柴犬と1400GTR

柴犬・コテツと小鈴とカワサキ1400GTRと食べ歩き日記

有福温泉1

凄く良い天気。

ちょっと風があるけどこりゃ暖かくなりそう。

おやぢさんばりにサクラの花を撮ってみた。
やっとこさこの週末あたり満開になるみたい。

先日ヤフオクでこんなもんを落としてしまった・・・新品で5000円
誘惑に勝てなかった。
どっちかというとZX-10Rの方がよく似合いそうだ。
それでもこれを手にするとさっそく乗ってみたくなるのが人情だ。

先日こんな雑誌を購入して・・・

こんな記事を読みふけってしまいすっかりその気になってしまっている・・・(汗)
高速をぶっとばすのもいいけどとにかく空いているワインディングを目一杯バイク倒して走り回りたい!という衝動を抑えられなかったので以前にTDM900-M042さんに連れて行ってもらった島根の有福温泉にいってみることにした。
このレザーパンを家内に見られたら絶対に機嫌が悪くなるので家内が出かけるのをずっと待っていたらやっと10時過ぎにいなくなった。

このジャケットとともに隠してある自分の部屋でそそくさと着替えと身支度を調えてやっと出発。
湯来町→戸河内→三段峡→金城→有福温泉に今日は敢えて高速を使わずに向かう。

平日だけあって道はがらがらだ。
とっても気持ちが良い。
1400GTRのトラクションコントロールは凄い。
ホント、べた倒し状態から2速目一杯アクセル開けてもドリフトもウィリーもせずおそらくこれ以上は望めないくらいに弾丸のように加速する。
コーナリング中の速度調整も従来通りリアブレーキをちょんちょんとあてるだけで前後連動とは思えないくらい自然にかかる。
高速での鬼のような直進性がウソのようにくるくる回る。
ABSのお陰で荒れた路面でも全然普通にブレーキがかかる。
しかも力任せに単にギュッと握るだけで完璧なフルブレーキングができるのも驚きだ。
このデカい図体のぱっと見ツーリング用バイクはコーナリングスピードなんぞ追求せずにクルッと回ってドカン、クルッと回ってドカン的な立ち上がり重視で走るとワインディングでも無敵なんじゃなかろうか。
ZXR750の方がよっぽど持てあましていたが排気量倍の1400GTRはそのどえらい性能をもてあますことなく発揮するように設計されているのだろう。
こんな大くて重い速すぎるバイクじゃ日本だと走るとこがないって言う意見があると思うが全然そんなことなくてその性能を手の内に入れてしまえる感触がある。
最近のバイクはよくなったな~と実感した。

12時過ぎに有福温泉の共同浴場の無料駐車場についた。
さすがにすいている。
こりゃ楽しめそうだ。

ここはすごく古い湯治場のようで歴史を感じる。
狭い谷間に身を寄せ合うように旅館が建ち並んでいる。

目指す御前湯が見えてきた。
以前もここに入った。


途中にこんなのが立ってる。
柿本人麻呂万葉道。
なんのことか歴史に疎い自分にはよくわからない(涙)


いよいよ御前湯に着いた。
西暦651年に起源を持つ美肌温泉と書いてある。
今が2010年だから1300年以上も前からの湯治場って事なんだろう。
瀬戸内には本当の温泉がほとんどないからやっぱり山陰にこないとね~

凄い歴史を感じる「番台」。
でも入場券は見えていないがそのヨコにある自動券売機で買う。
この券売機は最新型のようでなんとも凄いコントラストだ(笑)
入浴料300円。

効能がいろいろ書いてあるがどうも飲めないようだ。

すごく風情のある内部。
お湯はちょっと熱め。
あまり長く入るとのぼせるだろう。
でも確かに肌がつるつるになる。
最初はがらがらだったが見知りの同士のじいさんたちが次から次にやってきて一気に混雑してきた。
帰りの駐車場にクルマが増えてなかったからあのじいさんたちは地元の人たちなんだろう。
でも近所にあんないいかけ流しの天然温泉あったら自分なんて日参するけどな~。
相当羨ましい。

つづく・・・(#/__)/ ドテ

呉冷麺

数少ないが呉にも名物というか独特の食べ物がある。
そのひとつが呉冷麺。

以前は麺は麺だけつゆはつゆだけで別々に販売していたが最近はこういうパックになって売ってる。
2食入りで450円くらい。
考えてみたら昔よりけっこう値上がりしてる。
ひょっとして大和ミュージアムで観光地に認知されて依頼、特産品として売り出しているのかもしれない。

つけあわせはこんな感じ。
普通の冷やし中華とはちょっと違うかも知れない。

豚肉に味をつけて少しだけ煮込んである。
これがないとチトさびしい(笑)

