柴犬と1400GTR

柴犬・コテツと小鈴とカワサキ1400GTRと食べ歩き日記

りょう二郎 川内店(安佐南区川内)赤りょう二郎ラーメン

りょ - 1
りょう二郎 川内店
ここは何のテナントだったんかわからんがかなりデカく駐車場もかなり広い。
りょう - 1りょう - 2
駐車場からメニューがわかるようになってて基本的に「白」「黒」「赤」「ネギ」の4本柱だ。
りょう - 3りょう - 4
しかしりょう二郎という店名から完全にその系統のドカモリガッツリラーメン屋であることはよくわかる。
大盛りラーメンの3倍のチャレンジメニューを時間無制限で食べ切れたら無料、ダメなら2500円という恐怖の企画をやってるようだがまだ達成者はおらんようだ(笑)
りょう - 5りょう - 6
先日お邪魔した大竹市のりょう二郎の支店。
店内のメニューをよく見るとつけ麺とまぜそばもある。
店内はかなり広く壁沿いに長いカウンターがありそこに案内された。
りょ - 2
今回注文したの赤りょう二郎ラーメン、ニンニク増し890円。
野菜増し有料、麺増し無料というちょっと変則なのだが今回はどちらも止めておいた。
りょ - 3
しかしこうして横から見るとその盛りっぷりの良さがよくわかる。
唐辛子がバンバンかかってていかにも辛そうだ。
りょ - 4
「増し」仕様のニンニクだがこの上の「増し増し」もあってこれも無料なのは嬉しい。
脂増しも同様。
りょ - 5
これだけトッピングされてても麺までもアクセスは簡単だがゴッツい太麺はこの手のドカ盛りラーメンには必須だし実際良く似合う(笑)
りょう - 7りょう - 8
おそらくは「白」がベースであろう豚骨スープは「増し」指定しなくてもかなりの脂がデフォルトで浮きそれに唐辛子とラー油が入っててええ色しとるがね。
りょう - 9りょう - 10
キャベツやモヤシの定番野菜をもしゃもしゃ食べるのたが、スープの塩分や脂は別としても野菜を沢山食べられるラーメンでもあるのでまんざら不健康という事もないんぢゃなかろうか?
りょう - 11りょう - 12
かなり食べ終えてフツーのラーメンみたいになってきたが、太い麺がモヤシとちょうど同じくらいのサイズで一緒に食べるのに都合が良いことに気がついた。
りょう - 13りょう - 14
チャーシューもアブラギッシュなコッテリタイプが2枚入ってて更なるジャンク感を掻立てる。
りょう - 15りょう - 16
麺は大盛りをデフォルトと設定しているのか麺が先になくなって野菜とスープとチャーシューを食べるようになってしまった(汗)
りょう - 17りょう - 18
若干食べ飽きてくるが辛いスープの刺激で一気に食べ進めるが、はっきり言ってもう汗だくだ(笑)
りょう - 19
意外と簡単に完食。
これは次回は麺大盛りにした方がよさそうだ。
隣の人がどデカイマリモみたいなネギりょう二郎ラーメン食べてたのが気になって仕方なかった。

縦型ビッグ 飯田商店 醤油ラーメン(東洋水産)

