柴犬と1400GTR

柴犬・コテツと小鈴とカワサキ1400GTRと食べ歩き日記

ジャンクフード

ニュータッチ 広島汁なし担担麺(ヤマダイ)

ひ - 1
ニュータッチ 広島汁なし担担麺
ひろ - 1ひろ - 2
・ 広島発!話題のご当地メニューを再現
・ 花椒のシビれる辛さがクセになります
・ 広島汁なし担担麺推進委員会の公認商品です
ひろ - 3ひろ - 4
広島の新しいご当地麺としてブームを巻き起こし、今や広島市民の味として定着した汁なし担担麺をカップ麺で再現した一品です。
ひろ - 5ひろ - 6
ゴマの香ばしさとコクが感じられる担担麺のソースは、辣油の辛味と山椒のシビレをしっかり効かせました。
ひろ - 7ひろ - 8
麺はモッチリとした弾力が自慢のフライ麺で、太めの麺が辛口ソースによく絡みます。
ひ - 2
一口食べるとその痺れる辛さが後を引く、クセになる味わいの一品です。
ひ - 3
栄養成分
1食当たり エネルギー:625cal、たんぱく質:9.9g、脂質:31.7g、炭水化物:75.1g、ナトリウム:1.6g、食塩相当量:4.1g
ひろ - 11ひろ - 10
自分の地元広島では一般的になりつつある汁なし担担麺。
だけどこのカップ麺のような太麺での提供はまずみかけない。
ひろ - 13ひろ - 14
唐辛子はまあこのくらいでも良いとしてやっぱり心配だった花山椒が弱くてどうにも本物の汁なし担担麺とは程遠い出来になってしまっているのはやや残念だ。
肉味噌はまあ小さいけどないよりマシだけどタレをもう少しどうにかして欲しいと最後まで気になってしまった広島汁なし担担麺だった。

ニュータッチ 凄麺 鶏しおの逸品(ヤマダイ)

し - 1
ニュータッチ 凄麺 鶏しおの逸品
しお - 1しお - 2
・ 鶏の旨みが詰まった、スッキリとした塩ラーメン
・ スープには名古屋コーチンのだし使用
・ 蒸し鶏と鶏肉団子入り
しお - 3しお - 4
売上No.1「凄麺 ねぎみその逸品」の姉妹品として、凄麺ならではの美味しい塩ラーメン作りにこだわり開発し、デザインも「凄麺 ねぎみその逸品」を踏襲しました。
しお - 5しお - 6
鶏の旨みが凝縮した黄金色に輝く澄んだスープが特徴です。鶏肉団子は鶏の旨味たっぷり。食感からも肉の旨味を味わうことができます。
しお - 7しお - 9
当社独自の添加物を極力使わないノンフライ麺だからこそ生きるスッキリとしながらもコク深い淡麗系塩味スープのラーメンを開発。
しお - 10しお - 11
パイタン?チンタン?
近年のラーメンのトレンドに「鶏白湯(トリパイタン)」というジャンルがあります。
し - 2
当商品の鶏を素材に使用していますが分類では「鶏清湯(トリチンタン)」と呼ぶことができます。
し - 4
ではこの違いですが「白湯」は白濁したスープのことを、「清湯」とは澄んだスープのことをいいます。
し - 3
しかしこの鶏肉団子のできがマジで素晴らしくこれだけでも売ってくれんかと思ったほどだ(笑)
しお - 13しお - 14
スープはチー油が効いたパンチのあるもので即席麺のスープとしてはかなりハイレベルだ。
しお - 15しお - 12
その反面、蒸鶏の存在感は薄く言われなければわからないのがちょっと残念だった。
しお - 16しお - 8
逸品シリーズとなるとどうしてもこれまでのねぎみその逸品中華の逸品 酸辣湯麺との比較になってしまうが今回のはインパクトがやや弱い。
実際今回の鶏しおの逸品に明らかに負けてる塩ラーメンもよく出くわすのだが、やっぱり凄麺の逸品シリーズと名乗るのならオリジナリティを発揮してもう一段階上の世界を見せて欲しいと思った。

ニュータッチ凄麺 横浜発祥サンマー麺(ヤマダイ)

さ - 1
ニュータッチ凄麺 横浜発祥サンマー麺
さん - 1さん - 2
具材に生タイプのもやしと人参を使用
オイスターの旨みが効いたとろみ醤油スープ
「かながわサンマー麺の会」推奨品
さん - 3さん - 4
横浜サンマーメンの会監修の味。現地の会と共同で開発しました。
鶏ガラスープベースに、炒め野菜の風味とトロミを付与し、オイスターの旨みを加えた味に厚みのある中華風醤油スープです。
さん - 5さん - 7
当社独自製法のノンフライ麺です(切刃20番角、麺厚1.26mm)。
表面はツルツル、シコシコとしていて、中はモチモチとした生麺のような食感は、時間が経っても麺伸びしにくいのが特徴です。
さん - 8さん - 9
サンマーメンは神奈川県のご当地ラーメンであり、もやしをはじめとした野菜を炒めて片栗粉でとろみをつけ、醤油ラーメンに乗せたもの。
さん - 10さん - 11
秋刀魚のダシや身が入っているラーメンというわけではない。
モヤシのことを中国語でサンマーと呼ぶらしくモヤシが必須のとろみラーメンと理解すれば良いのだろう。
さ - 2
さてこれで完成!
肝心のモヤシとニンジンはレトルトの生なので確かに食感が本物だ。
さ - 3
麺は凄麺シリーズ共通のツルツルなタイプでコシも素晴らしい。
さん - 12さん - 14
キクラゲ、タケノコの乾燥した具もなかなか良い仕事をしていて食べていくのが楽しい。
さん - 13さん - 15
後入れの粉末スープでとろみを出すって書いてあったから全体を入念に混ぜながら食べたがこれが適度なとろみをスープに与えるのでこってり餡の効いたラーメンとして個性的な仕上がりになっている。
さん - 16さん - 17
そして肝心なモヤシのしゃきしゃきした食感とトロミの威力で麺とスープと具が同時に減っていくというカップ麺に於ける理想的な展開をしていく。
さん - 18さん - 19
トロミスープのお陰で最後は汗だくになったがそれでも満足度が非常に高かったニュータッチ凄麺 横浜発祥サンマー麺だった。
本物の横浜サンマー麺食べたくなったわ(笑)

