柴犬と1400GTR

柴犬・コテツと小鈴とカワサキ1400GTRと食べ歩き日記

らーめん 味喜(佐伯区隅の浜)さんま醤油らーめん

み - 1
久しぶりにやってきたらーめん味喜
あのらーめんふじもと系のお店として知られている。
「当店は、らーめんふじもとの暖簾分けをしたお店です。 5種類のだし(秋刀魚、鮪、帆立、海老、浅利)と、醤油だれ、塩だれをお客様にお選び頂いてお召し上がり頂く県内外においても全く新しい発想のらーめんです。それぞれ個性の違うスープをぜひお楽しみ下さい。
 あわせて、それぞれのだしを濃厚にしたつけだれでお召し上がり頂くもりそば(つけめん)もおすすめの一品です。」
みき - 10みき - 2
要は魚介系(さんま、ほたて、えび、まぐろ、あさり)ラーメンでそれぞれに醤油と塩がある。
ご夫婦で切り盛りされているようで店内はカウンターだけといったシンプルな構造。
み - 2
一番ベーシックなメニューになるさんま醤油らーめん750円を注文した。
デフォルトでラーメンの頂上にちょこんと乗っかっていたふじもと直系のアイデンティティとも言えるウズラタマゴは省略されてしまったようだ。
それに他にもいろいろ変化が見て取れる。
み - 3
麺はコシがしっかりの完璧な茹で加減でこちらに変化は感じられないのはちょっと安心した。
みき - 3みき - 8
もやしも以前と変わってないようではあるが量そのものが減っているのは間違いないと思う。
み - 4
バラ肉を茹でたような独特なチャーシューも健在でがあるがこちらも量が少なくなっているようでやや寂しい。
みき - 4みき - 5
以前はその必要性を感じなかったのに今回は仕方なくタマネギと唐辛子タマネギをトッピングしてみた。
少し味の変化を付けないとあっという間に食べ終わってしまいそうだ。
みき - 7みき - 6
肝心のスープも明らかにさんまの旨みが減少していて魚介系ラーメンと言われないとそうだとわからないほど。
みき - 9みき - 1
そう言えば以前は限定ラーメンをあれこれやっておられたが今回はそんな雰囲気も感じられなかった。
750円の値段据え置きは嬉しいもののラーメンのパワーダウンをあけすけにしているのはちょっと残念な気がする。
何年か前に来たときも何となく迷いがあるように思ったが今回も同様の印象を覚えてしまったのだった。

