柴犬と1400GTR

柴犬・コテツと小鈴とカワサキ1400GTRと食べ歩き日記

麺処井の庄監修 辛辛魚らーめん(寿がきや)

から - 1
麺処井の庄監修 辛辛魚らーめん
年に一度の期間限定なのだがそれが逆にこのカップラーメンの個性を引き立たせているかのようだ。
ちょうど一年前くらいにこれと同じ去年バージョンを食べたがその辛さは鮮烈だった。
からか - 1からか - 2
豚骨×魚介×激辛!辛旨を極めた味
からか - 3からか - 4
毎年ご好評いただいている東京石神井の人気店『麺処 井の庄』監修の「辛辛魚らーめん」。今回は、めんを食べ応えのある全粒粉配合めん1)に改良しました。
からか - 5からか - 6
濃厚辛口豚骨醤油スープに、特製辛魚粉を後入れで加えて食べる個性的な一杯。荒々しい刺激の中にも豚骨の旨みと魚粉の風味が一体となって味わえる、他ではまねできない味をお楽しみください。
からか - 7からか - 8
1) 小麦粉に占める割合5%
※ 大変辛いラーメンです。辛いものが苦手な方はご注意ください。
からか - 9
最初の粉末スープだけでも食べてみたがこの時点でまあまあ辛い(笑)
から - 2
麺 全粒粉を配合した、コシと弾力のあるノンフライ太めん
スープ 豚骨ベースの動物系スープに、ラー油を加えた濃厚辛口豚骨醤油スープ。唐辛子と鰹荒節の特製辛魚粉付
かやく ネギ
からか - 10からか - 11
液体スープを入れたこの時点でも食べてみたが更なる辛さがプラスされているが魚介が足りないような感じがする。
から - 3
さて最後に最もヤバそうな後入れ粉末スープを入れるのだがもうこのコンモリ状態はかなり辛いことを予感させるのにじゅうぶんだ。
から - 4
ゆっくり混ぜて完成なのだが真っ赤っ赤というよりも赤黒くなったスープには期待と不安が同時に過ぎってアンビバレンツな精神状態になっているのがよくわかる(笑)
からか - 12からか - 13
全粒粉入り太麺と書いてあるが以前とはそれほど印象は変わらない、
だけど寿がきやのフリーズドライ麺はなかなか美味いのでこんなキテレツスープにも負けていないのはさすがだ。
からか - 15からか - 14
最初は麺だけだったのだが慣れてくるとスープも呑んでしまう余裕ができてくるが当然ながらシャレにならんくらい辛い。
痛いくらい辛いってのはこういう感じかと思いながらもその裏にしっかりトンコツと魚介の旨味が支えになっていることが実感できるのは正直凄い。
からか - 16からか - 17
水を全く飲まないで休憩することなく一気に食べ進めば大概の辛いものはやっつけることができるのだが真冬なのに頭部だけ汗まみれになるし鼻水はでるしでティッシュは必需品だ(笑)
からか - 18
気がつけば麺と具が全部なくなってスープも半分くらいなくなったがここでギブアップしてスープは捨てさせてもらったが最後に残った固形物は全て食べた。
確かにトンデモカップラーメンであることは認めるが年に一度のコイツの発売が楽しみになってしまっているのもまた事実。
来年はもっと過激になってくるのだろうがまた懲りずにチャレンジしたいと思った(笑)

