柴犬と1400GTR

柴犬・コテツと小鈴とカワサキ1400GTRと食べ歩き日記

ジャンクフード

ニュータッチ 竹岡式らーめん(ヤマダイ)

た - 1
ニュータッチ 竹岡式らーめん
たけ - 1たけ - 2
発売日 2017年5月22日
希望小売価格(税抜) 210円
内容量 136g/めん70g
公式サイトではリニューアルしたようでこれはリニューアル前のバージョンってことのようだ。
たけ - 3たけ - 4
・ 千葉県富津市竹岡発祥!ご当地ラーメン
・ 竹岡ラーメンの人気店「梅乃家」店主推奨品!
・ 本格豚バラチャーシューと醤油ダレの旨さがクセになる
たけ - 5たけ - 6
竹岡式ラーメンは千葉県富津市竹岡発祥の 漁師町で生まれたご当地ラーメンです。
チャーシューを煮込んだしっかりと肉の旨みが溶け込んだ醤油スープと、シャキシャキの角切り玉ねぎが特徴の醤油ラーメンです。
たけ - 7たけ - 8
千葉のご当地ラーメンである竹岡式ラーメンの最大の特徴は何と言ってもダシを使わないこと。
た - 2
ダシがないってことは「とんこつ」「鶏ガラ」「魚介」が全く使われてないってことだ。
た - 3
ほんじゃどうやってスープつくんねん??って疑問が激しく湧くが要はチャーシューの煮汁を麺のゆで汁で割るだけ。
たけ - 9たけ - 10
まるでインスタントラーメンみたいな竹岡式らーめんだけに本当にカップ麺になったらどうなんだろうという疑問は確かにある。
たけ - 11たけ - 12
さすがレトルトパックされたチャーシューとメンマはさすがに本格的でこれが入るだけでグッとクオリティがアップする。
たけ - 13たけ - 14
凄麺シリーズと違う通常の油揚げ麺は太めながらやっぱりちょっとコシが弱いがそれでもまあしっかり香りが立ち上るタマネギに助けられてなかなかだ。
実際に千葉で食べた竹岡式らーめんと比較するとスープはよく似ているが全体としてはややイメージが異なるがそれでもよく出来ている。
これは凄麺シリーズだけではないこちらの油揚げ麺シリーズも調べてみないといかんようだ(笑)

ニュータッチ 凄麺 横浜とんこつ家(ヤマダイ)

よ - 1
ニュータッチ 凄麺 横浜とんこつ家
よこ - 1よこ - 2
発売日 2017年3月20日
希望小売価格(税抜) 210円
内容量 117g/めん65g
よこ - 3よこ - 4
・ 横浜家系ラーメンを再現
・ もちっとした極太麺を使用
・ 大きめカットの焼のり3枚入り
よこ - 5よこ - 6
当社独自製法のノンフライ麺(切刃16番角、麺厚1.43mm)を使用しました。つるつる、中はもちもちとした食感です。
よこ - 7よこ - 8
とんこつエキスの濃厚な風味とポークガラ・チキンガラの旨味をベースに、本醸造濃口醤油を使用したバランスの良いスープで家系の豚骨醤油を再現しました。ニンニク、ショウガなどの香味野菜とたっぷりのミートペーストに、ポークのまろやかな風味を加えて素材のおいしさを感じさせるスープに仕上げました。
よこ - 9よこ - 10
液体スープ部分にポークオイルを乳化させることにより、じっくりと煮こんだ豚骨の炊き出し感を演出しました。
よこは - 1よこ - 11
ほうれん草へのこだわり
家系ラーメンのよく使われる具のひとつに「ほうれん草」がありますがカップ麺では葉物野菜の乾燥具材は崩れやすくなりがち。
よ - 2
そこで凄麺は考えました。
「ほうれん草をブロック状に成形する!」そうすることで大きめカットのほうれん草は崩れにくくなりました。
よ - 3
お店のラーメンに入っているほうれん草に少しでも近づけたい!そんな私達の思いも一緒につまった「ほうれん草ブロック」です。
よ - 4
5分待って食べてみたのだが実際これにはたまげた。
横浜の家系ラーメンなるものを横浜で食べた経験はないが地元で何度か家系と標榜するラーメン屋のラーメンよりもズバリこのニュータッチ 凄麺 横浜とんこつ家の方が旨い。
これは認めたくはないが厳然たる事実だ。
よこ - 13よこ - 14
チャーシューはアレだが3枚も入った海苔もほうれん草も驚くほどのデキでこんなもんが200円ソコソコで買えてしまうのならあの時、家系ラーメン屋で払った700円とか勿体無いとしか言いようがない。
よこ - 15よこ - 16
正直、こんな時が来るなんて思いもよらなかったがラーメンの種類によってはこんな逆転現象まで起こってしまうのが現実のようだ。
日本のカップ麺の実力は本当に恐るべし!であることをマジで実感した。

ニュータッチ 名古屋発台湾まぜそば(ヤマダイ)

た - 1
ヤマダイ名古屋発台湾まぜそば
たい - 3たい - 4
・ 全国的に人気を見せる名古屋めしを再現!
・ もっちりとした太麺にピリ辛の卵黄入りソースが相性抜群
・ ニンニク、魚粉がクセになる美味しさ
たい - 5たい - 6
発売日 2016年7月4日
希望小売価格(税抜) 170円
内容量 132g/めん100g
たい - 7たい - 8
ちなみにこれはあの「凄麺」シリーズではないので麺は普通の油揚げ麺になっていてカロリーもそれなりに上昇している。
たい - 9たい - 10
太麺なので4分待って液体スースを入れる。
たい - 11
最後にのり、魚粉、にんにくいりのふりかけをかけて仕上げになる。
た - 2
この魚粉の香りが立ち込めて正直食欲をそそられる。
た - 3
麺は太くて迫力がある。
凄麺と比較するとどうしてもクオリティが下がったのを実感するがまぜ麺の場合はこそまでは気にならない。
たい - 15たい - 16
卵黄入りソースって言われないと卵黄はわからないがコクがしっかりあってそこそこ辛い。
ニンニクとニラもなかなか良い仕事していてさすがはニュータッチだ。
入手しづらいのが唯一の欠点か(笑)

