いついつ - 1
ひょんなことから飲み会にご一緒した麺処いつかの大将。
いろいろ話しを聞かせてもらってかなりのコダワリ屋さんだと感心してしまった。
いついつか - 1いついつか - 2
その飲み会から数日経ってお店を訪問してもう一度鶏白湯の鶏そばを食べるためにやってきた。
この日は休日の14時くらいだったがさすがに空いていて自分の他にはもう一組だけだったので大将と個人的に話ができた。
いついつ - 2
目的の麺処いつかの鶏そば700円。
う〜〜ん鰹の薫りの鰹鶏そばも悪くないがやっぱりこっちのほうがしっくりくるかのぅ〜。
いついつ - 3
相変わらず表面ツルッツルな自家製麺。
ムッチリと奥歯を押し返してくるような歯ごたえも素晴らしくこれならつけ麺の食べてみたい気がする。
いついつ - 4
濃厚なクリームシチューを彷彿とさせるとろみのある鶏白湯スープは健在で無化調らしく最初にパンチがないが後半ぐいぐい旨味が押し寄せてくるタイプね。
広島では珍しい玉ねぎのみじん切りも仄かな辛味を加えてくれていてその上品さがとって好ましい。
いついつか - 3いついつか - 4
広島熟成鶏ハムと国産豚肩ロースコンフィという凝りに凝ったチャーシューもやはり相性はこちらの鶏そばのほうが圧倒的に良いだろう。
食べ終わって支払いを済ませて帰ろうとしたら大将から「今日からラーメンにひとつ改良点があったんですがわかりましたか?」と聞かれたので「ごめん、わからんかったわ、何が変わったん?」と答えると「秘密です。」と切返されてしまった。
自分もまだまだのうようだ・・・(涙)