柴犬と1400GTR

柴犬・コテツと小鈴とカワサキ1400GTRと食べ歩き日記

らーめん与壱(西区三篠)梅しおらーめん

よ - 1
横川駅近くのらーめん与壱
よい - 2よい - 1
うなぎの寝床のようなカウンターだけ縦長の小さなラーメン屋ながらもはや名店の域に達していると言っても過言ではない。
よい - 3よい - 4
10席しかない店内に男性スタッフが3人いるという人口過密度を考えてもここがどういうお店なのかすぐに理解できるだろう。
よ - 2
期間限定、梅しおらーめん750円。
さすがにデーンとど真ん中に鎮座まします梅干しの存在感が凄い(笑)
よ - 3
まずは梅をそのままにして麺をいただいてみた。
さすがは広島ラーメン定番の原田製麺による麺はサスガのコシと旨みを遺憾なく発揮しているがスープが若干塩分が足りないように思うのはもしかしたら梅干しをバラすこと前提なのかもしれない。
よい - 5よい - 6
梅しおらーめんってくらいだから通常のとんこつ醤油ラーメンではなく塩ダレなのか醤油は控えめになっているが通常の塩ラーメンというよりやっぱり醤油の存在が感じられる。
よい - 7よい - 8
脂こってり食感のチャーシューも何枚も入っていて嬉しいしこれがなかなかワイルド感を高めてくれているように思う。
よ - 4
さて満を持して梅干しをバラバラにしてみたが種が入っているのでいきなりこれに編みつかないほうが得策だ(笑)
よい - 9よい - 12
梅干しがこうなる事でちょうどの塩梅になるように設定されているスープはさすがの旨さで全体の調和が見事に取れているのに感心する。
よい - 10よい - 11
得体の知れない黒いひらひらしたのが入っているのだがその正体は結局わからなかったが、もしかして海苔かな?
よい - 13よい - 14
梅肉の酸味が良いアクセントになって最後まで飽きずに一気に食べることができる。
もはや広島ラーメンの代表格であるらーめん与壱がこのように広島ラーメンの可能性を模索しているのはある意味凄みがあるし、もうひとつのメニューであるレモンらーめんにも同様に興味を惹かれる。
こういったチャレンジングな姿勢をゴテゴテの名店がやってくれるのはありがたいとすら思えてしまった。

味億(西区横川町)ラーメン

あじ - 1
味億
広島市内で旨い尾道ラーメンを提供するお店として有名だ。
あじお - 1あじお - 2
この日も開店早々にお邪魔したのにもう待ち客ができていた。
15分位まって入店しカウンターに座った。
あじお - 4あじお - 3
尾道ラーメンの名店に異論はまったくないのだがこのお店には通常の尾道ラーメン店にはない悪魔の調味料があるのだった(笑)
あじ - 2
さてそれほど待たされないでやってきたよ!味億のラーメン700円。
もうこれは紛う方なき尾道ラーメンのルックスだ。
あじお - 5あじお - 6
ビシっと醤油辛さが立ったスープに僅かな魚介、背脂にパサパサ系のチャーシュー。
うんうん!これこれ!!
あじ - 3
トドメは好き嫌いは若レスが平打ち麺でなんだかんだで安心の尾道ラーメンに何も文句はない。
あじ - 4
・・・・がだ!そこに例の悪魔の調味料であるニンニク唐辛子の恐ろしい誘惑にアッサリと負けて容器に少し残っていたのを全部入れちゃた。
あじお - 8あじお - 7
ニンニク唐辛子というが実際にコレを支配しているのは大量に入っているニラで当然ながら匂いは強烈!翌日の呼気も凄まじいのはわかっているので自制しなければならないがどうにもまだまだ身体が脳みそがこの刺激を欲してしまう(笑)
あじお - 9あじお - 10
愛想の良いおばちゃんに「ニンニク唐辛子なくなってしまいました!」と告げると「ハイ!」と威勢良い返事が帰ってきた。
あじお - 11あじお - 12
冷蔵庫からギチギチに入ったニンニク唐辛子がドン!と目の前に置かれたらアンタもうガマンできまっかいな(笑)
瓶をほじってどんどん追加するとスープはだんだん赤く、ニラで緑に変化してしまう。
あじお - 13あじお - 14
もはや尾道ラーメンでもなんでもないのだがこれが最高にウマいのよ。
ハッキリ言って自分などはこの悪魔の調味料中毒患者だ(笑)
それだけに大いに満足してお店を出たが帰宅してから翌日まで悪臭の元扱いされたのは言うまでもない。

