柴犬と1400GTR

柴犬・コテツと小鈴とカワサキ1400GTRと食べ歩き日記

柴犬の里ツーリング1

先日れいちゃんさんに阿蘇山麓に柴犬の里と言われる柴犬天国があるとコメントで教えて頂いた。
いろいろ調べたら高遊荘のことらしい。
小学校5年生の娘は大の犬好き。
このことを話したら二つ返事で一緒にタンデムすることになった。
当初は阿蘇に一泊する予定だったが最近の小学生は忙しく結局日帰りツーリングになった。

午前5時出発。
当然真暗(笑)
娘はイヤホンをつけてヘルメットを被る。
ハマっているパフュームを聞くらしい。

山陽自動車道を一気に下関へ。
途中朝日が昇ってきた。
今日も暑くなりそうだ。

関門大橋。
お約束の写真(笑)
ここで朝飯。

益城熊本空港インターチェンジ直前のPA。
カワサキ純正メッシュジャケットが眩しい(笑)
ここまでで広島から約360km。
FuelLowが点滅。
ちゅうことは燃費は20km/L程度。
もっといいかと思ったがタンデムは思ったより燃費に響くようだ。

あとはiPhoneのナビに任せて目的地である柴犬の里へ。
最後の最後で迷って別荘街の方々に教えて貰った。

ただ柴犬を売ってるだけじゃなく見学や有料で散歩までできるようだ。
これは犬好きな子どもには受けるだろうな~

日本犬保存会の展覧会の入賞盾。
夥しい数だ。
かなり本格的にやっておられるようだ。
見学料200円払ってこちらの奥様に案内して貰う。

この犬舎には展覧会用の犬が入れられている。
上段が牡で下段が牝だ。
うちもそうだが柴犬は同性同士は合わない。
異性同士ならとても仲良し。
だから常にこの上下段の組み合わせでオリから出し入れしているようだ。
ま、なんとなくわかるような気もする(笑)

こちらは里親募集中のがいるようで展覧会までは出せないタイプのやつか退役組だろう。
ここは上段が牝で下段が牡。

次の犬舎は産後すぐの犬舎。
これなどはまだ生後数日。
ここまで小さいのは初めて見た。

これもまだ産後数日みたいだ。
なんせ子犬の目がまだ見えない。
このオリには赤と黒が5頭いる。
みんなすやすや寝ているようだ。

生後数日の柴犬を抱かせてもらった。
まだうんともすんとも言わない。
感触もぐにゃぐにゃだ(笑)

コイツなどは前日に生まれた子犬らしい。
カーテンがかけてある。
母犬は疲れてぐったりしているが子犬は我先にと乳を吸っている。

この犬舎は犬を売ったお客の柴犬を預かっているところ。
もちろん有料だがそれにしても、ま~至れり尽くせりでちょっと凄い。

更にまだいる。
ここは子犬の館と書いてある。

ここだけ上履きに履き替えるのだが最後にここで現在販売中の子犬達がガラス張りで陳列されている。
10~15万くらいがここの相場のようだ。
自分も柴犬を見る目はある程度肥えてしまっているのでだいたいわかるのだがここにはなかなか良い柴犬がいるのは間違いない。
ただ勉強をしていかないと数が多い分ハズレをひいてしまう可能性も高いなと思った。
分かるヒトにはけっこう良い買い物ができるだろう。

一番興味深かったのがコレ。
自動散歩マシン!!
ちょっとわかりにくいが機械にリードがぶらさがっていて犬をぐるぐるレールに沿って歩かせてくれる。
奥様の話によると回転寿司にヒントを得てご主人が業者に依頼した特注のワンオフものらしい。

ナント25頭の柴犬を一気に30分間も歩かせることができるスグレモノ。
350万円もするそうだ。
でもここにいる150頭もの柴犬を散歩させるとなると不眠不休になるだろう。
これで散歩させている間にその犬舎を掃除するらしい。
自動散歩マシンの是非はともかくこれだけ柴犬に入れ込んでおられる姿勢は立派だと思う。
それを商売に成り立たせておられるのはそれはそれはタイヘンだと思うが頑張って欲しいと思った。
これからが楽しみな柴犬の里 高遊荘だった。
http://www.higonavi.net/shop/shop.shtml?s=694

山口東部ワインディングツーリング


残暑まっさかり。
朝犬の散歩していると月が沈むちょっと前のようで西の空にキレイに見える。

今日は平日だけど休みなのでちょっくら5日に予定している山口東部ワインディングツーリングの下見に行ってみることにした。
ついでに先日交換したタイヤ、ブリヂストンBT-023の皮むきも兼ねている(笑)

