あるい1
広島市中区のらーめん屋歩いていこう
久しぶりにここにやってきた。
あるいて14 あるいて01
国泰寺高校の真ん前という絶好の立地だけに駐車場はない。
だけど店の横もその反対側もコインパーキングだらけだから心配はない(笑)
あるいて02 あるいて03
今日はとにかくあることの確認のためにやってきた。
そのあることとはあの 大阪のらーめん弥七の直系鶏白湯の雄である「歩いていこう」が路線変更して鶏白湯スープではなくなったとの情報を得たからだった。
とにかく居ても立ってもいられなくなって馳せ参じたわけだ。
あるいて04 あるいて05
メニューは醬油らーめんだけになっており以前のように塩らーめんは選べない。
バリエーションはチャーシューめんとごはんだけで開店早々なのにチャーシューごはんがないのも相変わらずといったところだ。
あるいて07 あるいて06
ワンオペ体制なのも相変わらずで寡黙な大将がひとりで忙しそうに動いておられたのでなんだか安心した。
なんだ何も変わってないやん・・・と隣のラーメンを覗きこんだら確かに鶏白湯特有の白いスープではないがね。
あるい2
それほど待たされずに来たよ!らーめん屋歩いていこうの醬油らーめん730円。
こ・・・これは紛うかたなき文字通りの醬油らーめんではあるがやっぱり噂はほんとうだったようで鶏白湯ではない。
あるい3
軽いショックを感じながら麺を持ち上げてみたらズシッと重みのある少し太めの麺にこれはやはり歩いていこうにやってきたのを実感する。
あるいて10 あるいて11
しかもそのコシは物凄くて感動すら覚えるほどだ。
しかしこのスープはなんなんだろう?
基本的に鶏由来のスープなのは誰でもわかるところだが隠し味的な魚介のアシストが実に効果的だ。
あるい4
決してあっさりしているだけではなく上品ながらしっかりとした芯もビシッと通してあるといった印象が一番近いかな。
あるいて08 あるいて09
トッピングはチャーシューとほんの少しのネギだけというシンプルこの上ない構成ながらほろほろのチャーシューにうっとりさせられてしまうのは昔のままだがこれが今回もええ仕事をしまくってるわな。
あるいて12 あるいて13
今回もおそらく無化調なのか後半にかけてぐいぐい畳み掛けてくる感じは鶏白湯と変わらない。
気が付くとスープまで完飲してしまうその「後半の伸び」は変わっていない。
個人的にはずっと鶏白湯の雄であって欲しかったが仕様変更して醬油らーめんになってはいるがその丁寧さを見ても歩いていこうは歩いていこうだと思った。
これで例の歩いていこう名物の臨時休業が減るのならそれはそれで有難いような気もするがこのまま見守っていきたいと思った。