らーめん ふじもと(西区)さんま醤油らーめん

ふ - 1
西区のかなりわかりにくい場所にあるらーめん ふじもと
実はこの店に来るのは10年ぶりくらいになるのかな。
ふじ - 1ふじ - 2
この店の前の道路は非常に狭く店舗前駐車場にクルマや大きなバイクを入れるのは運転に自信のない自分にはツライ作業だし、かと言って別の場所にある駐車場に入れるには自分のクルマの腹を擦ってしまうという2重苦。
ふじ - 3ふじ - 4
だから今日は自転車でやってきたが、開店前なのにもう数人の待ち客がいてこの名簿に名前を記入した順に呼ばれたヒトだけ入店できるという人数制限入店システム。
ふじ - 7ふじ - 6
以前は会員証提示で50円安くなったもんだがもう廃止されたようだ。
それに確か750円だったラーメンも税込み900円スタートに値上がりしているのも時代の流れか。
ふ - 2
本当に久しぶりなのでワクワクしてたらキタヨ!!らーめん ふじもとのさんま醤油900円。
ウズラの煮玉子がてっぺんにトッピングされたのは以前と全く変わらない。
ふ - 3
やや細めのストレート麺も昔と変わらず調度良いコシを伝えてくてそうそう!!コレコレ!!懐かしい!
ふじ - 8ふじ - 9
広島にこの手の魚介系ラーメンを持ち込んだ先駆者のような役割を果たしてきたらーめん ふじもとだがコッテリしていてそこにさんまの魚介がスッキリと旨みを覆いかぶせるようなこのスープは10年経った今でも輝きを放っている。
ふ - 4
バラ肉を茹でただけみたいな独特のチャーシューはラーメンに入れる直前まで網で焼かれているので香ばしさと暖かさを加えてくれる。
これも変わってないな〜
ふじ - 10ふじ - 5
後半になっても以前と変わらぬ旨さでのもてなしに嬉しくなって替え玉150円を注文してしまった。
麺が来るまでの間、卓上のタマネギで味変を楽しむことにした。
ふじ - 11ふじ - 12
昔はこのタマネギの追加に驚いたものだが最近じゃメジャーになってきて珍しくもない。
だけどここのはもう一つ唐辛子タマネギまであってこれは注意して入れないとスープの味まで激変してしまう。
ふじ - 13ふじ - 14
そしてついでにウズラ煮玉子を楽しんでいたら替え玉がやってきた。
ここの替え玉はユニークで麺を残ったスープに入れるのではなく、この丼まで熱くしてある替え玉の丼に今までの残った丼を移すという変則的なやり方だ。
ふ - 5
おそらくは替え玉に返しが少しかけてあるのでもう一度最初からアツアツ濃厚なさんま醤油ラーメンが復元されるというギミックになっている。
ふじ - 15ふじ - 16
当然だが麺にゴリゴリのコシが蘇りスープも少し濃くなって食べ飽きるどころかますますその旨みに取り憑かれてしまうかのようだ。
ふじ - 17ふじ - 18
更にタマネギを追加してこの複雑怪奇なラーメンに甘さと辛さを与えて実に素晴らしい。
ふじ - 19ふじ - 20
う〜〜んスープまで完食すると丼の底にとんこつ由来の骨粉が溜まっていた。
たしか以前もココはけっこうスープのアタリハズレというかブレがあったと思うが今日はどうやらアタリの日だったようだ。
ここの暖簾分けのようなふじもと系と呼ばれるお店が劣化している昨今に於いて、ふじもと系の元祖たるプライドはしっかり守られているようだ。
どうやら夜はお好み焼き屋になるようが広島の魚介系ラーメンの雄としていさかかも衰えていないらーめん ふじもとに安心して店を後にしたのだった。

博多一風堂 広島袋町店(中区)博多細つけ麺

い - 1
博多一風堂 広島袋町店
夏季限定の博多細つけ麺を今年もやると聞いてやって来た。
いっ - 1いっ - 6
去年は広島袋町店ではなく福山店での提供だったが今年は違うようだ。
「2015年に登場した一風堂のオリジナルつけ麺。つけ麺といえば太麺の常識を覆し、博多らしくストレートな細麺で勝負しました。夏の定番として多くのファンに支持されている一杯です。」
いっ - 2いっ - 3
いつものルイボスティーを飲みながら待つのだが水で締めるので通常のラーメンよりは時間がかかると説明された。
いっ - 5いっ - 4
去年は夏季限定第2段だった東京太つけ麺ってのがあったが今年はやらんのかのぅ〜。
いっぷ - 1
「ザクザクの新体験 主役の細麺は一風堂オリジナルブレンド小麦と福岡県産ラー麦を使用。博多らしい低加水の細麺を冷水で締めて、ザクザクとした全く新しい食感を実現しました。ありそうでなかった博多ならではのつけ麺です。」
い - 2
「とんこつのつけ汁はオリーブがポイント 博多の細麺とくれば、つけ汁はやはりとんこつスープ。一風堂が得意とするリッチでシルキーなとんこつスープをベースに仕上げました。ポイントは全体を軽やかに仕上げるオリーブの実とオリーブオイル。とんこつスープとのマッチングの妙を体験して下さい。」い - 4
「夏はやっぱりスパイシーに!赤丸で人気の特製辛味噌と数種の辛味スパイスを混ぜ合わせた真っ赤な粉を別皿でご提供します。見た目にも鮮やかで食欲がアップ。お好みのタイミングでプラスしてください。」
い - 5
さっそくまずは辛いのを入れないでそのままで麺をどっぷりとつけダレに浸していただく。
なるほどさすがに冷水で締めただけあって細麺のくせにコシが凄い。
いっ - 7いっ - 11
煮玉子は毎月1日限定で無料サービスだそうなのでお言葉に甘えてプラスしていただいたがこれはマジ嬉しい(笑)
オリーブオイルのおかげかわからんがつけダレは確かにかなりマイルドな印象を受けるがそれにしても超濃厚なとんこつをよくここまで調教したもんだと感心する。
オリーブの実やオリーブオイルって豚の臭みを消したりするもんなんだろうか?
いっ - 8いっ - 10
せっかくだからココで辛味調味料をメニューに書いてあった通りに麺に思い切って全部なすりつけてやった(笑)
いっ - 9いっ - 16
これでどう味が変わるのか非常に興味を惹かれるのだが結論から言えば辛さ自体はそれほど強くはないが味噌由来なのかその旨みの追加が半端ない。
いっ - 13いっ - 14
去年もチャーシューがつけダレに沈んでいたが今年のは明らかに少なくなってしまっているのはやや残念だ。
いっ - 15いっ - 12
その分、スープのパンチは去年よりアップしており据え置かれた値段を考えれば納得のいく内容とも言える。
特に今回は無料煮玉子がついてきたから個人的に文句はいえないわな(笑)
いっ - 17
麺ダブル(替え玉)にすると麺の量が多く(200グラム)200円アップして980円になるようだがそうなるのなら、申し訳程度のチャーシューは思い切ってやめてこの煮玉子がデフォルトでついてくる方が喜ぶファンも多いんじゃなかろうか?
それにしても今年も夏季限定、博多細つけ麺はアタリだっせ!

