柴犬と1400GTR

柴犬・コテツと小鈴とカワサキ1400GTRと食べ歩き日記

とら食堂 福岡分店(福岡市中央区)ワンタン麺

と - 1
とら食堂 福岡分店
「昭和44年に福島白河で創業した手打ち中華そば「とら食堂」の分店が福岡に。
麺は小麦粉からこね、青竹で打ち上げる手打ち麺、チャーシューは七輪の炭火でじっくりと焼き上げる昔ながらの焼豚、スープは地鶏のガラや丸鶏を弱火でじっくり炊き込む清湯スープ。職人の手づくりにこだわる、正統派醤油ラーメンのお店です。」
とら - 2とら - 1
マンション下のテナントのようで駐車場はない。
まあ周囲にはコインパーキングがたくさんあるから問題ないんだけどね(笑)
とら - 3とら - 4
あの有名な福島県は白河市で白河ラーメンと呼ばれるとら食堂の分店が福岡にできたと聞いてやってきた。
とら - 5とら - 6
お昼時だったから少し待たされたけどその間に知り合いからここの基礎知識を教えていただいたので結果的にはそれで助かった。
非常に清潔感に溢れて落ち着いた店内、自分はカウンターに通された。
と - 2
しばらくしてからキタヨ!!とら食堂 福岡分店のワンタン麺890円!!
実は入店前の基礎知識でワンタン麺を食べるようにアドバイスを受けていたのだった。
とら - 7とら - 8
「とら食堂」といえばそのとら食堂で修行された大将が店主だった山口市の手打ち中華そば侍が連想されまくるのでどうしても自分の中では双方比較してしまうことになる。
と - 3
麺は基本的に多加水のびろびろ食感なのだが侍ほどこれが強調されておらずやや一般的な仕様ではあるが、それでも普段極細の低加水麺に慣れている博多のヒトにとっては衝撃の中華麺だろう(笑)
と - 4
その多加水麺と同様の生地で造られる皮を持つワンタンが不味かろうハズもなく侍の麺にあったビロビロ食感はこのワンタンで思い切り楽しめる。
とら - 10とら - 11
ほうれん草はなかなか見ない具材だし今時ナルトも嬉しいトッピングではある。
しかしこのスープは侍と同様に無化調なのか最初は全然物足りないのだが途中からその旨味がガンガン押し寄せてくる。
とら - 14とら - 16
これも基礎知識で教えていただいたのだがこの卓上玉ねぎを少々入れると旨いらしい。
とら - 13とら - 15
なるほど〜、最近流行りみたいだけどこの甘くそしてちょっと辛い玉ねぎってへたすりゃネギよりマッチングが良いかもね。
とら - 9とら - 12
これも侍とはちょっと違うけどまるで「たたき」のように丁寧に処理が施されたチャーシューも絶品だがね。
とら - 17
白河ラーメンの凄みをイヤというほど叩き込まれて後半は特にスープを完食することを制止することが困難になってしまった。
丼も一般的なものからいえば少し大きめでそれに並々と注いであるのでお腹いっぱいになってしまった。
これは手打ち中華そば侍とは似て非なるラーメンであることがハッキリわかり、逆に侍のオリジナリティを見直す結果にもなった。
トンコツ全盛のこの博多で全く逆ジャンルとなる優しい醤油鶏清湯スープのとら食堂がどういう闘いを見せていくのか楽しみではある。

