柴犬と1400GTR

柴犬・コテツと小鈴とカワサキ1400GTRと食べ歩き日記

中華料理 周苑(佐伯区)台湾ラーメンと中華丼セット

しゅ - 1
コイン通りにある中華料理 周苑
この前をよく通るのでその存在にはかなり前から気づいていたが実際に訪れるのは初めてだ。
しゅえ - 1しゅえ - 6
表の看板には中華料理とあるがメニューには台湾料理とある。
店内はかなりゆったりしていてカウンターは見当たらなかったので4人掛けテーブルに座った。
しゅえ - 3しゅえ - 4
基本的にランチは日替わりとラーメンセットのようで台湾ラーメンが食べたかったのでラーメンセットに決定。
しゅえ - 2しゅえ - 5
辛い台湾ラーメンとの組み合わせという事で麻婆丼は敬遠して中華丼に決めた。
しゅえ - 7しゅえ - 8
さてしばらく待ってキタヨ!中華料理 周苑の台湾ラーメンと中華丼セット800円。
メニューをよく見ると台湾ラーメン単品だと700円だから100円で丼がプラスされるというのはかなりお得感ある。
しゅ - 2
広島でも最近やっと増えて来つつある台湾ラーメン。
台湾ラーメンって言っても台湾料理ではなく味仙が元祖の名古屋めし。
しゅ - 3
セットの中華丼は小ぶりな器に入ってはいるが想像していたより本格的でコレが100円なんてちょっと考えられない。
しゅ - 4
麺はまあラーメン専門店ではなく中華料理屋なのであまり期待してはいけないがややプラスチッキーに感じる。
しゅえ - 9しゅえ - 10
そんな事よりこの台湾ラーメンは全くと言って良いほど辛味が不足していて醤油ラーメンと大差ないので一口食べて速攻でテーブル調味料のラー油をぶっかける事にした。
しゅえ - 11しゅえ - 16
一方中華丼はこっくり薄味でなかなか上品な甘辛さで具も八宝菜っぽくあれこれバラエティにも富んでて楽しい。
もしかしたらこっちの方が得意料理なのかな?
しゅえ - 12しゅえ - 13
台湾ラーメンにも戻るとテーブル調味料のラー油がいかにも市販のラー油と言ったレベルで辛味が薄っぺらく弱いので丼3周くらいかけてようやく台湾ラーメンらしい辛さになったが、今度は喉を刺すような刺激が発生してラフな仕上がりになってしもた。
しゅえ - 14しゅえ - 15
段々台湾ラーメンは真赤になってきたがそれでもまだ自分の知ってる本物の台湾ラーメンには到底及ばない。
しゅえ - 17しゅえ - 18
担々麺同様の肉そぼろはスープに沈むので麺がなくなるとこれとニラをレンゲで食べるようになるのだがスープの質がイマイチだと後半ツライ。
しゅえ - 22しゅえ - 23
こうなると中華丼の良さが益々冴えてぶっちゃけ、こっちをフルサイズにして台湾ラーメンが小鉢だったら嬉しいのにと思うようになってしまった。
しゅえ - 17しゅえ - 20
名古屋の味仙の台湾ラーメンはデフォルトでたまげるほど辛いが台湾ラーメンには於ける辛さと云うのは自分が考えていたよりも重要である事がこんな所で理解できた。
しゅえ - 21しゅえ - 19
当然中華丼が先になくなって台湾ラーメンをやっとこさやっつけたと言う印象が強く残ってしまった。
しゅえ - 24
ラーメン専門店ではないので台湾ラーメンに過度な期待をしてしまった自分が悪いのかも知れないが丼の旨さは捨てがたいのでもう少し角度を変えて攻めてみたい。

