柴犬と1400GTR

柴犬・コテツと小鈴とカワサキ1400GTRと食べ歩き日記

ラーメン/広島市佐伯区

おっきん(佐伯区)激辛冷麺

げ - 1
暑い日が続くと恋しくなるよ!おっきん
げき - 2げき - 1
中でもやっぱり辛いメニューが強烈にインパクトがあるのでこの冷麺の激辛仕様に最近はハマりまくっている(笑)
げき - 3
ちなみに同行した息子は雷麺(辛味噌スープに喜多方麺使用)の大盛り900円。
げ - 2
それから少し待たされてキタヨ!おっきんの激辛冷麺850円!
げ - 3
この上に乗っかっている赤黒い物体が辛さの正体でどうやら広島激辛つけ麺にも使用されているペーストのようだ。
げ - 4
広島じゃ定番中の定番の原田製麺の麺はいつものコシを発揮していて安定の旨さだ。
げき - 4げき - 5
この辛味ペーストを迷うことなく一気に全部溶かしてスープ全体に行き渡らせる。
げき - 6げき - 9
トッピングはレタス、きゅうり。トマトにタマゴ、そしてササミなのだがこれが実にベストマッチで辛さによって引き立てられている。
げき - 8げき - 7
まあ当然辛いのは辛いがかといって決して喉を刺すような暴力的な辛さではなくじわっと真綿で締められるような質量を感じさせるような圧倒的な辛さだ。
後半はテーブルに置いてある酢を入れて若干の味変を楽しむのも一興だ。
げき - 10
息子ともどもこの激辛メニューをしっかり完食、自分はその辛さに頭部だけ汗だくになってしまったが食べ終わるとなぜか達成感とともに爽やかさすら感じてしまうのだった。
このうだるような酷暑にやられかけた精神にこの激辛冷麺に「喝」を入れてもらったら如何だろうか(笑)

中華居食屋たまりば(佐伯区)まぜそば

た - 1
最近コイン通り裏道にできた中華居食屋たまりば
基本的に居酒屋さんのようだがランチでラーメンを出しておられると聞いてやってきた。
たま - 1たま - 2
幹線道路であるコイン通りからはちょっと見えにくくてわかりにくいので高立地とは言えないだろう。
たま - 4たま - 3
ここは以前も飲食店だったような記憶があるが何屋さんだったか皆目覚えていない。
たま - 5たま - 6
メニューを見ると中華料理屋のようで全体に麺メニューよりもご飯物メニューの方がなぜか割安な設定になっている。
た - 2
麺メニュー筆頭のまぜそば(汁なしラーメン)750円。
た - 3
一回転させるとこんなふうにキムチがトッピングされている。
た - 4
麺は一般的なストレートでコシがあってきっちりと茹でられている。
たま - 7たま - 8
麺を持ち上げてみたが底にはそれほど多くのタレが溜まっている訳でもなくそうかといって油っこくもないとにかく不思議なまぜそばだ。
たま - 9たま - 10
醤油ベースなのだろうがあっさりしたタレで食べやすいが薄味過ぎてやや物足りないのも事実だ。
本来味にインパクトがあるキムチもけっこう入ってはいるのだがそれほど自己主張することもなくこのまぜそばを支配することもない。
たま - 11たま - 12
どちらかといえば飲み会の〆メニューとして考えられているのかもしれないが後半は辛味かなにか味変がないと完全に食べ飽きてしまった。
たま - 13たま - 14
まあまだ開店したばかりのようだしどちらかといえばラーメン屋というよりは中華居酒屋と捉えた方が正しいと思う。
男性と日曜日だったからか息子さんらしき二人で切り盛りされていたがなかなかおもしろい店が五日市に開店したようで率直に嬉しいと思った。

ひろめん(佐伯区)ラーメン

ひ - 1
五日市のコイン通りから一本はいった場所にあるひろめん
大将お一人切り盛りされている様子。
ひろ - 2ひろ - 1
なんと言ってもここはラーメン一杯400円という超破格値のラーメンが売りだが他にもセットメニューもいまどき考えられないような値段で勝負しておられる稀有なお店。
ひ - 2
少し待ってキタヨ!ひろめんのラーメン400円。
400円っても税別ではなく税込みで400円!!
ひ - 3
麺はやや粉っぽいがそれでもちゃんとした中華麺で茹で方も決して伸びたりはしていない。
ひ - 4
チャーシューもしっかりしたのが2枚も入っていてこれで400円でええのか?とちょっと怯んでしまった。
ひろ - 4ひろ - 5
メンマは入っていないがモヤシにネギとちゃんとしたトッピングがあってスープはやや薄めのとんこつしょうゆ味。
脂は少しだけしか浮いていないがそれでもコッテリ巻は健在だ。
ひろ - 6ひろ - 3
このときは息子と一緒にお邪魔したのだが息子は学生ラーメン(大盛り)550円だったが単に麺が多いだけじゃなく丼からして大きいのがドーンと出てきたのも衝撃的だった。
並と大盛り食べて総額950円で千円でお釣りが来るなんてチェーンの牛丼屋じゃあるまいし、感謝の気持ち一杯で店を出たのだった。

