柴犬と1400GTR

柴犬・コテツと小鈴とカワサキ1400GTRと食べ歩き日記

紫尾の露CLASSIC(軸屋酒造)

しび - 1しび - 2
紙に包まれた異彩を放つ焼酎を発見したので買ってきた。
紫尾の露CLASSIC 
【価格】1800ml・・・¥3065
【分類】芋焼酎 白麹
【原材料】黄金千貫 米麹
【アルコール分】 25%
【蔵元】軸屋酒造 鹿児島県さつま町
し - 2
百周年を記念して造られた
紫尾の露の限定焼酎。
30年前の軸屋酒造で使われていた包装紙をそのまま使いました。
このレトロ感がどこか温かさを感じされてくれるパッケージになっています。
現在年1回出荷、余り手を加えず荒く濾過したにごり芋焼酎として製品化されました。
原料となるさつま芋(黄金千貫)の香りと味わいがそのままダイレクトに感じる力強い風味が特徴です。
芋の風味が多く残った味わいながら、クセがなく美味しく飲めるのが特徴です。
凝縮した芋の風味を堪能して下さい。
しび - 3しび - 4
梱包紙を開けると中から渋いラベルの透明瓶がでてきた。
以前、紫尾の露を呑んだのだがかなり好印象だったのでそれの復刻版だというコレにどうしても期待してしまう。
し - 1
実際に冷やして呑んでみるとどっしりとした辛口でいわゆる昔の「クサイ芋焼酎」だ。
だけど口当たりは優しくて飲みにくさは微塵もなくスーッと喉を通って最後にキリッと辛い後口で終わる。
荒濾過ということで旨みも相当に感じられるがクセもあるのだがそこはさすが女性杜氏さんだけあって角がないマイルドさでハマるタイプの焼酎でもある。
なんだか透明なボトルに入っていて夏焼酎のような雰囲気があるがどっちかというとコクがあって気楽に飲めるタイプではない。
好き嫌いがわかれるかもしれないが個人的には非常に高評価してしまった紫尾の露CLASSICだった。

第12回 よしか・夢・花・マラソン

よ - 1
第12回 よしか・夢・花・マラソンに参加した。
六日市基幹集落センター前に午前8時に着いた。
よし - 1よし - 6
当日は快晴!っていうよりもはやカンカン照り。
この暑さにかなりやられそうな予感がひしひしと湧いてくる。
よし - 2よし - 3
今回、2度めの出場になるのだが前回こんな紙のループをシューズの紐に通す計測方法に変更されたようだ。
よし - 4よし - 5
これを両方のシューズの靴紐に通すのだがこんなんで外れたりせんのかね?
だけどこの方法なら計測器の回収は不要だしコスト的にも安そうだから一気に普及していくのかもしれない。
よし - 8よし - 7
このハーフマラソンのユニークのところはのぞみ号制限時間:1時間45分、ひかり号制限時間:2時間5分、こだま号制限時間:2時間30分とエントリー時にクラス分けがあってそれぞれスタート時間も異なる点だ。
2年前の前回は当然こだま号だったが今回はひかり号でエントリーしたのだった。
よしかは - 1よしかは - 2
結果は2時間切れないという残念なものになったのだが予想通り気温はかなり上がって暑かった。
よ - 2
それに加えて基本的に前半は登り、後半は下りのコースではあるが思った以上に高度があることと特に下りの時の強風にはマイッタ。
よ - 3
このアプリでは高度が400メートルとあるが実際はその半分くらいだと思うがそれでも200メートル近くの登り下りはかなり足に来る。
だがコース幅は全体で非常に広い上にレベルに応じてスタート時間が異なるからコースが混むことなく非常に走りやすい。
よしか - 1
学生さんが参加者リストを見ながら自分の個人名で応援してくれるのはやっぱり嬉しいし励みになる。
後半暑さと風と勾配にヤラれてヨレヨレになって最後はやや失速気味にゴールできたが参加賞で頂いたこの花を見るたびに頑張ってよかったなと実感するのだった(笑)
この難コースで今度こそ2時間切りたい。

ニュータッチ 竹岡式らーめん(ヤマダイ)

た - 1
ニュータッチ 竹岡式らーめん
たけ - 1たけ - 2
発売日 2017年5月22日
希望小売価格(税抜) 210円
内容量 136g/めん70g
公式サイトではリニューアルしたようでこれはリニューアル前のバージョンってことのようだ。
たけ - 3たけ - 4
・ 千葉県富津市竹岡発祥!ご当地ラーメン
・ 竹岡ラーメンの人気店「梅乃家」店主推奨品!
・ 本格豚バラチャーシューと醤油ダレの旨さがクセになる
たけ - 5たけ - 6
竹岡式ラーメンは千葉県富津市竹岡発祥の 漁師町で生まれたご当地ラーメンです。
チャーシューを煮込んだしっかりと肉の旨みが溶け込んだ醤油スープと、シャキシャキの角切り玉ねぎが特徴の醤油ラーメンです。
たけ - 7たけ - 8
千葉のご当地ラーメンである竹岡式ラーメンの最大の特徴は何と言ってもダシを使わないこと。
た - 2
ダシがないってことは「とんこつ」「鶏ガラ」「魚介」が全く使われてないってことだ。
た - 3
ほんじゃどうやってスープつくんねん??って疑問が激しく湧くが要はチャーシューの煮汁を麺のゆで汁で割るだけ。
たけ - 9たけ - 10
まるでインスタントラーメンみたいな竹岡式らーめんだけに本当にカップ麺になったらどうなんだろうという疑問は確かにある。
たけ - 11たけ - 12
さすがレトルトパックされたチャーシューとメンマはさすがに本格的でこれが入るだけでグッとクオリティがアップする。
たけ - 13たけ - 14
凄麺シリーズと違う通常の油揚げ麺は太めながらやっぱりちょっとコシが弱いがそれでもまあしっかり香りが立ち上るタマネギに助けられてなかなかだ。
実際に千葉で食べた竹岡式らーめんと比較するとスープはよく似ているが全体としてはややイメージが異なるがそれでもよく出来ている。
これは凄麺シリーズだけではないこちらの油揚げ麺シリーズも調べてみないといかんようだ(笑)

