や - 1
看板がなく店名がよくわからない手打ち中華そば 山
どうやら「カフェ米蔵」と店名を変更したらしいがそんなことはどこにも書かれていない。
やま - 2やま - 1
ぶっとび亭の公式サイトにてこちらでぶっとび亭の大将と手打ち中華そば山の大将がコラボラーメンを2017年12月10日の一日限定で提供すると知ってやってきた。
そもそもここ手打ち中華そば山の大将はあの手打ち中華そば侍の元大将でもある。
やま - 4やま - 3
店内は元喫茶店なのかその雰囲気があってL字のカウンターにテーブルがひとつある。
壁には「かえしーポルチーニ茸、麺ートリュフ入り、スープー吉備黒鳥清湯、チャーシューー塩バラ 肩ロース、油ーポルチーニ茸」と説明があって只者ではないラーメンだということが伝わってくる。
や - 2
さほど待たされないでやってキタヨ!!トリュフの手打ち中華そば900円。
パット見は塩らーめんのような透明感あるスープが印象的だ。
や - 3
麺は間違いなく手打ち中華そば山の大将の手になる手打ち麺で昔の侍を彷彿とさせる太麺。
つけ麺用かと思うくらいの太さがあるためかビロビロ感が希薄だがそれでもモチっとした独特の食感は健在で嬉しくなってしまった。
やま - 5やま - 6
チャーシューの上に乗せられたトリュフペーストをスープに解かずにデフォルトでまずはラーメンを頂いてみたが鳥スープの優しさに香味油によるものかわからないが香ばしさも漂っていてマジ旨いがね。
や - 4
おそらくこのスープはぶっとび亭の廣田大将の手によるものだろうが得意の塩ラーメンがベースになっているのか醤油の存在感はほとんど感じない。
そこでトリュフペーストをスープに溶いたが自分にはそのほのか過ぎる香り付けや味の変化はよくわからなかった(笑)
やま - 9
ちなみに同行したよっしーはつけ麺の麺大盛りを注文したのだがこちらのつけダレは思い切り醤油のエッヂが立っていたようでスープの組み立てが異なるようだ。
やま - 10やま - 11
チャーシューは2種類のがどどーんと2枚も放り込んでありこれらの出自はなんとなく両方から持ち寄った物のように感じられたがそれにしてもこの優しいスープのバランスを壊さないの控えめさなのにそれぞれがしっかりと肉の旨みを発揮しているのはさすがだ。
やま - 7やま - 8
白髪ネギにカイワレもそれぞれしっかりと辛さがあってトッピングとしての役割をしっかりと演じている。
このあたりで廣田大将が麺にもトリュフを練り込んで「追いトリュフしています」と教えてくれたが残念ながらこれも言われてもよくわからかった(涙)
やま - 12やま - 13
気がつけば無我夢中でスープと麺を貪るように食ってしまいあれよあれよと言う間に完食させてしまう自分がいた。
やま - 14
いやいや最初は高いと感じたがこれだけの内容で900円だと逆に安く思えてしまうほどだ。
トリュフは付加価値として考えれば良いが、もしもなくても東京のど真ん中あたりで千円くらい払って食べるラーメンとの齟齬を見つけることは自分にはデキないと確信した。
原価がどれだけかかっているのか知る由もないがそれにしても途轍もない一杯であった事だけは間違い無さそうだ。
2017年12月10日の一日限定だったのは残念だがまたコラボして凄いラーメンを食べさせて欲しい。
ちなみに一時休業中の柳井港ぶっとび亭は1月の2週目くらいから再開の予定らしい。