れー - 1
近所に今年新しく開店したお好み焼き屋Reve(レーヴ)
宮島街道の目立つ場所にあるので以前から気になってはいたのだが店舗の見た目がけっこうコロコロ変更されていたので、なんとなく敷居が高く感じてしまっていたのだった。
れーゔ - 13れーゔ - 1
そんなReveに意を決してやってきたのだが駐車場はない。
メニューは定番の肉玉そばが750円、オススメのReve焼きが950円と少々値付けがお高いようだ。
れーゔ - 2れーゔ - 3
勇気を出して店内に入ると拍子抜けするくらい愛想の良い若い大将が出迎えてくれる。
店内は外から見るより驚くほど広くて真ん中に大きな鉄板とそれを囲むカウンター、更に後ろには4人が余裕で座れるテーブル席まである。
れーゔ - 5れーゔ - 6
お好み焼きは750円からスタートでやっぱり少し高めの設定で他にも酒のツマミ程度の鉄板焼き料理が楽しめる。
れーゔ - 8れーゔ - 7
この時は客が自分だけだったので大将と色々話せたのだが「数軒のお好み焼き店で修行、今年8月にココで開店、開店は大将とその知り合いで作業した」とかの情報を得た。
れーゔ - 4
値段が少し強気に感じる旨を話したら、修行した店のコピーではなくオリジナルのお好み焼きを追求した結果の値段だと説明された。
れー - 2
そしてその最大の特徴はこの磯野製麺のお好み焼き専用生麺。
確かに公式サイトに掲載されている。
この生麺を茹でてから湯切りし鉄板でカリカリになるまで炒めるのは初めて見た。
れー - 3
そして最後にタマゴで裏を閉じるのだがここでもタマゴは黄身を割らないで半熟の目玉焼きが張り付いたような状態になっているのも目新しい。
自分は鉄板にコテで食べることができないので皿に箸でお願いした。
れーゔ - 9れーゔ - 10
ネイティブ広島人からは否定されることも多いマヨネーズだが自分はこれがないとお好み焼きは食べないほどのマヨネーズ信者だ。
れー - 4
ソースは一般的なオタフクのようだがこのお好み焼きで際立つ麺の強さは今までに体験したことがないくらいに鮮烈だ。
れーゔ - 11れーゔ - 12
なるほどこれなら大量生産はムリだし手間はかかるのだろうが値段が少し張るのもじゅうぶんに納得できる。
今日は偵察がてらやってきたのだがこりゃちょっと腰を入れて呑みにこないといかんようだ(笑)