柴犬と1400GTR

柴犬・コテツと小鈴とカワサキ1400GTRと食べ歩き日記

24 -TWENTY FOUR- ファイナル・シーズン



bf5d3deb.jpg


前回に続きファイナルシーズンのファイナル。
見終わってしまった・・・・
まさか24 -TWENTY FOUR- で泣けるとは・・・・
今回のジャックバウワーは最近ナリを潜めていたエグイ拷問やグロいシーンも盛りだくさんでかなり面白かった。
後半からラストにかけて少々読めてしまうのが残念だったが先日キーファーサザーランドが来日しワイドショーで
続編は映画になると話していたからこういうエンディングにしないとちとマズイ事情も垣間見える(笑)
ワイドショーでのキーファーサザーランドは勿論紳士で普通の俳優さんなのだが地声の方が違和感があった。
「えーこヒト英語話してる~」ってガキのような感想をもってしまったのはナイショである (爆)
しかしやはりこの希代の名作シリーズはタダモノではない。
まあネタバレになるといけないから詳しくは書けないが今回のジャックバウワーは初期の頃のキモチイイまでの
キレっぷりが遺憾なく発揮されやっぱりコレだよなーっと感心しきり。
ローガン元大統領まで登場してこのシリーズの愛好家ならニンマリできる豪華な顔ぶれだ。
ただこれから映画と当然時間の尺は2時間程度になるわけで24時間かけて描いていたものをはしょって短縮してやるしか
なくなるのだろう。
テレビシリーズ24 -TWENTY FOUR- が終わるのは悲しい。
アメリカのドラマ1クール24話なのを逆手にとって丸一日のリアルタイム進行ドラマとしたアイディアも面白いし
ハンディカメラで撮影したような手ぶれ効果っていうのか斬新なカメラワークに常に身内に敵が潜んでいるという裏切りが連続する
テンポの良い脚本、視覚効果を煽るような効果音に音楽、どれもこれもみな他のドラマに与えた影響は計り知れないだろう。
くどいようだがテレビシリーズ24 -TWENTY FOUR- が終わるのは悲しい(涙)




ワイン


娘のご飯をヨコで粘って分け前をはねてる犬たち。

次は自分のお酒のお供だ(爆)
机の上にお茶とかコーヒーがあっても全然反応しないくせに牛乳はわかるとしても酒類に異常に反応する。

自分はビール党なのでまずはビール。
これを飲んでいると小鈴はいつもと変わらないがコテツは必ずマンツーマンの密着マークを開始。

まあここまでは今まで通りでよくあること。

ビールを呑み終わり西日本忘年会で余ったワインをお土産にいただいたので今日は珍しくコレを飲んでみよう。

赤ワインは渋いから酒飲みコテツはどうなるかのぅ~~と思っていたらやっぱりやってきた。

相変わらずの・・・・っていうかいつもより寄りが激しい。
昔懐かしい琴風のがぶり寄り以上の迫力だ!

女性を口説くコツじゃないが「一押し二押し三に押し!!」(笑)
とにかくずーーーとへばりついてしまいにはなんかわけのわからぬ奇声をあげ始めた。

仕方がないのでコップに残ったワインをテーブルに垂らしてみた。
これが鬼のように舐める舐める舐める・・・テカテカになるまで。
ビールよりアルコール濃度高いんやぞ~大丈夫かいな。

また変な奇声に負けて少しテーブルに垂らす・・・
おお~~お前けっこう飲めるやないかーーー(≧∇≦)ぶぁっはっはっ!!!
まあ飲め飲め!!と今夜もコテツとのささやかな酒盛りは続くのだった(笑)

あぐーらーめん


金田家和田党にいってきた。
ここは以前きたことがある。

スープがぬるくてあまり良い印象がなかったが12月から平日夜だけ一日30食提供されるあぐーらーめんをたべにきた。

この日はあいにくの雨でお店はすいていた。
ココは駐車場がないので近所の100円パーキングにいれる。

さて「あぐーらーめん」とはなんぞや?
どうやらアグー豚という沖縄原産の旨い豚がいるらしい。
比較的霜降りが多く脂肪に甘みや旨味成分(グルタミン酸)が多く食味が柔らかいのが特徴のようだ。

以前はなかったように思うがお店にズラッと有名人なのかよくわからんがサインが。
ゴージャスなゴールドだ(笑)

