柴犬と1400GTR

柴犬・コテツと小鈴とカワサキ1400GTRと食べ歩き日記

ラーメン&Bar 友(呉市中通り)鶏白湯らーめん白

と - 1
ラーメン&Bar 友
呉市の中通り、マクドナルドの近くのわかりやすい場所に新しくできたラーメン屋さん。
とも - 21とも - 1
ここは以前はなんだったのか思いだせないのだが、とにかく今流行りの鶏白湯のお店であることはよくわかる。
とも - 2とも - 3
お店に入ると出迎えてくれるのは自動券売機。
メニューは鶏白湯らーめん白に鶏白湯らーめん黒(マー油入り)、そして辛味を効かせた鶏白湯らーめん赤というラインナップ。
縦に長い造りの店内は一番奥が厨房で手前にカウンターとシンプルだ。
とも - 4とも - 5
なぜかカラオケの機械やお酒も用意されていてラーメン&Bar 友という店名からして夜はそういうお店になるのかもしれない。
奥の厨房で調理されているのはどうやら女性のようで、カウンター内にはもうひとり男性がいるという2人体制。
と - 2
キタヨ!ラーメン&Bar 友の鶏白湯らーめん白750円。
なんとも鮮やかなルックスなことよ!
とも - 6とも - 15
実際はこんな風にお盆に乗って提供されるのだがブラックに統一された容器もなかなかシャレている。
とも - 7とも - 8
とにかく目を引くのはちょっと珍しいヤングコーンと「の」の字にも見えるブッとくてデカイチャーシューだ。
とも - 9とも - 10
それとこれも珍しい一枚物のキクラゲに水菜、そして柚子が入っているようでこのあたりに女性らしい繊細なセンスを感じさせる仕上がり。
と - 3
通常の約110グラムに対してデフォルトで140グラムと多めの麺のコシもばっちりで、ザクザクした歯ざわりもしっかり楽しめるような麺になっている。
と - 4
肝心の鶏白湯スープは濃厚なタイプで、どっちかというと洋風のコーンスープを連想させてくれるのは良いがちょっと塩に頼った味付けになっているのが気になってしまった。
とも - 11とも - 13
そのコッテリとした食感に柚子はベストマッチと思われるがもう少し隠し味的にした方が良かったかもしれない。
とも - 14とも - 12
メンマに代わりだと思われるヤングコーンは時々見かけるがこれもなかなか面白いし、他の薬味である白ネギの辛さも心地よい。
とも - 16とも - 17
ごっついチャーシューは食べごたえじゅうぶんなのだがこちらももう少し塩分を控えた方がその良さが引き立つかもしれない。
キクラゲは博多ラーメンの定番だと思うが鶏白湯ともなかなか相性は悪くないようだ。
とも - 18とも - 20
140グラムの麺でも呆気なく食べられる程のポテンシャルはじゅうぶんに持ち合わせていると思うが最近乱立気味の鶏白湯ラーメンの中にあってラーメン&Bar 友ならではの個性がもう少しあるほうがわかりやすい鶏白湯ラーメンになるような気がしてしまった。

二代目 もんごい亭(南区丹那町)鰆煮干し和ーめん

さわ - 1
日曜日の昼過ぎにバイクでやってきたよ!二代目 もんごい亭
さわら - 1
今日のターゲットはズバリ!春の限定商品(金、土、日曜日だけの提供)鰆さわら煮干し和ーめん。
京都産の鰆煮干しを贅沢に使った上品な出汁に西京味噌で仕上げた鰆を併せました。
さわ - 2
さてほどなくしてやってキタヨ!二代目 もんごい亭の鰆煮干し和ーめん780円!!
この瞬間から魚介の香りが凄まじい。
さわら - 2さわら - 3
チャーシューの代わりにサワラの西京焼きが乗っているようだがラーメンにトッピングとして入れられている魚介系ってダシに完全に旨みを取られてしまったいわゆる抜け殻か、温められてちょっと生臭くなってしまっているかのどっちかの事が多く個人的にあまり良い印象を持っていない。
さわら - 4さわら - 7
だからこのちょこんと添えられた梅干しでもしかしたら生臭さを相殺する作戦なのかと勝手に妄想してしまった。
さわ - 3
麺はいつものもんごいの麺でしっかりとコシがあってこのあたりはサスガに安心できる。
さわら - 6さわら - 5
サワラって白身の魚でどっちかというとタンパクな味だったように思うのでこのイワシの煮干しから抽出したような魚の出汁とは想像もしなかった。
だけど魚介系のもんごいだけあって濃密に旨みが引き出してあると同時にエグみや臭みをギリギリ抑え込んであるのはどういう技法なのだろう。
さわら - 8さわら - 9
ネギの代わりに水菜がけっこう大量に入っていてこれもそのスープのエグミ対策なのだろうが、確かにその青臭さが見事に魚臭さをシャットアウトしているように感じる。
さわら - 11さわら - 12
さて注目のサワラの西京焼きだがこれは見事にサワラの西京焼きだ(笑)
居酒屋メニューがそのままトッピングされているのだが手練手管のもんごいだけあってラーメンとのマッチングはまあアレだが生臭さは皆無だ。
さわら - 13さわら - 14
さて後半になってきたのでここらでもうひとつのトッピングのトピックである梅干しを潰してみる事にした。
さわ - 4
この梅干しは塩分が控えめになっているようでこうすることでどんどん塩辛くなってしまうといった野暮な事態にならないのが嬉しい。
さわら - 15さわら - 10
ただ梅干しによって少しだけ酸味が追加されるのだが味の大勢が大して変化することもないのも事実で嬉しいような悲しいような複雑な心境になってしまった。
さわら - 16
それにしても鰆の煮干しなんて聞いたこともないのでもっとキテレツなラーメンを想像していたのだがごく真っ当な魚介系清湯スープに仕上がっていてますますもんごいの他の魚介系にも好影響が予想できそうな鰆煮干し和ーめんだった。
サスガです。

