柴犬と1400GTR

柴犬・コテツと小鈴とカワサキ1400GTRと食べ歩き日記

ラーメン/広島市佐伯区

おっきん(佐伯区)激辛雷麺味噌

か - 1
またしてもやってきたよ!おっきん
かみ - 1かみ - 8
すっかり激辛メニューのとりこになってしまったのだが今回は辛い味噌ラーメンたる雷麺味噌を激辛でしかも福島喜多方の麺でお願いした。
か - 2
おっきんの激辛雷麺味噌800円。
大将が野菜を中華鍋で炒めていたからどうやら札幌ラーメンのような作り方をしているようだ。
か - 3
出た!これが新しい麺の福島喜多方麺。
かみ - 4かみ - 2
予想していたよりもビロビロ感は控えめでどっちかというとしっかりコシがあるタイプ。
しっかり手もみされているのか自己主張も強い麺なので優しいスープには合わないかも知れんと大将が話されていた。
か - 4
チャーシューって言うか肉は鶏肉。
なるほどこういうブロックで使うやり方もあるのね。
かみ - 3かみ - 6
野菜はしっかり炒められていてシャキシャキ感がたまらんがね。
やっぱりどこか札幌ラーメンの雰囲気が漂っていて激辛札幌味噌ラーメンとも言えなくもないがそれはそれであまり食べたことがないので面白い取り合わせと言える。
かみ - 7
実は自分は今年に入って減量をしているので脂をあまり使わないおっきんに通ってしまっているのだが、作戦が功を奏して予定通り着々と体重は減ってきている。
そんななかでも思い切って食べられる激辛メニューを次々に提供してくれる大将に感謝してもしきれないのであった(笑)

おっきん(佐伯区)激辛冷麺

れ - 1
やってきたのはおっきん
れい - 1れい - 2
寒い日が続いた谷間のような少し温かい日にはなぜか冷麺が食べたくなってしまう。
よく考えたら当分冷麺食べていないので飢餓感が半端ないのかもしれん。
れ - 2
さてやって来たよ!おっきんの激辛冷麺850円。
れい - 3れい - 4
最近はこの激辛仕様がよくでるそうで冷麺全体の9割を占めているそうだ。
そういう大将と女将さんもこの激辛冷麺にハマってるそうだから面白い(笑)
れ - 3
最近追加された福島喜多方麺を冷麺にお願いしたら大将が「やってみたが合わない」そうでいつもの原田製麺のストレート。
確かにこの凄いコシの心地よさはこっちのほうがよくわかる。
れい - 5れい - 6
最近は野菜が高騰していて大変のようだがいつもの変わらぬどっさりの量に嬉しくなる。
このラー油はあの新華園と同じものだそうだが新華園に行ったことがないのでようわからん。
れ - 4
アッサリした鶏のササミがよくあっていてスッキリしたスープにこの激辛ラー油で一気に芯が通したような旨さがある。
れい - 7れい - 8
辛いのは辛いのだが決してツライような辛さじゃないので自分の様な激辛耐性普通の人間でもじゅうぶんに楽しんで食べられる。
寒い冬でも激辛冷麺を食べ終わると頭部だけ汗をかいてしまうほどでこれなら食べ終わっても寒くはない。
途中で酢を入れて味変することをコロっと忘れてしまったので残ったスープに酢を入れたのだが、この手の激辛冷麺ってありそうでないのでコレが食べたくなるとここに馳せ参じるしか方法がない。
熱い料理に飽きたら思い切って激辛冷麺、自信を持ってオススメす。

梵天丸(佐伯区)もりそば

ぼ - 1
梵天丸
ぼん - 1ぼん - 2
基本的に汁なし担々麺専門店なのであるが期間限定でそれ以外のメニューも登場させてくれている。
ぼん - 3ぼん - 4
公式サイトによると冬季、平日限定となっているもりそばを12月は17時以降で毎日実施しているとの情報を得てやってきた。
このもりそば、いわゆるつけ麺だが西区大芝にあった四川麻辣商人の流れを汲む、自分にしたら懐かしいメニューでもある。
ぼ - 2
ぼ - 3
太麺なので10分位かかると言われてそれくらい待ってキタヨ!!梵天丸のもりそば(大)950円。
ぼん - 6ぼん - 7
トッピングは別皿で提供されるのも昔の通りではあるがチャーシューがどえらいぶっといの一枚に変更されていて最初これが焼き魚かと思ってびびったほどだ(笑)
ぼん - 5ぼん - 8
スタッフの方がこのもりそばの食べ方を説明してくれて、麺に入れてあるレモンは途中で麺とつけダレの両方に入れて味変を楽しんで欲しいとのこと。
ぼ - 4
まずはさっそくデフォルトの麺だけをどっぷりとつけダレに沈めてから一気にかきこんでみた。
濃厚トンコツ魚介のスープはズバリ甘辛い味付けで今では珍しくないが、四川麻辣商人がやっていた当時はこれほど本格的な関東風つけ麺は衝撃的だった。
ぼん - 12ぼん - 13
トッピングのメンマやネギを入れて食べてみたが今でもその旨さは健在で上品な甘みと臭みを一切感じさせない魚介の力強さが非常に印象的だ。
ぼん - 9ぼん - 11
昔のもりそばとの大きな違いはやっぱりこのデカイチャーシューで存在感は半端ないし味付けも濃くてつけ麺にはもってこいだ。
ぼん - 10ぼん - 14
デフォルトで入っている煮玉子もほんのりとした味がつけてあってさすが芸が細かい。
ぼん - 15ぼん - 16
麺に気前よく3枚もついてくる海苔だが麺を巻いてつけダレにつけて食べるとなかなか香ばしくて面白いこともわかった。
元々つけダレの量が少ないこともあるが、塩分がきつくないのでスープ割りにしなくてもそのまま飲めてしまったので気がついたら完食してしまった。
いやいや現代でも十分すぎるほど通用する梵天丸のもりそば、冬季限定は仕方ないにしてもせめて平日昼にも実施して欲しいもんぢゃの〜!

