柴犬と1400GTR

柴犬・コテツと小鈴とカワサキ1400GTRと食べ歩き日記

ふじや(廿日市)テールスープ

ふ - 1
広電廿日市駅のすぐヨコにあるふじや
ラーメンもあるのでその存在は以前から知っていたが初めてココにやってきた。
ふじ - 1ふじ - 2
集合は日曜日の午後4時!!目的はもちろん昼酒だ(笑)
ふじ - 3ふじ - 4
3人のうちひとり遅れてきたので最初はふたりで乾杯!!
瓶ビールなんて最近はこの手のお店でしかお目にかかれなくなったが、ココは嬉しいことにおっさん御用達のキリンクラシックラガーぢゃないの!(笑)
我々の世代は瓶ビールならこれがベストよね〜。
ふじや - 2ふじや - 1
メニューは比較的シンプルで焼肉・ホルモン系、焼き鳥系、野菜系とどことなくこの店が屋台だったかのような印象を受ける。
店内は外から見るよりけっこうキレイで広く厨房にカウンター、そしてその横に別のカウンターがあってトイレは外だ。
ふじ - 7ふじ - 10
大将と大将のお母堂様と思われる高齢の女性の息の合った二人体制。
もやしを注文したらタケノコ(320円)ならとこっちに変更、メニューにゃないけど冷奴(値段不明)があったりとアバウトな一面もあるようだ(笑)
ふじ - 5ふじ - 6
もつ(370円)と白肉(630円)はちょっとクセのある昔風の仕上がりでこの手が初めてだったらダメなヒトもいるだろう。
ふじ - 8ふじ - 9
焼き豚(630円)に鳥足ほぐし(580〜630円)とここらへんは当然ビールにぴったりで昼酒だってのも手伝ってガンガン飲めてしまうわな。
ふ - 2
そして個人的に一番ビビットきたテールスープ(1050円)。
少々酔ってはいたがこのテールスープにはヤラれた。
ふじ - 11ふじ - 12
入っているテールの肉も完全に味が出きった出し殻ではなくちゃんとまだ味があってこいつもホロホロでとんだ上等なテールスープを隠し持っていたもんだ。
ふじ - 14ふじ - 13
牛の焼肉(1050円)によっしーがここで中華そば(600円)を注文。
焼肉はこってりしていて旨かったが、ノスタルジックなコショウがデフォルトでごっつリぶっこんである中華そばは迫力満点ぢゃないの!(笑)
ふ - 3
我慢しきれずに自分も思わず中華そばを注文してしまった。
ふ - 4
柔らかく茹でられたストレート麺。
呑んだ〆にはコシがあるなんてよりもこうしたスープが染み込んだクタクタ麺が良いのかもしれんの〜。
ふじ - 15ふじ - 18
期待通りコショウがかなりかけてあったがこのスープにはむしろコッチのほうがあうのだろう。
ふじ - 16ふじ - 17
子供の頃大衆食堂で食べたような昔ながらの広島の中華そばってこんなだったんだろう。
ふじ - 19ふじ - 20
現代のラーメンの基準からすれば確かにオールドタイプではあるがココは屋台のような飲み屋さんなんだからコレで良いのだろう。
4時間くらいで3人の内ひとりは記憶喪失になるくらいに酔って食べてこれで総額15000程度だからまあ激安のお店ってわけでもないが内容を考えればそんなものだろう。
今まではお好み焼き屋さんで昼酒していたが、こんな近所に凄まじいまでの超昼酒天国があったなんて知らなかったのは人生の損失だ。
これからはまたお世話になろうと誓ったふじやさんだった(笑)

山口拉麺維新2017

いしん - 1
今年も始まる山口拉麺維新2017
★開催期間
2017.7/20(木)〜9/24(日)

★コンプリート 副賞
各店、先着50名 オリジナルロゴ入りタオル(各店、無くなり次第終了)

★コンプリート賞
究極のラーメンイベント
西軍(侍・山形屋・虎龍馬)
VS
東軍(大将・のおくれ・周月)
6店舗のラーメンを食して頂き、スタンプラリー用のチケットに各店1つ捺印!
6店舗分集まると、コンプリートカードと引き換えて頂きます!
コンプリートカード1枚で西軍、東軍どちらかの究極のラーメンが1杯お食事出来ます(^^)
(両軍食されたいお客様は、6店舗を2回回って頂き、コンプリートカードを、2枚ご用意頂かなくてはなりません)

参加店舗(順番西から)
1.山形屋西洋酒場
2.手打ち中華そば侍
3.虎龍馬
4.自家製麺ラーメン大将
5.麺鮮醤油房 周月 山口平生店
6.麺や のぉくれ

★究極のラーメンイベント開催詳細
場所 麺や のぉくれ
日時 2017.10/9(月、祝)
時間 11:00〜15:00

※ 重要 注意事項 ※
★カードの紛失に関する保証は致しかねます。無くさない様、各自保管お願いします。
★各店、臨時休業される事があります。遠方よりお越しのお客様は前もって各店に確認後のご来店をオススメ致します。
★各店、ラーメン1杯お食事後に捺印致します。(ハーフラーメン等対応されないものと思われますので、ご注意下さい)
いしん - 2
広島らーめん平の家の大将が「お店の宣伝にもなるから」と山口拉麺2017のポスターを快く店内に貼ってくださいました。
さすが!!太っ腹!(笑)

ニュータッチ 凄麺 中華の逸品 酸辣湯麺(ヤマダイ)