いい - 1
コンビニで買ってきた縦型ビッグ 飯田商店 醤油ラーメン
いいだ - 1いいだ - 2
商品コンセプト
 講談社発行「業界最高権威 TRYラーメン大賞2016-17」の「名店部門 しょう油」で1位に輝いた「らぁ麺屋 飯田商店」とのタイアップ商品です。今話題の人気店監修により、期待感と安心感を演出致します。
いいだ - 5いいだ - 6
「らぁ麺屋 飯田商店」とは
 2010年3月に神奈川県足柄下郡湯河原町にオープン。比内地鶏・山水地鶏・名古屋コーチンと水のみを使用した鶏ダシに、香りの強い醤油ダレを合わせた、キレのある「醤油らぁ麺」は同店の看板メニューとなっています。「業界最高権威 TRYラーメン大賞2013-14」の「名店部門 しょう油」でも1位に輝いており、この度は3年ぶり2度目の受賞になります。
いいだ - 3いいだ - 4
商品概要
 この度の商品では、「らぁ麺屋 飯田商店」の看板メニューである「醤油らぁ麺」の味わいを目指しました。なめらかな細めの麺に、鶏の旨味と醤油の風味を利かせた、キレのあるスープがマッチします。別添の特製油で、まろやかさを加えました。
いい - 2
希望小売価格 205円(税抜価格)
内容量 94g (めん70g)
カロリー 423kcal
発売日 2017年5月15日
いい - 3
「名店部門 しょう油 1位」に輝いた、湯河原の人気行列店「飯田商店」とタイアップ。麺は、なめらかで、コシのある角麺。麺重量70g。3分戻しです。つゆは、鶏のだし感があり、やや醤油がたったキレのあるスープに仕上げています。鶏油をベースにしたまろやかでコクがある調味油。具材には、鶏肉ダイス、味付豚肉、メンマを使用。
いいだ - 7いいだ - 8
湯河原の飯田商店のラーメンらしいが当然飯田商店は未訪ではあるがテレビかなんかで見たことがあるのだが鶏にこだわった鶏ベースの淡麗醤油ラーメンだったように記憶している。
いいだ - 9いいだ - 10
最初にフタを開けた時の具のブロックの大きさが衝撃的だったのでチャーシューまみれみたいになっているのを期待してしまったが、3分経過して再度フタを開けた時、あれがどこに蒸発したのか探してしまった(笑)
いいだ - 11いいだ - 12
飯田商店 醤油ラーメンはこれと言って特徴がなくよくある凡庸なカップ麺と思って間違いない。
本物をどこまで再現しているのかわからんがこれだったら200円が高く感じてしまった。

中華そば雄山(安佐北区)冷たいラーメン

ゆ - 1
中華そば雄山
久しぶりにやってきた。
ゆうざ - 1ゆう - 13
人気店だけに開店時間少し前にやってきたら自分が一番だった(笑)
ゆう - 1ゆう - 2
開店したので入店しようかと思ったら冷たいラーメンと限定カレーラーメンがあると書いてあるじゃないの。
個人的にカレーラーメンなるものにあまり良い思いでがないのでコッチはなんとなくパスして冷たいラーメンに決定。
ゆ - 2
1番に入店・注文したのに他の客より後にキタヨ!中華そば雄山の冷たいラーメン890円。
麺を冷水で締めるので時間がかかるのだろう。
ゆう - 3ゆう - 6
これに冷やされた酢が同時に置かれて味の変化を楽しんでもらいたいとのこと。
よく見るとスープに氷が浮いている。
ゆ - 3
麺は確かここはあの原田製麺製だったと思うが目眩を感じるほどの素晴らしいコシと味。
やっぱりこの手の麺類は冷たいほうがその旨さをハッキリと感じやすいのは間違い無さそうだ。
ゆう - 4ゆう - 7
キムチに大きなメンマ、それに煮玉子と韓国風冷麺とも冷やし中華とも違う確かに文字通り冷たいラーメンってのがぴったり来る。
ゆう - 5ゆう - 8
少しだけ辛味も入っているがピリ辛という以前でこれだとアクセント程度の辛さだと思えば間違いない。
ゆ - 4
一通り概要がわかったところで満を持して冷えた酢をどどっと入れてみた。
最初は量が少なかったせいかほとんど差がわからなかったので更に注入!
ゆう - 9ゆう - 10
なるほどこれだと一気に朝鮮半島に近づいてしまうようで最初からぶっ込むのではなく後半の味変を楽しむ用とした方が良さそうだ。
ゆう - 11ゆう - 12
スープは鶏がベースなのかアッサリの中に独特の味付けがしてあってとらえどころのない摩訶不思議な感じを与えくれるのだが、どこか広島ラーメンのテイストも感じられ後半酢で韓国冷麺に持っていく手法はオリジナリティがあるし面白い。
さすがは名店雄山の冷たいラーメンも一筋縄ではいかないようだ(笑)