これが完成品。
自分は冷麺と言えばこういうもんだと思っていたから冷やし中華を食べたときにけっこう違和感を感じたのを覚えている。
呉冷麺のたれはあんまり酸味がなくて個人的にはこれをよく親が作ってくれていた。

この呉冷麺の最大の特徴は前述した酸味の少ないたれとこの平たい麺だろう。
このぺらぺらの麺が丁度餃子の皮のようにたれをよく吸っており独特の食感を与えてくれる。
和辛子をすこし添えて食べるととっても美味い。
この呉製麺の呉冷麺はけっこう広島市内などでも大型店には置いてあるようだからもしも入手できたらお試しアレ。
大和ミュージアム正面にある「ゆめたうん呉店」にも売ってるから呉のお土産にはこれがベストと呉出身の自分は太鼓判を押すけどな~(笑)

初ヒート

日曜日に高知に行ったがこのとき桜が満開でびっくりした。
ここ広島はずっと寒くてサクラの開花が遅れていたようだ。

やっと満開に近くなった。
近くの公園も花見客で賑わっているだろう。

春の陽気に誘われたわけじゃないだろうが小鈴がどうやら初ヒートが来たようだ。

まだハッキリとはしないけどコテツが匂い嗅ぎまくってる。
いわゆる発情前期ってやつなんかな?

おそらくちょっとだけ出血しているんだろう。
自分でキレイに処理してしまっているからよくわからないが時期的に間違いないと思う。
そうなるとコテツと隔離せねばならなくなる。

コテツは最初一年間ひとりでうちにいたけど小鈴はずっとコテツと一緒にいる。


たぶん仲が良いんだと思うけど毎日散歩の時は取っ組み合いだ(笑)
最初はじゃれてる感じだけどだんだんエキサイトしてくる。
しばらくの間は家庭内別居してもらうしかなさそうだ。

ちょっと可哀想だけどまあ仕方がない。
しかし生後たった半年で犬は生理がきて妊娠可能になるなんてなんとも凄いとも思ったが寿命が人間の7分の1くらいしかないのだからそんなものなのかもしれない。


初鰹、龍馬伝ツーリング下見(下)


やってきました桂浜。
しかし今年の高知は龍馬伝ブームでヒトが多いのかも知れない。
Shinさんがこんなに桂浜が混んでるのは見たことないと言っておられた。
とにかく駐車場に入るまでの坂道が渋滞している。
ここで自分の左手は1400GTRに秘孔を突かれて既に死んでいる。
クラッチ操作と元来の足つきの不安でヨレヨレ・・・(涙)

やっとこさ駐車場へ。
50円を払ってバイク用置き場に案内された。
意外にバイクは少ないけどさっきカツオ船でどえらい台数の一団とすれ違ったが彼らの立ち去った後はペンペン草も生えないようになったのか・・・(笑)

まあとにかく土産物屋にはやたらと龍馬さんが立っている。
自分も最近知ったのだが龍馬はいわゆるニックネームで本名は坂本直陰(なおかげ)のち直柔(なおなり)なんだと。
これってジーコさんやベーブルースとかと同じで本名よりあだ名で有名になっちゃったってヒトみたい。

20年前にもここに来たがそのときと同じようにアイスクリンを売ってる。
これってけっこう美味かったりするんよね~(笑)

いよいよ龍馬さんのお顔拝見!
(゚ロ゚)/(゚ロ゚)/(゚ロ゚)/(゚ロ゚)/(゚ロ゚)/オォー マーシャに全然似てへん>┼○ バタッ
こんなにでかかったかな?


この龍馬像のヨコにあるうっとうしいのはなんだろ?
以前はなかったような・・・

「心はいつも太平洋ぜよ!」
龍馬の顔をより近くで拝むためのもの見ヤグラみたいだ。
行列できてる。
しかも武市さん!聞いてつかぁーさい!100円とっちょるがぜよ!
あの岩崎弥太郎の入れ知恵なのかブームにのっかった商魂逞しい!

桂浜を後にしてShinさん、ヒトっちゃん、ふくちゃんと途中で別れて横浪黒潮ラインへ向かう。
ここも凄く久し振りだ。
かつては有料道路だったが今は無料化されてる。
確かに景色はあまり見えない。
っていうか景色がいいところと駐車場が一致しないって感じかな。

あまり人気がないのかもしれないがワインディングロードとしては一級ですこし路面が荒れてはいるが3~4速を中心に快適に飛ばせる。
安い・ケバい・やかましいの三拍子揃ったツーブラマフラーからアフターファイアーをぱんぱんいわせながらけっこう楽しめた。