高菜漬けの取り放題。
自分はそんなに食べないが後半辛さが欲しいときにこれはとっても嬉しい。

キクラゲも入れ放題だ。
好きな人にはたまらんだろう。

3分もしないうちにあぐーらーめん980円(たけぇーー!!)登場。
表面には泡がびっしり。
しかもこの泡がなかなか消えない。
ひとくちスープを啜ってみたがイヤな匂い全くなく濃い香りでこれは凄い。
今回はスープ熱々だ。
彦摩呂風に言えば「味の宝石箱や~!!」(爆)
今までちょっと味わったことない複雑な味。
こってりしているんだけどすんなり喰える。

チャーシューというかこれは豚の脂身。
赤身はほとんどない。
いつもなら脂身苦手なのだがこれがめちゃめちゃ旨い。
しかもカラダに悪そうな美味さだ。
イケナイクスリに手を染めていくヒトはこんな感覚なのかもしれない(笑)
肉の旨味は脂の旨味っていうけどそれが真理だって脳裏に叩き込まれる!

いつものクセで紅ショウガを入れてしまったがこのラーメンは入れない方がいいように思った。

あまりの旨さにスープ最後まで飲んじゃった。
このラーメンはハイカロリーなのわかっていたけど誘惑に勝てなかった。
うむむむ基本的にヘヴィーな本格こんこつラーメンは臭くてあんまり好きな方じゃないのだが真髄を見てしまったような気がする。
980円だけど原価けっこうかかってるのが自分のようなシロウトでもわかる気がする。
この先このラーメンをとんこつのベンチマークにしなきゃならんのなら自分自身のハードルが高すぎてどんなとんこつ喰ってもつまらなくなりそうでちょっと怖いような気もした。ヽ(ー_ー )ノ マイッタ

納豆

関東のヒトはおそらく西日本の人々が納豆を毛嫌いしてみんなほとんど喰えないと思っているらしい。

たしかに納豆がまったくダメってヒトもいるがそれって関東にもおそらくいると思う。
ただ西日本では朝食に納豆をご飯にぶっかけて食べることはしないから日常的に納豆を朝食に食べることがないだけだと思う。

近所のスーパーに行っても納豆はけっこうな種類売ってるし居酒屋のメニューなんかにも納豆はままある。
うちの冷蔵庫にもそれなりにいつも備蓄されているのも事実だ。

でどうやって食べるかだが一般的には付属のだしとカラシを入れてかき混ぜてそれ単体で食べる。
しかし最近ウマイ喰い方を見つけた。

このあまり定価ではなかなか入手出来ない桃屋の辛そうで辛くない少し辛いラー油

付属のだしだけ納豆にぶっかけてカラシの代わりにこの桃屋のラー油をスプーン一杯ほどのせる。

あとは通法通り混ぜる混ぜる。

手がつるくらい混ぜるのは納豆を美味く食べる万国共通のお約束だ。

これくらいになったら食べ頃。
一気に喰うとぶちうまいよのぅ~~(。・ω・)。_ _)。・ω・)。_ _)ウニウニ
最近は息子にこのことがバレ、ラー油と納豆の消費にハイプレッシャーツインターボ加給がかかったのは言うまでもない(涙)

ちなみにうちの柴犬どももさすが日本犬だけあって納豆が大好きだ。
もちろん味付けなしだがいつもはあんなに仲が良いのに取り合いになってしまう(笑)
動画にちょっとわしの声入ってますな~~(* ̄(エ) ̄*) ポッ

http://www.youtube.com/watch?v=sHMDTrHjI1A

山口東部ワインディングツーリング パート2

山口東部ワインディングツーリングの1回目に続き二度目の企画。

山口忘麺会の翌日東横イン徳山新幹線口にて目覚める。

自分が今日のツーリング担当なのでオトナの自覚があったのか(笑)超珍しく二日酔い睡眠不足皆無。
爽やかな目覚めだ。

そのままホテルのロビーヨコで無料でついてくる朝食。
コレけっこう美味いのね(笑)

ホテルの前を占拠している我々も出発の準備。
玖珂ICセブンイレブンに8時集合なので7時出発の予定。

ホテルから山陽道までのナビの関係で自称ドン亀教教祖のおやぢさんに先導をお願いした。
ドン亀教教祖とは名ばかりでちょっとここでは書けない速度で突っ走る。
このままじゃダレもおらん時間に到着しそう・・・と危惧しながら(笑)

