柴犬と1400GTR

柴犬・コテツと小鈴とカワサキ1400GTRと食べ歩き日記

ラーメン/広島市西区

永斗麺 アルパーク店(西区)あごらーめん

え - 1
永斗麺 アルパーク店
開店当初の1年半前に来て以来になる。
えい - 10えい - 2
限定であごらーめんなるものをやっていると聞いてやってきたのだった。
えい - 1
店内に入ると待ってくれているのは自動券売機で食券を購入してカウンターに座った。
え - 2
少し待ってからキタヨ!
永斗麺 アルパーク店の期間限定あごらーめん820円。
え - 3
ザクザクした歯ざわりの麺も相変わらずで見た目的にはそれほど変化があるようには思えない。
えい - 3えい - 4
トッピングもほとんど変化はないようだがチャーシューがちゃんと炙られているようで以前の印象と少し異なっているようだ。
えい - 6えい - 5
ネギとモヤシがデフォルトでトッピングされているのだが、ふじもと系のお約束である卓上のタマネギを追加させてもらった。
え - 4
アゴの存在感がそれほど強いわけではないがしっかりとした魚介ラーメンであることはよくわかるしなによりベースのトンコツが僅かな獣臭を漂わせるほどにパンチがあって去年の印象とは全然違って良くなっている。
えい - 7えい - 8
ベースのスープとはこれほどごまかしが利かないものだって事が非常によくわかってしまったのだが今回のこのあごらーめんのデキは以前が悪かったのを差し引いても相当なものだ。
えい - 9
その証拠についついスープまで完食してしまった。
丼の底には骨の粉がギッシリとあってこのスープの出自を物語っているかのようだ。
何があったのか知る由もないが、コスト優先が鼻についた以前よりもラーメン本来の味がしっかりしていてビビってしまった。
ここらへんは本当にラーメン店の新規出店が相次いている激戦区になってしまったのでラヲタとしてはハイレベルを維持してくれているのは嬉しいことなのは間違いない。

おじいちゃんのつくったラーメン ひらたラーメン 鈴峯店(西区)塩ラーメン

お - 1
おじいちゃんのつくったラーメン ひらたラーメン 鈴峯店
近所にあってかなり以前からその存在には気がついていたのだがなぜか未訪のラーメン屋さん。
ネット上にいろいろ情報があったので気を決して入ってみた。
お - 2
入店して目が釘付けになったのはこのメニュー表。
塩ラーメン300円、醤油ラーメン380円、味噌ラーメンでも550円でチャーシュー麺でも塩が500円、醤油が600円という衝撃的過ぎる値段が並ぶ。
お - 3
なぜか申し訳ないような気持ちで一番安い塩ラーメン300円をお願いしたが大将は非常に愛想良く聞いてくれてホッとした。
おじ - 3おじ - 1
この値段でもちゃんとシャキシャキのもやしがけっこう多くトッピングされていてビビってしまう。
お - 4
麺はややモサッとした食感で粉っぽいのがアレだが300円という値段が全ての不満を吹き飛ばしてしまう。
おじ - 2おじ - 5
あっさりとした塩スープは甘みもあってなんだか懐かしい味で水っぽさや安っぽさは微塵も感じられない。
メンマにかわりにワカメが入っているのも昔の塩ラーメンっぽくて嬉しい。
おじ - 4おじ - 6
脂身が多く非常にコッテリしたチャーシュー。
スープが優しいのでチャーシューがワイルドなのはむしろよく合っていてウマい!
おじ - 7おじ - 8
こういうオールドタイプのスープにはコショウがよくあうのを思い出して久しぶりに卓上のカンを手にとって少しだけかけてみた。
おじ - 9
きょうびコンビニのカップ麺でも300円近くする。
よく考えたら自分がPTAやっていたときにボランティアで販売したとんこつラーメンの値段が350円だったことを考えるとこのおじいちゃんのつくったラーメン ひらたラーメン 鈴峯店の塩ラーメンの300円という価格がいかに破格かがよ〜くわかる。
それでこれだけの本格的な内容と恐れ入ってお金を払う時に「ありがとう」と言ってしまった。
こんな凄すぎるラーメンをやってる大将にはいつまでも頑張ってもらいたい。

