きゅ - 1
蔵水割焼酎 球
宮崎の酒屋さんで初めてみたのでつい買ってしまった芋焼酎。
きゅう - 4きゅう - 2
容量 720ml
度数 14度
原材料 甘藷、米麹
値段 ¥1.600(税別)
芋由来の柑橘類の皮のニュアンスに白桃やライチの風味が優しく香り穏やかな香ばしさが香りにアクセントを与えている。程よいボリューム感で滑らかで甘やかな口当たりマンダリンオレンジの風味や米の甘みを思わせる風味が心地よく余韻に残る。
きゅう - 1きゅう - 3
「この焼酎は名前が『球』(きゅう)、球体をイメージされた14°の芋焼酎です。
オレンジ色のタマアカネで、配合などを変えて木桶で仕込んだものを4種(うち熟成酒も1種)と、黄金千貫1種をブレンドした焼酎です。トップに花やマンゴーのような華やかな香り、余韻にバニラを思わせるような甘く香ばしい風味がのこります。
黒木さんが言うには本格焼酎は香りのお酒なんです。この焼酎は香りが面白く白い小さな花やマスカット、桃、宮崎マンゴーのようなトロピカルな香りも感じるような焼酎です。とてもアロマティックで香水のよう!!
香りも面白いですが味わいもよいですよ。焼酎なのでアミノ酸や糖などの味の要素がないので究極の食中酒ともいえます。
アルコール度数にも面白さがあります。焼酎には前割りと言ってあらかじめ水割りして飲む方法があると思いますが、25°前後で商品にしている焼酎は加水しているのに前割りとはいわない、かといって低アル焼酎では14°は度数が高すぎる、こちらのお酒は割らずに飲める理想形のお酒を求めた仕上がりな様です。」引用
きゅ - 2
アルコール14度っていったら日本酒よりも低いことになるので当然冷やしてストレートで呑むことになる。
実際飲みくちは相当マイルドになってタマアカネ由来の香りを楽しむというコンセプトもよく理解できるが「香水のよう」はいくらなんでもちょっとオーバーだ(笑)
黒木本店の芋焼酎ということは呑んだ瞬間にわかるほどにその個性派発揮されてはいるが同等のアルコール度の日本酒、中でも吟醸香が立つタイプと比較したらハッキリ言って勝負にならない。
芋焼酎が苦手なムキや初心者には良いかもしれないが値段も含めてこの方向性には自分は賛成できかねる。