ふ - 1
広電廿日市駅のすぐヨコにあるふじや
ラーメンもあるのでその存在は以前から知っていたが初めてココにやってきた。
ふじ - 1ふじ - 2
集合は日曜日の午後4時!!目的はもちろん昼酒だ(笑)
ふじ - 3ふじ - 4
3人のうちひとり遅れてきたので最初はふたりで乾杯!!
瓶ビールなんて最近はこの手のお店でしかお目にかかれなくなったが、ココは嬉しいことにおっさん御用達のキリンクラシックラガーぢゃないの!(笑)
我々の世代は瓶ビールならこれがベストよね〜。
ふじや - 2ふじや - 1
メニューは比較的シンプルで焼肉・ホルモン系、焼き鳥系、野菜系とどことなくこの店が屋台だったかのような印象を受ける。
店内は外から見るよりけっこうキレイで広く厨房にカウンター、そしてその横に別のカウンターがあってトイレは外だ。
ふじ - 7ふじ - 10
大将と大将のお母堂様と思われる高齢の女性の息の合った二人体制。
もやしを注文したらタケノコ(320円)ならとこっちに変更、メニューにゃないけど冷奴(値段不明)があったりとアバウトな一面もあるようだ(笑)
ふじ - 5ふじ - 6
もつ(370円)と白肉(630円)はちょっとクセのある昔風の仕上がりでこの手が初めてだったらダメなヒトもいるだろう。
ふじ - 8ふじ - 9
焼き豚(630円)に鳥足ほぐし(580〜630円)とここらへんは当然ビールにぴったりで昼酒だってのも手伝ってガンガン飲めてしまうわな。
ふ - 2
そして個人的に一番ビビットきたテールスープ(1050円)。
少々酔ってはいたがこのテールスープにはヤラれた。
ふじ - 11ふじ - 12
入っているテールの肉も完全に味が出きった出し殻ではなくちゃんとまだ味があってこいつもホロホロでとんだ上等なテールスープを隠し持っていたもんだ。
ふじ - 14ふじ - 13
牛の焼肉(1050円)によっしーがここで中華そば(600円)を注文。
焼肉はこってりしていて旨かったが、ノスタルジックなコショウがデフォルトでごっつリぶっこんである中華そばは迫力満点ぢゃないの!(笑)
ふ - 3
我慢しきれずに自分も思わず中華そばを注文してしまった。
ふ - 4
柔らかく茹でられたストレート麺。
呑んだ〆にはコシがあるなんてよりもこうしたスープが染み込んだクタクタ麺が良いのかもしれんの〜。
ふじ - 15ふじ - 18
期待通りコショウがかなりかけてあったがこのスープにはむしろコッチのほうがあうのだろう。
ふじ - 16ふじ - 17
子供の頃大衆食堂で食べたような昔ながらの広島の中華そばってこんなだったんだろう。
ふじ - 19ふじ - 20
現代のラーメンの基準からすれば確かにオールドタイプではあるがココは屋台のような飲み屋さんなんだからコレで良いのだろう。
4時間くらいで3人の内ひとりは記憶喪失になるくらいに酔って食べてこれで総額15000程度だからまあ激安のお店ってわけでもないが内容を考えればそんなものだろう。
今まではお好み焼き屋さんで昼酒していたが、こんな近所に凄まじいまでの超昼酒天国があったなんて知らなかったのは人生の損失だ。
これからはまたお世話になろうと誓ったふじやさんだった(笑)