柴犬と1400GTR

柴犬・コテツと小鈴とカワサキ1400GTRと食べ歩き日記

バイクのこと

ユーザー車検2016 バイク編

ゆー - 1
やってきたのは中国運輸局広島運輸支局
2年に一度のお約束バイクのユーザー車検を受けるためだ。
ゆーざ - 5ゆーざ - 12
当然と言えば当然ではあるが車検に通らないような改造をしているような場合は前もってフルノーマルに戻すべきところは戻して準備しておかなきゃならぬ。
ゆーざ - 1ゆーざ - 2
自分で揃えるべき書類は新旧の自賠責証書(2年13640円)、継続検査用の軽自動車税納税証明書。
ゆーざ - 3ゆーざ - 4
次にこのサイトから定期点検整備記録簿をダウンロードして記入したものと今までの車検証。
そしてこのサイトから事前にユーザー車検自体をネット予約しておく必要がある。
ゆーざ - 6ゆーざ - 7
そして予約した日に車検場で受付をするとカンタンな説明がある。
その説明通りにまずは継続検査申請書(OCR3号)30円で購入。
ゆーざ - 11ゆーざ - 8
備え付けの見本と自分の車検証を見ながら継続検査申請書(OCR3号)に鉛筆で記入する。
次に重量税3800円、車検代1700円の印紙を購入する。
ゆーざー - 1ゆーざ - 9
そして自動車重量税納付書にサンプルを見ながら必要事項を記入して重量税印紙3800円分を貼り付ける。
同様の手順で自動車検査票1にも必要事項記入し、車検費用1700円の印紙を貼り付ける。
ゆー - 3
これを提出して合格ならいよいよ実際にバイクの検査場に移動する。
電装系、灯火系は難なくクリアしたのだがなんとここで排ガスチェックとエンジン番号が見えないと言うことででひっかかる。
とりあえずそのまま車検は進むように指示されたのでブレーキ、メーターと進み問題のヘッドライトの検査へと進む。
広島の車検場は光軸検査が厳しいので有名なので前回は事前に検査場に隣接する整備工場でライトのチェックをしたのだが、ほとんど調整する必要がなかったのに3240円もふんだくられたので今回はノーチェックでそのままチャレンジ!!したが呆気なく光軸検査は合格した。
ゆーざ - 13ゆーざ - 14
エンジン番号は普段は隠れていて車体ヨコのラバーを開けば見えるのを思い出したのでラバーを開けた状態でチェックしてもらって完了、結局排ガス検査だけは再度落とされたので行きつけのカワサキショップキティに電話したら、エンジンを吹かして中のカーボンやススを取り除けと指示されたので、車検場の広い駐車場をローギアでいっぱいまで引っ張ってエンジンを回してやった。
公道じゃないのでノーヘルだし1400ccも排気量あればローギアでも100km/h近い速度になるのだがまあ仕方がない。
ゆー - 2
それからなるだけアイドリングさせないようにして待機していたら3度目でなんとか合格。
ゆー - 4
再試験を受けるたびに総合判定所にきてハンコもらうのだがここの検査官にその都度励ましてもらって心強かったし、合格したらその検査官は笑っていた(笑)
ゆーざ - 15ゆーざ - 16
さてやっと合格したので再び受付に帰ってきて指示された通りに書類を並べて提出すると5分くらいで新しい車検証が交付される。
ナンバーにシールを貼って完了だ。
今回は再々試験になったからちょうど1時間かかったがそうじゃなかったら40分くらいで完了していただろう。
そしてかかった費用だが自賠責保険2年13640円、継続検査申請書(OCR3号)30円、自動車重量税3800円、自動車検査費用1700円で全部合わせて19170円となる。
これに事前に自分で整備をやったらそれ相応にかかるがこれは純粋に車検費用というわけじゃないので省略した。
自分のバイクはかなりの重量級だからバイクのユーザー車検費用としてはほとんど最大だと思うがこれだけの費用で済むのであれば平日の何時間かかけて行うにはじゅうぶんなメリットがあると言える。

