柴犬と1400GTR

柴犬・コテツと小鈴とカワサキ1400GTRと食べ歩き日記

居酒屋

蛸やき・たこもん(佐伯区)

た - 1
蛸やき・たこもん
たこ - 1たこ - 2
昼に食べすぎてヘビーなものは食べられないと思った日の夜に息子とここにやってきた。
たこ - 3たこ - 4
まずはキンキンに冷えたビールで乾杯!!
た - 2
さっそく「たこ焼き生大セット1000円」のたこ焼きがやってきた。
たこ焼き10個と生ビールの大だったらかなりお得感があるわな。
たこ - 5たこ - 6
続いてだし巻きに刺し身だがどれもこれも300円以下の破格の料金だからその量には納得できる。
たこ - 8たこや - 1
これにたこ焼き20個と更に10個追加して食べたのだがたこ焼きとビールって絶望的なほどに合うのを再確認した(笑)
それにしてもビール大2,中1にこれだけ食べて5000円でお釣りがくるのだがら信じがたい安さと言わざるを得ない。
今夜も上機嫌でたこもんを後にしたのだった。

河内鴨専門店 瓦町どら鴨(大阪市中央区)

か - 1
河内鴨専門店 瓦町どら鴨
かも - 1かも - 2
名前からして鴨料理の店なのだがどうやらランチは鴨つけ麺なるメニューを出しているようでこれがとっても気になる。
だけど残念ながら夜の部ではやっていないらしい(涙)
かも - 5かも - 3
今日は大阪に泊まる日なのでビールを注文。
河内鴨鍋道コース(税抜き2950円)をお願いした。
かも - 4かもの - 1
まずは前菜がでてきたがどれも鴨肉とは思えない柔らかさよ。
か - 2
今まで鴨って鍋やうどんで食べたことはあったがイメージはあまり良くはなく、どっちかというとマトンと同様に固くて旨みが少ないと思っていた。
だけどこれはまず柔らかさにたまげて、続けて旨みに感心してしまった。
かも - 6かも - 7
そうこうしていると鴨鍋の用意が着々と進められている。
か - 3
肝心の鴨肉は通常の鍋用と奥はしゃぶしゃぶ用だと説明された。
かも - 8かも - 9
よく鴨がネギ背負ってやってくる、とか言うけど確かにこのややクセがあってコッテリした鴨肉には野菜が必須でこのバランスが難しいようだ。
しゃぶしゃぶに至っては柔らかさを実感できる仕上がりでさすがは食い倒れ大阪!(笑)
かも - 10
ここでうどんかソバが選べるのだが気分でそばをお願いした。
か - 4
鴨肉のエキスのでたダシで食べるソバってこんなに旨いのね、知らなかった。
かも - 11かも - 12
これにアイスのデザートにお茶が出された。
ハッキリ言ってお腹はパンパンでもうラーメンとか食べることは出来ない。
今までの鴨肉に対するマイナスイメージを大阪で完全に吹き飛ばすことができたのは大きな収穫だった。

角打福本屋(南区)

ふ - 1
角打福本屋
日本酒メインの立ち飲み屋さん。
ふく - 1ふく - 2
今日はおっさん3人の飲み会。
広島駅近辺のわかりやすい場所のここに決定したのだが様子がわからないので取り敢えずビール(笑)
ふ - 2
揚げ物が中心のようで一通り注文してみた。
ふく - 3ふく - 5
おでんも飽きてきたのでここらへんで日本酒にチェンジ。
知っている銘柄もあるがせっかくだから知らないのを中心に冷やと熱燗であれこれ飲んでみる。
ふく - 6ふく - 7
ぱっとみ、とっつきにくそうな大将だが話してみると色々注文に答えてくれる。
ふ - 3
メインはこれだったようだがここらへんからいつものように記憶が薄れていてなんだったか思い出せない(笑)
ふく - 4ふく - 8
日本酒が旨かったせいもあって立ち飲みなのにすっかり寛いでしまってブレーキが壊れてしまった汗
ふく - 9ふく - 10
完全に記憶を失った自分は糸のキレた凧状態でこの日はよっしーに連れて帰ってもらったのだった(涙)
今度は日本酒に呑まれないように気合を入れてもう一度このお店にチャレンジしたいと思う。

焼き鳥 てんぐの隠れ家(松山市)

