きり - 2
「黒霧島」「白霧島」「赤霧島」で有名な霧島酒造
今や黒霧島は日本一の販売量を誇り、焼酎出荷量で宮崎県が鹿児島県を抜いて2年連続首位を獲得する原動力になった。
きり - 1
そんな霧島酒造だが無料の工場見学を受け付けている。
事前に電話申し込みをすれば1人からでも大丈夫だ。
一日2回、11時からと13時半からで遅れないように13時半のを予約した。
きりし - 1きりし - 5
平日だったので自分一人だけだったらどうしようかと思ったが他の団体さんが来られたのでちょっと安心した。
きりし - 2きりし - 3
ガイドの女性に連れられてきたのは黄金千貫を砕く機械だがそれにしても物凄い大掛かりだ。
まあ一日に一升瓶で4万本も芋焼酎を造ろうと思ったらこんなことになるのだろう。
きりし - 4きりし - 6
米麹を使っての発酵から蒸留、貯蔵と芋焼酎の作られる過程が詳しく説明されるが企業秘密の部分はVTRを使っての説明だ(笑)
きりし - 8きりし - 9
30分をかけた工場見学の最後にミュージアムも見せてもらった。
きりし - 7
ここは基本的に写真撮影禁止なのだがこの部分だけ撮って良いそうでまあとにかく芋焼酎のトップブランドたる自信とプライドが伺える。
よく考えてみれば入手しやすさなどの理由から自分が普段最も飲む事が多い芋焼酎はズバリ赤霧島な訳で、そういう意味では身近な会社とも言える。
この工場と同じ規模のが後、3つもあるそうだから1日16万本の一升瓶にはいった焼酎を作っていると聞いても膨大すぎてどれほどの量かピンとこないが、工場見学好きの自分はクルマだったから試飲がデキないのはアレだったがそれでも非常に満足して工場を後にしたのだった(笑)