ほう - 2
タイプ
吟醸
原材料名
米、米麹、醸造アルコール
使用米
<広島県産>八反錦
精米歩合
55%
アルコール分
15度
値段
  2,916円 (税込)

宝剣酒造は創業明治5年、今年で133年を迎える蔵元です。蔵は野呂山の山裾に位置し、はるか昔に降った雨雪が野呂山の伏流水となり蔵内に一日約20トンも湧き出ています
この湧き水は県内でも稀に見る名水として知られ『宝剣名水』と呼ばれています。この恵まれた環境をいかし、旨い酒を醸しているのが蔵の専務であり杜氏の土井鉄也氏です
ほうけ - 3ほうけ - 2
【宝剣 涼香吟醸について】
この涼香吟醸は初夏~初秋に飲んでいただくことを意識して醸した吟醸酒!控えめで清涼感のある香りは夏に食べたい軽めの食材(豆腐、鱧、枝豆、胡瓜)などと良くあいます!
酒だけ飲むと軽いかな?と思わせますが食事をしながら飲むとなんとも杯の進むお酒です。季節を感じる事のできるお酒、宝剣の涼香吟醸を是非お試しください!
ほうけ - 1ほうけ - 4
【蔵元コメント】
“とりあえずビール”ではなく、“とりあえず涼香吟醸”を目標に仕込んでいます。飲みやすくする、ただ単に味わいを細くするのではなく、八反錦の味わいを出しつつ綺麗に! 「宝剣」の仕込みの中でも難しいランキング第一位です。尚、酒質の悪化などを防ぐ為に昨年までの透明ブルー瓶を止め、茶瓶に変更しています。
ほう - 1
冷やして呑んでみた。
涼香吟醸の最大の特徴は純米酒ではなくアル添酒であることだ。
醸造用アルコールって我々の世代はあの漫画美味しんぼで諸悪の根源のように描かれていたのでどうしても抵抗がある。
だけど実は醸造用アルコールは江戸時代からある一種のテクニックで貯蔵時や輸送時の変質を防止したり、香りやお酒の甘みや旨味を引き出したり出来るそうであの漫画の書かれた1996年とは時代も変わったようなので変な先入観は持たないほうが良さそうだ。
実際寳劔 涼香吟醸は口当たりが非常に良く、確かに言われなければこれがアル添酒だって絶対に気づかないし逆に円やかだ。
寳劔特有の独特の辛さもしっかりあって値段も含めて個人的には相当に上位に食い込んでくる日本酒であることは間違いない。