柴犬と1400GTR

柴犬・コテツと小鈴とカワサキ1400GTRと食べ歩き日記

超スーパーカップ1.5倍 厚切焼豚とんこつラーメンねぎ盛り(エースコック)

と - 1
近所のコンビニで買った超スーパーカップ1.5倍厚切焼豚とんこつラーメンねぎ盛り
とん - 1とん - 2
大盛りカップめんのパイオニア「スーパーカップ」シリーズより新ブランドが誕生
濃厚な豚骨スープと厚切チャーシューでリッチなウマさを実現!
とん - 3とん - 4
<本商品のポイント>
① スープも具材もめんも超リッチな食べごたえ!スーパーカップシリーズより新ブランド「(コンビニ限定)超スーパーカップ」が誕生!
② 通常の大盛りカップめんとは違うリッチなウマさ!しっかりと味付けした厚切
チャーシューを採用し、お腹もココロも満たされる一杯!
とん - 5とん - 6
【商品情報】
大盛りカップめんのパイオニアであるスーパーカップは、発売以来ターゲットである若者を意識して量だけでなく味わいでも満足感を得られる食べごたえのあるカップめんを追求しております。
今回、“もっと身も心も満たされたい欲張りなユーザー”に向けて、食欲がしっかりと満たされる「スープも具材もめんも超リッチな食べごたえ」を実現したスーパーカップの新ブランド「(コンビニ限定)超スーパーカップ」を開発しました。
と - 2
第一弾である本商品は、90gのしっかりとした食べごたえのある滑らかなめん、パンチのある濃厚豚骨スープ、食べごたえのある厚切チャーシューを採用し、通常の大盛りカップめんとは一線を画したリッチなウマさで満足感を得られるように仕上げた一杯です。
と - 3
【商品特長】
■商品名: (コンビニ限定)超スーパーカップ1.5倍 厚切焼豚とんこつラーメン ねぎ盛り
■めん: 豚骨ラーメンらしい歯切れの良さがある角刃の細めんです。適度な弾力を持つ、食べごたえのあるめんに仕上げました。(湯戻し時間:3分)
と - 4
■スープ: 数種の特徴のある豚エキスやポークコラーゲンを使用し、ガーリックやオニオン等の香味野菜の旨みを加えた豚骨スープです。ほんのり甘いスープに胡椒で味を引き締め、強めに香る独特の豚骨臭がより一層食欲をそそります。
■かやく: 食べごたえたっぷりの焼豚をメインに、コリコリとした食感の良いキクラゲ、風味の良いごま、色調の良いねぎを加えて仕上げています。
■パッケージ: ポイントである「厚切焼豚」を文字とシズルでしっかりと訴求した、分かりやすくインパクトのあるデザインです。
とん - 7とん - 8
確かに粉末スープの袋を開けたときからトンコツ臭が凄く立ち上りこれが濃厚なスープになることがカンタンに予想できてしまう。
とん - 9とん - 10
確かにチャーシューもこの手のカップ麺としてはしっかりと肉感があってこれを売りにしているだけのことはあるなと感心してしまった。
とん - 11とん - 12
205円(税抜価格)という値段を考えれば非常に満足度は高く実際お腹もいっぱいになってしまった。
以前のスーパーカップシリーズって言えば量だけ多くて味は置いてけぼりって感じがあったが最近のは完全に生まれ変わって堂々と勝負できる内容になってきているようだ。
コレに限らず最近のエースコックはアグレッシブに新製品開発しているようで個人的にはここの新しい面白そうなのが出るとつい買ってしまうのだった(笑)

げんこつラーメン うめ田(西区中広)国産牛ホルモンラーメン

うめ - 1
げんこつラーメンうめ田
この日はクルマでやってきたのだが店舗前の2台分はココの駐車場のようだ。
うめだ - 11うめだ - 1
基本的にとんこつ醤油ラーメンのお店なのだがベースメニューたるげんこつラーメンよりもホルモンラーメンの方が好印象だったのでこっちを再び食べようかとやってきたのだった。
うめだ - 2うめだ - 3
以前は確か冬限定と銘打たれていたがどうやら通常メニューに昇格したんか「おすすめ」という文字に変わっている(笑)
うめだ - 4
店内はカウンターとテーブルがあって大将がおられる厨房は見えない。
だからホールには奥様とおぼしき女性がおられてこちらが接客をされているようだ。
うめ - 2
さて比較的早めに提供されたげんこつラーメンうめ田の国産牛ホルモンラーメン900円。
コレコレ!!これ喰いたかったんよ!
うめ - 3
麺はやや細めのストレートで今回もやっぱりやや柔らかめに茹でられているのは意図的と思われる。
うめだ - 6うめだ - 7
ニラとモヤシに赤唐辛子なんてやっぱりこれはモツ鍋のパーツに間違いなだろう。
うめ - 4
そしてこのラーメンのメイントッピングたるブリブリの国産牛ホルモン。
今回も柔らかいし脂がしとどに溢れ出てそれがコッテリしていてこのラーメンにとって好ましい。
うめだ - 8うめだ - 5
それに対してどうしたことかこの日はスープのパンチがやや弱く初めて食べた時の感激が薄れていくのを禁じ得なかった。
自家製とんこつスープってその日その日の条件次第で出来不出来の幅があるからもしかしたらこの日はハズレの日だったのかもしれない。
うめだ - 9うめだ - 10
この日はちょっと残念だったが逆に言えばまたココにくる楽しみがまた増えたと前向きに考えて店を後にしたのだった。

