柴犬と1400GTR

柴犬・コテツと小鈴とカワサキ1400GTRと食べ歩き日記

柴犬は痴呆になりやすい?

・・・らしい。
ネットを徘徊しているとココココで犬の特に日本犬の痴呆について理解できる。
ガ━━ΣΣ(゚Д゚;)━━ン!!
とショックを受けてるだけではなにも変わらないので受け入れて対策を講じることにした。


バランス感覚をよく使うとボケないと聞いたことがある。
二輪車ももちろん効果的らしい。


でもここ数日のように寒い日が続くとやっぱりファンヒーター命になっているようだ。
これはあまり良いことじゃないのかも・・・・


うちの犬の餌はニュートロ・シュプレモ。
今はもう二匹とも同じアダルトを喰ってる。
散歩の後、成犬のコテツは一日一度夜だけ子犬の小鈴は朝晩二度食べる。


お約束の「待て!」は痴呆に効果あるのかな?(笑)
コテツができる唯一の芸。




「よし」と言ったら息もつかずにガツガツ一気に食べきる。
けっこうの量あるんだけどものの1分くらいで食い尽くす。
見ていても気持ちが良い(笑)


おやつや褒美に最近スーパーとかに売ってる塩を使わない煮干しをやってる。
勿論人間向け。
これが大好きみたいでよく食べる。
これでボケないでおくれ~~


腹がいっぱいになると調子に乗ってからかいあう。
今夜は小鈴がちょっかいをだしているようだ。


やかましいので止めるように怒ると小鈴は娘に羽交い締め・・・・


コテツはわけのわからんおそらく降伏らしきポーズ(爆)


ほとぼりが冷めるとまたお得意のファンヒーターにへばりつく。


私も痴呆にならんためのクスリを仕方なく呑むのであった・・・(* ̄m ̄) ププッ

朝青龍引退についての考察


あくまでも個人的な意見なんだけど・・・・
例の暴行事件が立件されなければ引退なんてせんでもよかったんじゃないかな~。
半年程度の出場停止ってくらいが妥当だったかも。
飲み屋で朝青龍の話になると「好きだ」っていうヒトと「キライだ」って云うヒトに
はっきり別れていた。
巨人もそういうことろがあったけどコレって人気の裏返しなんだと思う。
テレビではお偉方が朝青龍に品格品格と云っているが外国人に日本人でもわかりにくい
日本人の価値観を教えていくのは大変だと思う。
でも誰かが本当に彼の為を思うのなら彼にどう思われようがその「品格」とやらを教え込めばこんなことにはならなかったのだろう。
その誰かは相撲協会や師匠だったんじゃないか?
全部相撲協会や師匠の責任とは思わないが、そもそも「師匠」といわれる資格があったのかどうかもよくわからない。
紛れもなく天才だし大横綱だしカネの成る木だった朝青龍がいなくなってしまう大相撲のこれからを一番杞憂しているのはその引退勧告をした相撲協会の方々かもしれない。
とにかく引退しなくて良くなった小沢さんのニュースを見るにつけ余計残念に感じた朝青龍引退のニュースだった。

汁なし胆胆麺

広島名物・・・・
お好み焼き、牡蠣、広島風つけ麺。
汁なし胆胆麺。
ここ数年、その勢力を伸ばしてきた。


広島市中区舟入の「きさく
汁なし胆胆麺はこの店が発祥になる。
それは間違いない。
元々普通のラーメンもメニュにあったが早々に胆胆麺のみになった。
「きさく」の成功後それを真似た汁なし胆胆麺専門店が雨後の竹の子のように乱立したがやがて飽和状態になりもう広島でも汁なし胆胆麺専門店はその発祥店であるここだけになった。

一時期ほどではなくなったがまだまだその知名度は一番で人気もある。
さすがは「元祖」!

混ぜる前

混ぜた後
汁なし胆胆麺(暖かい)山椒多め。
久しぶりに食べたがやっぱり旨い。
ちょっと前から味が落ちたと聞いていたがそうでもない。
麺が変わったのかもしれないが相変わらずだと思う。
競合店が増えて大変なんだろうが駐車場狭く店内が雑然としているのも相変わらず(笑)掃除しようよ(爆)
年々味がマイルドになっていってるようだが大衆化すると万人向けになるのは仕方ないと思う。
ちょっと安心して店を出た。


