りょ - 1
大竹市の国道2合園沿いに新しくオープンしたりょう二郎
最近広島でもじわじわその勢力を拡大しているいわゆる二郎系ラーメンのお店と考えて良いだろう。
りょう - 1りょう - 2
そう言えばここはとあるラーメンチェーン店のテナントだったはずなのでそのまま居抜きで入ったのかもしれない。
りょう - 3りょう - 4
チェーン店だっただけあって大通りからよく目立っているし駐車場もけっこう確保してあるのでアクセスしやすかろう。
りょう - 6りょう - 7
入って目の前に立ちはだかるのは自動券売機。
メニューは基本的二郎系の「白」たるスタンダードな背脂とんこつ醤油ラーメン、「黒」の黒マー油入り、「赤」の唐辛子入り、これにつけ麺、まぜ麺となっているうようだ。
りょう - 21りょう - 8
チケットを持ってカウンターに座ってから店員がチケット回収しに来てラーメンの細かい設定を伝えるシステムだ。
通常、脂、辛め(醤油)、ニンニク、野菜を増すスタイルが多いと思うがここは野菜増しは100円、そのかわり脂とニンニクとナント麺大盛りが無料という変則のマシマシとなっている。
初めてだったし全部食べられるかどうかわからんかったので自分は脂、ニンニクだけ増し、麺と野菜はデフォルトでお願いした。
りょ - 2
太麺だから少し時間がかかるようでちょっと待ってからキタヨ!りょう二郎の背脂とんこつ醤油ラーメン白850円。
りょう - 9りょう - 10
しかし迫力満点のルックス!!特にトップに恐ろしいほど乗っかっているニンニクに圧倒される。
チャーシューは半分に切ったようなのが2枚だ。
りょう - 12りょう - 14
どこから攻略するか悩むほどだがとりあえずはニンニクを全体にバラけさせて凄まじい量の野菜をかき分ける。
りょ - 3
するとそのずっと下の方からぶっとい麺がやっと顔を見せてくれる。
しっかりとコシがあって噛みごたえ満点のコシのある麺で嬉しくなってしまった。
りょ - 4
スープにもようやく対面できたのだが「とんこつ醤油」っていうだけあって醤油ラーメンのような色をしているが実際の食べた感じはコッテコテのとんこつスープと言った方が良くむしろその醤油っぽい色に驚いたほどだ。
りょう - 11りょう - 13
スープにもニンニクは初めから入っているようでこれに増したニンニクのダブル攻撃は、これで今日明日と誰にも会えんなと覚悟を強くした。
りょう - 15りょう - 18
とにかく麺と同量、もしくは野菜のほうが多いくらいで麺だけ食べるってことはほとんどなく、実際には麺と野菜いや野菜だけ食べてる感じの方が印象に残っている。
りょう - 16りょう - 17
それだけにチャーシューにパンチが乏しいのはやや残念で、このニンニク野菜とんこつラーメンの後半はややダレ気味になってきて少々飽きてくる。
りょう - 19りょう - 20
まあそれでもトンコツがしっかり効いているので難なく食べ進めることが出来るのだがここまでニンニク攻撃が多いとニンニクの辛味の角が立っているのが気になってしまった。
全体として見れば随分と真っ当な「二郎インスパイア」ラーメンであることは疑いようがなくこの手のパンチが効いたウルトラヘヴィニンニキーラーメンを求めるムキには歓迎されるだろう。
その代償として当日は無論のこと翌日まで家族から家の中の空気がまるごとニンニク臭だと迫害され続けたことを報告しておく(笑)