国道2号線を周防大島へ。
今日も良い天気でどえらい暑い。

大島大橋を渡ってオレンジロードへ。
ここは広域農道なので当然ながら農業従事者優先である。

平日なのでさすがにほとんどクルマが走っていない。
低速から中速コーナーが多く長いストレートもあり大排気量車でもけっこう楽しめる。

距離は30km近くありけっこう集中力を必要とする。
路面は砂がういていたり木の果汁のようなモノが落ちていたりといろいろタイヘンだ。
当然ながらトラクターや軽トラなども行き交っていたり道ばたの草刈りをしているヒトたちもいるので耐久レーサーなみの精神力がいる。

最終的にはこのトンネル前でオレンジロードは終わりになるがココはほとんど周防大島の先端だ。
たぶん海を隔てて愛媛県にもう少しだと思う。

BT-023の走行直後の後輪。
サイドがほとんど一杯まで使っているが数ミリ接地していないところがある。
それとサイドのところが溶けてどろどろになっている。
このタイヤは謳い文句通りセンターとサイドのコンパウンドが異なるようだ。

同じく前輪。
こちらはまだけっこう余裕がある。
それでもサイドは溶けているようになってる。
超ヘヴィー級である1400GTRが250ccのスポーツバイクのようにひらりひらり旋回するのはとっても痛快だった。
一昔前のツーリングタイヤなんて硬いだけだったが最近のはこんなことができるようなったなんて隔世の感がある。
ひとりで感心してしまった。

オレンジロードを往復して柳井市と通って光市にでて熊毛から
錦町へ。
こちらもそんなに長くないがワインディングが楽しめる。

雙津峡温泉憩の家が定休日だったので羅漢にある道の駅で温泉にはいった。

そこから吉和に抜けて湯木にまでずっと下道で。
この日の燃費は320kmの走行で18.4リットル。
17.39km/Lになった。
相当飛ばしたから無理もないか・・・・

iPhone水没


昨日の娘とのツーリングの帰り福岡ですんごい土砂降り。
運の悪いことにPAでガス入れて出た直後からの豪雨。
ま~ひどかった。
前がほとんど見えず高速道路上は運河状態。
渋滞も重なって次のPAまで1時間近く娘とずぶ濡れ(涙)
タイヤ交換して置いてよかった。
無事に帰宅したのはよかったがジャケットのポケットに入れて置いたiPhoneが中途までしか起動しない・・・・
なんどもやっていたら全然起動しなくなったガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!

一晩おいてからよく見ると液晶の裏側が曇ってる。
ネット上を徘徊していろいろ調べたら仮に完全水没してもけっこう復活するようだ。
そこでiPhone専門の修理屋さんすぴリペさんに電話してみる。
症状を話すとなんとなるかもしれないとのお言葉・・・・
さっそく自分のiPhoneは名古屋へと旅だっていったのだった・・・・
今までauの防水ケータイばかり買い換えていたので水濡れに対する考えが甘かったようだ。
あ~~情けない・・・・(ノToT)ノ┫:・'.::・┻┻:・'.::・

またまた阿蘇


08478df7.jpg

娘とタンデムで阿蘇日帰りツーリング。
うーむ、阿蘇にハマりそうよ。

かき氷


天気予報で10月中旬までこの暑さは続きそうだと言っていた。
しかし日本は本当に亜熱帯になってしまったのか・・・

そこで登場するのがキティちゃん(爆)
夏はコレなのである。
毎夏大活躍だ。

上部の蓋をあけて冷凍庫の氷を5つ6つ放り込む

あとは取っ手を力任せにぐるぐる回すだけ(笑)

マシン下部からスライスされた氷ができてくるという寸法だ。

氷が偏ってこぼれないように氷を受けるお皿を適当に回しながら上手に盛り上げていく。

ここで登場するのが氷用の蜜(イチゴ味)とコンデンスミルクだ。

まずはイチゴ味の蜜を回しがけする。
昔のは胃袋や大腸まで染まりそうな鋭い色の着色料がぶち込まれていたかのような真赤だったが最近のは時代に合わせて薄い着色に変更してあるようだ。

この上にコンデンスミルク(練乳)をかける。

コレにお揃いのキティちゃんスプーンを添えてできあがりである(笑)
これを一気に食べるとマジで汗がぴたりと止まる!!
食べ過ぎるとトイレから離れられなくなるのわかっていてもこの季節にはついつい食べ過ぎてしまう・・・・(涙)

夏にキティちゃんを見ると清涼感を覚えてしまうんだけど寒いときにはお会いしたくないキャラクターになってしまったのであった。
ごめんねキティちゃんm(。≧Д≦。)mスマーン!!

最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カテゴリー
月別アーカイブ
記事検索
メッセージ