柴犬と1400GTR

柴犬・コテツと小鈴とカワサキ1400GTRと食べ歩き日記

フリンジ

アメリカのドラマがオモシロい。
っていうかニッポンのドラマがあまりにつまんないのが多いのかもしれない。
とにかくいろんなジャンルがあって向こうで当たるとひっぱってシーズン化するからハマルと何年にもわたって楽しめる。

王道の24(トゥエンティフォー)もうシーズン7になった。
ということは7年目だけど1年脚本家のストで飛んでるから8年目。
このシリーズはいろいろ言われてるけどやっぱりオモシロい。
シーズン7はかなり良かったがジャックバウワー役のキーファーサザーランドが若干アクションしんどそうに見えたのは自分だけかな?
このヒトはこの先どんな役をやってもジャックバウワーにみえちゃうのだろう。
ラブコメなんてやってもいきなり拷問しそうだ(笑)
シーズンごとに完結するのはいいがシーズンを見始めるとやめられなくなるので睡眠不足は必死。
12枚を全部レンタルして一気に見終わらないと次が気になって仕事も手に付かなくなる。
麻薬性があるのだろう。


ロスト。
こちらももうシーズン5。
5年目になる。
最初に謎が謎をよぶ展開でこちらもかなり中毒性が高い。
ただ途中から「引っ張り」が露骨になり中だるみしてしまい本国でも人気がおちちゃったようだ。
そこでというか仕方なくというか次のシーズン6で完結すると発表された。
今回もシーズン5は完結に向けてお話しを整理し始めた。
タイムトラベルががんがんでてきてちょっと無理があるな~と思いつつも次のシーズンに期待が高まる。


プリズンブレイク。
こちらはもうシーズン4で完結した(ファイナルブレイクってのも後から出たが・・・)
最初の脱獄はすーごくオモシロかったが途中はちょっと中だるみしてしまったかな~
ただ最後のファイナルシーズンはよくできていて締まった終わり方だったと思う。
リンカーンと対照的に主人公のマイケルが後半やや太り気味で精悍さがなくなったのが一番気になった(爆)


最近レンタルが開始されたフリンジ。
フリンジっても不倫事ではない(笑)
ロストとスタッフがほぼ同じということでなんとなく雰囲気が似てる。
これ以上エグくて怖いと自分は見れないがこの作品はぎりぎり(笑)
超常現象を科学的に分析するっていうのはこれまでよくあるパターンだけど主人公が女性で天才か痴呆老人か判別スレスレの科学者が解き明かすっていうのが斬新かな。
当分これにハマりそうだ。

どの作品にも共通するが日本の声優さんの実力は凄い。
ものによっては字幕より吹き替え版が感情移入できるもけっこうある。
ジャックバウワーなどはむしろ役者本人の声の方が違和感ある(笑)
こういうの見てると日本のドラマはこれらのパクリが多いことに気がつく。
ちょうど改変期だけど龍馬伝のような骨太のドラマに期待。
でもどうせぞろお手軽ジャニーズ系ドラマのオンパレードで無理なんだろうな~

鉄板焼き なおき1周年!



いつもいいつもお世話になってる鉄板焼きなおきが1周年を迎えた。
ここはお昼もやってるし時間とか融通してくれるのでたいへんありがたいいわゆる「いきつけの飲み屋」

1周年だって覚えていたわけではもちらんなくてこんな招待はがきがきた。
いつもよりサービスしてくれるらしい。
おめでとうを言わなきゃ(笑)

まずは一杯はサービスのビールを呑んで・・・


もはや季節が外れて大味になりはじめた看板メニューの牡蠣のバター焼き。
この冬これいくつ食べただろう??
当分亜鉛は補給不足にならないな(笑)

牛タン炒め・・・・

茄子をビザ風にチーズで絡めていためたもの・・・

シメのオムソバ。
いやいや美味しいです。
キープも半額らしいからやっとかないとね。

もうすぐパパになる大将、これからも宜しくお願いしまっさぁ~~
なおき鉄板焼き [ お好み焼き、もんじゃ ] - Yahoo!グルメ

住所: 広島県広島市佐伯区海老山町2-15-1
営業時間、定休日:
Yahoo!グルメでこの店舗のクチコミを見る

※2010年3月17日時点の情報です。
ID:0007838870





秋吉台サファリランド(下)


サファリのバスが終点に着くとそこには動物ふれあい広場なるものがある。
要するに動物にエサをやることができるエリアのようだ。
いわゆるがちゃがちゃのマシンから200円でこんなエサ入りカプセルを購入する。

ヤギ。
舌でをぺろぺろやって上手に食べる。

ラマでいいのかな?
首が長いのでけっこう効率よくあっちこっちのエサを喰ってた。

ジャージー牛。
舌をうまくつかって食べてる。
鼻の穴まで舌で掃除できるとは知らなんだ(笑)
あの舌が牛タンなのかと思い塩で喰えたらと良からぬ想像をついつい・・・

リスザル。
こいつらさすがに霊長類だけあって頭が良い。
手づかみでエサを獲るとこなんてホント人間みたい。

ミーアキャット。
横のカプセルから顔をだしてミーアキャットの気分が味わえる。
娘はまあいいとしてもオッサンが嬉しそうに顔をだしているのを写真に撮ってもらっていたがさすがに頭が良さそうには見えなかった(笑)

