柴犬と1400GTR

柴犬・コテツと小鈴とカワサキ1400GTRと食べ歩き日記

カキまつり

第9回おおたけカキ水産まつり(長いです)


毎年このシーズンになると各牡蠣の産地ごとにかきまつりなるものがある。
毎週末どこかでかきまつりをやっている。
牡蠣が大好物の息子がたまたま部活が休みだということで1400GTRに初タンデムも
兼ねてでかけることにした。


会場につくと大勢の出店が。
いま流行のB級グルメや特産物、マツダの車があるのはわかるが衣類やオモチャ、蜂蜜、
果ては包丁まで露天で売ってるのは主催者のコンセプトが甘くないか??(笑)


開会式前の連太鼓。
冬のイベントにはよく似合う。


開会式。
お偉方の鏡割りがあった。
市長さんに市議会議員さん、魚業組合長さんに民主党の代議士さん、
よくわからないのは前回の選挙で落選した自民党議員の奥方様(笑)


でもそんな開会式なんぞ誰も見ず、ひたすら無料の焼き牡蠣の順番を並んで待ってる。
だいたい20分程度の行列で焼き牡蠣にありつけた。


3000人前ってことはひとりふたつづつだったから6000個の牡蠣を焼いておられた。
牡蠣をわけてくれたおじさんが熱い熱いを連発している。


焼きたての熱々。
めっちゃウマイ。
無料の客寄せパンダ的な牡蠣だから小さいクズ牡蠣かと覚悟していたが立派な牡蠣。
でっかいし。


次にロックオンしたのが当然の流れだと思うが牡蠣フライ。
こちらは有料で1パック二個入りで100円でひとり3パックまで。
さっきの焼き牡蠣が「当たり」だったのでこっちも10分くらい並んで2パック購入。


旨くて泣けまっせ~!!
感動モノ。
死ぬほどビールが飲みたくなったが父親として良識をアピールせねばならんので
欲望をぐっとこらえてキリンフリーを呑んじゃいました(涙)


勢いは止まらず隣で売っていた「牡蠣うどん」300円に挑戦。
こちらは単にうどんにゆで牡蠣がいれてあるだけだったがその値段で納得。


そのあと広島カープの選手達とマスコットのスライリーが舞台に上がった。
パンフレットに小さく選手の変更ありと書いてあったので実際は知らないような
マイナー選手に差し替えられていたらJAROにちくってやろうと思っていたが
宣伝通りの顔ぶれだった(笑)
今年こそは(と20年近く言っているような気もするが・・・)頑張って欲しい。
ちょっと残念だったのは記念撮影とサインが禁止だったこと。
司会者がサインして選手の手首が痛くなったらカープの成績が下がりますので・・・
という言い訳は今年から現役引退した緒方コーチには関係ないんじゃないのかな~と
思ったけど(爆)


最後に1400GTRの初タンデム(息子は体重55キロ程度)の感想を。
運転してる自分はもっと足つきがカイゼンするかと思ったけどほとんど変わらない。
銀翼もそうだったが後ろに乗っている人はシート横のバーを持つシステムなので
運転者に全然触れないのは助かる。
加速・コーナリングはそんなに変化を感じないがブレーキ時はその重量増加を
思い出させる。
息子の感想は(銀翼と比較して)シートが小さい・ステップの位置が内股に
しないと足が乗せられない感じがする、加速Gが凄い、排気音がうるさい(笑)
というものだった。
牡蠣も旨かったがタンデム経験できて息子にちょっぴり感謝した良い日だった。

都道府県対抗ひろしま男子駅伝

正式には天皇盃 第15回全国都道府県対抗男子駅伝競走大会 なげ~
うちの近所を走る。
テレビで見ながら近くを通るときだけ宮島街道に応援に行くのが恒例になってきた。


兵庫・福島の大逆転で今年もオモシロい展開だった。
地元広島も4位で面目を保ったって感じかな。
この駅伝は中学生・高校生のデキが大きく勝敗を左右するのがミソなんだろうな。


