ぶ - 1
2012年に惜しまれつつ閉店したまつかぜの廣田大将が再び5年ぶりにお店をやることになったと聞いてやってきたのはぶっとび亭
場所は柳井港フェリーターミナル内で非常にわかりすいが基本的にお店の駐車場はない。
それと日曜、祝日がお休みでしかもランチ営業だけなので目指す時は注意も必要だ。
ぶっ - 2ぶっ - 1
ただお店の前にはこんな感じのスペースがあって2輪車はけっこう台数駐めることができるようだ。
事前情報では11時半開店と聞いていたが、この日は10時45分くらいにはもう着いてしまったのでコンビニあたりで時間を潰そうかと話していたら廣田大将がお店から出てきて「もうやってる」とのことだったので遠慮なくお邪魔させてもらった。
ぶっ - 5ぶっ - 6
外から見たイメージと店内は違っていて不規則な空間ながらけっこう広い。
まあそれでも10人も入れば満員という感じになってしまうだろう。
店内にはトイレはなく柳井港の一新されキレイになったフェリーターミナルのトイレを使う。
ぶっ - 3ぶっ - 4
メニューは1あっさりこいくち煮干し中華そば、2濃厚煮干し中華そば、3バラそば(チャーシュー麺)、4背脂中華そば、5エビ入りワンタンそば(1がベース)となっててスープはあっさりと濃厚の2種類。
サイドメニューの「シン生姜味玉丼」と読めるコレは「シソ生姜味玉丼」で「煮干しおむすびーク」と読めるコッチは「煮干しおむすび一ケ」が正しいと補足しておく(笑)
ぶ - 2
さてそんな店内をジロジロ見ていたらやってきたよ!ぶっとび亭の煮干しワンタン中華そば890円。
スープは基本甘めの優しい味付けながら醤油は決してでしゃばらず塩分も控えめだ。
それに煮干しもアシストに徹しているようでメニューの「あっさりこいくち」という言葉がピッタリのデキでこの一撃で既にノックアウト気味になってしまった。
ぶ - 3
お懐かしや!のカネジン食品の全粒粉麺!。
麺の歯ごたえ、味、香りまでしっかり自己主張してくるのでスープに力がないとやっつけてしまうほどだがこの秀逸なスープだとものの見事に調和しているのが凄い。
麺の量も通常の広島のラーメンよりも多いように感じる。
ぶっ - 7ぶっ - 8
こんなにぶっといのに驚くほど柔らかいメンマ、どうやったらこういう風になるのか教えてほしいくらいだ。
ぶ - 4
ワンタンはビロビロの皮の食感と中身のエビの旨みを楽しめるようになってて「あっさりこいくち」スープにジャストな仕上がりだ。
ぶっ - 9ぶっ - 10
チャーシューは低温料理され業務用ミートスライサーで極薄にカットされ提供されるのだがこれがまた独特な味わいで脂身はほとんどないのに香ばしさをもっている。
ぶっ - 11ぶっ - 12
トッピング野菜は三つ葉、カイワレ、ネギのコンビネーションが素晴らしくこのラーメンを後半まで決して食べ飽きさせてはくれない。
ぶっ - 13ぶっ - 14
こうなるとスープを飲み干す事を制止するのが困難になってしまうのだが、もう一種類の濃厚煮干しスープも食べたい衝動がふつふつと湧いてくるのを抑えきれなくなり、断腸の思いでスープ完食を断念したのだった。
つづく。