旨辛 広島つけ麺(マルバヤシ)

まる - 1
スーパーで300円ソコソコで売っていた旨辛 広島つけ麺
まるば - 1まるば - 2
復刻版広島つけ麺セット
辛味・旨味・酸味が一体となった「つけだれ」と、シコシコ麺との相性が抜群の広島つけ麺です。
まるば - 3まるば - 4
一般的にお店で食べる広島つけ麺の相場はラーメンのそれよりも高めで1000円超えは当たり前、下手すりゃ1500近くになることもザラにある。
まるば - 5まるば - 6
その不当な値付けの高さが専門店が増えていかなかった大きな原因だと思うがこれがスーパーになんと400円以下で売っているなんてその値段の差が凄い。
まるば - 7まるば - 8
だったらあおの味にあまり期待してはいけないのかもしれないがどんなもんか食べてみることにしたのだった。
まるば - 9まるばや - 1
付属の唐辛子で辛さ調整できるようなのでここは思い切って全部いれて10倍辛にチャレンジ(笑)
まる - 3
ドカッと麺を入れてよ〜くつけダレに浸してから一気に食べると確かにまあまあ辛いがむせることもなくなかなかイケる。
まる - 4
茹でたキャベツも丁度よい具合になってて歯ごたえもバッチリだ。
まるば - 10まるば - 11
ならば!とどんどんつけダレに放り込んでガンガン食べ進めると広島つけ麺の欠点であるだんだん辛さが弱くなってくる。
まるば - 12まるば - 13
チャーシューはまあ値段を考えればこれでも立派なくらいで有難くて涙がでる(笑)
まるば - 14
勿論麺にコシとかはかいのだが油が入ってちゃんと辛い広島つけ麺として立派に成立しているのはオドロキだ。
あまりにつけダレが旨いので最後まで飲んでしまった。
このコストでこの味だったら全くもって文句がないというのが正直な感想だったマルバヤシの旨辛 広島つけ麺だった。

汁なし!!横浜家系豚骨しょうゆラーメン(サンヨー食品)

よ - 1
サッポロ一番汁なし!!横浜家系豚骨しょうゆラーメン
よこ - 1よこ - 2
内容量(めん重量) 100 g(70 g)
希望小売価格(外税) 220 円
発売地区 全国
発売月 2017年7月
よこ - 3よこ - 4
横浜家系のスープを、豚骨のうまみに鶏油のコクと香りを合わせた、汁なし用の豚骨しょうゆだれにアレンジしました。
よこ - 5よこ - 6
つるみとしっかりとしたコシのある、太ちぢれのノンフライ麺が、たれにほどよく絡みます。
よこ - 7よこ - 8
具材の肉そぼろのうまみが食欲をそそり、横浜家系ラーメンの特徴である、ほうれん草と焼のりを使用しました。
よ - 2
カップ焼きそばと同じ要領で液体スープをいれてよく混ぜる。
よ - 3
そして付属の海苔をいれてこれで完成。
横浜家系っていうのに海苔という存在は欠かせないようだ。
よこ - 10よこ - 11
麺は5分待つノンフライだけあってしっかりとしたコシがあってこの手の麺を食わせる汁なしやつけ麺系には好ましい。
よこ - 12よこ - 14
具である肉そぼろやほうれん草はそれなりにアクセントになっていてこれも面白い。
よ - 4
問題の海苔をラーメンではにこの汁なし麺でどうやって食べるかと悩んだがこのように麺を挟んで食べてみたら旨かったが本当にこれが正しい食べ方なのかはよくわからない(笑)
よこ - 13よこ - 15
ただでさえ横浜家系ラーメンがどういうものかも知らないのに、汁なし横浜家系ラーメンなるものが本当に実際に存在するのかわからないのに評価もなにもあったもんじゃないが、これがとんこつ醤油のまぜ麺としては正直なかなかの線を突いていると思う。
よこ - 16よこ - 17
実際最後まで全然食べ飽きないで一気に食べてしまったのだから完成度はかなりのもんだ。
夏になると熱々スープのラーメンよりもどうしても汁なし麺やつけ麺が恋しくなってしまうが夏にはぴったりだと思ったサッポロ一番汁なし横浜家系しょうゆラーメンだった。
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カテゴリー
月別アーカイブ
記事検索
メッセージ