今朝は寒い。

こんな日は犬たちがファンヒーターにくっついてる。

カプチーノを飲みたくなった。
スズキの軽自動車のことではない。

コーヒーミルでコーヒー豆をエスプレッソ用に超細かく挽いて

こんな感じでバスケットに詰め込む。
濃いめのほうが自分は好みなのでぎゅうぎゅうに詰め込む(笑)

冷たく冷えた牛乳を用意して

ホントはピッチャーがいいんだけど持っていないからマグカップへ1/3くらい注ぐ。

エスプレッソマシンにスチームの用意をする。

スチームノズルを中途半端にミルクに差し込んで

思い切りよくノズル全開。
ここでビビると沸騰しすぎて不味くなる。
自分は数え切れないくらい失敗した(笑)

これくらいに泡立つと嬉しい。
ちなみにミルクが古かったり冷えていないとうまく泡立たない。

一旦ミルクはそのまま置いて速攻でエスプレッソを煎れる。

こんな感じでクレマ(泡)はでると○。
この泡のエスプレッソに泡だらけのミルクを注ぐ。

こんな感じ。
もう泡だらけ。
そっち方面の想像をしてはいけない(笑)


これでカプチーノ完成。
このエスプレッソマシンだと美味いカプチーノが煎れられるようになるのにおそらく2リットルくらいのミルクは練習台になってしまう。
でも上手に煎れられた時の感激はかなりのもの。
ホンモノのカプチーノはミルク由来のほなかな甘みがもともとあるのでノンシュガーが一番美味しい。
珈琲とミルク、ビールと枝豆、ガンダムとアムロくん、これらは二つで一つデス(爆)