カワサキ Z250(2013年初期モデル)

z - 4
今年の4月に息子に買ってやった中古(走行距離1000km・程度極上)のカワサキZ250で一日ツーリングに出かけてきた。
一般道、広くて速度の乗るワインディング、狭くてバンピーな酷道、そして最後は高速道路と全部で300km超える距離を走ってみた。
エンジン EX250LE型 248cm3 4サイクル水冷DOHC並列2気筒
内径x行程 / 圧縮比 62.0mm x 41.2mm / 11.3:1:1
最高出力 23kW 31PS/11,000rpm
最大トルク 21N.m 2.1kgf・m/8,500rpm
車両重量 170kg
z - 3
まず戸惑ったのが左手のスイッチ類。
シンプルなのは良いのだが自分の1400GTRと比較してウィンカーとホーンの位置が近いので何度も間違ってホーンを鳴らしまくってしまった(笑)
z2 - 3z2 - 4
それとステップがかなり上にあってバーハンドルが低い、予想よりも前傾なライディングポジションは慣れるまでなんとなく違和感があったがシートの後ろに座るようにしてからはしっくりくるようになった。
z2 - 5z2 - 6
足回りは思いの外固く、シートは見た目通り薄いのでドカッと座ってばかりだとケツが痛くなってくる。
z2 - 11z2 - 13
まあ自分の場合どんなバイクに乗り換えても軽く感じてしまうので同様の感想ではあるが250としてはやや大柄な車体は取り回し時に見た目の想像よりは重さを感じる。
そうはいっても1400GTRと比較すると街乗りは特にこの手のサイズは乗りやすいし駐車、Uターンなども楽勝だ。
ただエントリーモデルとしてはシート高はそれほど低くはなくさすがバイクを小さく造れないカワサキの伝統は守られているようだ(笑)
z - 2
広いワインディング・ロードではこのZ250は31馬力とは思えない走りを披露してくれる。
自分は昔、カワサキGPX250Rで通勤していたのだがその時と比較すると14馬力もパワーダウンしているこのZ250に期待していなかったのだが、確かに高回転は封じられてしまったがそのフラットトルクは異次元だ。
z2 - 1z2 - 2
シングルながらじゅうぶんな制動力を発揮するフロントブレーキは軽量な車体を余裕をもって制御してくれるので安心感がある。
最新モデルはこれにABSが装備されているようで更に使いやすいだろう。
z2 - 8z2 - 9
リアブレーキは自分の好みよりもかなり強く効く設定になっており慣れるまで苦労したがこの手の軽量バイクにはこういう方がよいのかもしれない。
とにかく最初は昔の高回転高出力だったGPX250Rと同様に高回転を維持しながらシフトをしていたのだが「パワーバンドなんて死語」の今のエンジンにかかったら、そんなせせこましい走り方じゃなくずっと下からそのフラットトルクを利してまるでATのようにゆったりシフトチェンジのほうが結果的に早く走れそうだ。
市街地では固く感じた足回りも高速コーナーなんかじゃぴったりだ。
z2 - 7z2 - 10
バンピーな酷道も攻めてみたがフラットトルクを利して、煩わしいシフト操作に手をとられることなくぐいぐい登っていく様はさすがは新しいインジェクション+エンジンだと感心する。
ただ荒れた路面だと車体が簡単に跳ねてしまうので操作性は難しくなる傾向があるようだ。
z2 - 14z2 - 15
クラッチは昔ながらのワイヤー式だが自分の1400GTRの油圧式より操作感は上々でこれでじゅうぶんなんじゃないかと思ってしまった。
z - 1
自分はオフロードをやっていた頃からシフトアップ時にクラッチを切らないのだがこのZ250は低速時に限りややシフトが入りにくくギクシャクしてしまうシーンが何度かあった。
飛ばしているときはサクサク入るのでまあ、問題はないのだが。
z - 5
最後に高速道路だがカウルレスによる風圧がツライ事以外は快適である。
ここからは夢の話で恐縮だが伏せない姿勢ではぬおわkm/h、タンクに伏せるとぬおえkm/hがメーター読みで確認できた所で目が覚めた(笑)
だから標準的な高速道路でのクルマの流れに乗ることなんて造作も無い事ではある。
z2 - 17z2 - 18
最後に燃費であるが満タン法で計測、ワインディングを3速、4速あたりが吹け切るくらいに回したあと市街地を普通に走ってリッター30km、これまた市街地と高速道路で夢を見て走ってもリッター30km。
レギュラーガソリンだから大人しく走ればもっと経済的にも嬉しい存在だ。
初心者の息子にこれを買い与えたのは間違いなかったと確信した一日になった。

