まる1
やってきたのは山口県防府市。
その市街地をちょっと抜けた住宅地のような場所にあるよ にぼしラーメンまるにぼ
古いアパートの一階を改装したテナントのようで店舗っていうかそのアパートの裏手が駐車場になっている。
まるに03 まるに04
聞くところによると11月24日(月曜日)開店なんだそうでバリバリの新店ってことになる。
まるに01 まるに02
その割には開店時間直後に辿り着いたのにもう満席で人気は上々のようだ。
最近はこういう情報が駆け巡るのは非常に速いようだ。
まるに06 まるに05
入店すると即時に自動券売機が設置してありまずはここで食券を買い求めるシステムだ。
塩ラーメンと塩つけ麺だけのメニュー展開で平打ち麺のラーメンもできるようだ。
トッピングの追加と煮干し飯というサイドメニューも目新しい。
まるに08 まるに07
中央に厨房があってそれを囲むようにあるカウンターだけのシンプルな店内。
まだ不定休で日曜日はランチだけ。
ここらへん訪問するときは注意が必要だ。
若い感じの大将に少し年配の女性がふたりの3人体制だが開店早々ってこともありオペレーションがもたつき気味なのが気にはなった。
まる2
平打ち麺ってことで茹で時間がかかるのか少し待ってから来たよ!塩平打めん690円。
同行したマモラくんが塩つけ麺を注文してたので覗かせて貰ったがどうやら塩ラーメンにつけ麺用の麺を合わせたのがこの塩平打めんってことでいいのだろう。
まる3
ゴッツい平打めんは歯ごたえ十分なのにツルツルの舌触りが心地よい。
ハッキリ言ってこれはなかなか上質な麺ですわい。
まるに10 まるに09
しかしこのガツンと煮干しが攻め立ててくる魚介たっぷりの塩スープはこれまで体験したことがない妙なる味で魚の臭みなんてまるで感じられない良質なもの。
まる4
ゴッツいチャーシューが一枚入っているのだがこれが絶妙の味付けで煮干し由来の魚の旨味と肉の力強さの対比が実によくあうのには驚きだ。
まるに11 まるに13
大きく太いメンマは塩抜きは完璧でポリポリの食感が絶妙の箸休めになっている。
まるに12 まるに14
自分にはもはやこのスープを残すという選択肢はなくなっておりその快楽に身を任せるように貪るように最後まで飲み干してしまった。
ここのスープにはそうさせるだけの魔力があるのだが決してスープの旨味だけで根こそぎ持って行っているような印象はなく全てのパーツのバランスが完全調和していると感じさせてくれる。
いやいやここの近くに 今里もあることだしいよいよ防府市は山口の一大ラーメンタウンに成長しようとしているのだろうか??