りょう二郎(大竹市)背脂とんこつ醤油ラーメン白

りょ - 1
大竹市の国道2合園沿いに新しくオープンしたりょう二郎
最近広島でもじわじわその勢力を拡大しているいわゆる二郎系ラーメンのお店と考えて良いだろう。
りょう - 1りょう - 2
そう言えばここはとあるラーメンチェーン店のテナントだったはずなのでそのまま居抜きで入ったのかもしれない。
りょう - 3りょう - 4
チェーン店だっただけあって大通りからよく目立っているし駐車場もけっこう確保してあるのでアクセスしやすかろう。
りょう - 6りょう - 7
入って目の前に立ちはだかるのは自動券売機。
メニューは基本的二郎系の「白」たるスタンダードな背脂とんこつ醤油ラーメン、「黒」の黒マー油入り、「赤」の唐辛子入り、これにつけ麺、まぜ麺となっているうようだ。
りょう - 21りょう - 8
チケットを持ってカウンターに座ってから店員がチケット回収しに来てラーメンの細かい設定を伝えるシステムだ。
通常、脂、辛め(醤油)、ニンニク、野菜を増すスタイルが多いと思うがここは野菜増しは100円、そのかわり脂とニンニクとナント麺大盛りが無料という変則のマシマシとなっている。
初めてだったし全部食べられるかどうかわからんかったので自分は脂、ニンニクだけ増し、麺と野菜はデフォルトでお願いした。
りょ - 2
太麺だから少し時間がかかるようでちょっと待ってからキタヨ!りょう二郎の背脂とんこつ醤油ラーメン白850円。
りょう - 9りょう - 10
しかし迫力満点のルックス!!特にトップに恐ろしいほど乗っかっているニンニクに圧倒される。
チャーシューは半分に切ったようなのが2枚だ。
りょう - 12りょう - 14
どこから攻略するか悩むほどだがとりあえずはニンニクを全体にバラけさせて凄まじい量の野菜をかき分ける。
りょ - 3
するとそのずっと下の方からぶっとい麺がやっと顔を見せてくれる。
しっかりとコシがあって噛みごたえ満点のコシのある麺で嬉しくなってしまった。
りょ - 4
スープにもようやく対面できたのだが「とんこつ醤油」っていうだけあって醤油ラーメンのような色をしているが実際の食べた感じはコッテコテのとんこつスープと言った方が良くむしろその醤油っぽい色に驚いたほどだ。
りょう - 11りょう - 13
スープにもニンニクは初めから入っているようでこれに増したニンニクのダブル攻撃は、これで今日明日と誰にも会えんなと覚悟を強くした。
りょう - 15りょう - 18
とにかく麺と同量、もしくは野菜のほうが多いくらいで麺だけ食べるってことはほとんどなく、実際には麺と野菜いや野菜だけ食べてる感じの方が印象に残っている。
りょう - 16りょう - 17
それだけにチャーシューにパンチが乏しいのはやや残念で、このニンニク野菜とんこつラーメンの後半はややダレ気味になってきて少々飽きてくる。
りょう - 19りょう - 20
まあそれでもトンコツがしっかり効いているので難なく食べ進めることが出来るのだがここまでニンニク攻撃が多いとニンニクの辛味の角が立っているのが気になってしまった。
全体として見れば随分と真っ当な「二郎インスパイア」ラーメンであることは疑いようがなくこの手のパンチが効いたウルトラヘヴィニンニキーラーメンを求めるムキには歓迎されるだろう。
その代償として当日は無論のこと翌日まで家族から家の中の空気がまるごとニンニク臭だと迫害され続けたことを報告しておく(笑)

麺魂(都城市)海老そば

めそ - 1めそ - 2
麺魂とかいて「めんそうる」と読むなんてちょっと笑ってしまった。
ここは宮崎県都城市。
め - 1
店舗の前は駐車場になっていてほとんど満車だ。
ここが人気のラーメン店であることがよくわかる。
めそ - 12めそ - 13
余談だがトイレは一旦店外にでて入口横に設置されているのだがもしかしたら通常の一軒家を改築してお店にしたのかもしれない。
めそ - 3めそ - 4
店内はけっこう広くゆったりしているのだが出迎えてくれるのか自動券売機。
一番上にかいてある海老そばのチケットを買ってカウンターに座った。
大将と若い女性の二人体制のようだ。
め - 2
ちょっと待ってから来たよ!麺魂の海老そば(普通麺)600円。
め - 4
さすがは九州だけあってトンコツがベースなのだがここのラーメンはトンコツに魚介を、しかも海老をプラスしたという変わり種。
麺は太いのと普通のが選べて自分は無難に普通にしたがなかなかコシがあって旨い麺だ。
めそ - 5めそ - 6
海老の旨味ととんこつを合わせるバランスがこの手のラーメンの決め手になると思うのだがなかなかどうして別妙な設定でサクサク食べ進めてしまう。
めそ - 7めそ - 8
トンコツ、海老どちらのえぐ味は全く感じられず両方の旨味成分だけを丁寧に抽出しているのがよくわかるデキになっている。
め - 3
逆にチャーシューはアブラギッシュでワイルドに仕立ててあってここらへんにもセンスを感じられる。
めそ - 9めそ - 10
一般的にはモヤシはとんこつスープにはなかなか合わないものだがこれくらい魚介のパンチがあるとモヤシも悪くない。
しかしこの個性的なスープは中毒性みたいなもんがあるのか全部飲まないと気が済まなくなってしまった。
めそ - 11
ガッツリ完食。
なるほどこれは人気があるのも当たり前か。
「繊細かつ大胆」という言葉が最もしっくりとくる麺魂の海老そばだった。