さん - 1
ニュータッチ 凄麺 中華の逸品 酸辣湯麺
さんら - 1さんら - 2
・ 人気の中華麺メニューを凄麺で
・ 黒香酢の酸味とラー油の辛味
・ 彩り豊かな5種の具材がおいしい
さんら - 3さんら - 4
自慢の独自製法ノンフライめんを使用した本格中華酸辣湯麺を開発しました。
酸辣湯麺のすっぱさ、辛さは食欲増進効果があります。また、近年の健康ブームで話題となった黒酢を使用しております。
辛さ、酸味、とろみが一体となったスープは、一度食べたらクセになる一杯です
さんら - 5さんら - 6
価格 226円(税込)
鶏ガラとポークのベースに椎茸、オイスターソースの旨みを効かせました。
胡麻油の風味とラー油の辛味、黒香酢のクセになる本格派の味に仕上げました。
茹でたての旨さ、再現!
さんら - 7さんら - 8
「当商品のスープは酸味・旨みのバランスと風味にこだわりました。本場中国の黒香酢は独特のコクと酸味があり酸辣湯麺には欠かせません。
さんら - 9さんら - 10
ただその分主張が強いため鶏ガラやポーク、椎茸、オイスターソースの旨みを効かせることで酸味・旨みのバランスをとりました。
さん - 3
またごま油とラー油を使用することでそれらが黒香酢と相まってなんともいえない本格的な風味を演出しています。」
さん - 2
麺はいつものツルツルシコシコのやつで決して期待を裏切らない。
さんら - 11さんら - 12
文字通り辛くて酸っぱいスープはトロミが強く、自分のようなデンプン分解酵素が多くどんなトロミ料理もたちどころにしゃばくしてしまうタイプにも負けないにはマジ驚いた。
さんら - 13さんら - 14
具も「豆腐、卵加工品、キクラゲ、ニンジン、チンゲンサイ」と多彩で特に豆腐はなかなかの存在感を発揮している。
さんら - 15さんら - 16
最後の方はさすがにトロミが弱くなってきたがそれでもここまで持つのは立派でどういう仕掛けがしてあるのかわからん。
もしかしたらデンプン由来のトロミじゃないのかもしれない。
それでもこの値段でこのクオリティはさすがあの凄麺シリーズだと感心したのだった。

道元(中区)牛スジ煮込みそば

どう - 2どう - 1
大手町の道元
数年前からここは気になっていたのだが日曜日が休みなのかタイミングが合わず、今日になってしまった。
どう - 3どう - 4
メニューが多くどれにしようか迷ってしまった。
このお店は看板に「神戸元町ハイカラ中華そば」と書いてあったことからどうやら神戸ラーメンがメインってことになるようだが、神戸ラーメンといえばあまり良い印象はないが以前ぼっかけラーメンを食べた経験から牛スジ煮込みそばを注文した。
どう - 5
薄暗い店内はタテに細長い構造になっていて奥はかなり長いカウンターになっている。
大将と女性が二人の3人体制のようで接客も上々だ。
ど - 1
あまり待たされないでやってキタヨ!!道元の牛スジ煮込みそば780円。
チャーシューの代わりに牛スジ煮込みが入っているワケね。
どう - 6どう - 7
どうもこの暗さがiPhone6sのカメラは苦手なようでなかなかピントがあってくれない。
麺はストレートと縮れが選択できて自分は縮れにしたがこれが驚くほどプラスティッキーで面食らった。
ど - 2
甘辛く煮付けられたこの牛スジは非常に柔らかくそして甘くてかなり旨いがラーメンスープにもかなり影響を与えてしまっている。
どう - 8どう - 9
スープは基本的には尾道ラーメンのような魚介の醤油味でこれに甘辛い煮込みダレが混入して複雑というよりややとっちらかった印象を受ける。
どう - 10
これだけメニューが多彩だとラーメン屋というよりもラーメンベースの中華料理屋と捉えたほうが正しいのかもしれない。
だがそれぞれのコストパフォーマンスを考えたら、こういうオフィス街という立地だと有難い存在なのだろう。

広島ラーメンたかひろ(南区)しょうゆラーメン

た - 1
「エキニシ」と呼ばれる大須賀で呑んだ〆と言ったら広島ラーメンたかひろ
アットホームな雰囲気もあって吸い寄せられるようにココに入ってしまう(笑)
たか - 1たか - 2
この日も酔った状態なのでラーメンの味などの感想には全くもって正確性は保証できない。
たか - 3
自分は一つだけいただいたのだが手造り餃子500円。
小ぶりな一口餃子ってなんだかんだ言ってもラーメンにはよく合うのよね。
た - 2
さてそんな時やってきたのはしょうゆラーメン600円。
もうこれは誰が何と言おうが完全に広島ラーメンのルックスだ。
た - 3
麺も期待を裏切らないコシのあるストレート麺。
特にこんなアルコールが入った時はスタンダードなラーメンを欲してしまうのかなぜだろう?
たか - 4たか - 7
適度に入ったモヤシとメンマがこの麺に絡むことで食感の変化を楽しめるのが広島ラーメンの特徴とも言える。
た - 4
トドメはアブラギッシュなバラ肉のチャーシュー。
この力強さを味わうとやっぱりラーメントッピングの主役はコレだよな〜と実感してしまう。
たか - 6たか - 5
ややあっさり気味のスープに塩分のしっかり効いたチャーシューの組み合わせってオーセンティックな広島ラーメンの王道なのだろう。
たか - 8
これがビール呑みながら食べてるんだから味なんてわかるわけないぢゃん!
シラフでコレを食べた感想は自分でも興味あるが、〆のラーメンは酔った時に旨いと思えることが大事なわけで、いらん詮索はしないほうが身のためなのだろう。
世の中には知らないほうが幸せなことも多々あるようだから・・・(笑)
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カテゴリー
月別アーカイブ
記事検索
メッセージ