柴犬と1400GTR

柴犬・コテツと小鈴とカワサキ1400GTRと食べ歩き日記

凡の風(そごう広島店)塩ラーメン

40
そごう広島店の9階催し物会場で開かれた初夏の大北海道展
前半:4月25日(火)〜5月1日(月)、後半:5月2日(火)〜8日(月)で店舗が入れ替わりその前半に札幌のラーメン店凡の風がお店を出すことになった。
ぼんの - 1
なんせ本店を臨時休業にされてまで出店されているのでこれは行ってみんといけんぢゃろ!とばかりにやってきた。
大北海道展そのものはそごう広島店と同じ10時からのようだが飲食できるようになるのは10時半からのようだ。
ぼんの - 3ぼんの - 2
会場は大北海道展の一番奥の仮店舗でちょっとわかりにくくて迷ってしまったがなんとか見つかった。
メニューは基本的に塩ラーメンと味噌ラーメンだけになっているようで最もベーシックで安い塩ラーメンに決めて入店すると即会計してから着席と相成った。
ぼん - 1
あまり待たされないでキタヨ!凡の風の塩ラーメン851円。
本店では750円のハズが値上がりしているのは大北海道展値段ということなのだろう。
それにしても「ザ・淡麗系」と思わず思ってしまったルックス。
ぼんの - 4ぼんの - 6
三角の海苔が印象的ではあるがこの時点で魚介の良い香りが漂ってきて鶏と魚介で構成された塩ラーメンということが理解できる。
ぼん - 2
どこの麺なのか想像すら出来ないがこの手の淡麗系ラーメンにしては珍しい少し太めの縮れ麺。
このあたり、やっぱりコヤツの出自は北海道ね!と言いたくなる。
ぼんの - 5ぼんの - 10
ブっといゴリゴリの歯ごたえのメンマ。
それにこのハッキリと辛味を発揮しているネギはやっぱりちょっと広島では出会えないタイプ。
ぼんの - 7ぼんの - 9
チャーシューは脂分が少なくその上、敢えて味付けを抑制してあるような仕上がりになっていてスープの邪魔にならないような気遣いがしてあるように思える。
ぼん - 3
「透き通るような鶏と魚出汁のスープは、あっさりとした中にも深く重なる味わい。豊かな香りとコクがあり、凡の風の人気メニューです。それぞれの味によって入れる調味料にも、店主のこだわりがあります。凡の風定番の塩ラーメンは3種類の塩を使用し、白醤油ラーメンには白醤油とうす口醤油を入れ、澄んだスープの仕上がりに。」と公式サイトに書いてあるがなるほどアッサリとしているが食べ進むほどにその奥深さをひしひしと伝えてくるこのスープがこのラーメンの主役なのだろう。
ぼんの - 8ぼんの - 11
スープのデキが良いとどうしても麺と一緒にスープも飲んでしまうので丼の中が調度良い具合に見事にキレイになくなっていく。
ぼんの - 12
一点の迷いもなく一気に完食してしまったがなるほどこれは完全に北海道を感じることが出来る、広島ではまず食べることが出来ない類のハイレベルな塩ラーメンであることは疑いようがない。
このそごう広島店の大北海道展の後半はどんなラーメン屋が出店するのか今から楽しみだ。

香林(岩国市)麻婆チャーハン

こ - 1
岩国駅の裏の通り沿いにある香林
地元では料理のベーススープにとんこつを使う特徴がある非常に人気のある中華料理店。
こう - 1こう - 2
そして辛いものラインナップの充実も人気の理由でもある。
今回はその中の看板料理たる「チリかつ丼」目当てでやってきたのだが休日の12時半でもう「カツ」が売り切れて注文不可になっていた。
仕方がないので以前から興味があった麻婆チャーハンに挑戦してみることにしたのだった。
こ - 2
店内は満席だったので少し待つと言われたので了承したけど、そこまで待たされないでやってきたよ!香林の麻婆チャーハン1100円。
こう - 3こう - 8
これも玉子スープがオマケでついてくるがこちらはまあよくある玉子スープだ。
こう - 4こう - 5
食べてみると辛さはほどほどで万人向けではあるが麻婆豆腐をチャーハンと合わせるなんてよく考えてみたらこれまでありそうでなかったよな〜。
こう - 6こう - 7
麻婆豆腐はしっかりとトロミがつけてありほとんどペースト状だ。
チャーハンも丁寧にパラパラにしてあってたしかにこれを大将一人で作るなんて大変なんじゃなかろうか?
こ - 4
こ - 3
実際麻婆豆腐だけ食べてみると通常の単品のよりも少し味が濃い目になっているのだろうが、それにして独特のクセのある濃厚さはやっぱりこれにもとんこつが入っているのだろう。
逆にチャーハンは塩分はほとんど入ってないようで脂分も控えめになっててあくまでも麻婆豆腐と合わされる前提の仕様になっているのだろう。
こう - 9こう - 10
最初1100円と少し高いな〜と思ったが皿一面を覆い隠さんとするその量たるや、相当なものでお腹がいっぱいになってしまった。
考えてみたら麻婆豆腐とチャーハンをいちいち同時につくらなきゃならないわけでその手間とかを考えたら妥当な値段なのかも知れんない。
こう - 11
こうなるとやっぱり未食のチリかつ丼の正体をますます知りたくなってしまったのだった(笑)

雁木 純米吟醸 みずのわ(八百新酒造)

