ぶら - 1
山口拉麺維新2016のラストは下関市の大津家
以前は店の前に1台分だけしかなかった駐車場が増えているようだ。
ぶらっ - 1ぶらっ - 2
大津家と言えばブラックラーメンが有名なのだが今回は魚介ブラックつけ麺というのが夏季限定でラインナップされているようなのでコレを狙ってやってきた。
ぶら - 2
さてさてやってキタヨ!大津家の魚介ブラックつけ麺(冷)800円。
ぶらっ - 3
こっちが同行者が注文したブラックラーメン650円だからつけ麺にすると150円のアップになる。
ぶらっ - 5ぶらっ - 4
それでも暑い夏になるとこういう涼しげなつけ麺に触手が伸びてしまうのは仕方がないのかもしれない。
ぶらっく - 1
最初麺だけ食べてみたが歯ごたえバッチリでこのつけ麺の相当に期待できそうだ。
ぶらっ - 8ぶらっ - 7
ラーメンと決定的に違うのは具に熱がかからないので素材の持ってる新鮮さみたいなのが失われないことで特にこんな野菜の歯ごたえにはっとさせられる。
ぶらっ - 10ぶらっ - 6
ブラックラーメンとの決定的な違いは魚介の扱い方のようでつけ麺はガツンと魚のダシが効いている。
ぶらっ - 12ぶらっ - 14
そこにこれらの生野菜のシャキシャキ感が一気に映えるので確かに夏向きではあるわな。
ぶら - 4
年々その進化が確認できる低温調理されたチャーシューだが今までで一番の出来だった。
どんどんレアの方向になっているようだがもはや生ハム同然で好みもあるだろうが個人的にはこれくらいでも良いと思う。
ぶらっ - 15ぶらっ - 11
この大きなチャーシューで麺と野菜を巻いて食べるのが非常に楽しい。
ぶらっ - 13ぶらっ - 16
スープは相変わらず真っ黒だがそれほど塩分を感じさせない優しいタイプではあるが魚介のアシストを受けているのでラーメンとの連動性を期待しないほうが良さそうだ。
ぶらっ - 9ぶらっ - 17
150円の値段差は増えた麺と煮玉子、そして野菜の量によるものかもしれないが麺は増量してあるようで食べごたえはじゅうぶんにあるだろう。
ぶらっ - 18ぶらっく〜 - 1
魚介ブラックつけ麺は単なるブラックラーメンのつけ麺バージョンではなくブラックラーメンで魚介を強く際立たせた別の麺料理だと思ったほうがわかりやすいだろう。
それにしても大津家さん、相変わらずやりますの〜。
これで山口拉麺維新2016をコンプリートしたのでオリジナル丼をいただけたがデザインもシンプルな小ぶりな丼はなかなか使い勝手が良さそうだ。