柴犬と1400GTR

柴犬・コテツと小鈴とカワサキ1400GTRと食べ歩き日記

ラーメン/広島市西区

こりく(西区)みそつけ麺

こ - 1
こりく
こり - 1こり - 2
今日は平日限定メニューであるみそ系を狙ってやってきた。
みそラーメンとみそつけ麺とあるのだが別に理由はないがつけ麺をお願いすることにした。
こり - 3こり - 4
みそラーメンは冬になるとよく見かけるのだがみそつけ麺って案外少ないので珍しかったってのもあったかもしれない。
こ - 2
こ - 3
麺が「全粒粉麺」と「玉子麺」から選べるのだがみそ系といえばやっぱり玉子麺でしょ!ということで玉子麺880円。
こり - 5こり - 7
チャーシューはばっちり炙ってあって香ばしい香りが立っている。
玉子麺はそれほど太くはないが独特の触感で味噌の濃厚さに立ち向かうにはもってこいと思われる。
こ - 4
それに対してそれほど味噌が香らないつけダレに一気に浸して麺を啜れば味噌がドカンとくるわけではなくその主張は控えめに設定しているところがさすがはこりくだ。
こり - 6こり - 9
デフォルトで玉子がついてくるのは嬉しいしメンマやチャーシューも相変わらずのハイレベルなのだがやはりこの独特の味噌ダレに感心してしまった。
こり - 8こり - 10
それにこのつけダレの塩分まで控えてあるのでスープ割りにしないでもそのまま飲めてしまうほどのスッキリさだ。
おかげで味噌系にありがちな後半に飽きてしまうといったネガもなく最後まで一気に食べることができた。
定日限定なのはそれなりに手がかかるからなのか、少し待たされたがそれを差し引いてもこの値段でこの内容とは脱帽だった。

広島一漢 広島西店(西区)つけ麺

いっ - 1
広島一漢 広島西店
いっか - 1いっか - 2
店外にメニュー表が張り出してあって並盛り900円スタートの昔ながらの値段設定のお店のようだが選択の基準になるのでこれは助かる。
いっか - 3いっか - 4
店内に入ってカウンターに座ってつけ麺(1玉)900円野菜大盛り200円を大々辛でお願いした。
いっか - 6いっか - 5
まずはつけダレが出てきた。
自分は使用しなかったが確かに紙エプロンは特に白シャツ着ているヒトには必須よね。
いっ - 2
さてキタヨ!広島一漢 広島西店のつけ麺野菜大盛り1100円。
いっ - 3
200円アップの野菜大盛りだがさすがに盛りっぷりが凄い。
いっか - 7いっか - 8
まずはつけダレに浸さないでそのまま食べてみたがこれでもけっこうイケル。
特に麺はコシが凄まじくあってグリグリだしキャベツも瑞々しくてシズル感満点だ。
いっ - 4
さて満を持してつけダレに麺だけをどっぷり浸して食べてみたが大々辛でも全然大丈夫のようだから広島つけ麺をある程度体験済みだったら激辛スタートでも平気だろう。
いっか - 9いっか - 10
野菜も次々とこのつけダレで食べるがこいつもなかなかのもんだ。
いっか - 11いっか - 12
チャーシューは広島つけ麺によくあるパッサパサなタイプで全体的にオーソドックスな作りになっているようだ。
いっか - 13いっか - 14
キャベツだけじゃなくキュウリやネギもかなり増量されているらしく全部足すと麺と変わらないような印象を受ける。
いっか - 15いっか - 16
半熟卵は決して追加していないのだがなぜかこのようにドカンとふたつも乗っかっておりデフォルトなのか知る由もない。
いっか - 17いっか - 18
広島つけ麺の弱点たる後半の辛さの衰退はこのつけ麺でも如何ともし難く最後の方は辛さがほとんどなくなって余裕でつけダレを飲んでしまえるほどだ。
おかげで完食できたのだがここんとこがどこのつけ麺店でも不満なところでサービスで辛味成分を追加してくれたらどんなにか嬉しいだろう。
満足ではあったがこの内容で1100円は逆立ちしても高いと思うしこの値段なら特に若い人は敬遠してしまうんじゃなかろうか。

中華そば こいたろう(西区)

こい - 1
中華そば こいたろう
このテナントは以前はまる己斐店があった場所だ。
こ - 1こ - 2
それから数件のテナントが入り今は広島ラーメンのお店になったようだ。
こいたろ - 1こいた - 1
この店の前の道路をクルマで頻繁に通るのだが昼も夜も開店時間になってもお店が開いていないことが多くもう潰れてしまったのかと諦めていたらある時開いていたので寄ってみた。
こい - 2
注文したのはスタンダードな中華そば600円。
こい - 3
目新しいのはこの煎餅とでもいうのか不思議なトッピングで揚げたてなのかパリパリと音を立てているがね。
こいた - 2こいた - 3
この煎餅、どうしたもんかわからんのでとりあえずスープに浸しておいてから後から食べることにした。
こい - 4
麺は少し柔らかめのストレートでごく一般的なもの。
こいた - 4こいた - 5
チャーシューは脂をしっかり感じるこってり系でこれはこれで悪くない。
こいた - 6こいた - 7
だが問題はスープで表に「無化調、エビ香る広島ラーメン」と書いてあるが申し訳ないがエビは感じられない。
それに無化調ならではの味の輪郭がボヤケていて広島ラーメンと言って良いのか、或いは無化調にする意味があるのか疑問に思えてくる。
こいた - 9こいた - 8
柔らかくなった揚げたて煎餅は味噌汁の麸のような食感で面白いがラーメンの味に何かを与えるといった事はなく単なるギミックに終わっているのが現状だ。
こいた - 10
他にもまあいろいろ言いたいことはあるが一言で言えば「特徴がない」に尽きる。
残念ながら自分には最後までコンセプトがわからず終いだった中華そば こいたろうだった。

