ac768c99.jpg

ここは広島県尾道市。
最近じゃ朝の連ドラ「てっぱん」の舞台になってちょっと注目されている町でもある。

そんな尾道の駅近くに有木屋がある。
若干路地に入った場所で表通りからはわからない。

当然狭い路地に面しているので駐車場もない。

実はこの有木屋さんは以前は広島市南区出汐にあったお店だ。
あの頃も今と同じように駐車場のないカウンターだけの小さい店であっさり塩ラーメンを提供しておられた。
以前は自家製麺だったっけかな~?(笑)

店主の体調不良とかで休みがちになって最終的にはココ尾道に移転してきた。
尾道が大将の故郷なのかな?

尾道市に移転されたのはおそらくもう5年くらい前になると思うが自分はその移転直後にこの店にお邪魔したことがある。

だからこのメニューは一通り食べたことがあるのだがここのこってり系はもっとつだったので(笑)個人的にイチオシは「うず塩そば」これである。
0ca35bc5.jpg

コレがそのうず潮そば600円。
まあなんとも上品なその香りとビジュアルよのぅ~(笑)
暖簾に「海味そば」って書いてあるがまさにそれを体現しているように思う。

超縮れの麺は自家製らしくなんともぼそぼそなんだけどぶりぶりって言うこれまでに経験の無い妙な歯触り。
これがこの「うず潮そば」の突き抜けた個性を象徴しているのだろう。

おそらくは鶏+魚介の塩ラーメンって言ってしまえばそうなんだけど以前食べた時よりかなり複雑さを増している。
仄かに柚子が香り魚介の介入はすぐにはわからないほど。

トドメはこの鶏つみれでナンコツが入っているのかコリコリとした食感はこれもまた他のラーメンでは体験できない特異なもの。
チャーシューなんかより遙かにこのラーメンを上質にするのに貢献している。

最初にラーメンの上に振りかけてあった赤い粉の正体は最後までわからなかった。
決して辛味じゃあいのだがもしかしてエビの粉末??
なんにせよ自分が5年前に食べた「うず塩そば」より2階級特進しているくらいに見事にヒネリが効いている。
これで600円はハッキリ言って激安だ。
醤油にまみれた尾道ラーメンも悪くないがこういう独創的な潮の香りのするラーメンを潮の香りのする街、尾道で堪能するのも良いんじゃなかろうか。
マジオススメっす。