柴犬と1400GTR

柴犬・コテツと小鈴とカワサキ1400GTRと食べ歩き日記

ラーメン/広島市西区

あきちゃん(西区)天ぷらとラーメン

あ - 1
福島町のあきちゃん
今日は息子のクルマに載せてもらってやってきた。
あき - 1あき - 2
息子のクルマは近所のコインパーキングに入れたがお店の前に路駐しないように注意書きがある。
客のモラルの問題とはいえ近隣との付き合いもあるだろうしお店にとっては頭が痛かろう。
あき - 4あき - 6
6種の天ぷらとラーメンを注文したのだが卓上の調味料でつけダレを作るように言われた。
あき - 5あき - 7
酢醤油に韓国産唐辛子をいれて完成。
あ - 2
ほどなくして各120円の天ぷらが登場した。
丁寧に説明があったのだがどれがどれやらわかるはずもない(笑)
あき - 3あき - 8
カウンターの前にあるこのまな板と包丁でカットして食べるのだが少しだけ頂いてあとは全部息子に食べてもらった。
こんなコッテリした天ぷらなんて食べていたらビールの誘惑に負けそうになったからだ(笑)
あ - 3
ビールなんて飲んだらラーメンの味なんてわかるはずもないので我慢してやっとキタヨ!あきちゃんのラーメン600円。
あ - 4
女性ばかりのスタッフの中でラーメンを作っておられた年配の方に茹で方がどうだったか聞かれたが実際しっかりとコシがあって完璧だと伝えた。
あき - 10あき - 11
天ぷらが本業なのだろうとラーメンをオマケ的なのを予想していたが見事に覆された。
あき - 12あき - 13
瞬時にしてカゼイン膜が張ってしまうほどの濃厚とんこつなのだが醤油はそれほど立っておらずどっちかというととんこつ塩ラーメンのようなスープ。
あ - 5
チャーシューも柔らかく薄味ながらしっかりスープをサポートすると言った良い仕事してる。
あき - 14あき - 15
いわゆる広島ラーメンというには醤油が控えめなので飲んだあとの〆ラーメンよりもこうして普通に昼にランチとして食べたほうが本質がわかるんじゃなかろうか。
あき - 16あき - 9
天ぷらとセットも悪くないがこれだけのポテンシャルがあればラーメン一本でも全然満足できてしまうだろう。
期待していなかったってのを差し引いても本格的で個人的にかなり高得点なラーメンであることは断言できる。
いやいやこういうのがあるからラヲタはやめられない(笑)

我流厨房タケダ(西区)牛骨ラーメン

た - 1
我流厨房タケダ
今回で2度めの訪麺になるが前回は牛すじラーメンを食べた。
たけ - 10たけ - 1
今回はシンプルな牛骨ラーメンを食べようと思っていたからまあ良いのだが以前とメニューは減りラーメンスープは牛骨だけになったようでより牛骨を全面に押し出した構成になっている。
た - 2
少しだけ待ってキタヨ!我流厨房タケダの牛骨ラーメン650円。
これは以前の牛すじラーメンとはビジュアルが全然異なるのにまず驚いた。
た - 3
少し柔らかめに茹でられたストレート麺だけどこれは無難で悪くない。
たけ - 2たけ - 3
トッピングは広島ラーメンとは少し違う太いもやしが特徴的だ。
たけ - 6たけ - 4
あとは少しパサパサ系のチャーシューにメンマ、そしてネギという構成になっていてこれといって目新しいものはない。
た - 4
要するにこのラーメンの最大の興味はこの広島でも最近徐々に増え始めている牛骨スープに集約される。
たけ - 5たけ - 7
牛骨スープのラーメンと言うと鳥取系山口系がその代表だがこの牛骨はどちらのかはわからないがいずれにしても、牛骨の特徴である乳臭いような甘さが弱いような気がする。
たけ - 8たけ - 9
それにこんなに透き通った淡麗系のスープの場合は「引き」みたいなもんがないとあっさりを通り越して薄く感じられてしまうだろう。
脱サラか定年後のような年配のご夫婦?で切り盛りされているので応援したい気持ちはあるのでこれからのブラッシュアップに大いに期待したい。

