柴犬と1400GTR

柴犬・コテツと小鈴とカワサキ1400GTRと食べ歩き日記

うどん

おどるうどん(中区)やまかまたま

お - 1
おどるうどん
讃岐スタイルのうどん屋さん。
おど - 1おど - 2
讃岐スタイルも最近じゃ丸亀製麺やはなまるうどんといった全国チェーン店のお陰で比較的珍しくなくなった。
要は最初に注文、支払いをして自分でうどんをテーブルまで持っていくいわゆるセルフスタイルってやつだ。
おど - 3おど - 4
表のメニューでちょっと珍しいやまかけの釜玉うどんを見かけたのでそれをお願いしたらちょうどうどんが入れ替えのタイミングだったようで席まで持ってきてくれるとのこと。
竹輪の天ぷらを取り支払いを済ませてカウンターに座った。
お - 2
しばらく待つとキタヨ!おどるうどんのやまかまたま470円。
お - 3
これにテーブルのだし醤油をぶっかけて完成だ。
ちなみにネギはセルフで自分が追加したもの。
おど - 5おど - 6
よく考えたら山かけそばなどのとろろをぶっかけるのって冷たいやつが多いのを今頃思い出した。
おど - 9おど - 8
もしかして温かいのにとろろってどうかなるんじゃないかと不安になったがとにかくダシ醤油が少ないのか思ったより薄味になってしまうのだが、かと言ってダシ醤油を入れすぎると悲惨なことになる。
お - 4
なんどか試行錯誤してやっと好みの味になってきた!
温かいからってとろろが固まるとかそういう弊害はないがやまかけうどんと釜玉うどんのせっかくの長所が結果的にそれぞれを打ち消し合って逆効果になってしまったようだ。
おど - 12おど - 10
カリッと揚がった天ぷらはしっかり味付けされていて箸休めとして機能している。
おど - 11おど - 13
このトッピングの組み合わせが相性悪かったのもあるが肝心のうどんがよくあるうどんチェーン店と比較してパワー負けしていると感じられるのが終始残念だったところで、これだったら値段的にも近所のはなまるうどんか丸亀製麺でええかな?っていう思いがなかったといえばウソになる。
その手のチェーン店ではアリえないようなそれこそ心が踊るようなうどんやそれに付随するメニューがあればと感じてしまった。
夜の居酒屋メニューがあちこちに宣伝してあったがそちらの方に活路を見出そうとされているのかもしれない。

一心(呉市)かけうどん 昆布むすび

い - 1
ひさしぶりにやってきた呉市の一心
いつ - 1
いわゆる細い呉うどんのお店で屋台から始めた呉では老舗のひとつになる。
呉出身の自分にとってはほとんどソウルフードになるのだが決まっていつもかけうどんを食べている。
し - 1
さてあまり待たされないでやって来たよ!一心のかけうどん450円と昆布むすび100円。
し - 2
一心のかけうどんはかけうどんというよりも刻みんだ揚げがたくさん入っていて、さながら刻みきつねうどんに近い。
し - 3
例によって出てきた時から伸びている呉うどんはクッタクタでこれがまた地元では熱烈に支持されている(笑)
しん - 1しん - 4
滅多に注文しないのだがこの日は腹が減っていたし雨だったので連食できないという都合もあって(笑)昆布むすびを追加したのだがやっぱりうどんにむすびの組み合わせって鬼に金棒ではあえるわな。
しん - 2しん - 3
ネギ、刻んだ揚げ、そしてとろろ昆布がこの甘いダシに本当によく合ってて郷愁も手伝って嬉しなってしまうがな。
しん - 5しん - 6
もうこうなると旨い不味いではなく子供の頃からの洗脳で自動的に好みの味になってしまっているのだろう。
おそらく自分が一番たくさん食べているうどんがこの一心のうどんだろうからまあそれも仕方がないのかもしれない。
しん - 7
いつもの通り最後までダシを一滴残らず飲み干したのだが、やっぱり18歳まで過ごしたこの呉の味っていうのは身に染み付いているんぢゃろうのぅ〜(笑)

