かなスープに仕上げました。
にいが - 9にいが - 10
具材:チャーシュー、背脂加工品、刻みタマネギ、ねぎ
カロリー:458kcal
発売日:2017年2月13日(月)
価格:210円(税別)
にい - 3
新潟県のご当地ラーメンである「燕三条系ラーメン」をカップ麺で再現した一品です。
スープは地元新潟県産の濃口醤油をベースに、煮干しのダシをしっかりと効かせ風味豊かな味わいに。仕上げに背脂をたっぷり加え、ラーメン店さながらの濃厚な背脂醤油スープを再現しました。
にい - 4
麺は生麺のようなツルツル、もちもちとした食感が自慢のノンフライ麺で、太麺と濃厚スープの相性は抜群です。
背脂の甘味と煮干しダシの旨味が絶妙にマッチし、濃厚なのに飲み干したくなる味わいの一品です。
にいが - 11にいが - 12
麺はいつものニュータッチの一番太いタイプでコシがしっかりあるのはいつも通りだ。
にいが - 13にいが - 14
このカップ麺は間違いなく新潟、燕市の杭州飯店の中華そばを手本にしたものと思われるが本物の燕三条背脂ラーメンを知る自分から言わせてもらえば残念ながら全くの別物だ。
チャーシューはまあ置いておいておいたとしても、いくらなんでもこの麺では比較にならないほど細過ぎるし、スープの背脂も迫力不足だし醤油のパンチも弱々しくてこれまで食べた凄麺シリーズの中では最も印象が薄い。
人間、正直なものでスープも一番残してしまったニュータッチ 凄麺 新潟背脂醤油ラーメンだった。

雁木 夏辛口純米 無濾過(八百新酒)

がん - 2
雁木 夏の辛口 純米酒 1.8L
価格:2808円 (内税208円)
使用米 : 山田錦(麹米) ・ 西都の雫(掛米)
精米歩合 : 60%
日本酒度 : +8
酸度 : 1.7
アルコール度数 : 15度
がん - 1
口当たり柔らかくシャープなキレ味。
山口県を代表する地酒として人気急上昇中の雁木。
多くのファンから 「夏酒を出して欲しい」 との声にお答えすべく造られた夏限定 辛口純米。
清涼感を出すため透明瓶に詰められ活性炭濾過をされていませんので酒本来の自然な色合いを留めています。
蔵元いわく
「 辛く感じさせない辛口こそが我々の求めるところであり、切れ味はシャープでも口当たりは柔らかく
ほのかな旨味を感じながらスルスルと飲めてしまう清風が頬を撫ぜてくれるような飲み心地のお酒」
がん - 4
特約店限定にて予約生産分のみ造られる夏限定酒です。
通常の柔らかな旨味を持った雁木 生原酒とは一味違った夏バージョン。
常温にて、さらりとした辛さと雁木らしい、しっかりした味わいを
冷やしていただき透明感のあるシャープな切れ味を和洋中を選ばず料理を引き立てる切れ味。
暑い夏にも抵抗なくお楽しみいただけます。
がん - 3
若干の黄色みかかった雁木 夏辛口純米 無濾過。
実際に冷やして呑んでみるとさすがに加水してあるのか僅かな薄さを感じるがそれでも雁木特有の甘さは健在で「辛口」と言われても全然ピンと来ない。
恐ろしく口当たりが良くこんなもん普通に呑んでいたら気がついたら記憶が飛んでいたって事になりかねないくらいある意味自制の必要な日本酒でもある(笑)
確かに暑い季節にはこの手のアッサリ系の酒が欲しくなるがそういう要望にも最近の日本酒業界はきっちり応えているんだなと感心してしまった雁木 夏辛口純米 無濾過だった。
これで税抜き2600円は安いよ!
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カテゴリー
月別アーカイブ
記事検索
メッセージ