柴犬と1400GTR

柴犬・コテツと小鈴とカワサキ1400GTRと食べ歩き日記

柴犬(コテツ・小鈴)

謹賀新年2016

こすずこてつのね - 1
毎年恒例の謹賀新年柴犬のご挨拶。
こ - 1
タイトルが柴犬1400GTRという割には柴犬のことがほとんど書かれていないこのブログ。
正月くらい書かないとと毎年言ってるような気もする。
こすずこ - 1
2015年は本格的なランニングをやるようになってから今度は1400GTRに乗る時間が激減してこのブログのタイトルは柴犬と1400GTRじゃなくてラーメンとランニングと焼酎にした方が良いんじゃないかと思わなくもない。
こすずこて - 1
さてうちの柴犬どもは相変わらずとっても元気ではあるのだが2015年に少しだけ異変があった。
それは種類に限らずドッグフードで不定期に下痢をし始めたのだ。
こすずこてつの - 1
以前から急に寒くなったりすると小鈴が突然下痢することはあったが2015年ではあれだけ胃腸の強いコテツまで寒くなくても突然ひどい下痢になったりした。
こす - 1
最初は徐々に治るしまあそういうこともあるだろうと様子を見ていたが小鈴もコテツも気温に関係なくそれも2匹に連動性無く突然ひどい下痢になるのでこれは食べ物に何らかの問題があるんじゃないかと考えるようになった。
それに下痢をした時に白ご飯をやると喜んで食べるし何よりこれを食べさせると常に下痢は改善してしまう事に気づいてしまった。
こすず - 1
そこで思い切ってドッグフードを止め、我々と同じ白ご飯と塩茹でしていないイワシの煮干を主食に切り替えてみた。
するとこれが劇的に効果があって下痢は皆無になりフンの量もニオイもこれまた激減という驚きの結果になった。
こすずこてつのねお - 1
もしかしたら日本犬であるこいつらにはそもそもドッグフードが合ってなくて日本人の主食ご飯が向いているのかもしれないがこれに切り替えてからもう寒い日も何度も経験したがそれこそ一度も下痢をしまくなってしまった。
こすずこてつ - 1
こうなるとさすがにドッグフードはお払い箱になってしまってもう半年以上にはなるが全くもって絶好調だ。
ドッグフードもいろいろ試してみたがどれも似たような結果だったし、最近まではずっとドッグフードで育ってきたのに最近になってこうなったってのはどっちかというとドッグフードのせいっていうよりもコテツ7歳、小鈴5歳というぼちぼち中年化してきたのが原因とも思われる。
こすすす - 1
どういう風の吹き回しかあれだけ人間と距離を取りたがる柴犬小鈴が近頃はこのように自分のヒザの上で寝たりすることも稀にあるのでおっさん&おばちゃんの間柄のいわゆる同年齢になってきたのでその距離が縮まってきたのかもしれない(笑)
ともあれ2016年たる今年は申年のようで犬とは全然関係ないがこれからもこのしょうもないブログにお付き合いよろしくお願いします。
むひ - 1
関係ないけど毎年この季節になると足の指のしもやけに悩まされるが「虫刺され塗り薬のムヒを塗る」と言われウソだと思ってやってみたらあら不思議、ホンマに治っちゃった・・・・