ゾウ。
鼻が手のように器用に動く。
でもオシッコは壊れた下水管のようでこの世のものとは思えなかった・・・

モルモット。
どうしても動物実験を連想してしまう・・・

アカカンガルー
こいつらはひょうひょうとしていてなかなかかわいい。

中にはこんなふうに寝っ転がって腹をぼりぼり掻きむしってる奴がいて娘が近づくと突然立ち上がってなれなれしく腕を掴んでエサを無心してくる。

しかし動きがもったり緩慢なのでけっこう笑える。
カンガルーを直接触れるってのは面白いと思ったしこの動物ふれあい広場は相当良い。
サファリ以上に(・∀・)イイ!!
サファリ(2400円+エサやりバス1000円)に入らなくてもココだけ入場も可能で800円だそうだ。

横には昭和の香りがぷんぷんする古びた遊園地が併設されている。
ジェットコースターなんて錆び錆び・・・・
ちょっとスルーさせていただいた。

自家製拉麺まつかぜにたちより熊毛から再び山陽自動車道へ。

珈琲が残り少なかったのでいつものリンク

ここにはチャイニーズクレステッドドッグという珍しい犬がいる。
まったく毛がない奴もいる特殊な犬。
ここのは中途半端に毛がある(笑)
動物好きの娘にはとっても嬉しい一日だったようだ。
自分も楽しかったがあとどれくらいこうして娘が付き合ってくれるのか少々不安ではある・・・

秋吉台サファリランド(上)


朝犬たちに見送られ1400GTRに乗り換えてから初めて娘とツーリングに行く日だ。

整備と洗車はばっちり。
当日は嬉しくて5時に目が覚めてしまった(笑)
天気予報では晴れということなので7時半に出発。

下松SA。
ちょっと肌寒い。
ハーレー軍団がたくさんいた。
バス旅行のおじさんたちに声をかけられる。

佐波川SA。
ここにもバイクがちらほら。
1400GTRは娘くらい(約30キログラム)の体重増では操作性にほとんど影響がでないようだ。
後ろの娘はクラブバーを両手で握っているから自分との身体的接触が皆無。
だから乗っているかどうかすらわからん・・・(笑)


やってきたのは秋吉台サファリランド
自宅からの距離は150km程度。
2時間で到着。
途中、秋吉台カルストロードを通過したが先日の低気圧の影響で雪がたくさん残っていた。
お陰でピカピカのバイクはキタナく汚れて・・・・(涙)

まさかそのバイクで入場できないので気を取り直してエサやりバスに乗車。
しかしすっごい顔してる(笑)

乗車時にエサを渡される。
この鶏肉に肉食系の雰囲気を感じ期待が高まる。


最初は当然草食系から。
ロバやらラクダやら鹿やらわざわざバスで見なくてもいいんじゃないかって思ってしまう。
まあ、こういう演出が大事ななのかもしれないが。

いよいよ肉食系ゾーン。
でた!水前寺清子ではなくチーター(古ッ!)
けっこう神経質らしく人間からエサを貰わないようだ。


ライオン。
顔がデカい!
昔ここに来た頃動物が凄く臭かったが今回は全然臭わない。
どうしたんだろ?
ファブリースでも浴びさせているのか?(爆)


トラ。
トラは絶滅しそうなくらい数が少ないらしい。
たしかにこの超キレイな毛並みをみたら誰だって欲しいと思ってしまうだろうな~。
ここの肉食系はあんまり腹が減っていないのか食いが渋い。
バスからでてるエサを横からかっさらうトンビの方がよっぽど元気だ(笑)

最後にここの客寄せパンダじゃなく白虎。
たしかに凄く美しい。
娘がとても喜んでくれたのでおじさんマジで嬉しかった・・・

自家製拉麺まつかぜ


朝方天気だったが午後は曇り。
雨も少し降ってきた。
今日は娘とオートバイデート(笑)

娘も大好きな山口県光市の自家製拉麺まつかぜ。
自分は先日も来たがとんこつから魚介スープにリニューアルされてからは娘は初めて。

娘はラーメンととんかつが大好き。
ここ自家製拉麺まつかぜには「パーコーらーめん」なるメニューがある。
これは娘の好物のラーメンに中華風にとんかつのように揚げた豚肉(=パーコー)が入ってるので以前から食べたがっていた。
念願のパーコーらーめんだが1000円はすげー強気なお値段(笑)

娘が頼んだ「しょうゆパーコーらーめん」1000円なり。
でっかいパーコー&ゆうに1センチ以上あるごっついチャーシューが・・・・
青梗菜もさっと炒めてあってしゃきしゃき。

こっちは自分が頼んだ「塩パーコーらーめん」1000円なり。
パーコーすっごく合う。
このぶっといチャーシューはスペシャルのようだ。
かなり高価だけどすっごいウマイ。
とってもあっさりしているんだけどそれでもガツンとくる太い旨さがある。
麺は娘も「山口市の手打ち中華そば侍に似てる」と即答した。
ひょっとして同じだったりするのかな。
ここのらーめんはコショウとかいれたりしないほうが絶対に(・∀・)イイ!!。
魚介系のラーメンは基本的に和風の素材だからコショウに合わないようだ。
マジ、このウマさは相当突き抜けてまっせ。
思わず関西人のように「こちそうさまでした、ありがとう」って大将に挨拶して店を出た。
まー今日も親子で自家製拉麺まつかぜにじゅうぶんに洗脳されて広島にふわわバキュンとタンデムで帰った。

追加 パーコーは下味をつけた豚肉に片栗粉をまぶして揚げたものだそうです。..豚肉の唐揚げですね^^

最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カテゴリー
月別アーカイブ
記事検索
メッセージ