よ - 1
横浜家系ラーメン横綱家
このお店は4年前、安佐北区深川にあってそのころ一度お邪魔したことがある。
よこ - 1よこ - 2
店の前の看板はその当時のものをそのまま使っておられるようだがメニューなどは相当に変化している。
スタッフも全員女性のようで以前のガテン系の雰囲気とは大きく異なっているのに驚いた。
よこ - 3よこ - 4
そのメニューは非常にシンプルでわかりやすく基本のラーメンにトッピングという組み合わせ。
自動券売機でチケットを購入すると女性がすぐに食券を回収して「味の濃さ・油の量・麺の硬さ」を聞かれた後、カウンターに案内される。
そのカウンターは数人ごとに布で半分仕切られており店内が丸見えにならないような工夫がされている。
よ - 2
さてそうこうしていたらやってキタヨ!!横浜家系ラーメン横綱家のラーメン(全て普通)700円。
海苔の存在感が半端ないね(笑)
よこ - 5よこ - 8
それと目を引くのはほうれん草。
これは4年前にもあった光景なのだがそれでも珍しいトッピングであることには変わりない。
よ - 3
そしてこの太麺が「家系」ラーメンの特徴のようだがもっと太い麺がゴロゴロある今となっては珍しくも何ともない。
よこ - 6よこ - 11
以前はデッカくて丸いのが一枚入っていたが今は2枚になっていて、柔らかくしっかり脂を感じられてこれはナカナカだ。
よこ - 7よこ - 9
これだけ気前よく海苔が入っているとその処理にいつも悩むのだがこうやって麺を巻いて食べるのも悪くないことがわかった(笑)
よ - 4
基本的にとんこつしょうゆのスープは明らかに広島ラーメンのそれと違ってもう少し醤油の辛さが立っている。
よこ - 10よこ - 13
メンマがないのがやや寂しいがそのかわり白ネギとほうれん草が多めに入ってて比較的最後まで麺を楽しむことが出来る。
よこ - 14
ハッキリ言って以前の安佐北区の頃はお話しにならなかった事を考えると相当に進化していると思う。
自分は家系ラーメンのなんたるかを知っているわけじゃないのであれこれ言える立場にはないがスープをもう少し際立たせてくれないと太い麺とのバランスが今一歩と言わざるを得ない。
コスト的に苦しいのかもしれないがこんな町中のアッチにもコッチにもラーメン屋さんがある激戦区でやっているお店なので頑張って欲しいと思ってしまった。