集合時間の30分前に到着。
1400GTR Owner's Clubで呼びかけで5台、mixiコミュニティの呼びかけで5台だったはずが・・・

5+5=18??
なんでやねん。
この時点で広島勢8人、東海勢2人、関東勢6人、関西勢2人。
カワサキ1400GTR12台とゼファー1100、ホンダブラックバード、CBR600RR、SL230、バラデロそれにドカティモンスター。

このモンスター、乾式クラッチのようで「かんらかんら」と止まる度に凄い音がする(笑)
自分なんかのようなおっさんには昔あったホンダNSR250にあった乾式クラッチの音で懐かしい気もする。

関西のHIDEKICHI副会長は午後からお仕事の為ここまで。
周防大島オレンジロードを目指す。
片道約30kmのワインディングを今回もちょっと調子に乗ってきばって走ってしまった。
C型でトラコン効いているはずなのに2速立ち上がりで竿立ちウィリーに。
周防大島の空が見えた・・・・
カワサキ自慢のKTRCも全幅の信頼とまでは言えないようだ(笑)
往路途中フルバンク時に対向車線にミニパトが!
以前も同様の状況で出逢ったような気もするが気を悪くしたかな(爆)

特にオレンジロード復路は、先頭を走るCBR600RRをトンネル前後の高速セクションでロックオンしてからマジキレ全開走行。
弱連動ブレーキは勿論のこと途中でトラクションコントロールまで解除してなりふり構わないドリフト走行まで試みたが低速セクションに入ってから追いつけず逃げ切られてしまった(泣)
目一杯ハングオフしてもバンクセンサー擦りまくりだしやっぱり重量あるのでどうしてもブレーキが終盤甘くなってくるよのぅ~参りました・・・(∩_∩;)P 白旗~!

サイクリストきこりさんをタンデムしたとむ会長も到着しておられた自家製拉麺まつかぜへ。
これでまた総勢18台19名。
前日の山口忘年麺会でお世話になったのりさんやブレンボさん、ラーメンブログ全国No1のオスカル池田さんもこの異様な様子を見に駆けつけて下さった(^人^)感謝♪

19人一気に入店しもはやまつかぜ占拠状態。
矢継ぎ早にオーダーが入る。
厨房は戦場だ!!
大将がてきぱきと仕事をこなしている。

自分は新装なった塩つけ麺を注文。
これまたいいぢゃん。
柚子かな?柑橘がアクセントになってカツオが更に増強された割りには魚くささを全く感じない。

またやおらラーメンブログになりつつあるがこの極太麺は秀逸。
讃岐うどんにもコシは負けていない。

自分のようなモノにはよくわからないがオスカルさんによると追いガツオ+アミ海老油による味つけらしいがこれってまたハマりそうよ。
アジト時代の塩つけ麺より数段グレード上がってるね~

ここで島根からスタバさんも到着し厨房の忙しさはピークに。
心なしか赤色オーラのかかった大将はそれからも調理マシンと化して通常の3倍の速さで仕事をこなしていた(大佐っ!!)

石井ちゃんにシャッターを押して貰って総勢20人+大将で記念撮影。
どえらい数のバイクでこれ以上営業妨害にならんように戸河内へ出発。

ここからは熊毛から錦町→羅漢高原を越え吉和を通る山岳ルート。
少し肌寒いが空いていて快調に飛ばせる。
前後強連動ブレーキ+エコモードでそこそこペースで走ったのだが台数が多いし会長はきこりさんとタンデムだし半分くらいづつに錦町ではぐれてしまったm(。≧Д≦。)mスマーン!!
おやぢさんの機転で六日市ICから中国道経由で戸河内へいってもらい事無きを得たがこれはちょっと反省せんといかん\(__ )

ここでいよいよ解散、お別れ(涙)
いろいろ至らぬ処がありまくりでしたが皆さんが今回の趣旨をご理解していただいたお陰で事故もなく予定通りツーリングが終えられたことを感謝します。

帰りにスタバさんと寄ったナップスのガレージの張り紙Σ(゜∇゜|||)はぁうっ!

最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カテゴリー
月別アーカイブ
記事検索
メッセージ