やま - 1
広島市中心街に新しくできた麺屋やまひで 八丁堀店
なんか見たことある店舗だと思ったら昔ここの2階で呑んだからだった(笑)
やまひ - 1やまひ - 2
その一階のお店は広島では珍しい台湾まぜそばが一押しのようだ。
まあ台湾まぜそば専門店というわけではなく他にも台湾ラーメンや汁なし坦坦まぜそば、醬油まぜそばなんてメニューもある。
やまひ - 3やまひ - 4
公式サイトを見ると奈良が本店で本場名古屋や岐阜にも台湾まぜそばをメインにチェーン展開している。
この麺屋やまひで 八丁堀店に入店すると外から見るより中は広くスタッフも女性二人に男性2人の4人体制。
やまひ - 5やまひ - 6
カウンターに通されて注文を済ませると目の前に食べ方と追い飯無料だと告知してある。
本家麺屋はなびではなかったが途中で酢を入れると味が変化して面白いと書いてあるのが目新しいがこれは油そばで学習済みなのでぜひチャレンジしてみたい。
やま - 2
そうこうしていたらキタヨ!麺屋やまひで 八丁堀店の台湾まぜそば(ニンニク入り並)800円。
ニンニクはオプションなのだがこれがある無しでは評価はかなり変わってしまうのでできれば投入したいところだ。
やま - 3
最初箸だけで混ぜていたら女性スタッフにレンゲを渡されて両方で混ぜたほうが良いと教えてもらった。
まで開店したばかりの新店なのに微に入り細に入りの手厚いサービスに感心する。
やまひ - 7やまひ - 8
無料の追い飯はこのままの量を台湾まぜそばのラストにライスインしたら多すぎるから少し食べたほうが良いと説明されたのでテーブルに備え付けの辛子もやしを入れて食べるのだがコレが箸休めに留まらずなかなかイケる。
やまひ - 9やまひ - 10
肝心の台湾まぜそばはハッキリ言って麺屋はなび以降食べた台湾まぜそばの中では一番本物に近く、これが広島で食べられるならわざわざ名古屋まで行く必要は無さそうだ。
公式サイトにもあるがこの麺の感じはやっぱり茹でた後すりこぎ棒で念入りに傷だらけにしているからなのね。
そして満を持して後半には油そばよろしくラー油とお酢を大量投下してみた。
やまひで - 1やまひ - 11
最初やや塩分が多いように感じられた台湾まぜそばがこのラー油とお酢攻撃でまさにジャストな塩分になるのと全体にマイルド感が拡がって味に奥行きがでるのがわかる。
やま - 4
台湾まぜそばを食べながらご飯も時々食べていたのでちょうど最初の半分以下になった追い飯を投下!!
やまひ - 13やまひ - 12
うぬぬぬ!なるほどこうなるのね。
確かにお酢の追加は辛さをかなり抑えてくれる反面、辛党には物足なくなるのでラー油の同時投下は自分にとっては絶対必須だ。
やまひ - 14やまひ - 15
本家に肉薄しつつオリジナリティまであってこの台湾まぜそばはなかなかだと正直思ってしまった。
ただ台湾まぜそばに慣れていない広島人が、追い飯お代わり自由(ランチ時)とは言えこの800円というやや強気な値段をどう思うか興味のあるところだ。