とり1
柳井市のハズレに移転して大型店舗に変貌と遂げたらーめん工房 麺や のぉくれで平日のみ(月曜~金曜)の期間限定ながら新味ラーメン塩・醤油の提供が始まったとの情報をキャッチしたのでさっそくいってみた。
新味の最大の特徴は鶏ガラ・とんこつ・魚介のトリプルスープにある。
ダブルスープ・トリプルスープといったより重層的な味を武器にしたラーメンがこれからのマジョリティになっていくのだろう。
この新味ラーメンは試作段階の時に一度食べているのだがあの時点でも相当なポテンシャルがあったので自ずから期待に胸が膨らむというもの。
とりぷる01とりぷる02
開店当初と違って表の駐車場は舗装されておりとても駐車しやすいのは朗報だ。
だけど店舗裏の第2駐車場は以前と同じダートのままなのでバイクは注意した方が良さそうだ。
神足大将と挨拶もそこそこにまずは新作の醤油を注文。
とり2
比較的早く登場した新味ラーメンの醤油650円。
香りに関しては以前食べたトリプルスープラーメンとほぼ同じ。
とりぷる03とりぷる05
魚粉のトッピングも同じだし麺も通常のラーメンと同じだ。
ここらへんはまあ予想の範囲内だから驚かないぞ(笑)
とり3
しかしそのトッピングの下から顔を出したコレ。
ナントとろろ昆布!!
とりぷる04とりぷる06
しかのその量はハンパじゃない。
大量のとろろ昆布が仕込んである。
このとろろ昆布バクダンが炸裂するんだからスープの味は多量の旨味成分で溢れかえることになる。
怒濤のグルタミン酸攻撃に晒され脳核麻痺状態・・・・
とりぷる07とりぷる08
トドメはこのゴッツイチャーシュー。
一枚だけなんだけどこの分厚さと脂身からのエキスにぶん殴られてもうヨレヨレ。
あっという間の完食。
ココで気を取り直して新味の塩にもチャレンジを試みる。
とり4
のぉくれの新味ラーメン塩650円。
まあ見ての通りのインパクトあるビジュアル。
自分のこれまで体験したレモン系ラーメンと言えばこんなのこんなのがあるが最近流行っているのかな?
とりぷる09とりぷる10
こちらのスープもおそらく醤油と同じ組み立ててタレが違うんだろうけどやっぱり下からとろろ昆布が出てくる出てくる!!
麺も同じと推測される。
とりぷる11とりぷる12
レモンは添え物っていうかほんのり香り付けとときおり酸味を漂わせてくる程度で味に関しては見た目ほどの存在感はない。
箸でつっついて搾ってやると更なる酸味を追加してはくれるがその必要も無いような気もする。
しかしこちらもこちらでかなりの完成度やないの~
とりぷる13
当然ながら最終的にレモンは残っちゃうんだけど今回の新味に関しては味の奥行き感が「醤油」の方が若干はっきり感じられるような気がしたがこのへんは好みってやつだろう。
鶏ガラ、とんこつ、魚介のブレンド具合は決して破綻することなくどの角も立たずに上品にアンサンブルを奏でているように思う。
だけどさすがにとろろ昆布仕様のラーメンを二杯連続して食べると旨味の摂取過多で少々のぼせてしまった(笑)
以前から神足大将にはこの新味ラーメンは一過性の期間限定じゃなくルーティンで提供する通常メニューに昇格させたい意向があるようなのでいずれは週末でも食べられるようになるはず。
それが待てないせっかちさんは平日に来るしかなかろう(笑)