ぶら - 1
せっかく下関市のめん処大津家までやってきたのだがら店内連食して主力のブラックらーめんも食べることにした。
ぶらっく - 1ぶらっく - 8
ここのブラックらーめんには中太麺と細麺、ネギ脂と背脂の選択肢があるので都合4種類が存在することになる。
これまで中太麺に背脂、細麺にネギ脂の組み合わせを食べたがこれのオススメがどのチョイスなのか大将に聞いてみた。
するとどれもオススメながら敢えて言うならネギ脂に中太麺が大将の好みであることを突き止めたのでそれでお願いしてみた。
ぶら - 2
やってキタヨ!めん処大津家のブラックらーめん(中太麺+ネギ脂)600円。
ぶら - 3
なるほどこういう仕様になっちゃうワケね。
確かにパンチのある背脂にこの麺は合うと思っていたがあっさり系のネギ脂の方が相性が良いのかもしれんな〜〜。
ぶらっく - 2ぶらっく - 4
こういう相性ってアタマで考えるなんてほぼ無意味で結局はやってみないと全然わからんもんなんだな。
このブラックらーめんの場合は細麺にする優位性ってまったくないのかもしれない。
ぶらっく - 3ぶらっく - 5
それにしても相変わらず真っ黒なスープだが見た目と違って全然塩分は前にでて来ずそこにあるのは香ばしさと仄かな甘さだけだ。
これはどういうトリックなのかコナンくんあたりに暴いて欲しいわ。
ぶら - 4
豚骨ラーメンに入っていたややパサパサ気味のチャーシューとは明らかに別物の半生風チャーシュー。
柔らかい食感もだがジューシーで濃厚なその味わいはこれからのラーメンには明らかにこの手の低温調理されたのが主流になっていくのは間違いないだろう。
ぶらっく - 6ぶらっく - 7
いやいや大満足させてもらったよ。
下関市と言う九州の近くにありながら脱九州系ラーメンでそのプレゼンスを発揮している大津家のこれからがとっても楽しみになってきた。