広島カープ2軍戦

2ぐん - 1
2017年3月23日にマツダスタジアムで開催された広島カープ2軍戦に行ってきた。
通常ゆう球場での2軍戦は無料なのだがマツダスタジアムでは当日券のみ1000円だ。
2ぐん - 2
客席はバックネット裏とその少しヨコくらいまでの内野席が全部自由席として解放される。
だから普段座ったことがないくらい良い席での観戦ができるのが魅力ではある。
2ぐん - 3
スタメンは両チーム政治用語のプロトコルと言うか選手の格みたいなのを揃えてるようで投手は阪神タイガースは歳内、広島カープが福井と似たような境遇にいる二人と言える。
福井はケガをしていると聞いていたが球速もソコソコでていたしコントロールが危なっかしいのはいつものことだし、もしかしたら開幕か開幕後すぐにでも間に合うんじゃないかな。
2ぐん - 4
再三ランナーを背負いながらもなんとか切り抜けてくれていたのでこのまま1軍で投げても問題ないように見えた。
2ぐん - 5
グランド整備の時のCCダンスはスライリーが頑張って踊っていたがやっぱり観客が少ないせいもあってイマイチ盛り上がりには欠けている(笑)
2ぐん - 6
この日の広島カープは打線が活発(特に土生に磯村)で阪神のピッチャーからどんどん点をとってくれてトドメはメヒアの2ランホームランが飛び出すなどファンにとってはたまらない展開だった。
1軍の試合と違って緊張感がないがまあそれでもマツダスタジアムでゆっくりしながら試合を見守るのも悪くないと思った。
もうすぐオープン戦で打てなかった1軍も開幕するが2軍同様に打線が活発になって欲しいものだがどうなるだろう。

おぐら本店(宮崎市橘通東)チキン南蛮

お - 1
やってきたのはおぐら本店
完全な路地裏になるチキン南蛮の老舗店。
おぐ - 1おぐ - 2
だからと言ってわかりにくい場所かというと表通りから少しだけ店舗が見えるので自分は簡単に発見できた。
おぐ - 16おぐ - 6
入り口と出口が異なるようになっているのは行列ができた時のためなのだろう。
店内はけっこう広くテーブル席に2階席もあるようだが自分はなぜか喫煙可のカウンターに通された(笑)
おぐ - 3おぐ - 4
当然のことながら迷うことなくチキン南蛮(ライス付き1010円)を注文したのだが同じ料金のチキン南蛮半分、ハンバーグ半分というビジネスセットもかなり魅力的ぢゃないの!!
おぐ - 5おぐ - 7
と考えていたらあっという間にやってきたよ!おぐら本店のチキン南蛮。
このマッハな提供速度はある程度需要を予想して作り置きしていないとあり得合いだろ(笑)
お - 2
それにしても凄まじいまでのタルタルソース。
聴く所によるとこの手のタルタルソースまみれのチキン南蛮の元祖だそうでそれならここまで「コレでもか!」のタルタルソースにも納得だ。
お - 3
その分厚いチキン南蛮の後ろには昔懐かしいケチャップで炒められた「スパゲッティ」がたくさんあって自分らの年代には洋食とはこうじゃないとね(笑)
おぐ - 9おぐ - 8
ご飯も山盛りで全体の量はかなりあって普通ならば大盛りにする必要はなさそうだ。
お - 4
ナイフとフォークって久しぶりなのだがこのチキン南蛮自体はけっこう固くなかなか切れないほどだ。
宮崎に来ると時々鶏肉を食べるのだがどれもこれもけっこう硬いのでココでは別段肉の柔らかさはそれほど必要とされていないのかもしれない。
おぐ - 10おぐ - 13
気を取り直して切り身にしてタルタルソースの海を泳がせてべったり纏わせて食べてみるとなるほどの旨さだ。
っていうか鶏肉よりタルタルソース優先の旨さと言った方が正解かも知れん。
おぐ - 12おぐ - 14
嬉しいことにキャベツもこんもりしていてこちらも昔風のドレッシングがかかっている。
おぐ - 11おぐ - 15
チキン南蛮と懐かしスパゲッティ、千切りキャベツとご飯のローテで最後まで飽きずに一気に食べきってしまった。
若干汁物が欲しい気もするがまあこれがチキン南蛮の流儀なら仕方がない。
それにしてもこれまでに食べたことがない程のチキン南蛮というよりタルタルソースに感激してしまったおぐら本店のチキン南蛮だった(笑)
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カテゴリー
月別アーカイブ
記事検索
メッセージ