柴犬と1400GTR

柴犬・コテツと小鈴とカワサキ1400GTRと食べ歩き日記

コテツと小鈴の朝

久々にうちの柴犬のことを・・・・(汗)


とにかく朝は散歩から。
今朝はちょっと天気が悪いが運良く雨はまだ降っていなかった。
お陰で暗い。
いつも調子こいてコテツと小鈴はふざけあってる。
うちのなかでやられると毛はぬけるし煩いし注意して止めさせるが散歩ではできるだけ放っておく。


だんだんエスカレートして悲鳴あげてることもある。
端からみたらケンカしてるようなんだろうな~


小鈴のお約束・・・お下劣でスミマセンm(。≧Д≦。)mスマーン!!
まだ子犬だから散歩の度に「大」のほうを。
それでもかなりゲージで「大」はしなくなった。
「小」もかなり我慢ができるようになったようだけどまあまだ5ヶ月だから失敗もある。
コテツが完璧に失敗しなくなったのは生後6ヶ月だったからあと1ヶ月したらできるようになるハズ(笑)


帰宅して小鈴だけ朝食。
コテツは一日一食で小鈴も来月からそうなる。
そして大好きなファンヒーター前に縦に並ぶ。
上下関係がわかるような・・・・


私の朝食の「見学」
視線が熱い(笑)


それがすんだら再びファンヒーターに今度はヨコに並んでへばりついて・・・


娘が登校時に窓から犬用クッキーをくれるのでおみおくり。
これも恒例行事。
娘は休日でもコレをやってる(笑)


またファンヒーター前にくつろいで・・・
しっぽが伸びとるがな・・・・


暖まったら眠たくなって机の下に移動。


9時になったらゲージで同じポーズで爆睡(笑)
わしも犬になりたい・・・・……(-。-) ボソッ 

三原 来々軒

なんかラーメン屋ばかりの記事になってアレだが・・・
天気模様が朝からイマイチだったが三原市にラーメンを食べに行ってきた。


麺好きカワサキ三台のブー・フー・ウーである。
深い事情と浅い理由(わけ)で高速で東広島市までいってそこからは国道二号線。
三原駅の裏手にあって割とわかりやすい店。




来々軒。
三原でラーメンと云えばココというくらい有名店みたい。
年季の入った店構えでこんな天気なのに行列ができてる。
広島のラーメン屋では行列は珍しい。
いやがうえにも期待が高まる(゜o゜;) ドキドキ...
10分ほど待って入場。


中も同じようないかにも老舗って感じ。
3人なのでテーブル席に通された。


ラーメン500円
ワンタンメンも同じ500円だったのでツレの二人はお得感からそちらを注文。
店主らしきおじさんがさっき券売機で買ったチケット回収にきたとき
「ワンタンメンは麺がラーメンの半分じゃけどええか?」と聞いてきた。
慌てたツレのひとりはラーメンに変更、もうひとりは100円追加でワンタンメン大盛りに
変更した。
肝心のお味は・・・・・粉っぽい・・・・好のみですから・・・500円だし・・・


雨にたたられたので温泉に。
追分温泉。
ラドン温泉らしい。


貸し切りだしとっても暖まって極楽気分。
ただね・・・・


歩いてみたけど底からお湯が噴射してるだけだし・・・


入ろうとしたらただの水風呂だったし・・・・


露天風呂もないのにこれで1000円は、ちょっとたけーんじゃないの?
Z1300に乗っていたというきさくな店主の会話にも気合いがはいらぬ・・・・
文句ばかり言ってたらダメと分かっていてもちょっとハズレなミニツーリングでした。
(゜∇ ゜)ブヒャヒャヒャヒャ(涙)

1400GTRの雨天性能をいろいろ試してみたがトラクションコントロールは凄い。
わざとマンホールの蓋やグレーチングで加速してみたが普通の道路のようにはしる。
カウルを一番上にするとほとんど濡れないしこんなに快適でいいのかと
他のメンバーに申し訳なかった。
みんなの荷物をのせてまるでガウ攻撃空母のような1400GTRちゃんだった。
カワサキはなんてモビルスーツを造ったんだ・・・・(ガルマ談)

北九州のラーメン

先日小倉にバイク二台でラーメンを食べに行ってきた。
わざわざそれだけの為に・・・・アホですわ(笑)


らーめん工房 龍
普通の住宅街にあり、ちょっと場所がわからなくて迷ったが
11時半だというのに凄い行列。
お店の目印は行列だったりして。
これは期待できるなーってしばし並ぶこと10分程度。


ラーメンの登場。
一気に食べてうま~~い!と言いたかったのだが店に充満する豚骨臭っていうかなんと言えばいいのかわからん凄まじい獣臭。
さっき行列に並んでいるときに香水をハケで塗りたくったんじゃないかと思うくらい気になったおばはんの匂いも完璧に消し飛んでる。
自分はコレに滅法弱い。
強いて言うなら濡れた犬の匂い(爆)
ラーメンの味なんてさっぱりわからん。
鼻をつまんで食べたいくらい。
記憶に残ったのは濡れた犬の背中に「ラーメンのようなもの」を置いて食べたような印象が・・・
とっとと喰って逃げるように店を出た。
人気のお店のようだが皆さん気にならないんだね~。
一緒に行った友人に旨いとんこつらーめん屋はよくこんな匂いがするって云われてちょっと凹んだ。
気をとりなおして北九州市民球場近くの




