柴犬と1400GTR

柴犬・コテツと小鈴とカワサキ1400GTRと食べ歩き日記

Reveレーヴ(佐伯区海老山町)肉玉・そばW

れ - 1
ご近所のReve
新年一発目のお好み焼き初めとして昼にやってきた。
れぶ - 1れぶ - 2
開店即入店だったから一番だしダレも居ないのでじっくりと焼き方を見学させていただくことにした。
れ - 2
最初に麺を茹でて鉄板では生地を焼いてキャベツを盛ってじっくり焼いている間に麺が茹で上がるとしっかり炒めて水を飛ばしているようだ。
れぶ - 3れぶ - 4
けっこう長い時間麺を炒めるもんだとしみじみ見入ってしまった。
れぶ - 5れぶ - 6
麺がダブルなのだがふたつに分けて扱っているのが面白い。
この時点で焼き始めてから10分は経っていると思う。
れ - 4
そして全体を合体させて今度はヘラで念入りに押さえて水分を飛ばしている。
そしてこれにタマゴを黄身を割らない状態でかぶせてひっくり返して完成。
れ - 5
皿で、しかもマヨネーズ盛りで完成だ。
Reveの肉玉・そばW(750円+150円=900円)
れぶ - 8れぶ - 9
自分はお好み焼きはそう詳しくないからよくわからんのだがやっぱりここの麺は歯ごたえもしっかりあって旨いと思う。
れぶ - 10れぶ - 11
若い頃はよく麺Wってやったもんだが久しぶりにチャレンジしてみると想像していたよりも量が多くここらへんからペースダウンを余儀なくされる。
れぶ - 12れぶ - 13
いやいややっとこさ完食。
この日は若い大将と話す時間があったのだが、750円スタートという強気の値段路線についてまだ悩んでいるようだったがこの内容なら問題ないと感じたのでそう伝えておいた。
ハッキリ言って五日市は石を蹴ればお好み焼き屋に当たると言ったお好み激戦区なのでこれに割って入るのはかなり難儀だろうが、お好み焼きでも旨ければ少々高くてもやっていけることをその身をもって証明して欲しい。

居魚屋 網元(松山市)活サバ一匹堪能コース

さ - 1
松山市の中心街から少し外れた場所にある居魚屋網元
しかしこのオブジェはなんていうか、シュールだ(笑)
さば - 1さば - 15
元々は魚屋さんだったのをどんどん拡張して大きくしたような構造になっていて手作り感満載だ。
さば - 2さば - 3
魚屋部分から入店するのだが大きな生け簀があってなんとなく水族館気分が味わえる。
さば - 5さば - 4
魚屋を通りに抜けると居酒屋になっていてここにも生け簀がいくつもあってテーブル、小上がり、大人数分のちょっとした広間まであって今風のシャレた店舗とは対極のカオスな雰囲気まで漂っている。
さば - 6さば - 14
とりあえずビールをお願いして突き出しは昔懐かしい給食によくあった魚の竜田揚げだ。
さば - 7さば - 8
それに海ぶどうのたっぷりはいった豆腐サラダ。
海ぶどうってクビレズタ言うのがホントの名前らしく沖縄特産の珍しい食べ物って説明してあるが確かに食感が面白いのね。
それとサバコースのしゃぶしゃぶ用の鍋が用意された。
さ - 2
さて来ました!本命の活サバ一匹堪能コース2980円の始まりだ。
これは最初のでてくるサバの刺身、しゃぶしゃぶ、たたきがセットになっている。
さ - 3
たたきと言えばカツオだがサバのたたきは珍しい。
でもなぜ滅多にサバをたたきにしないのかこれを食べればちょっと理解できたような気がした。
しゃぶしゃぶもまあなんていうか、これも同様な印象を受けてしまった。
さばの - 1
これも珍しいサバの煮つけ。
こっちは逆にサバの新たな旨味を引き出していると感心させられた。
さ - 4
アタマの部分の塩焼き。
脂も乗りまくりで新鮮なサバだけにコイツも相当な旨さだし夢中で身をほじってしまった。
さば - 10さば - 11
サバのおすましにサバのなめろうの乗っかったご飯。
なめろうと言えばアジが有名だがサバもかなり旨いやん!!
ここまでが活サバ一匹堪能コースでホントにまるまるサバが一匹全部使われていると説明された。
さば - 12さば - 13
最後にさっきのコースだと3切れしかなかったので再度ここの名物であるサバの刺身750円を別に注文してみた。
背と腹身と分けられてでてきたので四国の甘い醤油につけて食べてみたが、確かに新鮮だし旨いとは思うが自分の中でどうしても高知の清水さばと比較してしまう。
ここのサバはおそらくマサバだろうからゴマサバである清水さばとは違う種類なのはわかっていても、歯ごたえ、弾力、旨味、後味の全てに渡ってまるで比較にならないのが正直な感想だ。
なんだかんだ文句をつけてしまったが孤独のグルメ張りに食べて生ビール3杯呑んで5500円ちょっとと内容を考えれば恐ろしくリーズナブルだし遠い四万十市まで行かなくてもさばの刺身が食べられる居魚屋 網元がある松山の人がちょっと羨ましい。

GDライブラリのインストール

さ - 3
古いウィンドウズノートにdebian(jessie)インストールしてサーバーとして使うシリーズの追加。
PHPに画像を表示させる場合にGDライブラリが使用できるように追加した時の健忘録。
まずはメモ帳に
phpinfo();
?>
と書いて
さ - 4
「info.php」というファイル名で保存しサーバーにアップロードする。
さ - 1
このファイルにブラウザでアクセスするとPHPがインストールされているサーバーならこのように表示される。
この中に「gd」という項目がなければGDライブラリはインストールされていない。
sshでログインしてスーパーユーザーになってから