油そば みや寺 大手町店(中区)油そば

みや - 1
油そば みや寺 大手町店
安佐南区にある本店には何度か行ったので支店にもやってきてみた。
みやで - 2みやで - 1
この店の大きな魅力は麺の大盛りが無料なことで、並盛り140グラムが210グラムになるのだからたまらない。
みやで - 4みやで - 15
店内に入ると本店同様出迎えてくれるのは自動券売機。
ややこしいのだがこの自動券売機で油そば650円と大盛りのチケット2枚購入して店員さんに手渡さないといけない。
ちなみにスタッフは本店と違って全部男性で厨房ヨコのだけではなく店内の奥までカウンターがあってかなりの広さだ。
みやで - 3みやで - 5
油そば特有の極太麺は茹でるのに時間がそれなりにかかるのでそのへんは理解しないといけない。
その間にポイントとなる自家製お酢とラー油、それと激辛とフタに書いてある自家製唐味噌を確認しておきたい(笑)
みや - 2
さてやって来たよ!油そばみや寺の油そば大盛り!
そしてこれの麺がまだ熱い間に自家製お酢とラー油をぶっかける。
みや - 3
それぞれ5周するくらいにぶっかけてとりあえず完成。
みや - 4
これを丁寧に混ぜる。
丼の端っこに自家製唐味噌をちょこんと乗せるだけにして、お酢とラー油と油そばを混ぜまくる。
みやで - 8みやで - 6
さすがにこれはちょっと入れすぎたか?と思ってしまったのは丼の底にお酢とラー油が溜まってスープの様相を呈している(笑)
みやで - 10みやで - 11
まあええわと気を取り直して麺に食らいつくと酸っぱさも辛さもそれほどではなくかなりマイルドな仕上がりで不思議なことにオイリーな感じもそれほど気にならない。
みやで〜 - 1
ここで自家製唐味噌を一気に全部混ぜ合わせてみた。
するとこれもそんなに激辛というわけではなく辛さというより味噌の旨みが追加されて後半も飽きずに一気に食べ進めることが可能になる。
みやで - 9みやで - 12
グリグリと遠慮なく混ぜたせいでチャーシューはバラバラになるのだがこれとメンマ、海苔と言ったトッピングは確かに油そばにはよくあっており全部が同じ味に塗りつぶされるのを防いでくれていて非常に好ましい。
みやで - 13みやで - 14
なるほどこれくらい思い切ってお酢とラー油、唐味噌をぶっ込むとかなりワイルドで好みの味になってくるのがよくわかった。
さすがに最後にはお酢ラー油がスープのように残ってしまったが満足度の高い油そばになったと充実感が漂ってしまったみや寺だった(笑)