ぶっとび亭 その8(柳井市)すごい冷やし担々麺 トマト入ってます

ぶ - 1
柳井港のぶっとび亭
店先のテントがなぜか破れていて大将がブーブー文句言ってる(笑)
ぶつ - 1ぶつ - 2
それにしても広島市の歩いていこうと双璧をなす不定休まみれだったまつかぜ時代の大将を知る人間として、生真面目に店を開店させているその姿に驚愕の色を隠せない(笑)
ぶつ - 4ぶつ - 3
未食の「ザル中華そば」も気になる所ではあるが今日はおそらくは夏限定メニューと思われる「すごい冷やし担々麺 トマト入ってます」狙いでやってきた。
ぶ - 2
トマトを冷やすのに少し時間がかかると言われて少し待ってからキタヨ!ぶっとび亭のすごい冷やし担々麺 トマト入ってます980円。
ぶつ - 5ぶつ - 6
これはトマトがドカッと入っている以外は何がどういう構造になっとるのかよくわからんな。
ぶ - 3
麺はいつもの全粒粉タイプだが冷たく締めてあるのでコシの強さが一層引き立ってて素晴らしいデキになっている。
ぶつ - 7ぶつ - 8
担々麺というくらいだから辛いラー油がかかっているのはわかるがスープ自体は真っ白だ。
低温調理されたチャーシューと肉そぼろと両方入っている。
ぶつ - 9ぶつ - 10
食べてみると基本的に優しい味わいで辛さは後から追いかけてくる。
山椒の香りにパクチー、それによくわからんような野菜が次々に顔を覗かせて不思議な雰囲気だ。
ぶつ - 11ぶつ - 12
中盤から後半にかけて複雑な味を辛味が纏めてくれて一見バラバラになりそうな具にビシっと芯を通してる。
だけどコレ、穏やかで優しいけど実はけっこう辛いので辛いの苦手な人は要注意だ。
ぶ - 4
トマトはまるまる一個が皮を剥いて放り込んでありこの酸味がアクセントとしてキチンと機能していてダレることなく後半に突入だ。
ぶつ - 13ぶつ - 14
麺はかなり少なくなってきたが具の野菜と肉味噌が相当ぶっ込んであるので具だくさん冷製辛スープを食べているようだ。
ぶつ - 17ぶつ - 18
煮玉子やブッといメンマはいつものクオリティでぶっとび亭らしさも健在だ。
ぶつ - 19ぶつ - 20
スープのベースはなんなのかさっぱりわからんかったので何が使ってあるのか尋ねたら、「豆乳ととうもろこし」だそうな!!
言われてみればコーンの風味がするけど相変わらず摩訶不思議なセンスに驚くしか無い。
結局スープまで完食してしまったが、ズバリこれまでいくつか冷やし担々麺なるものを食べてきたがまつかぜの冷やし担々麺が一番旨いと思ってきた。
やっぱりそれを超えるのは同じ廣田大将の造る冷やし担々麺だったというオチなのだがそれにしてもいつものように「味見もしないで適当に考えて造った」にしては綿密に計算され尽くしたように感じさせてしまう才能には脱帽と言うしかないのが悔しい(笑)
この夏オススメ。
公式フェイスブックサイト

竹の第(周南市)トマトおでん

たけ - 1
周南市、徳山駅の近くの歓楽街からは少し離れた場所にある竹の第
たけの - 1たけの - 2
渋い店構えはカッコイイのだが自分には少々わかりにくかった(笑)
たけの - 3たけの - 4
ここから更に奥に入っていくのだが入り口のイメージと違ってゆったりして広くかなりの人数が収容できそうだ。
たけの - 6たけの - 5
まずはお通し。
和食のお店のようだがカウンターの向こうにでっかいおでんが入ったのが見える!
待たなくて良いおでんって腹減ってる時は特に魅力的よね(笑)
たけ - 2
湯葉のサラダ。
これ中に野菜ががっつり入っててデカくて迫力あるがこんなお腹にドカンとくるようなサラダって初めてぢゃ。
たけの - 7たけの - 8
次に来たのがおでん。
その中でなかんずく異彩を放っているのが赤いトマトだろう。
たけ - 3
しかもまるごと一個ごろっとぶっこんであるのは当然初体験だ。
しかも柚子胡椒で食べるなんてどうね?と思ったがこれが酸味が効いてて意外にもイケる。
世の中、固定観念って捨てなきゃならん時があるのかもしれんのー。
たけの - 9たけの - 10
合鴨にゲソ、和食な割にはどれもこれもビールにぴったりなメニューが続いたので今回はずっとビールだった。
たけ - 4
最後は揚げ餅と茄子の含め煮でこれも優しい味だけど量がしっかりあってお腹いっぱいになった。
ビールは何杯のんだかわからんがこれでひとり5000円程度だったからトータルで考えたら通常の居酒屋よりも少しだけ高い方かもしれん。
だけど接客やサービスを考えたらじゅうぶんに満足だった竹の第だった。
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カテゴリー
月別アーカイブ
記事検索
メッセージ