でも今回は駅伝で活躍するバイクの写真を撮ってきた(何みとんねん)
左端に地元中国放送のラジオバイク。
ホンダのフュージョンかな?
生産終了していたとは知らなかった・・・・


NHKのヤマハFJ1300
なんかマイク・カメラみたいなのやいろいろついていてしかも二人乗りで重そう(笑)
あれだけ装備していたら余裕で350キロはありそうだ。


もう一台NHKのヤマハFJ1300。
しかし派手なコスチュームでんな~
もう一台は何かわからなかった。
スズキかな?


その筋の方々。
ホンダVFR800かな?
よく見かけるタイプ。


うまく撮れたが手前がホンダVFR800で向こうがホンダCB1300
若い隊員やヘタッピは古いVFRでベテランは新しいCB1300だったりして(当たりかも)
どっちにしろカワサキ車は全然走ってなかった。
寂しい・・・・
そういえばマラソンや駅伝でカワサキ車あんまりみないな~。
そんなん見ていたら選手を応援するの忘れてた(≧∇≦)ぶぁっはっはっ!!!

ダブル エスプレッソ

珈琲が好きだ。
中でもエスプレッソがことのほか好きだ。


豆を買ってきて


ガラス容器に入れて冷凍して


デロンギのコーン式コーヒーグラインダーKG364(バイクの車名みたい)
で超細か挽きにする。


デロンギのBAR14(これもどっかのバイクの名前みたい・・・)を使って抽出する。


2人用のフィルターカップにパウダーをタンピングして


こんな感じに圧接。
けっこう力がいる。
グラインダーで細かく挽きすぎたり圧接が強すぎると抽出できないし
逆に粗挽きすぎたり圧接が弱いとクレマ(泡)ができないのでけっこう
うまく煎れられるようになるのに時間がかかる(笑)


二人前を一杯のデミタスに抽出。
ペーパーだったらマグカップ二杯分のパウダー使ってたったこれだけの珈琲。
当然濃い。


クレマばっちりだけど自分はシュガーを少し・・・


すこしかきまぜて・・・


これでダブル エスプレッソの完成。
溶けきれずに底に残ったシュガーもデザートのようで格別。
う~~んマイウー(笑)
イタリア人ってこういうこと考えさせたら天才!


どうでもいいけどデミタスはイリーが最高ですヾ(@^∇^@)ノ ワハハハ
マニアの独り言でした。ちゃんちゃん

リードを外して散歩させてるヒト

毎朝の散歩


今朝はけっこう暖かいので助かる。
でも冬は朝が寒いし暗いしズボラこいて散歩に出かけるのがどうしても遅くなる。
そうなると色んなヒトに会うはめになる。


犬を連れていなくても犬が好きなのかすごく構ってくれるヒト。
挨拶を丁寧にしてくれるヒト。
黙々とランニングしているヒト。
超太ったネコを散歩させてるヒト。
ダンスの練習をしている若者たち。
デューク更家(懐かしい)みたいにイカ踊りみたいなのしながら歩いてるヒト。
わけのわからん怪しいポーズを決めてる老夫婦。


それと一番イヤなのがリードを手から離していたりはじめからノーリードの犬を散歩しているヒト。
これは迷惑千万。
そういう犬がこちらに寄ってくると「○○ちゃん、そっちに行っちゃダメよ、
この子ったらいつも言うこと聞かないんだからもぅ~、すみません・・・」
「アホか!ダメなんは飼い主であるアンタやろ!ヒモ繋いどかんかい!ボケ!」
と上品な自分は言えるわけもなくシカトが精一杯でさっさと立ち去るのだが
しかしまあそういう類の飼い主の多いこと。
なんであんな風にリードを離して犬をフリーにしてやるんだろ?
いくら可愛くても所詮は獣で畜生なことに変わりはない。
犬には牙という必殺の武器が標準搭載されているんだからどんな小型犬でも
本気で噛んだらその殺傷力はバカにならんと思うのだが。
自分は絶対に自宅の室内以外では犬は放さないけどなー。
ブリーダーさんには柴犬はドッグランでも放しちゃいけないと教わった。
売られたケンカは買うというか基本的には攻撃的な面があるらしい。