三田製麺所 THE OUTLETS HIROSHIMA店(佐伯区)濃厚豚骨魚介つけ麺

みた - 1みた - 2
2018年のGW前にオープンしたジ・アウトレット広島
当然休日には大混雑していたらしいので平日になるのを待ってから初訪問。
さっそく目当てのつけ麺屋にやってきた。
み - 1
三田製麺所 THE OUTLETS HIROSHIMA店
公式サイトによると関東を中心に展開しているチェーン店で大阪から西ではここ三田製麺所 THE OUTLETS HIROSHIMA店が初出店のようだ。
みた - 3みた - 4
つけ麺、辛いつけ麺、油そばとあるので一番基本となるつけ麺を中盛でお願いした。
みた - 5みた - 6
フードコートらしく無線で音がなる札をもらって待つのだがお店の周囲にテーブルがたくさんあってどこに座るか迷ってしまった。
み - 3
み - 2
少し待たされてからキタヨ!三田製麺所 THE OUTLETS HIROSHIMA店の濃厚豚骨魚介つけ麺(中)760円。
みた - 13みた - 9
冷たい麺に温かいつけダレのいわゆる関東風のつけ麺のようだが麺は讃岐うどんのように太くコシも凄い。
具は予めつけダレの中に沈んでいるタイプで今となってはよくあるタイプのつけ麺とも言える。
み - 4
濃厚豚骨魚介の名に恥じないドロドロぶりでぶっとい麺をしっかりと受け止めてくれる。
みた - 7みた - 8
ぶっといメンマはポリポリで角切りされたチャーシューは非常に柔らかくトッピングに抜かりはない。
みた - 10みた - 11
麺も申し分ないのだがこれが5年くらい前ならばオドロキもしたかもしれないが夏になればつけ麺が溢れるこのご時世ともなれば何の目新しさもない。
みた - 12みた - 14
こんなに分厚いのにホロホロで歯がなくても食べられそうなサイコロチャーシューは特筆ものだがチェーン店としては画期的でもこれとてそれほど珍しくもない。
みた - 15
大・中・並と同一料金だからほとんどの人は大盛りを食べるのだろうがとにかくお腹がいっぱいになることは間違いなかろう。
自分は中でももうこれ以上食べられなくなってしまった。
だけどつけ麺としてのデキは「チェーン店としては」の冠がなければ一般的で別段わざわざここまで食べに来る必要を感じないというのが正直な感想だった。

らーめん味喜(佐伯区)12周年記念らーめん雲丹だし

う - 1
らーめん味喜
うに - 1うに - 2
生き馬の目を抜く飲食業界で12年も頑張って営業しておられるのは凄いことだ。
その記念らーめん雲丹だしを食べにやってきたが1200円とは強気ね(笑)
う - 2
さてやってきたよ!12周年記念らーめん雲丹だし。
う - 3
麺は通常のラーメンと同じであろうストレートタイプでこれは可もなく不可もなくといったところ。
うに - 5うに - 9
デフォルトでワンタンが入っていてこれが雲丹ワンタンかと思いきゃ濃厚なエビ味で予想を完全に外された。
うに - 3うに - 4
トッピングは白ネギにアオサ、メンマに一般的なチャーシューとなっていていつものモヤシや茹でただけのような豚肉仕様とは完全に別物として扱われているようだ。
う - 4
別物といえばこのスープはちょっとした衝撃だ。
最初に飲んだ瞬間にはトンコツが強いのだが少ししてから明らかに「雲丹」の味が後から追いかけてきて最終的にはっきりと雲丹の香りと味を楽しめる。
雲丹はクセがあってちょっと間違うと生臭くなると思うのだがそういうネガティブな要素は全く感じられない。
うに - 6うに - 8
テーブルに置いてあった玉ねぎを追加して辛味を入れて楽しめたがこれと雲丹との相性も悪くない。
うに - 10
雲丹だしっていうからどうやって誤魔化すのだろうと思っていたのだが予想外の直球勝負に覚悟が足りなかったのでやや圧倒されてしまった。
これまでのラーメンは750円と値段据え置きのままだがつけ麺は止められたようだしこの雲丹だしの他にアゴだしを醤油950円、塩千円で新たにラインナップを再構築されているようなのでこれを機会にもう少しらーめん味喜を見直さないといかんようだ。
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カテゴリー
月別アーカイブ
記事検索
メッセージ