汁なし胆胆麺もう一方の雄、西区大芝の麻辣商人
ここはきさくより後発だけど違うアプローチがみられる。


テーブルの上には「きさく」にはなかった数々の調味料が並んでる。

特にラー油はかなり力がはいっているようで

ラー油の説明がいろいろ書いてある。
「きさく」との比較がわかりやすいように出されたそのままで食べてみた。

この料理はよく混ぜることが肝心だからよ~~く混ぜる。

うん、こちらも相当美味い。
味の複雑さはじっくり「きさく」を研究できたコチラの方が上かな?
幸せ。
でもこのままでは自分の好みにほんの少し物足りないのでテーブルに置いてある花山椒と
さきほどのラー油を少し追加。

これで完璧。
美味すぎる。
広い無料駐車場が5台ぶん用意され店内も掃除が行き届き清潔感溢れる。
こちらの店に客が流れてるのもよくわかる。
さしづめこちらは汁なし胆胆麺「本家」って感じかな?
ここは汁なし胆胆麺以外にも関東風つけ麺もあるがこれも相当美味い。
だから子供も喜んでついてきてくれるここに自分はしょっちゅう通ってしまう(笑)

カンタベリー

カンタベリー・オブ・ニュージーランドが好きだ。


ここの製品をたくさん持ってる。
っていうかほとんどココのを着てるって言った方が正確。


こんなのや


こんなの


これは娘とペアだし(笑)暖かいし


元々はラグビージャージのメーカー。
今でもラグビー日本代表の桜のジャージはカンタベリー製。


コイツは二重構造になっていて軽いわりには凄く暖かい。
自分はブランドに超疎い。
HERMESをハーメス、agnes bをアゲイン・ビーって読んでいた。
NIKEは長い間ニケだと信じていた。
当然ファッションにも無関心で寝ぐせがそのまま髪型だったりする(笑)
昔ラグビー部だった後輩がここの競技ものを普段着として着ていたのでさすがにブランドがわからん自分でもマークで覚えちゃった。
ちなみに私はラグビー部ではなくアイスホッケー部だったんだけどね~(笑)


それ以来段々増えてきて今日に至る。
お店で購入することもあるがバーゲン時にアサヒスポーツかヤフオクで最近はよく買うようになった。
このマークが気に入ってるのもあるが歳をとってきてちょっと派手なのを着たくなったのかもしれない。


カンタベリー製ではないがもっと派手なバイク用ジャケットを衝動買いしてしまったのは家族にはまだナイショである(爆)

洋風居酒屋 味明亭

アジア亭と読む。


アジアン亭かと思っていたら大将がアジア亭ですがアジアン亭のほうが「味安定」という意味で馴染みよかったらアジアン亭でもいいですと柔軟な考え方を教えてくれた(笑)


ここもよく呑みに行く。
夏でも冬でも秋でも春でもとりあえずでなくてもビール(笑)
外ではずっとビール。
これがなくては・・・・


ベトナム風春巻き。
女性に人気のようだ。


卑しいので写真を忘れてちょっと食べちゃった「赤ウインナー炒め」
自分はコレが大好きで必ず注文する。
学生時代場末の飲み屋で激安赤ウインナー炒めをよく食べていた。
懐かしさに負ける(笑)


コレも卑しさに負けて少し食べてしまっているが「鯛のカルパッチョ」
ここの大将は昔どこぞのホテルでイタリアンシェフをやっていたそうでイタリア料理は総じて旨い。
この店では刺身よりこっちがお薦め。


カキフライ。
この季節広島でコレを食べなきゃ漢じゃないでしょ?
たまらんです。
この店は昭和の雰囲気が醸し出してあって自分のようなおっさんには懐かしいモノがズラリ。




こんな超懐かしいレコードのジャケット。
セイコちゃんは自分の青春そのものです(〃 ̄ー ̄〃)


ちゃぶ台やすごい旧型のテレビ、壁には古い新聞が貼り付けてあり「新型グロリア 2000cc6気筒で新発売!(L型か?)」とか書いてある(笑)


大将は自分と同い年だったと思うが自分が知らない時代のモノまでどさくさで置いてある。
昭和の雰囲気と元イタリアンシェフの作る洋風創作料理。
なにがなんだかわからなくなるそのギャップがココの魅力かな(笑)
洋風居酒屋 味明亭 [ 居酒屋 ] - Yahoo!グルメ

http://img.map.yahoo.co.jp/ymap/mk_map?lat=34.21.41.974&lon=132.21.50.377&width=300&height=300&sc=3&size=p∝=gourmet


住所: 広島県広島市佐伯区海老園2-6-18
営業時間、定休日: ランチ 11:30~14:00 /ディナー 18:00~02:00(L.O.01:00) 月曜日 第2、第4月曜日がお休みです。
最寄り駅: 佐伯区役所前
Yahoo!グルメでこの店舗のクチコミを見る

※2010年2月2日時点の情報です。
ID:0005642950





最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カテゴリー
月別アーカイブ
記事検索
メッセージ