レインスーツBIKERSバイカーズ(ワークマン)

ばいか - 1
2016年6月にワークマンから本格的なバイク用のレインウェアが発売されると聞いてやってきたよワークマン広島宮島街道店
でも6月1日には間に合わなかったようで予約して電話を貰ったので商品を受け取りに来た。
ばいか - 4
それがこのBIKERSバイカーズ。
「耐水圧はなんと15000mm。すでにライダーの間では定評のある防水防寒スーツ「イージス」の1.5倍に強化されているほか、前傾姿勢にも対応したサイクルカットの採用、袖とウエストのバタつき防止ベルト、おまけにヒザパッドまで装備」でナント5800円!!と言うから人柱になるべく飛びついた。
まあ自分のレインウェアを先日バイクデビューした息子にやったからなんだけどね(笑)
ばいか - 3
カラーは黒、青、グリーンとあって明らかにカワサキ党をターゲットにしたのであろうグリーンMサイズを購入したが他にもサイズはL・LL・3Lとあるようだ。
ばいかー - 6ばいかー - 4
上半身はこれにバイク用としては使わないであろうフードとネックガードがついてくる。
ばいか - 2
ズボンはどのカラーを選択してもこのブラックのようでなんといっても最大の特徴は予め装着されているヒザパッドだ。
ばいかー - 1ばいかー - 2
触ってみるとペラペラのやつじゃなくしっかりしたゴッツいのが入っているのがよくわかる。
ばいかー - 3ばいかー - 11
後ろはこんな感じで裾はマジックテープで締められるタイプでこれならもしかしたらブーツのままでも履けるかもしれない。
ばいかー - 9ばいかー - 10
実際に履いてみるとこのヒザパッドの違和感しかなくこりゃこのまま実際バイクに乗ったら気になって仕方がないんじゃないかな。
ばいかー - 13ばいかー - 14
自分はヒザにパッドが入った皮のライダーズパンツを履くことが多いのでこのヒザパッドは必要ないと判断して取り外すとこんなのがでてきた。
ばいかー - 8ばいかー - 12
ジャケットは軽いのに相当しっかりした造りになっており満足度はかなり高い。
ばいかー - 7ばいかー - 5
ヒザパッドを取り除けば着た感触は良好で防水機能もありそうだけどその分蒸れそうでそこらへんは仕方がないのだろう。
ばいかー - 15ばいかー - 16
バイク用として捉えた場合切実な収納性だがヒザパッド入りだと難儀したのだがそれを取り除けば簡単にしかも余裕で付属の袋に納まってくれる。
ばいかー - 17
敢えて難を言えば上下ともポケットがひとつもないのはやや残念で実際使いにくかろう。
まだこれを着てバイクで雨中走行をしていないのでなんとも言えないがバイク用としては格安の5800円という値段を考えれば破格の内容なんじゃなかろうか。

