らー6
東広島市の住宅地にあるラーメン らー亭 西条店
らーて12らーて01
自分のような東広島市に詳しくない人間にとってはちょっとわかりにくい立地ではあるが店舗が何件か入っているマンションの一階なので比較的わかりやすい場所ではある。
らーて11らーて13
それにしてもかなり広い駐車場を確保している。
店の前に数台と横の駐車場にも数台あるようでこれなら相当数の収容力があるだろう。
らーて04らーて02
開店と同時に入店したのだが自分よりまだ先の客がひとりいた。
そして自分よりあとにも続々とお客が入ってくるのだがもしかして凄い人気店のようだ。
店内はけっこう広く年配の大将と奥様らしく女性スタッフの二人体制。
メニューを見ると筆頭には味千ラーメンと書いてあるのであの有名な熊本の味千ラーメンと関係があるようだ。
らーて05らーて03
自分はひとりだったのでカウンターに座ってパイクーラーメンを注文。
するとまだ麺が届いてないらしく味千ラーメンしかできないとのこと。
少し待てば麺が届くからといわれたので待ってからどうしても食べてみたいパイクーラーメンを注文したのだった。
パイクー/排骨(中国語 páigǔ、パイクゥ、日本式発音:ぱいこー、ぱーこー)は、中国語で豚などのスペアリブ、すなわち骨付きあばら肉の意味。転じて豚のあばら肉に卵と小麦粉の衣をつけて油で揚げた中華の肉料理を指す。
要するにパーコーの事だ。
らー1
麺が届いてからだから入店して15分くらいしてから来たよ!パイクーラーメン780円。
どうしてもこれが食べてみたかったのよ。
スープは見ての通りの九州とんこつ。
らー2
熊本ラーメンらしく博多のような極細麺ではなく中太ストレート。
これこれ!!でもちょっと何かが足りない。
らーて07らーて06
マー油らしきオイルもデフォルトで入って入るが熊本ラーメンと言えばやっぱりこのフライドニンニクをいれんといけんぢゃろ~(笑)
ところでキクラゲって九州のラーメンにはよくトッピングされているがメンマの代わりみたいなもんなんかな?
らー5
そしてこうなる!!
コレコレ!ニンニクの芳ばしい薫りに包まれてこれでやっと熊本ラーメンって感じだよね~。
らー3
そして問題のパイクー。
チャーシューはなくドカッと大量のパイクーが投下されているのは嬉しいがどんなんだろう?
らー4
ナント柔らかくて濃厚な肉。
そしてちゃんと軟骨のような骨がよく煮込んであってトロけるのがわかる。
コイツははっきり言って秀逸でこのラーメンのグレードを2階級特進させていると言っても過言ではない。
味千ラーメンより200円アップも当然と言えば当然だろう。
らーて08らーて09
ラーメントッピングとしては珍しいキャベツもなかなか面白いしちゃんと下味処理してある煮玉子も好ましいのだがやっぱり柔らかく煮こまれたパイクーとフライドニンニクの相乗効果は凄まじく見事に心を奪われてしまった。
らーて10
ベースの味千ラーメンのスープはまあ可もなく不可もない普通のデキながらパイクーとフライドニンニクが花開かせる禁断のこの世界はマニアックながら危ない蜜の味がする。
開店当初から客が押し寄せる人気もよ~~く理解できたような気がした。
病みつきになりそうでチト怖い(笑)