らーめん与壱(西区)れもんらーめん

れ - 1
横川駅近くのらーめん与壱
れも - 1れも - 2
なんと以前の店舗から直ぐ隣のテナントに引っ越しされている。
れも - 3れも - 4
新しい店舗は以前のカウンターだけウナギの寝床より相当広くなってテーブル席まで用意されている。
どうやらあっちこっちに展開していた支店を閉めてここに注力することにしたのかもしれない。
れ - 2
さて今日は塩とんこつベースのれもんらーめん750円。
れも - 7れも - 6
デーンと凄い存在感のレモンにあとは揚げネギのようなものにモヤシとネギがトッピングされている。
れ - 4
麺はいつものストレートでさすが広島ラーメンにはピッタリではあるわな。
れも - 9れも - 8
この揚げたネギのようなものの他に山椒もかけてあってなかなかエスニックな雰囲気を出そうとしているかのようだ。
れ - 3
たまげたのはもう一枚隠しレモンが沈んでいてこっちは皮が剥かれてなおかつ潰しているようでこれがスープに酸味をもたらす役割になっているようだ。
れも - 10れも - 11
実際レモンの酸味をずっと感じさせてくれオマケに山椒が絡んでどことなくアジアの風が吹いているように感じる面白い仕上がり。
れも - 12れも - 15
ここでテーブルに用意されている一味にんにくを少しだけ入れてみたが変化がわからなかったので更に追加してみた。
れも - 13れも - 14
これは完全に酸っぱ辛い酸辣湯麺の方向性になっていることに気がついた。
チャーシューは比較的淡泊なタイプでこの手のスープには上々のマッチングだ。
れも - 16れも - 17
広島ラーメンをベースにしながらこういう方向性も試しているなんてこれはさすがの人気店だ。
れも - 18れも - 19
トッピングのレモンもかじってみたがこりゃ酸っぱ過ぎてなんもわからんようになるのでこっちのはあくまでもルックス用と考えたら良いのだろう。
れも - 5
同行した息子は通常のラーメン(大)750円に九条ネギトッピング200円を注文してたがさすがに二郎系かと思わせるほどのネギっぷりに笑いそうになってしまった。
与壱といえば老舗人気店なのにそれにあぐらをかかずに新メニューの開発をしているようでこれからの展開も楽しみになってしまうわな。

らぁめん紺屋(西区)トマトバジルしおラーメン

ば - 1
らぁめん紺屋
ばじ - 1ばじ - 2
公式サイトにて今回の限定ラーメンであるトマトバジルしおラーメン狙いでやってきた。
ば - 2
少し待ってからキタヨ!らぁめん紺屋の期間限定トマトバジルしおラーメン1100円。
ば - 3
しかしこの信号機のようなピーマンとオクラの絵柄からはラーメンを想像するのは困難だろう(笑)
ばじ - 4ばじ - 5
トマトバジルしおラーメンというからにはやっぱりこのゴロッとしたトマトがトッピングされているのは当然とはいえこれだけではスープにトマト風味はつかないんじゃないかと心配になる。
ば - 4
麺はいつものストレートなのだがここでスープからしっかりとした明らかなトマト由来の酸味を感じ取ることができた。
だがそれはいわゆるイタリアンのそれでと明らかにことなるトマト風味だ。
ばじ - 3ばじ - 7
チャーシューは鶏肉感抜群の鶏チャーシューがほんと、冗談抜きでゴロゴロ入っててこれが比較的アッサリしたスープに力強さを与えるのに一役買っている。
ばじ - 6ばじ - 8
オクラも脇役ではあるがバジルもどちらかと言えばトマトを引き立てる役割を担っているようでその主張は控えめだ。
ばじ - 10ばじ - 9
この見えているバジルやトマトはまあ言ってみればダミーみたいなもんで実際にはスープにはすり潰して溶かしてあるとメニューに書いてある。
ばじ - 11ばじ - 12
それとここのラーメン全般に言える特徴であるが、化調の使用を控えてあるので最初はやや味付けが薄く感じられても後半にかけてグッと旨味を増してくるいわゆる後半に強いタイプのラーメンはこれでも健在だ。
ばじ - 13ばじ - 14
こうなるとこのクソ暑いのにスープを残すことができなくなり今回もアッサリ完食。
いやいやこの酸っぱさや個性的すぎる野菜に好き嫌いはわかれるだろうが個人的にはオリジナリティに脱帽だしさすがは名店紺屋だと納得して1100円を払って店を後にしたのだった。
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カテゴリー
月別アーカイブ
記事検索
メッセージ