マツダRX-8 ユーザー車検2016

しゃ - 2
やってきたのは中国運輸局広島運輸支局自動車検査法人中国検査部
目的はクルマのユーザー車検だ。
取り敢えずネットで予約が必要だ(平日のみ)。
しゃけ - 1しゃけ - 2
事前に準備する書類は「自動車税納税証明書」「定期点検整備記録簿」「車検書」「自賠責保険証明書」と現金(詳しくは後述)で認印はクルマの持ち主本人であれば必要ない。
しゃけ - 5しゃけ - 6
ユーザー車検カウンターで受付をすると必要書類を渡され簡単に流れを教えてもらえる。
「自動車検査票1」と「自動車重量税納付書」にサンプルを参考にしながら必要事項を書き込む。
しゃけ - 4しゃけ - 3
次に隣の建物に移動して「継続検査申請書(OCR3号用紙)」を30円で購入する。
しゃけ - 9しゃけ - 10
ここに現在の走行距離を書き込む欄があるのでメーターを写真に撮っておくと便利だ。
しゃけ - 7しゃけ - 8
そして次にゼニを払う事になるわけだがRX-8の場合で検査料が1800円、重量税が34200円の締めて36000円が必要になる。
しゃ - 1
前回の2014年のユーザー車検を調べてみると重量税は24500円だったから今年の4月で重量税が9700円もアップしていることがわかる(@_@;)
しゃけ - 11しゃけ - 12
エラい値上がりに目眩を感じながら書類をまとめて提出するするといよいよ今度はいよいよ検査に向かう。
しゃ - 3
この日は8時40分に受付したからそれほど混雑していなかったがもう少し遅い時間帯だと業者が集中するのでかなり待たなきゃならん場合もあるようだ。
しゃけ - 13しゃけ - 14
どうでも良いけどこの車検の最中に検査官の休憩によく遭遇するのだがそんなに頻繁に休まななきゃならん程の激務とも思えんがのぅ〜(笑)
しゃけん - 1しゃけ - 15
あとは言われるがままに作業は10分くらいで終わって晴れて合格。
まあ普通に違法改造とかしていなかったら殆どのクルマは受かるようだ。
しゃ - 4
それから再びユーザー車検カウンターに行って全ての書類を揃えて提出してやっと新しい車検書が交付される。
受付開始から全ての作業終了まで自分はこの日下痢でしょちゅうトイレのご厄介になったからいつもより時間がかかってしまったが、不慣れな人でも1時間半くらいなんじゃないかな。
しゃけ - 16しゃけ - 17
最後にフロントガラスの内側からこのシールを貼って完了だ。
今回のユーザー車検にかかった費用は事前に更新した自賠責保険27840円(値上がり)+継続検査申請書(OCR3号用紙)30円+車検代1800円+重量税34200円(値上がり)で全てで63870円!!と2年前の51380円と比較すると12490円の値上がりだ。
そういえばバイクの重量税も値上げになったと聞いたけど今年の冬はバイクの車検もあるのよね〜今から憂鬱だ。
これは健忘録の為に書いているので決してユーザー車検を推奨しているわけではない。
ユーザー車検はあくまでもオウンリスクなので念のため。

ネット通販でクルマのタイヤ交換(ナンカンNS-20)

なんか - 1
最近ネットでよく見かけるオートウェイ
以前は胡散臭いアジアタイアを激安通信販売している怪しげな会社と思っていたがここでタイヤ交換しているヒトも何人も話しを聞いてなかなかどうして良いと噂を聞くようになった。
なんか - 2
今回、クルマのタイヤをこの噂のゲートウェイでやってみるかと思い立ったのだった。
まずは自分のクルマの車種と年式、グレードを入力すると簡単に候補タイヤが表示される。
なんかん - 1なんかん - 2
基本的にバイクにも履かせている台湾のナンカンタイヤにしようと決めていたのでこのNS-2にしようかと思ったのだが製造国が中国なので躊躇してしまっていると・・・
なんかん - 3なんかん - 4
そのひとつグレードが上のNS-20がやや割高ながら台湾製であることが確認できたので迷わずコイツに決定。
なんか - 3
一本7990円に送料込で36280円でネット決済した。
なんか - 4
幾ら安いタイヤであっても素人が自分でタイヤ交換なんてできないし古タイヤの処理の問題もある。
ゲートウェイが良いと思ったのは交換してくれるショップをネットで簡単に紹介してくれることだ。
自分の場合は西区の福川商会が近かったのでここに決定しこちらにタイヤを送ってもらった。
なんか - 5
マジマジと今までのタイヤを眺めてみたが確かに駆動輪であるリアタイヤはもうスリップサインでまくりでフロントももうすぐ出るって感じで確かにこりゃアカンわ(笑)
なんか - 6
福川商会に予約をしてタイヤ交換に出かけたが1時間くらいかかるというコトだったが実際40分もかからず完了。
なんかん - 5なんかん - 6
NS-20のNSって「Noble Sport」の略だったのね。
全然わからんかったわ。
なんかん - 9
ちなみに福川商会では交換料、バルブ、廃タイヤ処理料で全部で11232円かかったので今回のタイヤ交換には全部で47512円かかったことになる。
以前のタイヤ交換ではダンロップ・ビューロにして確か9万円くらいかかった記憶があるので約半額で納まったってことだ。
なんかん - 7なんかん - 8
自分は峠を攻めたりしないのでコーナリング性能はわからないがとにかく乗り心地と静粛性は劇的に改善された。
高速性能もどうせ180km/hリミッター付いてるから自分にはこれくらいでじゅうぶんだ。
値段が安いからそれ以上を期待しているわけではないが値段を考えたらじゅうぶんに納得できるんじゃないかな。
な - 1
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カテゴリー
月別アーカイブ
記事検索
メッセージ