中華そば きくま(佐伯区)

き - 1
中華そば きくま
きく - 1
実は自宅から歩いていける距離にあるラーメン屋で実際お店の前をイヌの散歩で毎日通っている(笑)
厨房ヨコの排気口からのトンコツを炊く香ばしい匂いに、空腹時には目眩を感じることもある。
き - 2
さてそんなきくまに久しぶりにやってきた。
中華そば650円、以前はビールもあったがメニューは遂に中華そばとおにぎりのふたつだけになったようだ。
き - 3
お約束の原田製麺によるコシのあるストレート麺も健在だ。
きく - 3きく - 2
コリコリと歯ごたえも楽しいメンマやモヤシなどトッピングもいかにも広島ラーメンと言ったルックスで確かにザ・王道といった雰囲気に安心できる広島人も多いだろう。
き - 4
極めつけはやっぱりコクのあるとんこつ醤油スープで独特の優しい甘辛さは時代を超えて愛し続けられているのはよくわかる。
きく - 4きく - 5
チャーシューは淡白ながらしっかりしたのが4枚もいれてあってチャーシュー麺がないネガを補っているかのようだ。
きく - 6きく - 7
スープと麺とトッピングの塩分と量の配分が絶妙でそれぞれが同じようになくなっていく様はさすがは広島ラーメンの老舗の系列だと納得させられる。
きく - 8きく - 9
気がつけばスープまで完食し、丼の底に骨片も確認できた。
なるほど佐伯区で一番人気を誇るのもなんだか当然ともいいたげなデキの横綱相撲に思わずアタマが下がったきくまだった。

うどんと中華そば ちから サンリブ五日市店(佐伯区)中華そばこく味

ち - 1
うどんと中華そば ちから サンリブ五日市店
文字通りサンリブ五日市の中のフードコートにあるお店で一応中華そば専門のちからってことにはなっているが実際はうどんもそばもおはぎも全部取り扱っている(笑)
ちか - 2ちか - 1
フードコートのお約束である最初に料金払って札を持って待機するスタイル。
ち - 2
さて早めに呼ばれたうどんと中華そば ちから サンリブ五日市店の中華そばコク味680円。
実はちからの中華そばはいつも元味ばかり食べていたのでコク味を食べたことがなかったのだった。
ちか - 3ちか - 4
ついでに昆布のおにぎりもね(笑)
それにしてもこの細かい背脂攻撃は凄い!!
ち - 3
麺は相変わらずのしっかりしたコシがあってバイトのお姉ちゃんがマニュアル通りにササッと仕上げたにしてはなかなかのデキだ。
ちか - 5ちか - 6
ナルトは泣かせるがこのとんこつ醤油に背脂追加でこってり仕様という安易なやり方はやっぱりどうも底が浅く感じられる。
ち - 4
それに反してこってり脂の乗ったチャーシューはしみじみ旨く、このチャーシューの脂を上手に使えばもっとうまくなるなるだろうにと惜しく思ってしまう。
ちか - 7ちか - 8
ほうれん草のトッピングとは横浜の家系みたいで面白いがさすがに今では新鮮味にかける。
ちか - 9ちか - 10
後半になるとコッテリしているというよりは脂っこい感じがつきまとうスープにやや飽きてきてしまった。
そこで店先に置いてあったニンニクペーストを追加することにしたがあまり変化はなかった。
ちか - 11ちか - 12
そこで昆布のおにぎりの登場でおどろくほど中華そばとの相性もよくこれはなかなか良い組み合わせにしたもんだと自画自賛してしまう(笑)
さて登場してからもう何年も経過したちからの一風堂とのコラボ本格中華そばだが細かいリニューアルを怠っているような印象でどことなくもう古くなってしまったような印象を受けてしまう。
まあフードコートのような場所で提供するのを前提ならこれでも良いが最初は食いついたラヲタが離れていくのは、もしかしたら計算通りなのかもしれない。
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カテゴリー
月別アーカイブ
記事検索
メッセージ