う4
ここは広島市中心地のどっちかというとオフィス街。
広島県庁や県警察本部の近くだ。
うみもの1うみ01
そんなお固い雰囲気がある裏通りにひっそりとあるよ海物語広島店
広島店っていうくらいだから本店とかもあるのかと調べてみたらどうやら沖縄の会社が展開している沖縄料理の居酒屋のようだ。
うみ03うみ12
派手な外観だがお店は実は2階と3階で1階は別店舗になっている。
この日は忘年会で9人の飲み会だったので個室になっている3階に通された。
うみ05うみ07
実は自分は仕事の関係で遅れて到着。
だからもう宴会は始まっておりテーブルにはいくつかの食べ物がもう置いてあった。
うみ11うみ10
沖縄料理と言えばやっぱりオリオンビールってことになるようだ。
他にもトロピカルな飲み物がたくさん用意されている。
うみ04うみ08
個人的には沖縄も行ったことないし沖縄料理もゴーヤチャンプルくらいしか知らない。
だから沖縄用語のようなものはさっぱりわからん。
う1
イメージとして沖縄料理のメインと言えばなんとなく豚肉の煮込みみたいなのを想像していたのだが鶏の唐揚げがどど~んとでてきた。
おまけのように添えられていたカリカリの豚の耳がかなりイケていた。
うみ09うみも1
それからハンバーグみたいなものと続いて沖縄料理って普通やの~と思ってしまうがよく考えてみれば実際に沖縄のヒトが我々と違う特殊なものばかり食べてるってこともないのだろう。
う2
ゴーヤ入の茶碗蒸し。
さすがにゴーヤと茶碗蒸しって組み合わせは初めてだったがズバリ旨いよね。
う3
これはさすがに知ってる沖縄そば。
とにかくカツオの薫りが辺り一面に漂っているのが印象的だ。
うみ13うみ14
これにコーレーグース(島とうがらし)をいれるのが通例らしい。
「コーレーグスは沖縄で栽培されている島とうがらしの別名で、島とうがらしから作られる調味料にも同じ名が付いている。
コーレーグスは沖縄そばの薬味として欠かすことの出来ない卓上調味料である。沖縄県ではほとんどの食堂のテーブルに置かれている。チャンプルーなどの料理にも隠し味として使用される。調味料としては粘度が低い上に非常に辛く、泡盛のアルコールによる刺激も強い。軽い気持ちで振り掛けるとスープが飲めなくなることもあるので注意が必要である。」
らしいのだが自分はそういうことを全然知らずに適当にドバっといれてしまったらもはや別物の麺類になってしまった。
最初は馴染めずに苦戦したが後半慣れてきてしまったのでこうしてハマっていくのかもしれないのぅ~(笑)
うみ15
ラストはアイスで〆となった。
本物を知らないからなんとも言えないが沖縄料理を堪能させてもらった。
この日だけでもけっこうな発見があったから先入観なしにもう少し沖縄料理を勉強した方がいいのかもしれない。