お - 1
新天地公園の裏側になる通りにあるおどるタンタン麺
ランチ営業をしていないいわゆる飲み屋の夜専店。
おd - 1おd - 2
なんとも人を食ったような屋号ではあるが、肝心のタンタン麺が名前負けしなきゃ良いがとちょっと意地悪く考えてしまった。
おd - 3おd - 4
メニューは基本的にタンタン麺(汁あり)と汁なしタンタン麺、そして広島風なのかはわからないがとにかく辛いつけ麺の3本立てそれに麻婆豆腐やエビチリととにかく辛い料理推しのお店であることは間違いない。
おd - 6おd - 5
店内は入った瞬間になんとなくムッとしたような空気が充満しており奥にテーブルがあるようだがカウンターメインのようだ。
水はレモンの香りがするタイプでこういうトコもなかなか気が利いている。
お - 2
あまり待たされないでやってきたよ!おどるタンタン麺のタンタン麺(太麺大盛り4辛)800円。
おd - 7おd - 8
そぼろ肉がトッピングしてあるがこれは一気に沈殿してしまうタイプのヤツのようでレンゲを使いながら食べる必要がありそうだ。
それと海老が乗っているのはあまり見たことがないが香ばしさのためなのかな?
お - 4
大した理由もなく太麺を選んだがこれがしっかりコシのある平打ち麺で歯ごたえばっちりでわしわし食べるのが楽しくて大正解!!
お - 3
4辛も自分にはジャストな辛さ加減で何ともこの仕様はちょうどよかったようだ。
しかしこのスープのさまざまな香辛料が織りなす複雑怪奇さは凄い。
ベースはトンコツなのか鶏なのか皆目わからんが中華料理店のそれよりもどっちかというとラーメン屋のエッセンスを強く感じさせる。
おd - 9おd - 10
ゴマも入っているが風味は抑え気味で花山椒や八角の香りも若干ではあるが漂っているようだ。
おd - 11おd - 12
麺を大盛りにしたので食べごたえも満点でやや粘度のあるスープのお陰で麺とスープがほぼ同じようなペースでなくなっていくのは嬉しい展開だ。
最後はお約束のそぼろ肉の総ざらえをレンゲでやるハメになったがもしかしたらライスインをするのが正しい食べ方なんかもしれない。
それにしてもかなりハイレベルでガツンとくるタンタン麺に出会えてまさに踊りだしそうな夜だった(笑)