手打ちそば無着庵(佐伯区)蕎麦がきと天ざるそば

む - 1
手打ちそば無着庵
今日は夜の部(金曜日・土曜日だけ)にやってきた。
むち - 1むち - 2
ということはやっぱりお酒が呑みたいワケだがお酒のラインナップはビールに日本酒、そば焼酎なるほどなるほど。
むち - 3むち - 4
それから〆にもちろん蕎麦よね。
とにかく東京のヒトのように一度でいいから蕎麦屋で呑んでみたかったのよね〜(笑)
むち - 6むち - 7
おっさんふたりなので今日は小上がりでサシで呑むことにした。
最初はオツマミがでてきた。
むち - 5むち - 29
理由はないのだが取り敢えずはキリンラガー560円で乾杯!
暑くなってきたしビール旨くなってくるよね〜。
むち - 8むち - 9
最初は単品でだし巻き480円。
これがホンマにダシが思い切り効いていてさすがは蕎麦屋のダシ巻きだわ。
むち - 10むち - 11
次にお願いしたのはこの焼きみそ420円。
文字通りしゃもじに塗ってある味噌を焼いたものだがこれはハッキリ言ってビールより日本酒が欲しくなる。
そしてつくね棒2本780円。
むち - 12むち - 13
以前特選鴨ざるそばについてきたつくねと同じかと思ったら大違いで、山椒が効いたタイプで味付けをさらにしっかりさせて酒のつまみとして成立している。
むち - 14むち - 15
こうなったら単品メニュー全制覇を目指して蕎麦がき840円。
むち - 16むち - 17
蕎麦と同様のツケだしが用意されるのだがこの塊みたいな蕎麦を箸で切って食べるようだ。
む - 2
「蕎麦がき(そばがき、蕎麦掻き)とは、蕎麦粉を熱湯でこねて餅状にした食べ物。
蕎麦粉を使った初期の料理であり、蕎麦切りが広がっている現在でも、蕎麦屋で酒のつまみとするなど広く食されている。「かいもち」ともいう。
蕎麦切り(蕎麦)のように細長い麺とはせず、塊状で食する点が特徴である。」引用
なるほど「切らない蕎麦」ということのようだが自分は初めて食べたがコッチのほうが蕎麦の旨みがダイレクトに伝わるがモサモサした食感はなんとも古めかしい(笑)
むち - 18むち - 19
実際蕎麦がきでけっこうお腹にドスンと来たのでそろそろこの辺で〆に入ることにした。
むち - 20むち - 21
まずは蕎麦がやってきたよ!
本来は薬味を蕎麦に乗っけて食べたほうがエンスーなのだろうが面倒なので付けだしに溶いてしまった(笑)
む - 3
しっかしこの蕎麦しっかりしていてウマいよね〜。
ソバの味に疎い自分でもこれがなかなかハイレベルなソバであることくらいはなんとなく理解できる(笑)
大将はあの翁達磨の高橋邦弘名人の弟子なのだそうで公式サイトにも松山の頃の店舗ではあるがちゃんと掲載されている。
むち - 22むち - 25
そうこうしていたら天ぷらをつけるための抹茶塩が来た。
ここはよくある蕎麦屋のようにつゆに天ぷらを浸さない流儀のようだ。
む - 4
さてこれで揃ったよ!天ざるそば1100円。
むち - 23むち - 24
野菜はししとうにナス、そしてカボチャ、そしてエビが2尾とけっこうな充実度だ。
むち - 26むち - 27
抹茶塩で食べる天ぷらはこってりしているがソバはあっさりしているのでこの組み合わせはさすがに悪くない。
最後のトリは蕎麦湯でこれがお楽しみって感もある。
むち - 28むち - 30
いやいやバッチリ完食だす!
2人でビール5本、これだけ食べて全部で7000円少々とは自分の予想より安かった。
いやいや蕎麦屋で酒を呑むって想像していたよりずっと良いことに気がついた。
これは是非、今度は日本酒やまだ呑んだ事がないそば焼酎にチャレンジしてみんといけんぢゃろ(笑)
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カテゴリー
月別アーカイブ
記事検索
メッセージ