と - 1
とら食堂 福岡分店
「昭和44年に福島白河で創業した手打ち中華そば「とら食堂」の分店が福岡に。
麺は小麦粉からこね、青竹で打ち上げる手打ち麺、チャーシューは七輪の炭火でじっくりと焼き上げる昔ながらの焼豚、スープは地鶏のガラや丸鶏を弱火でじっくり炊き込む清湯スープ。職人の手づくりにこだわる、正統派醤油ラーメンのお店です。」
とら - 2とら - 1
マンション下のテナントのようで駐車場はない。
まあ周囲にはコインパーキングがたくさんあるから問題ないんだけどね(笑)
とら - 3とら - 4
あの有名な福島県は白河市で白河ラーメンと呼ばれるとら食堂の分店が福岡にできたと聞いてやってきた。
とら - 5とら - 6
お昼時だったから少し待たされたけどその間に知り合いからここの基礎知識を教えていただいたので結果的にはそれで助かった。
非常に清潔感に溢れて落ち着いた店内、自分はカウンターに通された。
と - 2
しばらくしてからキタヨ!!とら食堂 福岡分店のワンタン麺890円!!
実は入店前の基礎知識でワンタン麺を食べるようにアドバイスを受けていたのだった。
とら - 7とら - 8
「とら食堂」といえばそのとら食堂で修行された大将が店主だった山口市の手打ち中華そば侍が連想されまくるのでどうしても自分の中では双方比較してしまうことになる。
と - 3
麺は基本的に多加水のびろびろ食感なのだが侍ほどこれが強調されておらずやや一般的な仕様ではあるが、それでも普段極細の低加水麺に慣れている博多のヒトにとっては衝撃の中華麺だろう(笑)
と - 4
その多加水麺と同様の生地で造られる皮を持つワンタンが不味かろうハズもなく侍の麺にあったビロビロ食感はこのワンタンで思い切り楽しめる。
とら - 10とら - 11
ほうれん草はなかなか見ない具材だし今時ナルトも嬉しいトッピングではある。
しかしこのスープは侍と同様に無化調なのか最初は全然物足りないのだが途中からその旨味がガンガン押し寄せてくる。
とら - 14とら - 16
これも基礎知識で教えていただいたのだがこの卓上玉ねぎを少々入れると旨いらしい。
とら - 13とら - 15
なるほど〜、最近流行りみたいだけどこの甘くそしてちょっと辛い玉ねぎってへたすりゃネギよりマッチングが良いかもね。
とら - 9とら - 12
これも侍とはちょっと違うけどまるで「たたき」のように丁寧に処理が施されたチャーシューも絶品だがね。
とら - 17
白河ラーメンの凄みをイヤというほど叩き込まれて後半は特にスープを完食することを制止することが困難になってしまった。
丼も一般的なものからいえば少し大きめでそれに並々と注いであるのでお腹いっぱいになってしまった。
これは手打ち中華そば侍とは似て非なるラーメンであることがハッキリわかり、逆に侍のオリジナリティを見直す結果にもなった。
トンコツ全盛のこの博多で全く逆ジャンルとなる優しい醤油鶏清湯スープのとら食堂がどういう闘いを見せていくのか楽しみではある。