ドラマ「24:レガシー」

Annie-Wersching-24-Season-7-Episode-19-BTS
ドラマ「24:レガシー」
FOXテレビで毎週火曜日の21時から放送しているアメリカのテレビドラマ。
何と本国放送の11時間後に日本で観る事が出来るなんて凄い時代になったもんだ。
まあだから当然ながら自分の苦手な字幕スーパーとなる。
CwS6aSwUoAA_tOO-large-1024x576
ドラマ「24」と言えばCTU捜査官ジャックバウアーを主人公にした24話でジャックバウアーの24時間を描くと言うリアルタイム進行のサスペンスドラマで日本でも爆発的な人気を獲得し、DVDのレンタル開始日になると朝から行列が出来るとかの社会現象にまでなった。
シリーズはシーズン9まで続き惜しまれつつ終了となったがそれから3年経って主人公をエリック・カーターと言う若い黒人に変更した12話のスピンオフとして蘇ったのが「24:レガシー」。
24を全部観てきた自分としては嬉しくて涙が出そうになって飛びついて見始めた。
24Legacy_Review_Header00-e1486149840387-702x336
最初はジャックバウアーの居ない24に違和感を感じずにはおれなかったが、しばらくすると直ぐに慣れてきてそのスピーディな物語に集中出来るようになった。
全12話のうち8話を見終わった段階だけどどうやらアメリカでの視聴者数が右肩下がりに落ち込んでいて評判はイマイチのようだ。
その原因はまあいろいろあるのだろうが主人公が変わった事で本来24に皆が期待していた事が失われているんじゃないかと言う考えに行き着く。
1075_24Legacy_32_01-V5-727x530-e1488360956292
それは前主人公のジャックバウアーの自分の正義の為には非合法であっても手段を選ばないといったマキャベリスティックな性格、要はジャックバウアーのある意味ブチ切れて暴走してしまう痛快さが今回の24:レガシーには決定的に欠けているように思われてならない。
またジャックバウアーを常にバックアップしてきたアメリカ大統領が出てこないのも、主人公の大義に後ろ盾がなく思いつきで行動してるような薄っぺらさを感じさせてしまう。
20170314221452
個人的にはそれほど悪い内容とは思わないが、あの名作である24シリーズの正統な後継だと言うなら確かに役不足感は否めない。
視聴者数低迷だからかとうとう、途中から旧24シリーズの重要なキャストが起用され始めたようだが、これから後半の巻き返しに期待したい。

らあめん彩龍(岩国市)ラーメン・チキン南蛮定食

さ - 1
岩国市のどえらい山の奥地に日曜日の13時半過ぎにやってきたのにまだ外に待ち客が並んでいる、らあめん彩龍
さい - 1さい - 2
一旦店内の白板に名前を書いて外で待つ。
呼ばれるまでに30分位かかったかな。
さい - 3さい - 4
テーブルに通されたがご飯がもうなくなったと告げられる。
ここはチャーハンが旨いので楽しみにしていたのだが作戦変更を余儀なくされた。
さ - 2
さ - 3
時間も遅くなってしまったし腹もペコペコだったのでここはラーメン・チキン南蛮定食のごはん抜き900円を注文した。
さい - 5さい - 7
ご飯抜きでも物凄い迫力があって食べきれるか少々心配になってしまったくらいだ。
さ - 4
ざっくりとした歯ざわりの麺は相変わらずで久留米系の甘いトンコツスープに全然敗けていない。
さい - 6さい - 9
山の中の濃厚とんこつラーメンは今なお健在で全く色褪せておらず大将はますますお元気なようだ。
さい - 10さい - 11
タマゴは煮玉子ではなくフツーのゆで玉子なのが泣かせる(笑)
さい - 8さい - 13
マヨネーズが別に持ってあるチキン南蛮はどっちかというと鶏の唐揚げに甘酸っぱいタレがかかっているといったナンチャッテチキン南蛮ながらマヨネーズに頼った味付けになっていないのが好感が持てる。
さい - 12さい - 15
チキン南蛮の下には野菜が山ほど盛ってあってこれをもしゃもしゃ食べると日頃の野菜不足が解消されるようで嬉しい。
さい - 14さい - 16
完食したがこれにご飯があったら確かに満足度は高いだろうが自分にはこれくらいで調度良い。
ラーメンも単品で食べるよりもここの場合は鶏肉も旨いのでセットメニューにした方が組み合わせの相性としては良いのかもしれん。
それにしてもこんな山の中にぽつんとあっても途切れなく行列ができる理由がなんとなくわかったらあめん彩龍だった。