せせらぎ食堂(安佐南区八木)すじ肉ラーメン

せ - 1
せせらぎ食堂
ちょっとわかりにくいっていうかけっこうディープな場所にあるラーメン屋ではなく食堂。
せせ - 1せせ - 2
開店時間である11時よりも15分も早く着いてしまったので駐車場にクルマを置いて待とうかと思ったら「営業中」になっている。
せせ - 7せせ - 6
中を覗いてみると午前中だっていうのに2人連れの客が焼酎呑んどるがね!!
自分はカウンター席に通されたが壁一面に広島カープ選手の色紙がズラリ!
おそらくは日南キャンプの時のモノと思われる(笑)
せせ - 3せせ - 4
食堂というだけあって定食や酒のあてのようなものなで幅広くラインナップされている。
だけど今日の目的はすじ肉ラーメンだ。
せせ - 5せせ - 16
一般的にはこの手の食堂のラーメンはオマケ的な要素が強くやっつけ仕事で提供されることがほとんどなのはよくわかってる。
尚且つ、すじ肉が入ったラーメンに良い思い出がまるでなくアレやらコレやらトラウマになってしまっているが、ココは勇気を出して注文した次第である。
家族経営のようで大将に奥様、娘さんかバイトの女の子の3人体制ってのもいかにも食堂だ(笑)
せ - 2
さてほとんど待たされないで提供されたせせらぎ食堂のすじ肉ラーメン750円。
なるほど思い切り予想通りのルックスではあるわな。
せ - 3
滅入る気持ちを奮い立たせながらため息混じりに麺を啜ると、何とびっくり!コクに溢れるスープのなんとも旨いことよ!
せせ - 10せせ - 9
どうせ食堂だから業スー然としたスープだとタカをくくっていたら一気に背筋が伸びてシャキッとしてしまった。
せせ - 8せせ - 12
すじ肉も柔らかいだけじゃなく旨みも満点でトンコツに牛スジのダブルスープがこれほどマッチングしているのは初めてだ。
せせ - 11せせ - 15
基本的には広島ラーメンなのだがスープにドロっとした粘度があってそのパンチがすじ肉と妙に絡み合ってこれが円やかに感じられる元だろう。
せ - 4
こういうオールドタイプのラーメンにはコショウが似合うのでテーブルコショウをパッパとふってみた。
せせ - 17せせ - 18
やっぱりこれでコショウの辛味がピンと立って後半まで一気に食べ進める事ができる。
せせ - 19
気がつくとスープまで完食!これほどのすじ肉ラーメンは食べたことがない。
全く期待していなかったとはいえここまで返り討ちにあったのは正直初体験で、店構えや店内の真っ昼間居酒屋のような雰囲気に勝手にレッテルを貼ってしまった自分の未熟さを恥じたのだった。
いやいや、すじ肉ラーメンというジャンルがラーメンにもしもあるのならココせせらぎ食堂のすじ肉ラーメンが自分的には間違いなく一番だな。

