柴犬と1400GTR

柴犬・コテツと小鈴とカワサキ1400GTRと食べ歩き日記

ラーメン/広島市佐伯区

再来軒(佐伯区)焼ギョーザ・水ギョーザ

すい - 1
また来てしまったよ再来軒
すいぎよ - 1すいぎ - 1
今回は開店前に着いてしまったので時間つぶしに店舗から100メートルくらい離れた専用駐車場にクルマを駐めてみた。
運転に自信のない自分のような人間には店舗裏よりもこっちのほうが停めやすいかもしれない。
すいぎ - 2
今回の狙いはズバリ水ギョーザ!!
もう寝ても覚めてもここの餃子の事を考えてしまうのは中毒になってしまったか?(笑)
すいぎ - 3すいぎ - 4
焼餃子と水餃子をお願いしたらいつものタレ用の小皿が出てきた。
すいぎよう - 1すいぎよう - 2
先に来たのは焼餃子500円。
すいぎ - 5すいぎ - 10
いやいやいつも期待を裏切らない旨さに完全にヤラれてしまったようだ。
すい - 2
後からキタヨ!再来軒の中華そば・・・ではなくこれが水ギョーザ550円。
すい - 3
これだけ見ればもう99%中華そばだと思うが麺の代わりにギョーザが入っているということになる。
すい - 4
箸で探ってみると出てきた!餃子!なのだが何個入っているのか見ただけではよくわからない。
すいぎ - 6すいぎ - 8
チャーシューはまるまる中華そばのそれでコッテリしていて味付けもしっかりのいわゆる中華料理店バージョンだ。
すいぎ - 7すいぎ - 9
スープも鶏ガラ由来のあっさり系でラーメンというよりも中華そばの方がやっぱりしっくりくる。
すいぎ - 11すいぎ - 12
スープやトッピングと一緒に食べる餃子もなかなか悪くないが麺がないだけにスープの量が過剰に思えてしまうのは仕方がないだろう。
すいぎ - 13すいぎ - 14
この時に他にも何人もお客がいたがおそらく自分は中華そば+焼ギョーザを食べていると見られていただろう。
揚げ餃子と焼き餃子の組み合わせでは満腹にはならなかったが今回の焼き餃子+水餃子はがっつり満腹感を味わえたのは意外だった。
餃子本来の味を楽しめるのはやっぱり焼き餃子だったが他のバリエーションにしても旨さが変化することなくすべてしれぞれに楽しめてしまうのはさすがだと思った。
それにここの餃子はどうやら中毒性があるようでまた食べに来たいと思ってしまうのは確実だ。
う〜〜ん、思い出していたらまた餃子脳になってしまいそうでちょっと怖い(笑)

再来軒(佐伯区)焼ギョーザ・揚ギョーザ

さい - 1
またしても来た再来軒
店舗裏に数台と少し離れた場所に2台駐車場が確保されているようだ。
さいら - 1さいら - 2
その餃子の味が忘れられなくて今回は餃子だけ狙って食べに来てしまった。
さいら - 4さいら - 3
カウンターに通されて餃子を注文すると同時につけだれ用の小皿が出てきた。
さっそくテーブルにある酢醤油とラー油で準備万端だ。
さい - 2
まず来たのが揚げぎょうざ500円。
さいら - 5さいら - 6
こちらも10個でおそらくは調理法が違うだけで焼きぎょうざと同じものだろう。
タレにつけて食べてみるとなるほどカリッとしていてこれもええのぅ〜。
さいら - 7さいら - 8
中身はニラを強く感じさせるがこってり旨い餡がたまらんが焼きよりも衣が厚みを持つのでこちらのほうが食べごたえがあるのは間違いない。
さい - 3
ここらあたりのタイミングでキタヨ!焼きぎょうざ500円。
さいら - 9さいらい - 1
こちらは皮がひっついている場合が多く破れないようにするにはこうして2つくっついたのを一気食いするしかないのだが、これはこれで旨いのよね(笑)
さいら - 11さいら - 12
ここから揚げと焼きを交互に食べてみるのだが脂の濃さに少々参りそうになりながらも旨さに釣られてガンガン食べてしまえるがね。
さいら - 10さいら - 13
どちらも甲乙つけがたいがしっとり感が好きならやっぱり焼きぎょうざの方に軍配があがるのかもしれない。
さいら - 14
あとこれだけだと量的にやや少ないのでやはりのう一品なにかを頼むべきだろう。
それにしても注文の時にぎょうざだけって何か言われるかと思って心配したのだが、全く普通の対応だったのでもしかしたら自分のような頼み方をするヒトはいるのかもしれない。
こうなったら残りの水ぎょうざを意地でも食べてやろうと思った(笑)