大衆居酒屋たぬき(佐伯区)

た - 1
五日市駅からほど近く、以前は寿司屋だった店舗が長い間放置されていたのだが最近になって大衆居酒屋たぬきに生まれ変わった。
たぬ - 1たぬ - 2
そこでさっそくよっしーと偵察に訪れた。
店内外から見るよりかなり広くゆったりしていて、しかもキレイで女性客が喜びそうだ。
半個室のテーブル席がいろんなバリエーションで用意されていて一人でしっとり呑むお店ではなさそうだ。
た - 2
メニューも非常に多岐にわたっており、しかもそれほど高価なものはないので文字通り大衆居酒屋と考えて良さそうだ。
た - 3
スタッフは厨房に大将らしきヒトが見えるが実際の接客はバイト君なのだが決してホスピタリティは悪くない。
それどころかよく訓練されていると感心するがもしかしたら個人店ではなくどこかの会社が経営しているのかと思ったほどだ。
たぬ - 5
海鮮系メニューが多いので途中からビールから日本酒(雨後の月)にチェンジ。
日本酒、焼酎ともにそこそこ良いのが取り揃えてあって自分のような人間でも楽しめてしまう。
たぬ - 3たぬ - 4
メニューを見ながら適当に注文したがそこそこ量もあってどれも旨い。
それとこのお店はトイレが男性用と女性用が完全に別の場所に用意されているのも特に女性にポイントが高いだろう。
た - 4
この鯛のあら炊きはしっかり身もあってこっくりした仕上がりで唸ってしまうほど。
日本酒にこれほど合うメニューを用意してくれていてマジ嬉しかった。
たぬ - 6たぬ - 7
最後は2人でピッツァを2枚頼んでこれが冷凍のパチもんじゃなくしっかりした本物に驚いてしまった。
おっさんふたりでお腹パンパンになるまで自分だけ酒を、よっしーはジュースを呑んで全部で6000円代っていうのはやっぱりリーズナブルと言って良いだろう。
これは近所になかなか魅力的な居酒屋がオープンしたようだ。
もすこし深入りして調べてみようと思う(笑)