河童 広島駅前店(南区猿猴橋町)辛痺味噌辣麺

か - 1
河童 広島駅前店
広島駅南口からマツダスタジアム方面にあるのでそういう需要もあるだろう。
かっ - 1かっ - 2
まるでありとあらゆる飲食店長屋になっていてその一番入り口側にあるのがこのお店ってことだ。
かっ - 3かっ - 4
以前からこの辛痺味噌辣麺なるものを食べてみたかったのでコレ狙いでここにやってきた。
かっ - 5かっ - 6
メニューの筆頭は広島激辛つけ麺で汁なし担々麺、味噌ラーメン辛痺味噌辣麺の4本柱構成だ。
か - 2
しばらく待ってからキタヨ!河童 広島駅前店の辛痺味噌辣麺(唐辛子4増し、山椒4増し)800円。
基本的に無料で追加できる唐辛子と山椒の最も強力なバージョンと言うわけだ。
か - 3
麺は堂々たる太麺でなるほどこれで待ち時間が長かったのね。
この手のがっつりワイルド系のラーメンはやっぱり太麺じゃないと物足らなくなってきた自分が怖い(笑)
かっ - 8かっ - 7
軽く二郎系入ってて太いモヤシが盛り上がっててもっと鬼盛りにすれば辛い二郎系としてそのままやっていけそう。
か - 4
出される直前に丁寧にバーナーで炙られていたチャーシューは見た目の通り非常に香ばしく柔らかさも伴ってナイスアシストだ。
かっ - 9かっ - 11
最初だから辛く痺れる仕様じゃなくデフォルトの方が正解か?とも思ったが実際4番の「増し、増し」でも全然大丈夫でこれだったらノーマル仕様は物足りなくてがっかりしただろう。
かっ - 10かっ - 12
ベースの味噌っぽさはほとんど気にならずどっちかというとトンコツの力強さの方が表に出ている。
個人的にはもう少し辛く痺れてくれた方が嬉しいのだがそうなるとそれぞれ100円アップになるのは残念なところだ。
かっ - 13かっ - 14
これまでの経験では広島によくある汁あり担々麺二郎系ラーメンのクロスオーバーみたいなラーメンで肉味噌ではなくチャーシューが入っている分だけ食べやすいと感じた。
広島ではなかなか食べられない辛痺味噌辣麺だがもっとハジけた仕様をそれほど値上げしないで実現してくれたら嬉しいが今のままでは汁なし担々麺屋の汁あり担々麺に埋没してしまう可能性があると思う。

お好み焼きReve(佐伯区)Reve焼き

れー - 1
久しぶりにやってきたお好み焼きReve
今日は自分は晩メシ済ませたのだが息子が飲み会中止になったらしく彼の晩メシの付き合いだ。
bfdc0310
さてさてそういう内容なら取り敢えずビールがないとね!
ちなみに息子はチューハイだ。
れーぶ - 1れーぶ - 2
取り敢えず早い物からってことでもつ煮込みとトントロを焼いたもの。
やっぱりこれはビールによく合う。
れー - 2
さて息子が注文したReve焼き麺ダブル950+150=1100円!!
ハラペーニョとイカ天が入っているスペシャルだがなんだかんだ言っても磯野製麺の生麺から茹で上げて炒めるそばが主役なのは間違いない。
れーぶ - 3れーぶ - 4
そして鉄板とバーナーで焼いた枝豆と豚平焼きで締めたのだがこれで大食漢の息子も腹いっぱいと話していたからやっぱりReve焼きの麺ダブルの効果は如実に現れていたようだ。
2017年8月で開店1周年を迎えるらしいが23歳と若い大将にはまだまだ粘って頑張って欲しいと思ってしまった。

金ちゃん亭 ぶっかけ肉うどん(徳島製粉)

き - 1
金ちゃん亭 ぶっかけ肉うどん
きん - 1きん - 2
内容量 188g(麺重量150g)
希望小売価格 145円(税抜)
カロリー 1食(188g)当たり エネルギー 247kcal (食塩相当量 2.5g)
きん - 3きん - 4
麺 滑らかでモチモチ食感の生タイプうどんです。
きん - 5きん - 5
めんつゆ かつおと昆布、ビーフのエキスがきいた、牛肉と相性の良い甘めのつゆです。
きん - 7きん - 8
具材 味付牛肉、青ネギ入りです。
きん - 9
熱湯かけて2分まってうどんをよくほぐす。
き - 2
お湯を捨ててから今度は水道水を入れて再度水切りする。
要は冷やしぶっかけにしようという魂胆だ。
き - 3
文字通りだしを麺のうえにぶっかけて完成。
き - 4
生タイプだけあってさすがの麺のコシだがせっかく水で締めても冷たくなっただけでコシがアップしたってことはないだろう(笑)
きん - 10きん - 11
肉うどんなわりには具は雀の涙ほどで肉らしさはそれほどないのだが100円ソコソコの値段を考慮すれば文句は出てこない。
きん - 12きん - 13
最後まで一気に食べることができたがワサビなりショウガなりの薬味が欲しいトコロだ。
だけどこの値段で生うどんを食べられるなんて正直ちょっと贅沢をした気分だった。
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カテゴリー
月別アーカイブ
記事検索
メッセージ