まる - 1
久しぶりに丸源ラーメン 広島五日市店にやってきた。
まるげ - 1まるげ - 2
今日の目的はハッキリしていて公式サイトに公開されていた台湾ラーメン狙いだ。
まるげ - 3まるげ - 4
台湾ラーメンと言えば本場名古屋の味仙が有名だがここの味が忘れられなくてあっちこっちで食べてみるがどれもこれもアレでカップ麺が一番マトモという皮肉な事になってしまっている。
まるげ - 6まるげ - 5
だから過度な期待はしないで思い切ってチェーン店にすがりついたってとこかな。
辛さが足りない事態が想定されるのでまずはここらへんの卓上調味料をチェック!!
まる - 2
比較的はやくキタヨ!!丸源ラーメン 広島五日市店の台湾ラーメン(激辛でとお願いしたが意味があったのだろうか?)750円。
まる - 3
まず本物との違いはモヤシトッピングでどことなく不安を覚えるがまあとにかく食べてみないとね。
麺はこの台湾ラーメン専用のストレート麺とメニューに書いてあったが少し柔らかめの黄色い麺。
まるげ - 8まるげ - 9
肉そぼろにニラが浮いているのはいかにも台湾ラーメンだが肝心のスープは旨味はじゅうぶんながら想像通り辛さが足りない。
まるげ - 10まるげ - 11
って言うより味仙の台湾ラーメンはデフォルトで驚くほど辛くてパンチが効いているのでこのインパクトがないとソレらしさが一気になくなってしまう。
まるげ - 12まるげ - 14
そこでテーブルにあった「どろだれラー油」を少し溶いてみたがこれでかなり辛さがアップすることがわかった。
まるげ - 7まるげ - 13
あとはニンニクの香りがもう少し欲しいのでこれも卓上調味料で追加してやった!
まるげ - 15まるげ - 16
これでかなり本物に近づいたがやはりまだ辛さが足りない。
まる - 5
そこでどろだれラー油のさらなる追加とどさくさで辛そうなのでテーブルにあった野沢菜醤もついでに放り込んでやった(笑)
まる - 4
果たしてこれで自分の思うような辛さとコクが生まれて台湾ラーメンらしくなって嬉しくなった。
まるげ - 17まるげ - 18
後半はスープに沈んだ肉をレンゲですくっていたらスープもほとんど飲んでしまったが辛さで汗だくななって完食はできなかった。
だけどラーメンチェーン店とたかをくくっていたのだがベースは相当本格的でかなり生真面目に台湾ラーメンを追求しているなと感心してしまった。
万人受けさせる必要から辛さを抑制しているのはまあ仕方がないにしてもそのポテンシャルは決して侮れないなと反省しながら店を出たのだった。