はなまるうどん広島五日市店(佐伯区)濃厚豆乳担々うどん

はな - 1
はなまるうどん広島五日市店
近いのでちょくちょくお邪魔している。
はなま - 11はなま - 10
公式サイトにて濃厚豆乳担々うどんなるメニューをやっていると知ってやってきた。
はなま - 1はなま - 2
セルフスタイルだから入店して注文し受け取って席に座る。
は - 1
濃厚豆乳担々うどん(中)680円。
これに今日はひさしぶりに稲荷ずしを取った。
はなま - 4はなま - 5
白いスープに赤い油が浮かぶまさに担々なのだがこれをうどんに合わせるなんて発想はなかなか面白いと思う。
はなま - 3はなま - 6
取り敢えず麺で混ぜてみたがなんとなくカルボナーラを連想させるようなスープの絡みようにびびった。
は - 2
うどんそのものはまあ予想通りだがこの濃厚豆乳担々スープは非常に興味深い。
はなま - 7はなま - 12
辛さはオマケ程度でお子ちゃまでも食べられるレベルなのだが豆乳ってこんなにも美味かったっけ??
まさに牛乳から乳臭さを消し去ってこってりした部分だけを残したような処理に感心しきりだ。
はなま - 8はなま - 9
途中でお稲荷さんを食べること自体がアクセントになってこの濃厚豆乳担々うどんを飽きることなく食べることが出来る。
は - 3
うどんの量も中で自分にはじゅうぶんだったし、後半は丼の底に沈んでいた肉そぼろとうどんを一緒に食べるのがマジで楽しくて仕方がない。
はなま - 13はなま - 14
そして少量のザーサイがさっぱり感をもたせる効果を発揮していてこれはよく考えられているメニューのようだ。
はなまるうどんのラインナップの中では少々高価にはなるがそれなりの価値はあると思った濃厚豆乳担々うどんだった。

讃岐屋 マダムジョイ楽々園店(佐伯区)スタミナうどん

すた - 1
秋風が吹いて気温も若干下がってくると毎年必ずここが恋しくなる。
讃岐屋 マダムジョイ楽々園店
すたみ - 1すたみ - 2
夏だとその存在すら忘れているけど、この季節になると不思議と無性に食べたくなるのがコレ。
讃岐屋の看板メニューたるスタミナうどん。
すたみ - 3すたみ - 4
今回は連休初日なので無料のニンニクダブルでお願いした。
すた - 2
さて待ち焦がれた讃岐屋のスタミナうどん(ニンニクダブル)750円!!
ニンニクダブル効果は絶大でこの時点で香ばしいかおりが立ち上る!
すたみ - 5すたみ - 6
基本的に生のニンニクスライスが放り込んであるので倍増したスライスがそこらじゅうに散りばめてあって嬉しくなってくる(笑)
すた - 3
うどん自体は讃岐屋自家製らしいが今となっては凡庸でうどんチェーン店よりもコシはないんじゃないか?
すたみ - 8すたみ - 7
おそらくは昆布ダシが中心だと思うが思いっきりトロミがつけられている激熱スープはやっぱり独特。
すたみ - 9すたみ - 10
茹でた豚バラ肉はラーメンのように大きいのが何枚も入っててここらへんはほんとにラーメンを意識しているんじゃなかろうか。
すた - 4
当然後半は食べ飽きてくるのでここらで卓上の七味をドカドカ入れて味変を楽しむことにする。
すたみ - 11すたみ - 12
七味自体はありふれたモノで別段どうってことないが辛味が加わることで更にラーメン度合いを強めていくようでこれはこれでなかなか面白い。
すたみ - 13すたみ - 14
最初からエビが見当たらなかったのでもしかしたらニンニクダブルにしたらエビ省略なのかと心配していたらひょっこり出てきた!
大したトッピングじゃないがやっぱりあると嬉しい(笑)
すたみ - 15すたみ - 16
最終的には自分の強力なデンプン分解酵素のお陰でトロミはほとんどなくなりサラサラになるのだがそれでも底に溢れるニンニクスライスのお陰で最後まできっち楽しめる。
すたみ - 17
いやいや!お腹いっぱい!大満足!
ハッキリ言ってこれで750円は安い!!
しっかり汗をかいたがこの先、もっと寒くなると発作的にこれを食べたくなってしまうんぢゃろうの〜(笑)

驛麺家(南区松原町)冷やし担々うどん

え - 1
広島駅構内の高架橋にある驛麺家
ここはあのひろしま駅弁がやっているお店で以前はホームの立ち食いうどん屋だった。
えき - 2えき - 1
駅の構内というその立地故、自動券売機がお店の外に設置されている。
ここで食券を購入して店内へ入って渡して呼ばれるまで待つというシステムだ。
えき - 8
遂にお持ち帰りまでやりだしたんか。
天ぷらうどん370円という値段もなかなか微妙ぢゃの〜。
え - 2
さて今回注文したのは冷やし担々うどん500円。
500円って言ったらこのお店のラインナップではけっこう高い部類のメニューってことになる。
え - 3
さっそくタマゴを割って全体に絡める作業に取り掛かるとする。
え - 4
まあ駅の立ち食いうどんなんだから当然ながら茹で麺で保存されているタイプは間違いないのだが、この冷やしたうどんなのに砕けたコシっぷりはいくらなんでも残念だ。
えき - 3えき - 4
スープもソコソコあって汁なし担々麺とじゃ明らかに違う構成になっている。
えき - 5えき - 6
辛さはホンマにおしるし程度でほとんど無いと言っても過言ではない。
冷やしなだけに温かいのと違って香りがまったくないのもマイナスポイントだ。
えき - 7えき - 9
う〜〜〜ん、この内容で500円ってハッキリ言って高い。
それにコシが微塵もないうどんってインスタントを含めても久しぶりなのでこれはもう少しどうにかならんもんかという印象だった驛麺家だった。
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カテゴリー
月別アーカイブ
記事検索
メッセージ