ぎょらん亭本店。
緑の暖簾って珍しくないか??(笑)
ここもなかなかの人気店のようだ。
待ち客がいた。
ただしここは例の濡れた犬の匂いがしない。
豚骨臭や獣臭が全くしない。
ちゅうことはここはあまり旨くないのかなって不安になる。
豚骨100%の”豚骨十割”と鶏と豚の比率が2:8の”ニハチ”があるようで自分はさっきとんこつラーメンが満喫できなかったので今度はと豚骨十割にした。


脱帽の美味さ。
これぞとんこつラーメンですな~
決して匂いじゃなくていい香りがする。
さすがの本場のとんこつラーメンだなって実感した。
お客に豚骨臭感じさせなくても美味いラーメンができるなら是非そうしていただきたい。
切なる願いです( _ _ )/' チリーン

呉市長浜港

中二の息子は大の釣り好きだ。
過去にローカル番組の釣りごろつられごろに出演したこともある(笑)
http://powerbook.homelinux.com/~zzzz/WANPAKU.avi
(インラインで見れなかった許してちょんまげ(≧-≦) ゴメンヨーDivXです・・たぶん。できたらダウンロードしてくださいませ~)
息子がまだ小さい頃、自分が家族に出かける言い訳として息子を意図的に釣り道に引っ張り込んで釣り好きに仕立て上げた。
ここ数日学校が入試休みだったようでいつも行ってる呉市の長浜港に釣行したようだ。


去年の夏にはこんなでっかい太刀魚と釣ったこともある。
なかなかのやり手で最近の実力は自分より上じゃないかと思うことがある。


昨日の釣果。
7センチ~15センチのメバルとカサゴ12匹 35センチのマアナゴ一本 はぜ一匹 朝6時から19時まで
この季節らしくメバルが多い。
穴子も来たようだ。
カレイが来なかったと残念がってる。


いとひきハゼ、手を噛むという理由で通称てかみ(笑)
いわゆる外道ってやつである。


煮付けにすると旨い瀬戸内の黒メバル。
やっぱりこれが一番嬉しい。
不思議なものでこのメバルばかり釣れるところとカサゴばかり釣れる場所がある。
どちらも似たような種類の胎生魚なのに魚の世界も棲み分けがあるらしい。
魚のことはよくわからない・・・・
でも魚も水の中からつまらない争い事ばかりやってる人間を「ばっかぢゃねーの、さっぱり理解できん」とその魚眼で見ているのかもしれない(笑)

山口のラーメン

山口のラーメン
以前は全然知らなかったのだが最近はネットとかの普及で身近な旨いもの情報が
簡単に入手できるようになった。
中でもお隣の県である山口のラーメン事情はとても面白い。
広島・福岡という大きな街に挟まれながら、小規模な都市があちこちに点在するという変わったその形態がそんな特徴あるラーメンを生み出しているのかもしれないと勝手に考察している(笑)


中華そば 紅蘭(こうらん)
ここは下松ラーメンの代表的な店。
ラーメンの写真がどっかいってしまったのが残念だが下松ラーメンとは牛骨ラーメンのこと。
とんこつっていうのは有名でも牛骨は珍しい。


北斗亭。
こちらも下松牛骨ラーメンの店。
ケンシロウやラオウとは一切関係ない。
このあたりの地名が北斗町だからこういう店名なんじゃないかなー。


わかりやすく言えばスキヤキのだしのような甘いスープ。
下松市にはこの牛骨ラーメンのお店がたくさんある。
っていうか下松にしかない(笑)
山口には下松だけじゃなく他にも個性的なラーメン屋がある。


山口市の侍。
ここは暖簾に書いてあるように福島白河ラーメンのとら食堂の暖簾分け。


これは今までに体験したことがない関東風っていうのかな。
まだ全部のメニューを完食していないのでなんとも言えないが自分にとっては
かなり画期的なラーメンだった。


周防大島にあるたちばなや食堂。
これなんか場所的にも雰囲気的にも場末の定食屋にしかみえないのに超個性的な
ラーメンが食べられる。
ちなみにここの前の町営駐車場で初立ちコケしたのだが・・・(爆)


澄んだイリコだしのスープ。
かなりクセがありハマルと抜け出せない味。
ダメなヒトにはダメだろう。
こんな個性的な味の店をを普通のおじいさんとおばあさんが営んでおられる。
他にも・・・


これも周防大島で本格熊本ラーメンが喰える「みかちゃんらーめん」や


岩国の山奥にぽつんとある久留米ラーメンの「らあめん彩龍」とかまだまだある。
とっても面白いのは山口のラーメン屋にはほとんどの場合いなり寿司がおいてある。
理由は皆目わからない。
これからもラーメン探求の道はまだまだ奥深く続いていくだろう(笑)

最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カテゴリー
月別アーカイブ
記事検索
メッセージ