お1
廿日市市の宮内別れから佐伯町へ抜ける道沿いにある中華そば 乙丸(おとまる)
店舗横にダートではあるがでかい駐車場がある。
おと02おと01
実はかなり目立つ店舗なのでここを通るときかならずチェックしていたお店ではある。
だけど電車や自転車じゃこれないけどバイクやクルマじゃ近すぎるその中途半端な立地がいつもここに来ることを阻んでいたように思う。
おと15おとま1
だけどひょんなことから晩飯としてここに来れる事になった。
イザここに来るとなったらもっと廿日市市市街地寄りにあったように思ったのだがヒトの記憶とは曖昧なもので思ったより佐伯町寄りなのに驚いてしまった(笑)
おと03おと04
ある意味憧れの乙丸。
やっとこれたよ!とばかりに胸踊らせて店に入るとびっくりするほど広い。
カウンターが少しだけあってあとはテーブルが一つとメインは小上がりのテーブルがズラッと。
これはもう焼肉屋のような雰囲気だ。
おと07おと05
厨房もかなり大きめで余裕がある。
メニューはこの他にも居酒屋風なのもけっこうあって単なるラーメン屋ってよりも大衆食堂的な使われ方をしているのかもしれない。
おと06おと08
そのわりにはテーブル調味料は控えめでなかなか期待できるもんがある。
ペットボトルでドンとでてくる烏龍茶もよく冷えており旨い。
おと09
まず最初にでてきたのはギョウザのタレ。
普通は酢醤油になるから醤油のような色をしているのが多いがここのはほとんど透明だ。
どういうギョウザがでてくるのか楽しみ!
お4
次に来たのが中華ぞば550円。
ぱっと見、いわゆる広島ラーメンの典型像みたいなルックスに店の雰囲気からしてやっぱりね~と思ってしまう。
お5
麺もこれもどちらかと言えば広島人好みのクタッとしたやや伸び気味のストレート麺。
だけどスープはトンコツ風味よりも醤油が際立つどちらかといえばワイルド系でなんとなく鶏より向けの優しい味を想像したいからいい意味で裏切られた。
おと10おと13
チャーシューは脂身が少ないタイプでホロホロの味わいがなかなかこのスープに合っている。
トンコツ醬油ラーメンの中では醬油のエッジが効いてなかなかおもしろいラーメンといえるんじゃないかな。
お3
こちらは塩ラーメン550円。
醬油に対して塩ラーメンを高く足りたがる店を多く見かけるがここは同一料金が嬉しい。
お6
麺は中華そばと同じながらスープはかなり違う印象だ。
基本的には塩トンコツと言えるスープながらさっきの醬油ラーメンのようなワイルド感は完全にナリを潜めこちらは大人しいシミジミ滋味系の優しい味。
おと11おと14
もっと言えばパンチが足りないのだが逆にこういうの好きなヒトには嬉しい存在となるだろう。
そもそも広島には塩トンコツラーメン自体がマイノリティだからこんな山奥でまさか塩トンコツが食べれようとは夢にも思わなかった。
お2
ギョウザ450円。
コレ、実はここの大人気メニューのようで他の客はふたりで4人前とか注文していたので自分らのがかなり後になってやってきたのだった。
見た目から揚げギョウザかと思ったら焼き餃子のようだがかなり多めの油が投入されているようでカリカリに仕上がっている。
おと12おとまー1
ひっくり返すとこんな感じでしっとりしていて舌触りが良いで酢が強いジャンクなタレは映える。
タレに辣油は入っていないようで辛さはほとんどないのだがニンニクが強烈に効いている餡も個性的でちょっとこれまでに食べたことがない味わい。
これほどオリジナリティがあるなら確かにハマってしまうだろう。
中華そば乙丸のベストバイは中華そばとギョウザだろう。
平日だけだがこれにおそらくはご飯が着いた炭水化物の波状攻撃風定食もあるようだ。
う~~ん世の中まだまだ面白いラーメン屋があるもんだな~。