てん - 1てん - 2
焼き鳥 てんぐの隠れ家に予約をして松山市内にやってきたのだがお店が見つからない。
近隣に焼き鳥屋がたくさんあるし、その店名も「てんぐ」や「隠れ家」って文字が被っていてわかりにくさに拍車がかかる(笑)
て - 1
地図アプリを頼りにここであることが確認できたのだが、通りに面したこのオブジェみたいなのにち〜いさく「Tenguno Kakurega」と書いてあるのを発見!!
てん - 3てん - 4
下駄箱があるのでここで靴を脱いで入るようだ。
てん - 5てん - 6
入り口に靴を脱ぐように看板が立っているのだが一元だったら見落としてそのまま入ってしまいそうだ。
そして奥へ入ると店内の炉端に案内された。
てん - 7てん - 9
2時間制限があるのだがこの「てんぐ初体験の方へ。売れ筋No1商品だけお腹いっぱい食べ尽くそう!炭の香ガツンコース8品4500円」をお願いしたのだが頼んでもいないのになぜか4000円でやります!と言われてコースが始まった。
当然飲み放題も含まれているので生ビールをガンガン飲むつもりだ。
てん - 8てん - 10
まずはつきだしと野菜がやってきた。
焼き鳥屋さんのキャベツってのは定番だけどこの待っている間の良いつまみになってくれるんよね(笑)
てん - 11てん - 12
だし巻きにつくねがでてきた。
それにしても炉端席に座ったのだが目の前で炭火でガンガン焼いている光景はなかなか壮観だ。
て - 2
全体にネタが大きく一つ一つホンマに迫力があってこれまた旨いしどうなっとんねん。
てん - 13ぐ〜 - 1
揚げ物は手羽先でこのタルタルソースは手作りなのが泣かせる。
て - 4
茶碗蒸しにはイクラが乗っていてこんなん食べたことないわ。
てん - 14てん - 15
串は6本らしいがこれだけ大きな串ばっかりだったら絶対お腹いっぱいになるのは確実だ。
てん - 17てん - 18
トドメは巻きずしにデザートのアイスだ。
この怒涛の焼鳥攻撃にビールも3杯くらいしか飲めなかったし、松山の夜の〆にはラーメンを画策していたのだがここまでのコースでマジ満腹になってしまったので断念したほどだ。
これで支払いが本当に税込み4000円だったのは衝撃だった。
2時間制限が来たのでお店を出たがこれで人気が出ないわけもなく、こんなわかりにくお店なのに超満員の大盛況に驚いてしまった。
日本酒や焼酎の品揃えもサスガだし忘れられないお店になってしまったことは断言できる。
焼き鳥 てんぐの隠れ家、マジオススメだす!

集来軒(中区袋町)

し - 1
集来軒
グーグルマップを使っていたからやってこれたが普通は絶対に気づかないようなお店。
しゆ - 1しゆ - 2
今日は忘年会で何の予備知識もなくこの店にやってきた。
しゆ - 3しゆ - 4
4人の忘年会に少し早くついてしまったから待っている間にも着々と準備が進められていてタレと塩、キャベツが運ばれてきた。
しゆ - 5しゆ - 6
メンツが揃って生ビールで乾杯!
メニューはこういう当店名物おすすめコース2人分4800円がウリなのようなのでこれをお願いした。
ずいぶんザックリとした注文だがこんな方が楽で良いとは思うわな。
しゆ - 7しゆ - 8
ヤサキ刺し。
ヤサキっていわゆる「ハツ」の事で心臓のようだ。
生肉は久しぶりだがそれにしても新鮮なのかこれは臭みもまったくなくてウマいがね。
しゆ - 9しゆ - 12
これってホッペらしい。
いわゆる頬の肉ではなく牛の肺らしい。
グニュグニュとした独特の食感でこれもなかなかのもんだ。
しゆ - 10しゆ - 11
メニュー通りだとするとこれがホルモン?
とにかく半分以上が脂身のコッテコテながら酢の効いたタレに相性が非常に良い。
それ以前にこのあっさり酸っぱくて少し辛味のある独特のタレの秀逸さが光る。
しゆ - 14しゆ - 15
さてこのへんから日本酒にチェンジ。
最初は金光酒造の桜吹雪大吟醸
初めて呑んだがサスガの飲みやすさにがっつり呑んでしまった。
し - 2
牛タン。
こんな柔らかいタンって食べたこと無いよ。
どうなっているの?
しゆ - 13しゆ - 16
もうここらへんになると記憶も曖昧でこのメニューっていったんなんなんだろう?(汗)
し - 3
これはどうみてもタンじゃないから追加で注文したのかな?
う〜〜ん写真はあるけど思い出せない。
し - 4
おお!貴まで呑んだのか。
今になって初めて知った。
楽しい忘年会だったがいったい幾ら払ったのだろう?
それにしてもこお集来軒のお肉料理のレベルの高さには正直舌を巻いた。
こんな名店をこれまで見過ごしていたとは一生の不覚だった。
今度は迂闊にウマい日本酒に呑まれる事なく肉を味わいにリベンジを誓ったのだった。
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カテゴリー
月別アーカイブ
記事検索
メッセージ