柴犬と1400GTR

柴犬・コテツと小鈴とカワサキ1400GTRと食べ歩き日記

尾道ラーメン 朱華園(しゅかえん)

朱華園(しゅかえん)といえば尾道ラーメンの行列店。
なんどか尾道の行ったときに店の前まで行ったがその行列にウンザリして未だに未食の尾道ラーメンではあった。
噂に聞いても行列にならぶほどのデキではないし最近じゃ地元の人は朱華園に行ってないとか聞くしどうも足が向かなかったのも事実。
それがひょんなことから朱華園のラーメンを5人前頂いた。
日持ちしないらしく今日食べきらないといけないそうだ(笑)
朱華園は公式にお持ち帰りとかあるのかな~?

スープはまとめてビニール袋に入っていたので鍋で加熱。
背脂がたくさん浮いていて凄くオイリーな印象をうける。
醤油の香ばしい良い香りがする。

麺。
どうも自家製らしい。
これを持ってきてくれたヒトが「取説ないけど麺は1分程度しか茹でたらアカン」と言ってくれたのでその通りにする。

トッピングもついてきてる。
思ったよりネギがたくさんはいってるようだ。

完成。
以前つ○ふ○って尾道で有名なラーメン屋に行って超がっかりした経験アルのでいわゆる
尾道ラーメンには全然期待していなかったのだがこれはかなりのモノだ。
いろいろネットを調べてみるとここ朱華園の中華そばは小魚が使われていないので一般的な尾道ラーメンではないのだそうだ。
これには驚いた。
確かにこれは今まで自分の頭の中で定義されている「尾道ラーメン」と少し違う、いやかなり違って別物なのかもしれない。
確かに魚介系をほとんど感じない。
尾道ラーメンを食べるときいつも余分に思っていた背脂もよく合っていてそんなにオイリーじゃなくてかなりあっさり味だ。
とにかく醤油のインパクトが強い、美味しい醤油ラーメンだ。
これはちょっと心入れ替えて朱華園のお店で食べてみないといかんな~
食べ物は耳から聞いたイメージに捕らわれずやっぱり自分の舌で味わってから判断せんといかんという基本を忘れていたかも知れないと反省したのだった(笑)

コテツ抜糸


凄く良い天気の日曜日。
今日はいよいよコテツ去勢手術してから10日目。
抜糸の日だ。

娘と小鈴と散歩がてら動物病院へ。
歩いて30分くらいかかるが天気がいいからキモチイイ。

コテツと小鈴は相も変わらず2匹で調子に乗ってる。
よく飽きないものだと感心する。

放っておくとどんどんエスカレートして最後はどちらかが「きゃいーん」と鳴いて終結する場合が多い(笑)

そうこうしていると動物病院に着いた。
ここは日曜日の午前中だけ診療してくれているので助かる。

待つこと数分。
コテツが中に連れて行かれてなんだか情けない悲鳴をあげてるのを何回か聞いたがすぐに帰ってきた。
どうやら縫合糸を舐めすぎてめりこんでいたらしい(笑)
ま、それでも無事に去勢完了した。

帰りもまた思い切り2匹で戯れ合っていた(笑)
ま、今回はコテツはよく頑張った。

シェッドバスター
だんだん暖かくなりコテツも小鈴も換毛期になってきた。
するとこれが大活躍する。
ホントにウンザリするくらい毛が抜ける。
しかもやってみるとこれがけっこうな重労働だ。
綿菓子ができるようにこのシェッドバスターに毛がからまる。
暫くはコレをやらんといかん・・・・(;´д` ) トホホ

沈まぬ太陽


長い!
間に休憩はさんでる。
作品のデキとしては期待したほどじゃないかなー。
どうしても田宮二郎の白い巨塔と比べてしまう。
原作が長いのか登場人物多すぎて映画よりドラマ向きのように感じた。
この映画は渡辺謙もだけど三浦友和の悪役ぶりは良かった。
最近は見違えるように渋くて味のある俳優になられたように思った。

カールじいさんの空飛ぶ家


DVDで観た。
これは面白いって言うか奥深い。
犬を飼ってるヒトは爆笑できるシーンや年寄り特有の小ネタもさることながらストーリーにちゃんとコンセントやメッセージがあり、映画の存在価値を高めてる。
ピクサーの作品はいつもレベル高いけどその中でも特に優れた作品だと断言できる。
大人でも観れるって言うより大人こそ観るべき映画。

XT1200Z Super Tenere 値段決定

8f54573a.jpg

1,680,000円!!
http://www.presto-corp.jp/news/n20100513_01.php
パニアケースとアンダーガード装備の値段。
なんと1400GTR2010年モデルと全く同じ!
ライバル(ターゲット?)のBMW R 1200 GS Adventureが2,328,500円、普通のGSが2,095,000円だからかなりがんばったんじゃないかな~。
純然たるニューモデルの初期型に飛びつくのはちょっとアレだから数年間様子見てからになるけど(金銭的にも)相当気になるモデルが8月下旬に発売されることは間違いない。



最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カテゴリー
月別アーカイブ
記事検索
メッセージ