こりく(西区)みそつけ麺

こ - 1
こりく
こり - 1こり - 2
今日は平日限定メニューであるみそ系を狙ってやってきた。
みそラーメンとみそつけ麺とあるのだが別に理由はないがつけ麺をお願いすることにした。
こり - 3こり - 4
みそラーメンは冬になるとよく見かけるのだがみそつけ麺って案外少ないので珍しかったってのもあったかもしれない。
こ - 2
こ - 3
麺が「全粒粉麺」と「玉子麺」から選べるのだがみそ系といえばやっぱり玉子麺でしょ!ということで玉子麺880円。
こり - 5こり - 7
チャーシューはばっちり炙ってあって香ばしい香りが立っている。
玉子麺はそれほど太くはないが独特の触感で味噌の濃厚さに立ち向かうにはもってこいと思われる。
こ - 4
それに対してそれほど味噌が香らないつけダレに一気に浸して麺を啜れば味噌がドカンとくるわけではなくその主張は控えめに設定しているところがさすがはこりくだ。
こり - 6こり - 9
デフォルトで玉子がついてくるのは嬉しいしメンマやチャーシューも相変わらずのハイレベルなのだがやはりこの独特の味噌ダレに感心してしまった。
こり - 8こり - 10
それにこのつけダレの塩分まで控えてあるのでスープ割りにしないでもそのまま飲めてしまうほどのスッキリさだ。
おかげで味噌系にありがちな後半に飽きてしまうといったネガもなく最後まで一気に食べることができた。
定日限定なのはそれなりに手がかかるからなのか、少し待たされたがそれを差し引いてもこの値段でこの内容とは脱帽だった。

広島一漢 広島西店(西区)つけ麺

いっ - 1
広島一漢 広島西店
いっか - 1いっか - 2
店外にメニュー表が張り出してあって並盛り900円スタートの昔ながらの値段設定のお店のようだが選択の基準になるのでこれは助かる。
いっか - 3いっか - 4
店内に入ってカウンターに座ってつけ麺(1玉)900円野菜大盛り200円を大々辛でお願いした。
いっか - 6いっか - 5
まずはつけダレが出てきた。
自分は使用しなかったが確かに紙エプロンは特に白シャツ着ているヒトには必須よね。
いっ - 2
さてキタヨ!広島一漢 広島西店のつけ麺野菜大盛り1100円。
いっ - 3
200円アップの野菜大盛りだがさすがに盛りっぷりが凄い。
いっか - 7いっか - 8
まずはつけダレに浸さないでそのまま食べてみたがこれでもけっこうイケル。
特に麺はコシが凄まじくあってグリグリだしキャベツも瑞々しくてシズル感満点だ。
いっ - 4
さて満を持してつけダレに麺だけをどっぷり浸して食べてみたが大々辛でも全然大丈夫のようだから広島つけ麺をある程度体験済みだったら激辛スタートでも平気だろう。
いっか - 9いっか - 10
野菜も次々とこのつけダレで食べるがこいつもなかなかのもんだ。
いっか - 11いっか - 12
チャーシューは広島つけ麺によくあるパッサパサなタイプで全体的にオーソドックスな作りになっているようだ。
いっか - 13いっか - 14
キャベツだけじゃなくキュウリやネギもかなり増量されているらしく全部足すと麺と変わらないような印象を受ける。
いっか - 15いっか - 16
半熟卵は決して追加していないのだがなぜかこのようにドカンとふたつも乗っかっておりデフォルトなのか知る由もない。
いっか - 17いっか - 18
広島つけ麺の弱点たる後半の辛さの衰退はこのつけ麺でも如何ともし難く最後の方は辛さがほとんどなくなって余裕でつけダレを飲んでしまえるほどだ。
おかげで完食できたのだがここんとこがどこのつけ麺店でも不満なところでサービスで辛味成分を追加してくれたらどんなにか嬉しいだろう。
満足ではあったがこの内容で1100円は逆立ちしても高いと思うしこの値段なら特に若い人は敬遠してしまうんじゃなかろうか。

中華そば こいたろう(西区)

こい - 1
中華そば こいたろう
このテナントは以前はまる己斐店があった場所だ。
こ - 1こ - 2
それから数件のテナントが入り今は広島ラーメンのお店になったようだ。
こいたろ - 1こいた - 1
この店の前の道路をクルマで頻繁に通るのだが昼も夜も開店時間になってもお店が開いていないことが多くもう潰れてしまったのかと諦めていたらある時開いていたので寄ってみた。
こい - 2
注文したのはスタンダードな中華そば600円。
こい - 3
目新しいのはこの煎餅とでもいうのか不思議なトッピングで揚げたてなのかパリパリと音を立てているがね。
こいた - 2こいた - 3
この煎餅、どうしたもんかわからんのでとりあえずスープに浸しておいてから後から食べることにした。
こい - 4
麺は少し柔らかめのストレートでごく一般的なもの。
こいた - 4こいた - 5
チャーシューは脂をしっかり感じるこってり系でこれはこれで悪くない。
こいた - 6こいた - 7
だが問題はスープで表に「無化調、エビ香る広島ラーメン」と書いてあるが申し訳ないがエビは感じられない。
それに無化調ならではの味の輪郭がボヤケていて広島ラーメンと言って良いのか、或いは無化調にする意味があるのか疑問に思えてくる。
こいた - 9こいた - 8
柔らかくなった揚げたて煎餅は味噌汁の麸のような食感で面白いがラーメンの味に何かを与えるといった事はなく単なるギミックに終わっているのが現状だ。
こいた - 10
他にもまあいろいろ言いたいことはあるが一言で言えば「特徴がない」に尽きる。
残念ながら自分には最後までコンセプトがわからず終いだった中華そば こいたろうだった。
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カテゴリー
月別アーカイブ
記事検索
メッセージ