麺処 三鈷峰(米子市)海老つけめん

さ - 1
麺処 三鈷峰(さんこほう)
どうもこの辺りのラーメン屋さん店名は読みにくくていかん(笑)
さん - 23さん - 1
よっしーのクルマでここまで来たのだがお店の前の駐車場が満車、しばらく待ってからやっと駐められた。
さん - 2さん - 3
店内に入ると待っているのは自動券売機。
ざっと見渡してつけめんが上段にあってラーメンが下段ってことはつけめんがメインのようだ。
理由はないが海老つけめんにチャレンジしてみることにした。
さん - 4さん - 5
カウンターだけの店内の椅子でしばらく待つ。
店内は女性を意識している雰囲気ムンムンでいわゆるシャレオツ感満載だ。
さん - 6さん - 7
やっと席に通されたが壁に「卓上の酢が今だけ自家製の二十世紀梨酢を使用しています。」と書いてあったのはコレだな!!
なんせ中に梨が漬けてあるがね(笑)
さ - 2
しばらくしてやって来たよ!麺処 三鈷峰の海老つけめん(麺冷、大盛り)910円。
並でも大盛りでも値段が同じと言われたので反射的に大盛りにしてしまったが量が多くて不安になる(笑)
さん - 8さん - 9
この時点で漂ってくるエビの強烈な香り。
麺も太くてテカテカのシズル感が半端ない。
さん - 10さん - 12
まずはどっぷり麺をつけダレに浸してからいただくとゴリゴリのコシがあるツルツル食感の麺は山陰地方にありがちなモサモサとした感じとは完全に一線を引いた都会的なもの。
さ - 3
鶏と豚のチャーシューも最近の流行りをがっつり抑えていてくれて嬉しい。
コッテリとアッサリの共演は食べていても楽しくて仕方がない。
さん - 11さん - 14
メンマが沈んでいるこのつけダレだが、エビで連続平手打ちを食らったようでここまで潔く「エビエビ」してくれたらコンセプトがはっきりわかってわかりやすい。
さん - 15さん - 16
おそらくはエビをすり潰したものがまぶしてあるのだろうがそれにしてはつけダレが粉っぽくない。
これはどういう仕組みになっているのかよくわからんがそれにしてもここまでエビにがぶり寄られたのは初めてだ。
さ - 4
さてここで味変を試みるべく卓上の自家製の二十世紀梨酢をまずはほんの少し投下してみた。
さん - 18さん - 20
なるほど仄かに優しい酸味が加わることでエビのゴリ押しがやや抑制的になるのね。
更に自家製の二十世紀梨酢を追加するとエビの香ばしさは確かに減ってしまうが上品さが立ってくるようでなかなか愉快な変化が楽しめる。
さん - 21さん - 22
米子で凄いつけめんに出会ってしまったようで戸惑いを隠せなかったのだがそれでも、このエビの魔力に駆られて一気に完食してしまった。
けっこう量があったがこのエビエビ攻撃に呆気なく屈してしまったが、この麺処 三鈷峰がタダモノでないのだけは確かなようだ。

満洲味(米子市)ラーメン

ま - 1
米子市の満洲味(ますみ)
鳥取の牛骨ラーメンのお店と聞いてやってきた。
ます - 1ます - 2
お店の前と周囲にも多くの駐車場が完備されていてアクセスしやすいことこの上ない。
しかしその駐車場から店舗前に行くと普通に民家のようでビビる(笑)。
ます - 3ます - 4
塩に味噌にチャンポン、辛口ラーメンくらいまではわかるが唐揚げラーメンにギョウザラーメンってなんぞや(笑)
中華丼もあってもしかしたら元は中華料理店?
ま - 2
さっそくやって来た!満洲味の牛骨ラーメン650円。
これがこの店の最もベーシックで安いラーメンということになる。
ま - 3
麺は山陰地方でよく出くわす粉っぽくでボソボソした食感のやや太めの麺。
自分はどうにもこれが苦手で食べていてもこのモサモサした感じがずっとつきまとって気になって仕方がない。
ます - 7ます - 8
チャーシューは柔らかいのが3枚も気前よく入っていてこれは納得の美味さだ。
ます - 6ます - 9
スープは醤油スープなのだろうが優しい牛骨は健在で決して牛骨が自己主張することはなくマイルドに仕上がっている。
ま - 4
ここで卓上にあったニンニクを入れて味変を楽しむことにした。
これはこの穏やかなスープには劇薬だったようで一気にワイルドになってくれて嬉しくなってしまった。
ます - 10ます - 11
ニンニクのお陰で後半もこのラーメンを楽しむ事ができたがやっぱりこのモサモサ食感の麺にどうしても馴染めない。
初めからこの麺にはコシがないのだが時間が経つと更に伸びてしまうが地元の人々はこんな麺が好きなのだろうか?
ます - 12ます - 5
同行したよっしーは野菜ラーメンを食べたがこれも最初はサラダみたいな野菜が後半熱が通って旨くなったそうで全体にコシとか食感とかよりもスープの熱で渾然一体になったラーメンが根付いている地域化のかも知れんの〜。
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カテゴリー
月別アーカイブ
記事検索
メッセージ