太打製麺所 大盛 三色揚玉うどん(明星)

み - 1
近所のスーパーで安売りしていた太打製麺所 大盛 三色揚玉うどん
みよ - 1みよ - 2
太打製麺所「三色揚玉うどん」がリニューアル!カツオ、イリコ、昆布のだしを使用した味わいの深い関西風のうどんつゆに、彩り豊かな三色のオニオン、青さ、えびの揚玉で風味と食べ応えを加えました。
みよ - 3みよ - 4
内容量106g、麺90gの大盛りなのに確か100円を切る値段だったように記憶しているが大して期待しないで購入した。
みよ - 5みよ - 6
「すすり心地のまっすぐなうどんに関西風のつゆ。三色の揚げ玉が風味を添えます。」
みよ - 7みよ - 8
その三色の揚げ玉とワカメの具は始めっから麺に乗っかってて粉末スープを入れてからお湯を注いで5分という今となっては珍しい昔の方式。
み - 2
5分待ってから食べてみるとハッキリ言って驚きの旨さだがね。
そこらへんの下手なうどん屋よりもウマいんちゃうかと思わせる内容で量も見た目の通りドカンと胃袋に来る。
これが100円以下なんてちょっと信じれない。
期待していなかったからってのもあるけどコスパを考えたら我が国の即席麺の実力を思い知らされた気がしてしまった太打製麺所 大盛 三色揚玉うどんだった。
マイッタ。

丸亀製麺 廿日市店(廿日市市本町)肉たまあんかけうどん

に - 1
雨の日にやってきたよ!丸亀製麺 廿日市店
デッカイ駐車場があって雨の日にはホントにこの手のお店があって助かる。
にた - 2にた - 1
雨だから消去法的選択でここにやってきたからこれといって目的はなかったのでこの時の期間限定肉たまあんかけに決定!!
に - 2
あっという間に手渡されたよ!肉たまあんかけうどん(並)590円。
に - 3
ドロドロ激熱の餡にぶっとい讃岐うどんがよくあっていて寒いこの季節にはやっぱりこういのが食べたくなるわな。
にた - 3にた - 5
ショウガとネギはセルフなのだが特にショウガがバッチリの相性で旨いわ、あったまるわでその相乗効果が素晴らしい。
にた - 4にた - 7
個人的にはこの値段ならば肉をもう少し増量してくれたらもっと嬉しかったがそれでもけっこう腹一杯になる。
にた - 8にた - 6
しかしさすがは企業系だけあって次から次へと猫の目のように限定メニューを取っ替え引っ替えして飽きさせない様にはホント頭が下がる。
こっちもだんだん楽しみになってきてしまうんよね(笑)

牛麺大王(西区アルパーク東棟3F)牛骨ラーメン白

ぎゅ - 1
自転車でアルパークにやってきた。
その2017年リニューアルで新たに開店した牛麺大王
ぎゅう - 1ぎゅう - 2
休日の昼過ぎだったので入店まで少し待たされたが「牛骨ラーメン専門店」と書いてあってトンコツ醤油全盛の広島にあってこの割り切りが凄い。
ぎゅう - 3ぎゅう - 4
店内に案内されて中央に大きなカウンターがあってその周囲にテーブル席を配置している、どこかファミレスのようだ。
まあアルパークの中という場所柄そういう客がターゲットになるのは仕方がないのだろう。
ぎゅ - 2
あまり待たされないでキタヨ!牛麺大王の牛骨ラーメン白680円。
「スッキリ透明スープに白ネギの甘みをのせ上品なコクを造り上げました。牛骨特有のスッキリ・コクの絶妙ハーモニースープ!」
ぎゅ - 3
麺は細めのストレート。
ちゃんとコシがあって旨い麺だったことに面食らった。
ぎゅう - 7ぎゅう - 6
トッピングは小さなチンゲンサイに白ネギ、そしてモヤシが少しだけ入っていてまるでラーメンの邪魔をしないように控えめになっているのだろうか?
ぎゅ - 4
スープは甘さが印象的な牛骨スープというより牛テールスープを強く感じさせる上品な味付けになっていて非常に上質だ。
これはハッキリ言ってなかなかおカネがかかっているスープのようだ。
ぎゅう - 5ぎゅう - 8
それと不思議な食感のチャーシューが2枚。
これは一体何の肉なのかようわからんかったがラーメンのアクセントとしては相当面白い食べ心地で笑ってしまいそうになった。
ぎゅう - 9ぎゅう - 10
ハッキリ言って期待していなかったのだがこれは紛う方なきレベルの高い牛骨ラーメンだったので気がついたらスープを完食してしまっていた。
問題はこの内容は良いのだが量が少なく感じられてしまうので結果的に680円が高いように思われるんじゃないのかな。
ただテールスープってそもそも高級品だし個人的には迂闊にも大満足してしまった牛麺大王だった。
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カテゴリー
月別アーカイブ
記事検索
メッセージ