みず - 1みず - 2
岩国市の小さな酒屋さんで買った雁木 純米吟醸 みずのわ
みず - 4みず - 3
「原酒を和水、一回火入(瓶燗)した純米吟醸酒。
セカンドネームの「みずのわ」に、川面に魚が跳ねた時の同心円状に広がる波紋と「和水」の意味を重ねました。やわらかく軽やかに、すいすいと杯が進むお酒です。」
みず - 6みず - 5
1800ml
価格:3,000円 (税別)
【原料米】 山田錦
【精米歩合】 50%
【アルコール度数】 15~16度
【日本酒度】 +2.5
山田錦を50%まで磨いた純米吟醸。
内に秘めた個性が杯を重ねるほどにじんわりと伝わってくる普通に美味しく飲み飽きしないお酒です。
どんなお料理とも相性抜群!!
食中酒に最適です。
み - 1
冷やして呑んでみると確かに口当たりが恐ろしく良くまるで旨い水を呑んでいるかのようだ。
香りはやや抑え気味ではあるが甘く胸のすく吟醸香があって味はほんの少しの酸味がアクセントになっているようでなかなか面白い仕上がりになっているもんだと感心する。
雁木はラインナップでそれぞれ酒の個性がかなり違うようなので他の種類も試してみようと思う。

のぉくれ(柳井市)汁なし担々麺

し - 1
のぉくれ
今日は平日のお昼前にやってきたがそれでも駐車場が大方埋まっているのは凄い。
しる - 1
今日の狙いはズバリこの期間限定の汁なし担々麺だ。
以前担々麺冷やし担々つけ麺で辛い麺に対するセンスを見せつけられているだけに自分としては絶対に外せない。
し - 2
いつものようにあまり待たされないでやって来たよ!
のぉくれの期間限定汁なし担々麺750円。
し - 3
ちょっと一方向からだと全貌がわからないのでクルッと回すと裏側にはこんな肉味噌が。
し - 4
更に回転させると今度はタレがみえてくるがなんだか不思議なルックスをしていることがわかる。
しる - 2しる - 3
麺は相変わらず黄色印象的なやや縮れがある麺でこのコシがはっきりとわかるくらいにある。
それもそのはずでおそらくは水で締めてあるのだろう。
しる - 4しる - 5
この時点でわかったことなのだが麺が冷たいだけじゃなくこの汁なし担々麺自体が温かいタイプではなく冷たい汁なし担々麺だということ。
今までに汁なし担々麺ってけっこう食べてきたがたいてい温かいのと冷たいのがあって、おそらくは香りが原因だと思われるが冷たい汁なし担々麺にあまり良い印象がない。
しる - 7しる - 9
しかしこののぉくれの汁なし担々麺はどうかいね!
通常の汁なし担々麺は温かろうが冷たかろうがとにかく混ぜて混ぜて全部が同じ味になってしまうので後半必ず食べ飽きてくるのに、大きなトッピングのせいで物理的にキレイに混ぜられないお陰で場所場所で違った味わいがあってかなり楽しめる。
しる - 6しる - 8
通常の広島の汁なし担々麺にはこんな大きなチンゲン菜はまず入らないし煮玉子よりは温泉タマゴが一般的だ。
このラーメン的な発想がこの穏やかな辛さの冷たい汁なし担々麺を面白いものにしているのは間違いない。
しる - 10しる - 11
追い飯を想定していないのか麺と一緒に具がなくなるのは個人的には嬉しい。
勿論高品質な花山椒や辣油がしっかりサポートしてくれているからなんだろうが、まさかこんな場所でこれほどハイレベルな汁なし担々麺を食べさせて貰えるなんて想像もできなかった。
汁なし担々麺を愛するヒトにこそ味わって欲しいと思ったのぉくれの期間限定汁なし担々麺だった。

ごつ盛り ソース焼そば(東洋水産)

ご - 1
ごつ盛り ソース焼そば
いわゆる廉価版の大盛りカップ焼きそばで日清食品のデカヤキ スパイシーソース焼そば からしマヨネーズ付とはゴリゴリのライバル関係にあたる。
ごつ - 1ごつ - 2
麺130g、旨みとコクのあるブレンドソースに「キユーピーからしマヨネーズ」が付いた大盛ソース焼そば。
ごつ - 3ごつ - 4
ごつ盛りソース焼そばは、麺のボリューム(130g)と美味しさ(こだわりソース+マヨネーズ付)によって、手軽(低価格)に味わう事が出来る大盛カップ焼そばです。
ごつ - 5ごつ - 6
麺は、香味豊かな、滑らかで弾力のある丸刃で切った麺を使用しています。麺重量130g、3分戻しの麺です。
ごつ - 7ごつ - 8
ソースは、ウスターソース、中濃ソースにどろソースにを加えたオリジナルのスパイシーな焼そばソースに、別添のからしマヨネーズでまろやかに仕上がります。かやくにキャベツを使用しています。
ごつ - 9ごつ - 10
粉末ソースのデカヤキに対して液体ソースのごつ盛りという構図になるのだがこれは本当に良いライバルだと思う。
ごつ - 11ごつ - 12
実は熱湯を麺に注いた時にかやくを入れ忘れていたことに気がついてあとからそっと入れたのだが結果的には何も問題はなかったようだ。
ご - 2
粉末ソースの良さがあると感じたデカヤキだがごつ盛りには液体ソースの良さがあるように思う。
ごつ - 13ごつ - 14
粉末に水分を吸われてライトで乾燥した仕上がりのデカヤキ、だけど液体ソースのしっとり感が残ったウェットなごつ盛り。
ごつ - 15ごつ - 16
値段相応にかやくはおしるし程度ではあるがないよりはましだ。
デカヤキ、ごつ盛り、ラーメンは今のところごつ盛りに軍配があがるが、焼きそばに関してはもしも両方一気食いしても勝敗をつけることができないだろう。
これからもこのチキンレースに注目だ(笑)
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カテゴリー
月別アーカイブ
記事検索
メッセージ