謹賀新年2015

IMG_9472
正月くらいイヌの記事を書かないとね(笑)
そもそもイヌの事とバイクのコトを書くために始めたブログがいつのまにやらラーメン食べ歩る記になっとるがね。
元々バイクツーリングがラーメン目的であることが多いのがその原因でもあるがもう少しはイヌの記事を増やさなければタイトルが意味不明になりかねない(もうタイトルと内容がかなり乖離しているが・・・)
IMG_0461
コテツは相変わらず酒の匂いがすると必ず近くに寄ってくる。
普段は日本犬らしく人間と一定の距離を保っているにもかかわらずだ。
お陰で自宅での酒の友はほとんどコテツであり調子にのってけっこう呑ませてもなかなかいけるので助かっている(笑)
IMG_9316
小鈴は小鈴でこちらはファンヒーターに密着マークを欠かさない。
犬は確かに寒さには強いのは間違いなさそうだが寒いのが好きなわけではないようだ。
IMG_9097
ファンヒーターに当たりすぎるとさすがに暑くて喉が渇くようで盛んに水を飲んでいる。
IMG_9466
寒い季節になるとコテツはまあ良いとしても小鈴は去年の冬下痢をしまくりで最終的には動物病院のお世話になったが今年は凝りていろいろ対策をしてきた。
IMG_9786
ビオフェルミンを与えてみたが残念ながらこれは効果があまり見られなかった。
IMG_0480
そこで今度はエビオスを与えてみたがこれが効果てきめん。
バッチリ効いているようで夏の間もずっとドッグフードに混ぜて与えていたがあれから一度も下痢をしていない。
IMG_9303
フードも長らく使っていたニュートロのシュプレモからダイアモンドナチュラル アダルト ラム&ライスに変更したのも影響があるのかもしれないが便の状態はコロッとした悪臭の少ないものでその効果は今のところ良好だ。
ダイアモンドナチュラル アダルト ラム&ライスはシュプレモに比較してもかなり安いがイヌの食付きや便に内容の違いはほとんど感じられないので個人的にはかなりオススメしたい。
IMG_0143
今は二匹とも朝一度の食事でそのフードの中にエビオスを10錠程度混ぜて与えてその後自分と一緒に白米の朝ごはんを食べる。
その後は何も与えないがこれが良いのか悪いのかわからないが先日の爆弾低気圧がもたらした寒波でも小鈴は下痢をしなかった。
IMG_9768
水は朝晩の散歩の時に好きなだけ飲ませてやるのだがこの水は冷たいのだがこれで腹は下していないようだ。
IMG_9013
エビオスの味がどうもイヌには非常に美味く感じられるようで優先的にエビオスを食べているくらいでこんなに喜んでくれてしかもお腹の具合を調整できるのなら願ったりかなったりだ。
IMG_9782
今年もイヌともども頑張ってこれまで通りに毎日1記事を欠かさず実行する所存なのでまたお付き合いをお願いしたい。
IMG_9781
年始にあたってことしもぼちぼちゆる〜く更新していけたらい良いと思う。
最後に小鈴が自分の股間に顔を埋めるどうでも良いような動画で癒やされて欲しい(笑)