再来軒(佐伯区美鈴が丘)カミナリラーメンと焼ギョーザ

さい - 1
美鈴が丘団地の中にある再来軒
以前テレビで広島カープ岩本選手の行きつけのお店として紹介されていたので以前からマークしていたのだがやっと念願叶い来ることがデキた。
さいら - 1さいら - 2
場所が場所だからクルマじゃないと無理なのだがお店の裏側と少し離れた場所にしっかり駐車場は確保されているのでそのへんは抜かりない。
さいら - 3さいら - 4
公式サイトを見ればオススメはカミナリラーメンと餃子のようだ。
さいら - 5
特にギョーザはテレビでも手作りのシーンが放送されていてここのメインで外せない。
事実自分が店内に入ったときも同じカウンターでギョーザの皮に餡を詰めている作業をされていたので間違いない。
さいら - 6さいら - 7
酢と醤油ははじめから混ぜてありこれに好みでラー油を入れるシステム。
以前孤独のグルメシーズン5で餃子を酢とコショウ、ラー油だけで食べていたので実践してみようと思っていたが儚くも作戦失敗に終わった(笑)
さい - 2
さてやって来たよ!再来軒の焼ギョーザ(10個)500円。
さい - 3
中を割ってみるとネギかニラかわからないが緑の野菜が見える。
さいら - 8さいら - 9
これをタレにどっぷりと浸してから食べるとこれはさすがに岩本選手が推薦するはずだわ。
さいら - 10さいら - 11
最近のラーメン屋さんなどの提供するのはほぼほぼ既成の冷凍もので、技術がアップしたとはいえやっぱり食べ飽きてきてしまう。
だけどここのはさすがに手作りだけあって最初は味付けが物足りなく感じるがだんだん後半にかけてその旨味が染みてくる。
さい - 4
ここでカミナリラーメン1000円登場。
要は辛味噌ラーメンなのだがトッピングが豪華なのはすぐにわかった。
さいら - 12さいら - 13
麺は街の中華料理店だけにクタクタなんじゃないかと覚悟していたが、しっかりしたコシのあるストレート麺。
さいら - 14さいら - 15
中華丼のようなトッピングでこれはこれでなかなかおもしろい。
肉も小さくカットされていていわゆるチャーシューってのは入っていないようだ。
さいら - 16さいら - 17
キクラゲはまあ最近は少しづつラーメン屋でも見かけるがタケノコにシイタケなんてめったに見かけない。
さいら - 18さいら - 19
この日はかなり暑い日だったのでスープを完食するには至らなかったが餃子はきっちりと全部頂いた。
カミナリラーメンはまあ全体としてはもう少し辛味噌をガツンと効かせて欲しいような気もするがここのお店のウリはやっぱりギョーザであることは疑いようがない。
焼ギョーザの他にも水ギョーザ、揚ギョーザとラインナップがあってこれを全制覇したくなってしまったがギョーザのイカンところはビールが呑みたくなってしまうんよね(笑)