市川商店(安佐南区西原)はまぐりの柚子醤油らぁ麺

いち - 1
国道183号線から少しだけ入った場所にある市川商店
比較的大きなパチンコ店の反対側だからわかりやすいだろう。
いちか - 12いちか - 1
店舗横にはわかりやすい駐車場が3台完備されている。
店内は若い大将と女性スタッフの2人体制で一人だった自分はカウンターに通された。
実は半年前にもこの店を訪れており、その時とはメニューが変わっているようだ。
いちか - 2いちか - 3
「廣島醤油豚骨らぁ麺」と「魚介と豚骨の濃厚ダブルスープらぁ麺」というラインナップでちょっと中途半端な印象を受けたのを覚えている。
それが今回は「はまぐりの柚子醤油らぁ麺」と「魚介と豚骨らぁ麺」、そして「辛味噌らぁ麺」という3本立てになりいわゆる広島ラーメンからの決別を図ったようだ。
いち - 2
ちょっと待ってからキタヨ!市川商店のはまぐりの柚子醤油らぁ麺(平日ランチタイム特典の麺大盛り)850円。
なるほどこれはさすがにはまぐりのルックスインパクトはバツグンだ。
いち - 3
ザックリとした歯ざわりでしっかりコシある麺は以前とは変わっていないのかな?
いちか - 5いちか - 8
トッピングとして大いに目を引くハマグリも食べてみるとスープに全て旨味を出し切っているようでハッキリ言ってダシの抜け殻状態なので余計にスープへの期待が高まる。
いちか - 4いちか - 10
スープは若干のラフな部分はあるのだが、実際以前の広島ラーメンとは比較にならないほどの洗練度とオリジナリティが発揮されているとマジ感心してしまった。
いち - 4
チャーシューは脂身のないパサパサタイプが2枚気前よく入れてあってこれもこのはまぐりダシラーメンによくあっている。
いちか - 6いちか - 7
三つ葉、メンマ、白髪葱や青ネギとなかなか野菜系トッピングも豪華だがモヤシは今ひとつマッチングがイマイチに感じた。
いちか - 9いちか - 11
おそらくはトンコツと鶏スープにはまぐりダシを合わせているのだろうが最近流行りの貝出汁ラーメンをよく反芻して自分のモノにされているは凄いと素直に感心した。
やや残念だったのは「はまぐりの柚子醤油らぁ麺」と銘打っているのに柚子の存在感が希薄っていうかほとんどなかったのだがココらへんにもう一捻りが欲しいような気もする。
スパッと広島ラーメンを捨てて魚介系に大きく舵を切った市川商店が楽しみな事は間違いない。