ゴースト・イン・ザ・シェル

a9ff16ebb72585d22ce4070f87e442dc
映画ゴースト・イン・ザ・シェル
字幕版で観たがネタバレしないように配慮して感想を書く。
個人的にはアニメ攻殻機動隊シリーズは映画版テレビ版も全部鑑賞しておりハリウッド実写版には期待していなかった。
実際ネット上の評判も散々だったようだけどそれでも観ておこうと思った次第だ。
fbaa13f120e9a936e5ae6cc1dad36cb9
配役に関してはアニメを実写化するとどうしても違和感はつきまとうものだから、その分甘めに査定しなければならないが、主役がムチムチのグラマー女性なのはまだしも、肝心の動きがかったるくて全身義体のサイボーグにとても見えないのはいただけない。
maxresdefault
ただ重要な役にビートたけしと桃井かおりがいたのはやっぱり嬉しかったがトグサ役はちょっとアレだった(笑)
5d2a67c5006d784e45e5bc4c01427325-672x372
劇中にはバイクもでてきて「ホンダNM4」であることはわかったがどうみてもオリジナルのNM4よりかっこ良かったのには笑えた。
8b5fbe86bd4ac28af6c847dc4642795e
ただかなり不満に感じたのは「タチコマ」が完全省略されてしまっていたことで彼らの存在がなかったことで彼らが攻殻機動隊には欠かせないということをイヤを言うほど思い知らされた。
be6ce8b3
劇中には押井守監督のアニメ映画ゴースト・イン・ザ・シェルのオマージュがいくつが登場してコレを知っているヒトにはニヤリとさせられて嬉しかった。
だが逆に攻殻機動隊の予備知識がなくこの映画を観ると独特な世界観を理解するだけで精一杯のハズで展開されるストーリーについていけないことは間違いない。
攻殻機動隊を知っている自分から言えばなかなかよくまとめられていて世の中の評価ほど酷い内容ではなくむしろ迫力ある戦闘シーンを単純に楽しめた。
ただ名作・笑い男シリーズをザックリ省いていてしまった事で物語に深みがなくなってしまったのは至極残念だ。
それでも従来の攻殻機動隊ファンはじゅうぶん楽しめる作品だと思う。

ラーメン屋 伸の助(呉市広古新開)伸の助黒醤油ラーメン

し - 1
広の新しい道路に出来たラーメン屋 伸の助
今日は2人でやってきた。
しん - 1しん - 2
住宅街の新しいお店のようでさすが呉市街地ではなく広だからか駐車場完備だ。
しん - 4しん - 3
店内もゆったりと広くカウンターとテーブル席といった構成で結構な人数が収容できる。
メニューは基本的に醤油とトンコツの2本柱だから2人で両方を注文する事にした。
し - 2
ちょっと待ってからキタヨ!ラーメン屋 伸の助の、伸の助黒醤油ラーメン600円。
なるほど黒醤油と名乗るだけのことはある黒さだ。
し - 3
麺は中太ストレートでやや柔らかく茹でられているのはこの辺の人々の好みか?
しかし麺もスープの影響でやや黒く見える。
しん - 8しん - 10
トッピングは広島ラーメンと同様にモヤシにネギ、メンマにチャーシューだけどこの醤油スープにはよく合っている。
し - 4
この黒いスープは今流行りのブラックラーメンと遜色ない色合いなのだが醤油が立っていて塩分濃度もかなりのもんだ。
しん - 6しん - 9
っちゃんと炙ってあるチャーシューは柔らかくてジューシーな仕上がり。
しん - 5しん - 7
こっちがもう一つのメニューたる醤油とんこつラーメンなのだがやっぱりトッピングは互換性ありそうだ(笑)
スープのパンチは間違いなく黒醤油ラーメンに軍配があがるだろう。
しん - 11しん - 12
醤油辛さを感じるがだからといって塩分過多のようには感じなかったし鶏か豚かそのブレンドかわからないがなかなか面白いスープだがさすがに後半はやや飽きてくる。
しん - 13しん - 14
ここまで醤油押しするのなら本家のブラックラーメンに習ってコショウをピリッと来るまで思い切って入れてほしかったかな。
ただホスピタリティは完璧で非常にお客の事をよく見ていてかゆいところに手が届くほど。
頼んでもないのに最後にこんなウーロン茶が出てくるなんて聞いたことが無い。
それだけに肝心のラーメンにもうひとひねりあったらな〜と感じてしまった。
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カテゴリー
月別アーカイブ
記事検索
メッセージ