フィラリア薬の個人輸入

ふぃら1
ある動物病院が転載許可されているプリント原案である。

「フィラリア薬をネット購入されている方へ

 フィラリアの予防薬は、誤った使用方法を行うことにより動物の死亡につながるため、「要指示薬」という指定がされています。要指示薬というのは、決められた手順を踏んで獣医師が"処方"しなければならないと法律で定められているということです。
 フィラリア予防薬は獣医師でもネットで販売することは禁止されており、日本国内で販売すれば違法行為として逮捕されます。海外の業者のため規制ができないだけで、違法すれすれの行為です(日本国内で規制されている大麻を、海外に行って吸って来るというのと同じ話です)。
 海外からの薬がきちんとしたものかも分かりませんし(人間でも海外性のバイアグラで粗悪品が多く出回っています)、動物がフィラリアにかかり死亡したとしても、それは飼い主さんの自己責任です。実際にネット購入をしていてフィラリアに感染したという報告も出て来ています。
 フィラリア薬は動物に危害がおよぶ可能性がある薬ですので、ネットで海外から購入することは絶対におやめください。
ふぃらえい2
 フィラリアの薬をネットで購入するということは、するべきでない一線を越えている行為ですので、フィラリア薬を海外から購入されている方と、当院で処方している方とは区別して対応させていただきます。以下の点ご了承ください。
ふぃらえいあ1
1.フィラリアの検査代について
 当院で処方させていただいている場合、検査代は採血料をサービスして、検査キットの料金だけいただいています。検査だけ当院で行う場合は、診察料+採血料+検査キット代となります。
ふぃら7
2.診療について
 診療においては、ネット購入されている方の場合も、するべきことをさせていただきます。当院でフィラリア薬を処方させていただいている方には、治療や投薬へのアドバイス等は通常、付随サービスとして無料でさせていただいておりますが、ネットで購入されている方へのアドバイスについては別途、料金を請求させていただきますのでご了承ください。
 治療薬や時間外料金などについても、当院で処方させていただいている方とは一部料金が異なりますのでご了承ください(かかりつけの飼い主さんの場合は状況に応じて割引したりしています)。
ふぃらえい3
 当院では、獣医療というのは獣医師と飼い主さんとの信頼関係がなにより大切だと考えております。
 一方で、かかりつけで当院でずっと処方させていただいている方とネット購入の方とに同一に対応することはフェアではないと考えています。ずっと当院で処方させていただいている飼い主さまの方をより大切にしたいと考えておりますので、その点ご了承ください。」
ふぃらえい1
一方でこんなサイトもある。
結論から言えばフィラリア薬の個人輸入は合法である。
メリット・・・うちの柴犬2匹の場合、2ヶ月5000円かかるフィラリア薬代が6ヶ月5000円と3分の1に激減した。
モチロン動物病院に薬を取りに行く手間も省ける。
デメリット・・・薬による副作用などが出た場合自己責任となる。
それに上記にあるようにある意味かかりつけの動物病院から区別されてしまう可能性がある。
ふぃら2
では海外の人々はどうしているのだろう?
とくにアメリカではドラックストアなどで我々が風邪薬や胃腸薬を買うように普通に売られているようだ。
同様にネットでも販売されている。
要するに日本の場合は規制によりフィラリア薬は動物病院専売となっている。
ふぃら3
実際自分もいつもの動物病院のセンセからはフィラリア薬を途切れないように投与するように言われて来たしセカンドオピニオン的に訪れた他の動物病院でもかかりつけになってくれないと困るみたいに言われた事があり少し不信感を持った経験がある。
変なハナシ、フィラリア薬は動物病院の月謝と言うか金の鉱脈になってはいないだろうか?
業界的には個人輸入のフィラリアの投与はハイリスクだという主張なのだろうがよく考えたら、人間様の薬はドラックストアで買うのに犬どもの薬はわざわざ病院で買うってそもそもナンセンスなんじゃないだろうか?
ふぃら4
それで今年の春から個人輸入のフィラリア薬に切り替えてみた。
かれこれ4ヶ月になるがなにも変わらない。
うちの犬どもは悪食で薬だろうがなんだろうがポリポリ平気に食べてしまう。
これまで憂鬱なのに実行していた動物病院通いは何だったのだろう??
これでかかりつけの動物病院の信頼がなくなるのなら動物病院を変えるまでだ。
ふぃら5
こんなフィラリア薬を動物病院専売に規制しているのが日本だけだとしたら既得権益にしがみついている業界と言うことになるがネットの普及でそのカラクリが露呈してしまうとこうした個人輸入ばますます増加ことになるだろう。
ふぃら8
あくまでもこれは一個人の意見であって決してオウンリスクとなるフィラリア薬個人輸入を推奨しているわけではないので念のため。

今度はエビオス錠で小鈴の下痢を治す!

えびおす1
年末からの下痢騒動が長引く柴犬小鈴。
新ビオフェルミンSの治療でも一時的には良くはなるのだがまたまた調子を崩してしまい滅多な事ではやらなかったのにゲージの中に痛恨の粗相してしまう始末。

こりゃまた動物病院行きかなぁ~って思っていたのだがネット徘徊で犬にはアサヒビールの子会社アサヒフードアンドヘルスケアが出してるエビオス錠が良く効くと書いてあるのを発見。
それはこんな記事やこんなのといろいろあるけど新ビオフェルミンSでいいのなら当然エビオス錠だって同様だと考えるのは当然と言えば当然か?