彼らがどう思っていようが他人を噛んだら即死刑になる訳だからリードを繋いでおくことが結局は犬たちを守ってやることになると考える。


う~~ん、柄にもなくなんかもっともらしいこと書いて善人ぶってるな~
そんなええカッコするから今朝の散歩で犬のウ○コ踏んづけたのかもしれない・・・
(ノToT)ノ┫:・'.::・┻┻:・'.::・

レッドバロンについての考察

最近たまたま数人からレッドバロン絶賛話しを聞かされたので・・・・
レッドバロン


言わずと知れた日本最大のバイク販売買い取りチェーン。
バイク乗りはレッドバロンのヒトと非レッドバロンのヒトって区分できるのかもしれない。
そういう自分も数年前4~5年くらい原付しか乗ってなかったいわゆるブランクがあったので
大型バイクに復帰するにあたりレッドバロンでシルバーウィングを中古で購入した。


その時にには久々の大きなバイクだからスクーターが良かろうとはじめから銀翼が欲しかった。
スカイウェブ650はでかすぎて無理だと思ったから。
そこでカワサキ車じゃないし一番無難そうだと言う消去法的考えで近くのレッドバロン五日市店へ。


目前に実車もあり即決。
こうしてバイクに復帰したのだった。
それから4年レッドバロンにお世話になったがなぜか途中からだんだん足が遠のき
気がつくと今の1400GTRを購入したかつてオフロード車を購入し整備して貰っていた
カワサキショップキティへ銀翼を持っていって整備してもらうようになった。
その事を考察してみることにした。

レッドバロンのメリット(あくまでもレッドバロン五日市店に限る)
新車・用品が確かに安い。
在庫が凄く多いので実車を見ることが出来る。
実際1400GTRを初めて見たのはレッドバロンだった(笑)
これが一番だと思うが全国チェーンの強みでツーリング中の故障や整備を例え休日中でも全国どこでも受けられる。
車両保険やその他の割引がある。
無料オイルリザーブがありオイル代がかからない。

レッドバロンのデメリット
中古は高い。
下取りもバ○ク王にくらべりゃよくないっていうか安い。
工賃が一般店より高い。よって無料オイルリザーブって言っても工賃取られるから自分である程度整備できるひと等には結局高くつく。
クレジットカードが使えない。
自分はこれが一番イヤだったんだと思うが店がでかいから多くの客が常に入り乱れ
自分の担当がその都度代わり個人のショップとの関係のようなファミリーな話しがしにくく
同店の他のお客さん同士との関係も作りにくい、っていうか作れない。

ツーリングもあったみたいだが大勢来そうだし誰が主催なのか顔が見えないから敬遠した。


レッドバロンでバイクを買った人はそのアフターをすごく評価しているみたいだけど実際は
思っているほどランニングコストは安くないしツーリング先のトラブルもそう頻繁にあるわけじゃないし余程深刻なトラブルじゃない限り、それもツーリングの醍醐味と考えればあとから
酒のつまみ話しになるのも悪くないと考えるようになった(笑)


自分も歳をとったのかも知れないがちょっとのゼニが浮くよりもバイク屋との
人間関係の方を重視したいと思うようになったんかもしれない。
たぶんこの先いくらレッドバロンのバイクが安くなろうがロードサービスを充実させようが
もう二度とレッドバロンに冷やかし以外ではお世話にはならんだろうな~


とビールを飲みながらどうでもいいような事を思い巡らしてしまった・・・

最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カテゴリー
月別アーカイブ
記事検索
メッセージ