須崎市に無事到着。
ショップたけざきで有名な玉子焼きを買う。
このとき、またしてもトップケース閉め忘れていた・・・
ということは横浪黒潮ラインで禿げしくコーナリングしているとき後ろでケースがぱかぱかしていたことになるガーーン( ̄□ ̄;)!!
自分に抜かれたクルマの人たちはさぞかし笑えたことだろう・・・・

これがその玉子焼きとおにぎりセット、300円。
食べてみたけどけっこう普通ぢゃない???
う~~ん期待がでかすぎたんかも(汗)

その後黒潮本陣にまでは来てみたがここの温泉に入ると須崎から高知道→瀬戸中央道→瀬戸大橋のルートになる。
これは以前通ったから今回は温泉を諦め須崎から197号線で大洲市まで行き松山道→しまなみ海道→福山西から山陽道で帰った。
197号はすいていてけっこう楽しめた(笑)
走行距離は700km前後、平均燃費は満タン法で19.4km/Lだった。
大きな声じゃ言えないが自分はけっこう飛ばすんだけどこの燃費は相当良いと思う。
カワサキ車=デカくて重くて大ガス喰いはもう昔の話しのようだ。
ちなみに普通に走ってるときは極力レスポンス悪化&パワーダウン覚悟でエコモードにしてる。


帰宅して犬の散歩行ってシャワー浴びていつもの居酒屋で一杯飲った。
う~~んツーリングあとのビールもやっぱりマイウー(笑)

初鰹、龍馬伝ツーリング予定ルートはここにまとめてみた。
当日は参加表明なしでもドタ参・ドタキャン・途中参加・途中帰宅なんでもありの
ゆる~いツーリングを企画してますので参加お待ちしております。

初鰹、龍馬伝ツーリング下見(上)

1400GTR Owner's Clubで予定している初鰹、龍馬伝ツーリングの下見ツーリングにいってきた。

当日は晴れ。
朝方はけっこう冷え込んでる。
愛媛のShinさんから事前に連絡をもらい予定コース途中のRiverStation West-Westで10時半頃待ち合わすことになっていた。
自分は計画通り与島SAに8時半に到着するとShinさんに伝えていた。
・・・ということは法定速度で間に合うためには6時半に出発したら大丈夫。

前日はお酒も飲まず21時に布団に入った。
いかに言ってもこんな早い時間から眠れないだろうと思っていたらあっさり爆睡。
気がついたら6時だったΣ(゚Д゚;≡;゚д゚)
慌てて身支度を調えて出発!

途中でShinさんに30分程度遅れる旨を伝えたが不慣れなiPhoneのカーナビに苦戦してやっとこさRiverStation West-Westに11時に到着。

Shinさんおひとりだとばかり思っていたらヒトっちゃん、ふくちゃんの3台が待っておられた。
10時過ぎから集合されていたらしい・・・・
四国の皆様、遅刻の大失態だけでなく焦ってトップケースのキーの取り忘れや傾いた道路で1400GTRのスタンドから起こせない失態を(広島カープ連敗が感染したのが原因と思われる)立て続けに演じ続け誠に申しわけありませんでしたm(。≧Д≦。)mスマーン!!

しかしこの山奥でコンビニやモンベルの販売店など完全に浮世離れした施設の数々が凄い。
格好のバイクのたまり場のようだ。
確かに待ち合わせにはとっても都合がいいだろう。

一気に高知に移動しテーマのひとつである初カツオのたたきを食べるためにカツオ船に移動した。

本当にカツオ漁の船をモチーフにした建物のようだ。
駐車場も広く観光バスが沢山止まっている。

人気は自分でたたきを焼いて食べるカツオのたたき道場のようでこちらは予約しないと入れないと駐車場係のおっちゃんが言っていた。

自分で焼かない方のレストランは待たずに入れると言うことでこちらに着席。
レストラン内部はそんなに広くない。
メニューには他のものもあったがとにかく4人全員一致でかつおのたたき定食に即決。
しばらくしてやってきた。

こういう観光地のいかにもってところの名物料理って大抵名ばかりのモノが多いんだけどこれは確かに美味いわ。
カルチャーショックだった。
この定食の全てが美味かった。
香ばしい「かおり」がたつカツオのたたきはもちろんだけどご飯もちりめんも漬け物や大して好きじゃないデザートまできっちり手が入っていて相当なものだ。
これで1500円は安いと思う。
人気があるのもじゅうぶんに頷ける。

食事も済んで外にでるとさすが南国高知はとても暑い。
朝方あんなにさむくてオーバーパンツまで履いているのにたまらない。
Tシャツでも全然問題ないくらいだ。

いよいよ桂浜だが写真が多すぎて一つの記事に詰め込むと容量オーバーで跳ねられてしまうので続きは明日のココロだー(笑)

最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カテゴリー
月別アーカイブ
記事検索
メッセージ