わだ1
大規模な再開発で変わりゆく広島駅南口から歩いて数分の場所にある 和田党 広島駅前
あの和田党の新しいお店だ。
わだとう01 わだとう02
ここは確か以前は海里というラーメン屋だったはず。
それがいつの間にか和田党になってしまったわけだ。
IMG_2374 わだとう07
なにがあったのか自分には知る由もないが店内は完璧なほどの居抜きで海里のときのそのまんまと言っていい。
スタッフは女性二人。
わだとう04 わだとう05
和田党といえばあぐー豚を使用したいわゆるとんこつラーメンのお店。
だからメニュー筆頭は当然ながらあぐー豚らーめんになるのだがこれは他の和田党で何度も体験済み。
わだとう09 わだとう08
だったらココは未食の辛みそらーめん行ってみる??と心で悪魔が囁く声が聞こえた。
辛さは「普通辛→激辛→大激辛→超激辛→ウルトラ激辛→マッハ激辛」とあったのだが最初なので謙虚に普通辛でお願いした。
わだとう06
勿論麺の硬さは「かた」で!!
わだ2
キタネ!!和田島 広島駅前の辛みそらーめん830円。
ノーマルのあぐー豚らーめんが700円だから130円のアップってことになるがそれだけの価値があるのかどうか興味をソソられる。
わだ3
原田製麺の麺。
悪くはないんだけどこういう濃厚系のとんこつラーメンにはやはりもう少しだけ細いほうが合うように感じてしまうのだがこの辛みそらーめんの場合だったら逆にもう少し太いほうがジャンクさを表現できるかもしれんな〜とシロウトらしく適当に思いを廻らていた。
わだとう11 わだとう10
トッピングでは生キャベツが入っているのか珍しい。
だけどキャベツととんこつラーメンの相性ってけっこう微妙とも言える。
あとデフォルトのらーめんにも入っているキクラゲもこのラーメンにはイマイチに感じしまった。
わだ4
以前他の和田党であぐー豚らーめんを食べた時にチャーシューの劣化に驚いたことがあったが今回のはこってり脂が乗って旨いチャーシューで安心した。
しかもちゃんとバーナーで炙ってから出されたのでさすがの美味さだ。
わだとう13 わだとう12
普通辛に指定しておいて辛さが全然「普通」ではなく足りないのでテーブルに置いてあった高菜を追加しようとしたらすかさずスタッフの女性に
「辛さが足らなかった仰ってくださいね!無料で足しますから。」と云われたので
「おお!すみません!できたらもうワンランク辛く(激辛)にできますか?」というと快諾して辛みそを追加してくれた。
わだとう14 わだとう15
すると丼の中は豹変!劇的に旨さを纏ったらーめんになったがね!
どんなラーメンでも後半はやや飽きてくるもんではあるが今回に関しては後半の方が圧倒的に評価が勝つ結果と相成ってしまった。
自分は決して激辛マニアではないがこれは「普通辛」では全然足りない。
「激辛」か「大激辛」でも唐辛子が口腔や咽頭を刺すような不快事態にはならないので辛めに注文することを強く勧める。
直球の球威に陰りが見えて頼りになる変化球を模索している和田投手(党首)って感じなのかな。