めん処 栄家(中区中町)カツ丼

さか - 1
中区のめん処 栄家
「めん処」とついてはいるがここはカツ丼が有名なお店らしい。
さかえ - 1さかえ - 2
店内は縦に長く右手に厨房とカウンター、その後ろにテーブルが並ぶ典型的な麺屋さんだ。
客層は圧倒的に男性が多くそのほとんどがカツ丼を注文している。
メニューも上段はそばになっていて丼モノは下の段、やっぱりここはめん処なのかと思うがやっぱり自分もカツ丼を注文した。
さかえ - 3さかえ - 4
目の前の本棚には「月刊正論」がズラッと並べてありここの大将は愛国者のようだ(笑)
と思っていたらあっという間にやってきたよ!カツ丼ミニうどん物付き840円。
さか - 2
これがその有名なカツ丼か〜。
トロトロタマゴにカツオの香りが印象的だ。
さかえ - 5さかえ - 7
これにミニうどんと漬け物がオマケでついてくる。
さか - 3
まずはとんかつだけ食べてみたが際立って柔らかいとかジューシーだってことはなく比較的一般的なとんかつでここのカツ丼がとんかつで持っているワケじゃないことは確実だ。
さかえ - 6さかえ - 8
ご飯と混ぜて食べてみたが通常のカツ丼よりも明らかにツユの存在感が強いのでもしやと思ってミニうどんを食べてみたが、ここの基本的なカツオダシが相当にパンチがあることがわかる。
さか - 4
通常の広島のうどん屋さんだったらイリコダシなのでカツ丼にするとどうしても敗けてしまうのだが、なるほどここのカツ丼はややクセのあるかつおだしのお陰でグンと全体のまとまりが際立っているのだろう。
さかえ - 9さかえ - 10
いわゆるつゆだくなカツ丼ながら雑炊のようにはなってはなくしっかりと最後までカツ丼たるのは立派だ。
ミニうどんと漬け物のアシストも素晴らしく最後までカツ丼を楽しめる。
さかえ - 11
これは確かにカツ丼が有名なのはすごく納得できてしまっためん処 栄家だった。
こんどはメニューのカツ丼ヨコにかいてあった「岡山名物デミカツ丼」を是非食べてみたい!!

直ちゃんラーメン(日南市)らーめん

な - 1
やってきたのは日南市油津にある直ちゃんラーメン
実は2年前にここに来て臨時休業で痛恨のお預けを食らったお店でもある(笑)
なお - 10なお - 9
それにしても凄い年季が入っていていかにも歴史あるお店という雰囲気が漂っている。
なお - 1
お店のヨコとウラにも駐車場が完備されていてこれだったらアクセスも楽だろうし、さすがは有名&人気店だけのことはある。
なお - 2なお - 3
店内は縦に長い造りになっていて外から見るよりも広い。
平日の昼過ぎにお邪魔したがほとんど満員に近いようだが、これだと休日は行列ができてしまうんじゃないかな。
な - 2
迷わず注文した一番人気と書かれたらーめん580円。
な - 3
広島カープ日南キャンプで選手にも振る舞われるなどカープファンの間では有名店なのでいろいろ噂だけは聞いていてあまり期待しないほうが良いと思っていたのだが実際に食べてみるとそれほど悪くない(笑)
特に麺は角断面の中太麺で意図的なのか柔らかく茹でられている。
な - 4
トッピングにモヤシがあるなんて北九州ラーメンや広島ラーメンみたいだけど上手に処理してあってよくあっている。
なお - 5なお - 6
基本的にけっこうシャバいトンコツスープなのだがその分、臭みとかクセがなくて万人向けになっている。
なお - 4なお - 7
それを補っているのかチャーシューはかなり塩辛くなっていて絶妙のバランスが成り立っているとも言える(笑)
なお - 8
全体的に年配の人向けというか穏やかな味付けのラーメンという印象が強くカープ選手を始めゴリゴリの若い人には物足りないだろう。
常連客の中には注文時に「ニンニク入り」と言ってるヒトもいてなるほど確かにコイツはニンニクをドカッと入れたら一気に化けそうなそんな予感がした直ちゃんラーメンだった。
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カテゴリー
月別アーカイブ
記事検索
メッセージ