柴犬と1400GTR

柴犬・コテツと小鈴とカワサキ1400GTRと食べ歩き日記

藤椒(東広島市西条町)激辛麻婆豆腐定食

た - 1
藤椒と書いて「たんじょう」って読めるわけない。
正しくは「藤椒(タンジャオ)」、緑緑した新鮮な香りと刺激的な味が特徴な生の山椒の一種で花椒よりも香りが強く高級品。
集合店舗前には駐車場は用意されている。
たん - 1たん - 2
入店すると自動券売機でチケットを購入する。
ココは麻婆豆腐が旨いと聞いてきたので券売機の一番上にある定食にすることにした。
たん - 3
大将と奥様らしき女性の二人体制。
店内はカウンターにテーブル席のオーソドックスな構成ながら開店直後にはもうあっという間に満員でしばらくすると炎天下に行列までできてしまうほどの人気店だ。
麻婆豆腐の辛さを指定できるようなのでここは一発「激辛」でお願いした。
た - 2
これだけの人数にも関わらずそれほど待たされないでキタヨ!藤椒の激辛麻婆豆腐定食750円。
たん - 4たん - 5
サラダに干しエビのスープ。
たん - 6たん - 7
御飯に漬け物がついてくる。
た - 3
主役は間違いなくこの激辛麻婆豆腐なのだが照りが凄いっていうか創造より見た目オイリーな印象を受ける。
たん - 9たん - 10
麻婆豆腐の表面に真っ赤な油が各所溜まっていてもしかしたらこってりしているのかと心配してしまった。
たん - 8たん - 11
辛さの心配よりも油っぽさに日和ってしまいまずは御飯にどさっと乗せて食べてみた。
辛さも痺れも油っこさも予想より遥かにマイルドでコレなら辛さ耐性普通の人でもじゅうぶんに楽しめるレベルだ。
た - 4
だったらってことで御飯をグッと少なめにして麻婆豆腐多めを食べてみたがなるほどこれはかなり上等な麻婆豆腐で家庭ではとてもじゃないが再現できないだろう。
たん - 12たん - 13
辛さと旨み、それと飯の量の配分が絶妙で見事にバランスされて全体が同じように減っていく様を感心しながら眺めてしまった。
たん - 14たん - 15
サラダはまあ普通だが干しエビスープもこの辛い麻婆豆腐のナイスアシストしていて箸休めにはピッタリになっている。
結論としてこれだけのクオリティで750円はバーゲン価格だろう。
ここの大将の経歴とかは知る由もないが相当な手練であることはハッキリ理解できる。
それを察する客が殺到しているのもこの値段なら納得だ。
店名が読めないこと以外は(笑)東広島市民が羨ましくすらなってしまった藤椒(たんじょう)だった。

東洋美人 地帆紅じぱんぐ 限定大吟醸(澄川酒造場)

じ - 2
山口に来る時はよく立ち寄り酒屋さん。
ここで山口の酒を買って帰るのだが今日は東洋美人を買ってしまった。
じ - 3
特定名称:大吟醸
使 用 米:山田錦
精米歩合:40%
使用酵母:自社酵母
度  数:16度
日本酒度:±0
アミノ酸度:0.9
製 造 元:澄川酒造(山口県)
じ - 4
山口県萩市の島根県境に酒蔵を置く、地酒業界の若きカリスマ的な存在の澄川酒造。
「お酒は稲をくぐり抜けた水でありたい」をモットーに、社長兼杜氏(とうじ)を務める澄川宜史氏が醸す入魂の地酒。
2013年の大水害で、廃業の危機に陥った澄川酒造さんですが、不屈の精神で前に進み水害前の生産石数1500石から膨大な設備投資をして現在では3000石にせまり、勢いが止まらない山口県の銘酒 東洋美人。
じ - 5
大学時代には「十四代」で知られる高木酒造の高木顕統さんにもお世話になったといいます。
「酒造りでは誰にも負けないつもり」と語る澄川さんのお酒造りの姿勢、味わいと品質への評価は間違いなく全国トップと言えます。
澄川酒造場さんが造る、山田錦を40%まで精米した大吟醸!
2014年に開催された「SAKE COMPETITION 2014」では、FreeStyle Under 5000の部門で、111点の出品酒の中から見事1位に輝いたお酒です。
フルーティーでやさしく上品な味わい。 飲み飽きしないスッキリした透明感のある旨みを感じます。
ふくよかなお米の旨みからくる上品な味わいをお楽しみください。
じ - 1
コメを40%にまで削り込んだ大吟醸酒なのに醸造用アルコールが添加されているという変わり種。
ただ税込み3780円と5000円くらいが相場となっている大吟醸酒としては破格の値段と言える。
でも実際によく冷やして呑んでみると醸造用アルコールが入っているなんてまったくわからないし、それ以上にいわゆる「アルコール感」がほとんどないのに驚かされる。
ここまで洗練されているなら東洋美人は「お酒は稲をくぐり抜けた水でありたい」を標榜するのももっともなことだ。
例によって例の如しで3日も経たないうちに一升瓶はカラになってしまい、やっぱりこの手の良い酒は蒸発するのも速いな、と自分を納得させたのだった(笑)