ニュータッチ 凄麺 函館海鮮塩らーめん(ヤマダイ)

は - 1
・ 北海道の人気ご当地ラーメンを再現!
・ あっさりとした中に海鮮の旨味が詰まったスープ
・ カップ麺では珍しいがごめ昆布、めかぶを具材に使用
はこ - 1はこ - 2
発売日 2015年9月7日
希望小売価格(税抜) 210円
内容量 108g/めん60g
はこ - 3はこ - 4
北海道3大ご当地ラーメンとして高い人気を誇る函館ラーメンを本格的な味わいで再現しました。
澄んだスープの中には海の幸の美味しさがギュッと濃縮されており、あっさりしながらも厚みのある味に仕上げました。
はこ - 5はこ - 6
そんなスープと絶妙な相性を誇る麺は、独自の製法で作り上げた自慢のノンフライ麺で、外はつるつる、中はもちもちとした、まるで生麺のような食感が特徴です。
老若男女を問わず、美味しく召し上がっていただける塩ラーメンとなっております。
はこ - 7はこ - 8
個性が光る具材たち
当商品の具材にはカップ麺では珍しい「がごめ昆布」と「めかぶ」を使用しています。
はこだ - 1
これらはスープに適度な旨みとトロミを与え、そして食べれば独特な食感がアクセントとなり、麺やスープに負けない存在感を発揮しています。
は - 3
いつものツルシコ麺は健在であっさりラーメンだからって細麺にすることなく中太麺で正解だと思う。
はこ - 10はこ - 15
かにかまぼこを連想させるようなトッピングもなかなかおもしろい。
は - 2
「がごめ昆布」と「めかぶ」がどれなのか正確にはわからないが見慣れないこれらの具材と思われる。
確かにこのラーメンは単なる塩ラーメンではなく独特のトロミがあって新鮮だ。
はこ - 12はこ - 11
函館の塩ラーメンっていうからてっきり先日三越広島店の地下で食べた味厨房あじさいの塩ラーメンがベースだと思っていたが全然違ったようだ。
はこ - 14はこ - 16
ネットであれこれ調べても函館にこのようなめかぶとがごめ昆布が入った海鮮塩ラーメンってのが出てこないからもしかしたらヤマダイのオリジナルなのかもしれない。
はこ - 13はこ - 17
もしかしてそうなのなら非常にハイレベルなカップ麺と言えるだろう。
当然ながらスープまで完食させていただいたがこれも凄麺シリーズのトップを伺えるデキであることは断言できる。

ニュータッチ 凄麺 奈良天理スタミナラーメン(ヤマダイ)

て - 1
ニュータッチ 凄麺 奈良天理スタミナラーメン
発売日 2017年1月23日
希望小売価格(税抜) 210円
内容量 112g/めん60g
てん - 1てん - 2
・ 食感の良い白菜をたっぷり使用
・ 白菜エキスがきいた風味豊かなスープ
・ 豆板醤、にんにくでピリ辛に仕上げました
てん - 3てん - 4
凄麺の中でも人気の高いご当地ラーメンシリーズに、奈良県をテーマにした一品が新たに仲間入りです。スープは豚骨ベースの醤油味で、ニンニクや豆板醤で辛さとパンチを加えました。
てん - 5てん - 6
麺はつるつるモチモチとした生麺のような食感が自慢のノンフライ麺で、中細の麺とピリ辛スープとの相性は抜群です。
て - 2
豆板醤の辛味に白菜の旨味、ニラ、ニンニクの風味が混ざりあった個性的な味わいは、一度食べるとクセになる一品です。
てん - 7てん - 8
「当商品の開発にあたり実際にお店で天理ラーメンを食べてみて、まずは白菜の存在感に驚きました。
てん - 9てん - 10
そこで具材にたっぷりの白菜を入れスープも白菜の旨みにこだわることでスープと具材を炒め煮込んだような雰囲気の再現を目指しました。
て - 3
また、お店のようなピリ辛でやみつになる味を再現したいと考え豆板醤の辛味やニンニク風味の強さを試行錯誤しました。
て - 4
また食べたい!と思っていただければ幸いです。
開発担当者より」
てん - 11てん - 12
凄麺シリーズには3タイプの麺があるようでこれは4分の中太麺ということになるようだが、それぞれコシがあってなかなかウマい。
てん - 13てん - 14
奈良天理スタミナラーメンを最初にひとくち食べた瞬間から相当なレベルに有ることがよくわかるデキだ。
正直思わず唸ってしまったくらい。
このシャキシャキ感が残る白菜もだがスープが素晴らしい。
個人的には天理に行って本物を食べたことがないが雄山で一度食べたことがあるくらいだ。
てん - 15てん - 16
豆板醤とニンニクのアシストが素晴らしく最後までまったく食べ飽きない。
ブラックラーメンでもたまげたが、奈良天理スタミナラーメンもカップ麺の中では最高ランクにしてしまわざるを得ないと今回も脱帽してしまった。
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カテゴリー
月別アーカイブ
記事検索
メッセージ