そこで早速買ってきたよエビオス錠1200錠入り。
効能・効果
・食欲不振(食欲減退)
・胃弱
・胃部・腹部膨満感、消化不良、食べすぎ、飲みすぎ、胸やけ、もたれ(胃もたれ)、胸つかえ、はきけ(むかつき、二日酔・悪酔のむかつき、悪心)、嘔吐
・栄養補給、妊産婦・授乳婦・虚弱体質者の栄養補給、栄養障害

こんな方におすすめです。
■食欲不振・胃弱・胃もたれ・消化不良に
■飲みすぎ・胸やけに
■栄養補給に
■妊産婦・授乳婦の栄養補給に
え4
実は自分も幼少の頃お腹が弱くて親にエビオス錠を飲まされていたことがあるのである意味非常に懐かしい。
改めてエビオスを調べてみると単なる整腸剤にとどまらず栄養補助食品としての側面もあるようだ。
え1
問題はその投与量だが人間の大人が一日30錠であることを考えれば体重8キロの小鈴は6錠程度が定量として朝晩3錠づつやってみることにした。
もちろん新ビオフェルミンSも併用している。

どうでも良いことであるのだがこのエビオス錠、犬受けする味のようで異様に食いが良いのには笑える。
コテツが小鈴の口から興味ある香りを嗅ぎつけたようで盛んに小鈴の口腔を調べるようになった。

仕方ないのでコテツにも幾つかエビオス錠をやるとポリポリと軽快な音を立ててウマそうに食ってる。
っていうか殊の外気に入っているようでこのエビオス錠の味が彼らにはぐっと来るようだ。
え2
こりゃええ塩梅ぢゃわいとばかりにコテツ小鈴両方にルーティンにエビオスを飲ませてみることにした。
それとこれを機会に食事を朝晩2度に分けてやっていたのを朝一回にまとめることにした。
その理由はどの食事で下痢をしたかを特定するため。
かくして朝にドッグフードと白米と新ビオフェルミンS1錠とエビオス3錠、晩は新ビオフェルミンS1錠とエビオス3錠のみという一日1食生活が始まった。
えび2
まあ一日の食べる量は以前と同じながらそれが一気に朝に詰め込むような形になるのが吉と出るか凶と出るか・・・・。
それから10日が経過。
え3
彼らがあんまり美味そうにエビオスをぼりぼり食べるのでついつい自分も人間の投与量1食時に10錠を食べるようになってしまた。
これまで眉唾もののわけのわからん栄養ドリンクやサプリメントって効果を感じたことなんて一度のなかったのだがこのエビオス錠は違う。
えびおす2
自分はそんなに下痢体質でも便秘でもない普通体質だがこのエビオス錠を飲むと明らかに胃腸の調子がよくなる。
つまり猛烈な快便になるわけだ。
これは決して下痢ではなくホンモノの快便。
中学2年の娘に話したら真似して飲んだようで彼女もせっせとこのエビオス錠を飲むようになったということはそういうことなのだろう。
あとこれは個人差あると思うがいわゆる若さが戻って来たのが体感できるのが凄い。
えびお1
ちょっと話がそれてしまったが犬どもも当然ながら同様だ。
今のところではあるが寒い朝が続いても小鈴は快便を取り戻し便秘気味だったコテツは逆に便の回数が増えた。
もしかしてこのエビオス錠って昔からあるけどやっぱりそれなりに理由があるのね~。
ネットを更に調べるとこんな効果そんな効果もあるようだが足の中指のしもやけは治らなかったからコレには効かないのは確かなようだ(当たり前だが)
えび3
まだほんの10日だけではあるがうちのエビオス錠の消費量は増えつつある。
購入当初1200錠もあるのをどうしようかと不安に思っていたがこれだと1ヶ月もたないかもしれない。
医薬部外品だしオコチャマのプラシーボ効果的なおやつみたいなもんかと思っていたエビオス錠だがイヌをきっかけに自分ももう少し試してみようかと思っている。
いや自分はアサヒフードアンドヘルスケアの回し者ではないがお腹が弱くなくても中年はちょっとエビオス錠、一回は試してみる価値はあると思う。