丸源ラーメン 広島五日市店(佐伯区)台湾ラーメン

まる - 1
久しぶりに丸源ラーメン 広島五日市店にやってきた。
まるげ - 1まるげ - 2
今日の目的はハッキリしていて公式サイトに公開されていた台湾ラーメン狙いだ。
まるげ - 3まるげ - 4
台湾ラーメンと言えば本場名古屋の味仙が有名だがここの味が忘れられなくてあっちこっちで食べてみるがどれもこれもアレでカップ麺が一番マトモという皮肉な事になってしまっている。
まるげ - 6まるげ - 5
だから過度な期待はしないで思い切ってチェーン店にすがりついたってとこかな。
辛さが足りない事態が想定されるのでまずはここらへんの卓上調味料をチェック!!
まる - 2
比較的はやくキタヨ!!丸源ラーメン 広島五日市店の台湾ラーメン(激辛でとお願いしたが意味があったのだろうか?)750円。
まる - 3
まず本物との違いはモヤシトッピングでどことなく不安を覚えるがまあとにかく食べてみないとね。
麺はこの台湾ラーメン専用のストレート麺とメニューに書いてあったが少し柔らかめの黄色い麺。
まるげ - 8まるげ - 9
肉そぼろにニラが浮いているのはいかにも台湾ラーメンだが肝心のスープは旨味はじゅうぶんながら想像通り辛さが足りない。
まるげ - 10まるげ - 11
って言うより味仙の台湾ラーメンはデフォルトで驚くほど辛くてパンチが効いているのでこのインパクトがないとソレらしさが一気になくなってしまう。
まるげ - 12まるげ - 14
そこでテーブルにあった「どろだれラー油」を少し溶いてみたがこれでかなり辛さがアップすることがわかった。
まるげ - 7まるげ - 13
あとはニンニクの香りがもう少し欲しいのでこれも卓上調味料で追加してやった!
まるげ - 15まるげ - 16
これでかなり本物に近づいたがやはりまだ辛さが足りない。
まる - 5
そこでどろだれラー油のさらなる追加とどさくさで辛そうなのでテーブルにあった野沢菜醤もついでに放り込んでやった(笑)
まる - 4
果たしてこれで自分の思うような辛さとコクが生まれて台湾ラーメンらしくなって嬉しくなった。
まるげ - 17まるげ - 18
後半はスープに沈んだ肉をレンゲですくっていたらスープもほとんど飲んでしまったが辛さで汗だくななって完食はできなかった。
だけどラーメンチェーン店とたかをくくっていたのだがベースは相当本格的でかなり生真面目に台湾ラーメンを追求しているなと感心してしまった。
万人受けさせる必要から辛さを抑制しているのはまあ仕方がないにしてもそのポテンシャルは決して侮れないなと反省しながら店を出たのだった。

広島つけ麺かず 五日市コイン通り店(佐伯区)広島激辛つけ麺

か - 1
最近コイン通りにできた広島つけ麺かず 五日市コイン通り店
公式サイトによれば8月3日に開店したようだ。
かず - 1かず - 4
広島駅北口の光町にある本店には昔行ったことはあるがオーソドックスな広島つけ麺という感じだった。
かず - 3かず - 2
それから久しぶりになるが近所に支店ができたのでさっそくお邪魔したというわけだ。
か - 2
広島つけ麺かず 五日市コイン通り店の広島激辛つけ麺(並)辛さ8倍900円。
か - 3
最近では並盛り900円という昔ながらの強気な設定のお店は絶滅危惧種ではある。
かず - 5かず - 6
辛さに関して要領が掴めなかったのでなんとなく8倍にしたが個人的にはこれくらいでちょうど良かった。
かず - 7かず - 8
冷たく締められた麺にパサパサチャーシューに湯通りしたキャベツとネギにキュウリと広島つけ麺の王道を行く構成になっている。
か - 4
麺はコシが凄くあってブリブリでこいつはさすがに老舗だけのことはあるなと納得の仕上がりだ。
か - 5
つけダレも油分とのバランスが申し分なく辛さも角が取れていて安物の唐辛子じゃないことはよくわかる。
かず - 9かず - 12
長く切られたネギやキュウリもこうすると麺と一緒に食べやすくちゃんと意味があることがよくわかる。
かず - 10かず - 11
チャーシューに関してはもう少ししっとりさせてもバチは当たらないんじゃないかとも思うがどういうわけかこんなパサパサが好まれるようだ。
かず - 13かず - 14
ここのつけ麺はタレの量が適切なのようで麺と同じように減っていくのは個人的になかなかうれしい。
かず - 15かず - 16
ただ後半になると辛さの源がほとんどなくなってしまうのがこの広島つけ麺最大の弱点とも言え、そうならないためにはできるだけ自分の限界の辛さで最初に注文しないといけない。
つけダレは最終的にはキレイになくなってくれたのだがこの量で900円というのが市街地から離れた住宅地の五日市でどう思われるのか興味はある。
だけど佐伯区には本宅的な広島つけ麺店がほとんどないのも事実でそういう意味から言えば競争力はあるのかもしれない。
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カテゴリー
月別アーカイブ
記事検索
メッセージ