# aptitude update
# aptitude upgrade
# aptitude install php5-gd

# /etc/init.d/apache2 restart
さ - 2
再度「info.php」にアクセスしてこの「gd」の項目が追加されていたら成功。
これでphpでの画像アップも可能になる。

毎度のことながらこの記事は自分が健忘録として書いているだけなので正確性も保証しかねるし問題が起きても質問にも答えられないし責任も取れない。
debianはフリーのOSなのでそのへんは全て自己責任ということになるのを覚悟で実行してもらいたい。

瓢太(松山市)中華そば

ひょ - 1
松山市の瓢太
自分ら広島人にとって松山市って海で隔てられている「近いのに遠い町」というイメージがあってなかなか訪れることが出来ない町でもある。
ひょう - 1ひょうた - 1
それに日曜日が定休のお店が多いこともあって興味深そうなラーメン屋だってたくさんあるのにおいそれと訪ねることができないジレンマがある。
ひょう - 2ひょう - 3
この瓢太はその存在をテレビ番組か何かでかなり以前から知っていて来たくて来たくて恋焦がれていたのが今回やっと実現するに至ったお店。
だから気合を入れて開店前から待機していたのだが正月明けのおそらく営業初日だと思うが開店前には自分の後ろに何人かの行列ができている。
ひょう - 7ひょう - 4
一番に入店させてもらってカウンター席の一番奥に座った。
店内は居酒屋のようだがこの焼酎瓶の充実ぶりをみれば夜はホントに居酒屋になるのだろう。
ひょう - 5ひょう - 6
メニューは基本中華そばとおでんの組み合わせになっているようで定食もある。
ひょ - 2
それほど待たされないでやってきたよ!瓢太の中華そば650円。
なんともシンプルなルックスだがイマドキ珍しいデフォルトでコショウがかかっているのはここが昔ながらのラーメン屋であることを示しているようだ。
ひょ - 4
麺は角断面のストレート麺。
それほど特徴がある訳ではないがしっかりとコシがあって旨いがな。
ひょう - 9ひょう - 12
だけどこのびっくりするほど甘いスープには愕然とした。
おそらくはとんこつ醬油がベースと思われるが牛骨スープなどのような自然な甘さと違って明らかに甘味料を加えたような甘さが際立っている。
ひょ - 3
更にたまげたのはこの分厚いチャーシューがこれまた体験したことがないくらい甘いのよ。
ひょう - 8ひょうた〜 - 1
どうやったらこんなに甘くチャーシューを仕上げられるのか自分なりに考えたら、もしかしたら動物性スープ由来のじゃなくてもしかしたら醬油が激甘だから???
ひょう - 10ひょう - 13
事前情報で「甘い」ラーメンだとは知ってはいたがここまで甘いとは正直予想していなかった。
ひょう - 11ひょう - 14
なんだかんだ言いながら結局スープまで完食。
だけどこれは好き嫌いがはっきり別れるラーメンであることは間違いないが、同時にここまでオリジナリティがあるラーメンも珍しかろう。
おそらくは今まで食べたラーメンの中で最も甘いラーメンということになるが、忘れられないラーメンになってしまったってことはもしかしたらハマってしまうパターンに陥ってしまっているのかもしれない(笑)

松山城

まつや - 15まつや - 16
新年早々松山市にバイクでやってきた。
今年の正月は天気がよく暖かかったのでバイク乗りには有難かった。
まつ - 4
さてお目当てはやっぱり松山のシンボルたる松山城
実はココは何度も通りかかっていたのだが一度も訪れたことがない。
市街地から見上げる松山城は小高い山の上に築城されているのでまずはどうやってここまで登るかを考えなければならない。
まつや - 1まつや - 2
ロープウェイ、リフト、そして徒歩と選択肢があるのだが暖かい冬の朝だったから腹をくくって歩いて登る事を決意した。
まつや - 3まつや - 4
麓の神社から舗装された道が天守閣目指して一気に伸びているので当然勾配がキツい。
まつや - 5まつや - 6
だけど下から見ていたよりもはやい段階で頂上が見えてくる。
なんというか呆気ない登頂に「ロープウェイ」なんて大袈裟なものに乗らなくて正解!と確信した。
まつ - 3
息も切れることなく天守閣付近に到着した。
まつ - 1
松山城と言えばこの隠門が有名で要は正門のヨコに見えないように小さな別門を作って守りを固めるといった工夫が見られる。
まつや - 7まつや - 8
実は松山城の特徴であるこれを実際に見てみたかったのだった。
これってこの城が実際に「闘うための城」だったことを如実に表しているとも言える。
まつや - 9まつや - 10
さていよいよ天守閣が見えてくるがこの「本丸」にはいると景色がよく松山市内から瀬戸内海までも見渡せる。
まつ - 2
そしてようやく天守閣に到着するのだがこの日は時間がなかったので入らなかった。
因みにここまでは歩いて登れば無料で天守閣にはいるには510円が必要になる。
まつや - 11まつや - 14
それでも天守閣の反対の門から出て今度は違うルートで下山することにした。
古町口登城道ルートでそれほど険しい道ではないが舗装はされていない。
まつや - 13まつや - 12
オマケにこんな看板まであるのだが鬱蒼とした木や草を見ているとじゅうぶんに考えられるなと思った。
通常の体力であれば上りも下りも徒歩でもそれほど疲れる訳じゃないので天守閣に入ったわけじゃなうので偉そうには言えないがそれでも一度、この松山城を訪れることをオススメしたい。
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カテゴリー
月別アーカイブ
記事検索
メッセージ