新ビオフェルミンSで小鈴の下痢を治す!


年末に下痢を拗らせてから再び下痢をしてしまった小鈴。
今年の冬が寒いのかいつになく下痢気味になってしまうので困っている。
まあ原因が獣医さんで「寒冷性下痢」と診断して貰っているからそう心配することはないがどうにか予防できないもんかといろいろ調べてみた。
げり3
このファンヒーターの前にへばりつくのが下痢の原因かとも考えたがもう一匹のコテツもなんだかんだでやっぱりこうしてファンヒーターの前にいるし全く同じものを食べているのに下痢しないのでおそらくは関係ない。
どちらかといえば小鈴はもともと腹が弱いと考えたほうが合点がいく。
そうなるともうこりゃ整腸剤あたりに頼るしかないのだがそもそもイヌの整腸剤なんてあるのかね?
げり1
そこでネットを徘徊して個人的に調べてみたらどうやら多くの記事で新ビオフェルミンSイヌやネコにまで効果があると書いてある。
ホンマかいな?と懐疑的になりながら更に検索してみる。
するとこんな記事こんなブログに遭遇した。
どうでもいいことだが現在の新ビオフェルミンSはビオフェルミン製薬の製造販売となっているがたしか以前は武田製薬だったように記憶している。

どうやら製造元は元からビオフェルミン製薬だったようでこれを武田製薬が販売していたようだ。
「創業は1917年(大正6年)2月12日。1949年に現在の社名に変更された。創業当初から一貫して、乳酸菌整腸薬「ビオフェルミン」を中心として企業経営を成り立たせている。

長く「ビオフェルミン」の販売を武田薬品工業に委託しており、武田グループの販売、製造会社の一社だったが。2008年3月より大正製薬傘下となっている。国内販売は2014年より、輸出は2016年より、それぞれ大正製薬に移管予定である。」
この新ビオフェルミンSは基本的に医薬部外品であって薬っていうよりも栄養剤というかサプリメントのような存在と考えて良いだろう。
げり2
どうやら即効性ではないようだが長期的には効果がありそうだし人間の場合の副作用は下痢をしてしまうことがあるようだがそもそも下痢がちなわけだからまあやってみるか!とばかりに近所のドラッグストアで買ってきたよ!新ビオフェルミンS!!
うちの犬どもは悪食なのかどんな薬でもガリガリかじって美味しそうに食べてしまうので餌に紛れさせて新ビオフェルミンSを定期服用させてみることにした。
問題はその量なのだがこれもいろいろ調べてみると人間の大人が一回3錠が一日3回だから9錠。
てことは体重8kgの小鈴だと2錠くらいが適量って考えたら良いのだろう。
げり4
最初は下痢してしまっていたから朝晩2錠づつの4錠与えてみた。
ちょっと多すぎたかな?って思ったんだけどこれが良かったのかわからないが一日で下痢は治癒し普通の便に戻った。
そこで朝晩1錠にして毎日服用させてみたらしばらくは軟便はでず調子が良くなったそんなある日、軟便ながらかろうじて形が残ったくらいの便がでてしまった。
それをみて再び朝晩2錠の一日4錠体制に切り替えてみた。
さてさてこれからどうなることやら...
つづく
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カテゴリー
月別アーカイブ
記事検索
メッセージ