支那そばや(広島三越 催事出店)醤油らぁ麺 塩らぁ麺

し - 1
2017年3月14日(火)〜20日(月)まであの「支那そばや」が広島三越に出店することを支那そばやのフェイスブックで知った。
こりゃいっちょう行ってみるべ!とやってきた次第である。
しな - 3しな - 2
何十年振りかわからんくらい久しぶりに入った三越広島店の地下の一角に名人の台所と呼ばれるカウンター席だけのコーナーがあってここにこの一週間だけ支那そばやが入店しているようだ。
しな - 1
先払いで醤油と塩のラーメンにチャーシュー麺もあるようだが今回はせっかくなので店内連食を企てているのだった。
し - 2
最初に注文したのは塩らぁ麺。
なんともキレイに澄んだ清湯スープだ。
し - 3
麺はこれまた食べたことがないようなツルツルした食感の全粒粉麺でどちらかと言うと多加水なのかコシよりもプルプルとした舌触りを重視しているように感じる。
しな - 4しな - 5
見るからにコストがかかってそうな穂先メンマが2本も奢られていて高級感も半端ない。
しな - 8しな - 6
カットしてあるチンゲンサイだがこれが今まで食べたことがないようなピリッしたワサビに似た刺激があってどういうカラクリになっているのかわけがわからん。
しな - 9しな - 7
焦がしネギのアクセントもセンスよく効かせてあるかわりにチャーシューはほとんど無味に近く主役になってしまうのを意図的に避けているかのようだ。
しな - 10しな - 11
スープはおそらくは鶏ベースなのはわかるが魚介が使われているのかどうなのかさっぱりわからん。
脂分も浮いているのだが食べてみても全く脂を感じないし、塩ダレも本当に優しく滋味深い味でさすが無化調だけあって後半も全く食べ飽きない。
しな - 12
あっという間にスープまで完食してしまうそうだったがここでグッと思いとどまって醤油らぁ麺を追加注文した。
し - 4
そしてこちらが支那そばやの醤油らぁ麺。
し - 5
麺は全く同じもののようで食感も変わらないのだがなぜか醤油らぁ麺の方が麺の香りがよく伝わってきてわかりやすい。
しな - 14しな - 13
チャーシューも全く同じものだがスープは塩よりももっと深みのある味付けになっていてこちらはますます鶏なのか魚介が入っているのか判別できない。
まして醤油の塩分なども微塵も感じられないのにしっかり味の下支えになっているのがわかるのが凄い。
しな - 15しな - 17
穂先メンマも同様だが塩らぁ麺でびっくりさせられたチンゲンサイはなくこちらの辛味の主役はネギだ。
それとこの醤油らぁ麺トッピングの海苔だが今までで初めて「旨い」と思ってしまったのだがまさかここにも拘りがあるのだろうか?
しな - 18しな - 16
無化調ラーメン特有の後半にかけての味の伸びも素晴らしくけっこうお腹が膨らんできたにも関わらず丼をもったまま食べる勢いが止められない。
しな - 19しな - 20
気がついたらスープまで完食してしまっていた。
いやいやこの醤油らぁ麺はどっかでよく似たの食べたことあるなと感じていたのだがJapanese Soba Noodles 蔦の醬油Sobaに共通項(勿論トリュフソースはないが)が多いように感じる。
個人的には醤油らぁ麺の方が好みだがどちらを食べても非常に満足できることは約束できる。
値段は前払いで、息子と2人がそれぞれ塩と醤油1杯づつ全部で4杯食べて総額3499円だったかは塩と醤油ラーメンが同額なら810円って事になるのかな?
3月20日(月)までで塩、醤油ともに1日30杯限定のようだから時間のあるラヲタは行っておくことをオススメしたい(笑)

睦月(呉市西中央)天婦羅うどん

む - 1
西中央の睦月
見るからに年季が入った店構えだが呉出身、しかも実家がこの近所の自分はこの店の存在を全く知らなかった。
店舗の前は駐車場になっていて3台程度駐めることが出来る。
むつ - 2むつ - 1
店内はけっこうゆったりしていてテーブル席が5つとカウンター代わりになる大きなテーブルが真ん中にドカンと置いてある。
奥の厨房では大将が調理されていてホールは奥様が担当しておられるのかな。
む - 2
お願いしたのは天婦羅うどん750円。
実際、注文を受けてから天婦羅を揚げておられるようで少々時間がかかってやってきた。
むつ - 4むつ - 3
しかしこれはなんていうかド迫力の天ぷらがドドンといくつも盛ってあって値段からすればちょっと考えられない。
むつ - 5むつ - 8
オマケにワカメも凄まじい量がぶっこんであって嬉しくなってしまうがね。
む - 3
注目の麺は呉名物の細うどんに非ず!!
なんと呉なのにぶっとい麺でどっちかというと讃岐うどんかもしれないが、見た目ほど別段コシがあるタイプでもない(笑)
むつ - 9むつ - 6
ダシはイリコだと思うがそれほど個性的ではなくどっちかというと存在感を希薄にして天ぷらをサポートするといった役割のように感じる。
むつ - 7むつ - 10
ゴボウは歯ごたえが凄まじく尚且つ天ぷらにすることでその香りが引き立っている。
大きな玉ねぎの天ぷらまで入っていてこれも甘さが堪らんじゃないの。
む - 4
ひときわ目を引く海老だがまあこのへんはこの手のうどんのお約束であるが750円という値段の前では文句はない(笑)
むつ - 11むつ - 12
丼自体も一般のよりも一回り大きいしこれに並々とついであるから量も多めだ。
最後の方は麺がなくなってダシで天ぷらの衣を食べるという予想通りの顛末になったが満足感はかなり高い。
なるほど、盛りっぷりが良いのがこの睦月の最大の特徴であることは理解できた(笑)
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カテゴリー
月別アーカイブ
記事検索
メッセージ