はせ川(西区草津南)草津流つけ麺

は - 1
はせ川
だんだんとラーメン激戦区となりつつある西区草津のつけ麺専門店。
はせ - 1はせ - 2
広島風の激辛つけ麺と通常の(関東風っていうのか疑問だが)つけ麺の2本柱になっている。
はせ - 3はせ - 4
同行した息子が注文した石鍋魚醤つけ麺(特大)980円と自分がお願いした草津流つけ麺(中)7倍辛800円。
は - 2
は - 3
広島名物がんすのトッピングが目を引くががんすとは「かまぼこ原料のすり身に野菜や一味唐辛子などを混ぜ、長方形に成形し、パン粉を付けて揚げた製品。」で確かにこの西区草津の名物でもある。
は - 4
つけダレは基本的にゴマが入っていて辛さがマイルドになっているのでオプションで広島激辛つけ麺と同じに変更できるそうなのだが自分はデフォルトのままでお願いした。
はせ - 5はせ - 6
がんすだけじゃなくモヤシや鰹節とか通常の広島激辛つけ麺とは違った構成になっているが別段の違和感もないどころかなかなか旨い。
はせ - 7はせ - 8
レモンが添えてあったのでこれをつけダレと麺全体にふりかけてみたが酸味が加わる変化が楽しい。
はせ - 9はせ - 10
広島激辛つけ麺はそれはそれで面白い存在なのだがこういう変化球にモディファイしたモノが少ないのでひとつの方法としてはアリだと思う。
はせ - 11はせ - 14
がんすが必要かどうかはちょっと置いておいてこれをもって草津流つけ麺というのはあって良いしもっと捻りを加えて欲しい(笑)
はせ - 13はせ - 15
一般的な中にしたがそれでも量がけっこうあって800円で思いの外満腹になるもの嬉しい。
昔、広島激辛つけ麺は流行った頃は千円スタートでちょっとトッピングや大盛りにすると平気で1200円とかになった不当な値付けは影を潜め納得できる値段になっている。
はせ - 12はせ - 16
しっかり完食。
特盛りの息子もお腹いっぱいで大満足のようだ。
日曜日のお昼少し前に伺ったがどんどんお客が入ってきて忙しそうだったがこの値段でこの内容なら当然といえば当然か。

我流厨房TAKEDA(西区)我流牛筋ラーメン

た - 1
中広中学校門前に最近オープンした我流厨房TAKEDA
昼はラーメン屋、夜はカフェバーの二毛作営業のお店のようだが駐車場はないので近隣のコインパーキングを利用することになる。
たけ - 1たけ - 2
カウンターだけの店内に年配のご夫婦らしきお二人が接客してくれた。
「我流醤油ラーメン」「我流豚骨ラーメン」そして「我流牛筋ラーメン」の3本立てだ。
たけ - 4たけ - 3
他にもセットメニューもあるようだが今回は単品で限定1日10杯の牛筋ラーメンをお願いした。
た - 2
あまり待たされないでキタヨ!我流厨房TAKEDAの我流牛筋ラーメン850円。
なるほど豚骨ラーメンがあるようなのでこれにすじ肉をぶっこんだという構成かなと推察してみた。
た - 3
麺はこれと言って特徴がない無難なストレートタイプ。
だけどスープが豚骨がどうかよくわからんがな。
たけ - 6たけ - 8
通常のラーメンに100円アップにしては気前よく入れられている牛すじに思わず嬉しくなってしまった。
たけ - 5たけ - 7
これに辛味バッチリのネギにもやしがのっかってメンマは入っていない。
たけ - 10たけ - 12
牛すじって言うからおでんに入っているような歯ごたえのあるのを予想していたがさにあらず、非常に柔らかく煮込んである。
それにこの甘辛さは絶妙でこれのお蔭でこのラーメンのグレードは2ランクくらい跳ね上がっているんじゃなかろうか。
た - 4
だけどこのスープは牛すじの影響だけでこんなにも甘くなるとは思えないのでもしかして牛骨スープなのかな。
ずっといろいろ考えながら食べていたのだが結局最後までよくわからなかった。
大将に聞こうかとも思ったが開店したばかりであれこれドタバタされている様子だったので止めておいた。
たけ - 11たけ - 13
結論として我流厨房と名乗っておられるが単なる我流ラーメンとも思えなかった。
これがもしも牛骨スープなのならもっとこれを全面に押し出されたほうが他との差別化も図れるように思おうのだが開店したばかりでこれならかなり期待が持てると思った我流厨房TAKEDAだった。

らあめん花月嵐 アルパーク店(西区)飛騨高山中華そば 麺屋 和香葉

ら - 1
らあめん花月嵐 アルパーク店
いわゆるフードコートの中のラーメン屋さん。
らあ - 1らあ - 2
ここで期間限定で「飛騨高山中華そば 麺屋 和香葉」なる飛騨高山ラーメンが食べられると聞いてやってきた。
ら - 2
さてあまり待たされないでて供されたよ!らあめん花月嵐 アルパーク店の飛騨高山中華そば 麺屋 和香葉750円。
ら - 3
細打ち縮れ麺のようでこれはなんとなくそれ風ではあるがなんとなく自分の知っているのと違うような気もする。
らあ - 3らあ - 4
スープはかなり真っ黒ではあるが醤油も魚介も立たずどことなく化学調味料ドッサリ、レトルト食品の雰囲気が漂っている独特なもの。
チャーシューはまあなんていうかパッサパサでどうやったらこんな風にできるのかわからんレベル。
らあ - 5らあ - 9
煮玉子は失礼なが意外にも半熟でしっかりした味付けがしてある。
らあ - 6らあ - 7
だけど基本となるスープと麺がカップ麺に毛が生えたようにしか感じされずまあこういう場所のチェーン店とはこんなもんかとあきらめムードにすらなってしまった。
らあ - 8らあ - 10
唯一高山ラーメンっぽさを感じさせてくれたのは細いメンマでこれは食感を含めて悪くない。
らあ - 11
取り敢えず全部食べたがこれのどこが飛騨高山ラーメンなのかさっぱり理解できないが、750円という安くない値段を考えたら苦笑いするしかないと反省しながらフードコートを後にしたのだった。
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カテゴリー
月別アーカイブ
記事検索
メッセージ