日清焼そば 大盛り1.5倍

や - 1
香ばしいスパイシーソースが決め手
内容量が従来の1.5倍 (当社比) の大盛りタイプの焼そば。スパイスのきいた香ばしいソースが決め手です。
やき - 2やき - 3
希望小売価格
130円 (税別)
内容量 (麺量)
151g (134g)
発売地域
全国
やき - 5やき - 6
それこそ何年ぶりに日清焼きそばを食べるのだが調理の仕方も忘れてしまっていた。
やき - 7やき - 8
湯の量が多すぎてしまったようで麺が茹で上がってお湯を捨てるハメになった(笑)
や - 2
少し残ったお湯で粉末スープをまんべんなく全体に広げるのだがさすがにこの大盛りがこの時点で麺が多いことがよく分かる。
や - 3
さてこれに青のりを入れて完成だ。
この頃にはちょうどお湯も全て蒸発し麺がジリジリ焦げ始めているのでカップ焼きそばとは決定的に違ってドライな感じに仕上がっている。
や - 4
久しぶりに食べたがこんなにもピリッとくるまでスパイシーだったかな〜?
こういうのって年々味を変化させているっていうけど本当なんだろう。
やき - 9やき - 10
大盛りの効果は半端なく丁度よいを通り越して食べごたえじゅうぶんだ。
すっかりお腹いっぱいになってくる。
やき - 11やき - 12
袋麺って具がまったく無いんだけどどうしてこんなに泣けるくらいに旨いのだろう。
もしかしたら自分らのような即席麺世代はこういう味を旨いと感じてしまうように洗脳されているのだろうか(笑)
大満足で大納得の日清やきそば大盛り1.5倍だった。

山創(広島市安芸区)にんにく唐辛子ラーメン

さ - 1
東広島と熊野を繋ぐ道沿いにある山創
さん - 23さん - 1
しかしこの鉄道コンテナ然としたルックスはインパクトじゅうぶんだ。
さん - 2さん - 4
店舗裏には隣のカラオケボックス共用の駐車場があってクルマで来るしか無い場所柄、ちゃんと対応している。
さん - 7さん - 6
こんなとんでもないど田舎ながら人気店のようで入店まで駐車場の待機テントでリストに名前を書いて待つことになった。
さん - 5さん - 3
5分位したら呼ばれたので店内に入り若い大将と奥様と思われる女性に出迎えられた。
さん - 8さん - 9
実はこの店は2年前に訪れており、その時はどっちかといえば昼のラーメン屋よりも夜の居酒屋がメインと感じたのだが今回はメニューも含めなんとなくラーメン屋に軸足を移しておられるように感じてしまった。
さ - 2
公式サイトでその存在を確認していた期間限定にんにく唐辛子ラーメン680円。
さん - 10さん - 15
これに唐辛子味噌は別皿で提供されて自分の好みで調整するシステムだ。
さ - 3
それにしても地元産らしきにんにくの芽とキャベツのシズル感が半端なくマジでテンションが上った。
さ - 4
麺は一般的なストレートで
程よく茹でられていて問題な。
さん - 11さん - 12
最初は唐辛子味噌を入れず素のにんにくラーメンとして食べてみたが以前よりもスープにコクがグッと増していてパンチがある。
マー油にはニンニク臭や味はそれほどなくどっちかというと野菜ラーメンだと思えば間違いない。
さん - 13さん - 14
ニンニクの芽とキャベツの旨さは格別でこれがスープのパワーを寄り切ってしまっているかのようだ。
さん - 16さん - 18
ここで唐辛子味噌を少しづつ投下してみたがあまり辛くならない。
さん - 17さん - 19
そこで思い切って全部ぶっ込んでみたがほんの少し辛くなるだけで拍子抜け。
その代わりコッチのほうがニンニキー感を持ってきてくれてこれでやっとにんにくラーメンとして完成したかのようだ(笑)
さん - 20さん - 21
後半はキャベツに熱が通ってシナシナになって「野菜ラーメン」の主張がより一層深まってくる。
さん - 22
正直相当ハイレベルになり人気があるもの頷けるが、今回のにんにくラーメンに関しては新鮮な野菜とにんにくにスープが追いつけていないというのが実情だ。
デフォルトのラーメンもにんにくが入っているようだ二郎系並に野菜を入れるならそれに対抗するだけのスープ濃度が必要になると思う。
厨房奥に寸胴がいくつもあって頑張ってるのはよ〜〜くわかるのだがここまで来たらもう一息のブレイクスルーに期待したい。

尾道らーめん十(呉市)尾道ラーメン

じゅ - 1
尾道らーめん十
今年の8月に開店した新しいお店。
じゅう - 1じゅう - 2
たまたま他に客がおらず、大将と話が出来たので色々聞いてみた(笑)
元々三原駅前で麺処十という食堂をやってきてそれを尾道ラーメンに絞って移転開店した。
大将は呉のヒトで知人と二人でこの店を持った。
じゅ - 2
さてしばらくしてやって来たよ!尾道ラーメン十の尾道ラーメン600円。
確かにこれはいわゆる尾道ラーメンのルックスだ。
じゅ - 3
尾道ラーメンと言えば平打ち麺かと思ったが豈図らんや、通常のストレート麺!!
だけどこれは相当にコシがしっかりあって旨い!
ど厚かましくどこの麺なのか尋ねたが尾道の麺とだけはわかったが教えてくれなかった(笑)
じゅう - 4じゅう - 5
スープは鶏と魚介で醬油があまり立たないがアッサリ・スッキリ系らしいがそれでもコクがあってしっかり尾道ラーメンしている。
じゅう - 6じゅう - 3
これも尾道から仕入れている背脂がコッテリしていてジューシーだ。
これだけ旨みを感じられる背脂もなかなか出会えまへんで。
じゅ - 4
尾道ラーメンによくあるパサパサしたのと違うのがチャーシューで、しっかり脂が乗ったしっとりタイプ。
それが気前よくたくさん入っているのでちょっと得したような気分になる。
じゅう - 7じゅう - 8
厨房が丸見えなのでジロジロチェックさせてもらったが大きな寸胴にチャーシュー用の寸胴も確認でき、自家製スープであることは間違いない。
じゅう - 9じゅう - 10
メンマは尾道ラーメンによくある小さめのが数多く入っているソレでこれはこれでよく合っている。
それにしてもこのコシのある麺とコクがあるスープ、旨味のある脂身の重層的な構成はハッキリ言ってナカナカだ。
じゅう - 11
気がついたらスープまで一気に完食。
この内容で600円って安いと云わざるを得ない。
呉には尾道ラーメン専門店が数軒あるがそれでも圧倒的少数派なのでこの手の広島県東部のラーメンが受け入れられるか非常に興味があるところではある。
開店したばかりなので現在は無休で頑張るそうだが、850円の台湾ラーメンも是非試して欲しいと大将に強く云われたので今度はこれ目当てでまた来てみんといけんよのぅ〜(笑)
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カテゴリー
月別アーカイブ
記事検索
メッセージ