柴犬と1400GTR

柴犬・コテツと小鈴とカワサキ1400GTRと食べ歩き日記

エクササイズ

広島アルプス縦走 完走編

ある - 1
前回、初挑戦にした広島アルプス縦走だがやっぱり完走しておきたいので再びチャレンジした。
あるぷ - 1あるぷ - 2
武田山(たけだやま)(410.9m)火山(ひやま)(488.3m)丸山(まるやま)(457.4m)大茶臼山(おおちゃうすやま)(413m)とさすがに2回めになると迷うことなくスイスイと進めて草津沼田道路までは難なく到着。
さてさてここからが未知なる広島アルプス最後の部分になる。
あるぷ - 3あるぷ - 4
最初は緩やかな道が続くが途中けっこうな難所もでてきてかなりの体力を必要とする。
ある - 2
それでもどうにか鈴が峰山頂の到達。
ここから西峰を経由して八幡東登山口を目指す。
あるぷ - 5あるぷ - 6
後半になるとやっと八幡東登山口の案内板が見えてくる。あるぷ - 7あるぷ - 8
どうにか目的の八幡東登山口に到達。
ちょうどポルシェ正規販売店の裏にあたる場所にこんな登山口があるなんて知らなかった。
ある - 3
アップルウォッチ計測で20.6kmを5時間50分で完全走破したようだ。
安東から草津沼田道路までが14.5kmだったから八幡東までは6.1kmになるが予想していたより困難なコースでかなりの疲労感を覚えた。
あるぷす - 1
歩いた跡を地図にするとこんな感じになってて後半かなり方向が変わるのがわかる。
あるぷす - 2
一度も走ることなくほぼノンストップで縦走したがキツいのはキツいが景色も含めてなかなか楽しめるのも事実だ。
トレッキングとかこれまで興味なかったがこういう近くであればチャレンジするにハードルは低いのではないか。
全コースになるかはわからないが今シーズンにもう一度チャレンジしてみようかな?と画策してしまっているのだった(笑)

広島アルプス縦走

ある - 1
以前からやってみたかった広島アルプス縦走
午前8時にアストラムライン安東駅をスタートした。
あるぷ - 1あるぷ - 2
新川本店の横の道を山の方に入った突き当りが登山口になっている。
ある - 8
ここでアップルウォッチのウォークアウトアプリの「ハイキング」を起動した。
ある - 2
登山経験もほとんどないのでわけも分からず道なりに登っていたらカガラ山山頂に出た。
ここにおられた方にこの道で良いのか訪ねてみたら「あと8つ山を超えたら鈴が峰に着く」と教えてもらった。
あるぷ - 3あるぷ - 4
完走できるか不安にはなったがダメなら下山しようと思っていたのでここから一気に隣の武田山を目指すことにした。
あるぷ - 5あるぷ - 6
途中休憩するような場所もあり武田山山頂にファミリー向けの回り道と一気にたどり着ける道があると説明書きがある。
たけ - 1
少しファミリーコースを見てみたがなんだか迷いそうだったのでわかりやすいこっちのストレートな登山道を選択したのは良いが当然かなりキツイ。
あるぷ - 7あるぷ - 8
展望広場と書いてあるところまで来たが対して展望できないのに笑ってしまった。
あるぷ - 9あるぷ - 11
武田山山頂がどこなのかわからないのだが見張り台と銀山城跡を通過。
あるぷ - 12あるぷ - 13
ここは非常に見晴らしがよく祇園新道のあたりを眺めることができる。
あるぷ - 10あるぷ - 14
武田山山頂はまだだったようでこれを目指して進んでいっているつもりだった。
あるぷ - 15あるぷ - 16
弓場が突然現れて打てそうだったが経験がなくまったく自信がないのでやめておいた。
あるぷ - 17あるぷ - 18
近年の豪雨の影響もあるのかこの武田山からの下りはかなり急勾配な箇所がいくつもあり初心者は気をつけないとコケるとえらいことになりそうだった。
あるぷす - 1
どうにか火山までやってきたがこの急斜面が続くのなら完走できないんじゃないかという不安が首を持ち上げてきた。
あるぷ - 19あるぷ - 20
それでもなんとかあるき続けたがここからはしばらくキツイ斜面はなくなり比較的歩きやすくなったのには正直救われた。
だがこの石山と火山と春日野団地の分岐で石山方面への道が細くてわかりにくかったのには参った。
運良くハイカーがおられて教えてもらわなかったら間違って下山してしまっただろう。
あるぷ - 21あるぷ - 22
石山、丸山にかけてはそれほど難所もなく左に祇園新道方面、右に西風新都方面を見ながら気持ちよく尾根を歩いた。
この日は休日だったが思ったより他のハイカーに合わないもんなんだと思っていたが、このへんからトレイルランニングをしている方々に何度か道を譲った。
あるぷ - 23あるぷ - 24
下調べでわかっていたのだが畑峠でいったん舗装された道路にでてくる。
この近くに大茶臼山への登山口があるはずだが悲しいかな初心者なのでなかなか気づかなかった。
15分位彷徨ってやっと発見(涙)
あるぷ - 25あるぷ - 26
西区にはいったようでなんとなく己斐の上の方を歩いていることが理解できる。
ある - 4
幾度か険しい急勾配もあって楽しめる道のようだ。
あるぷ - 27あるぷ - 28
明らかに己斐峠が近いことがその風景の変化からわかるのだが本道が崩れているのか迂回路に回るようにと案内がでている。
あるぷ - 29あるぷ - 30
どうやら墓苑の駐車場にでてきたようだ。
あるぷ - 31あるぷ - 32
やっぱり己斐峠に到着。
ここも下調べしていたので五月が丘方面に歩いてみる。
あるぷ - 33あるぷ - 34
数百メートルあるくと柚木城山への登山口が見つかった。
あるぷ - 35あるぷ - 36
このへんになるとなんとなく佐伯区が近いことがわかってきて心理的には安心してしまう(笑)
あるぷ - 37あるぷ - 38
標識にも草津沼田道路というのが出始めて自分が決めた終点が着々と近づいてきているのがわかる。
あるぷ - 39あるぷ - 40
だんだん高度が下がってきて手すりがある急な階段が見えてくる。
これを一気に下ると草津沼田道路!!
ある - 5
一応今回はここが終点にしたけど本当は鬼ヶ城山→鈴ヶ峰とあともう数キロあるようだ。
あるぷ - 41
道路を渡って少し歩くと登山口があると丁寧な案内板が立っている。
ある - 7
アップルウォッチにログが残っていてかなりストレートなコースであることがわかる。
ある - 6
アップルウォッチによると距離にして14.52km、時間は4時間14分、登った合計高度は1358メートルとかなりの登山になる計算だ。
この広島アルプスは思っていたよりハードなコースだったけど景色も良いしなによりコースが変化に富んでいて面白いので飽きない。
ただ初心者にはキツい斜面もあるし案内看板が立っているがコースがわかりにくい箇所(実際自分は4回くらいコースミスしてしまった)もいくつかあるので注意が必要だ。
ここから徒歩で広電草津駅まで行き電車で帰ったが翌日太ももの前側が筋肉痛になった。
おそらく下り道を踏ん張ってブレーキかけ続けたからだと思われるが登山は下りが難しいと言われているのを後から思い出した。
それにしてもこの広島アルプス縦走はまたチャレンジしてみようと思ったのだった。

LEVIN(Linkwitz) 2018 新版 Bluetooth スポーツイヤホン Marathon

れび - 1
LEVIN 2018 新版 Bluetooth イヤホン 4.2 CSR8635チップ搭載 防汗仕様 スポーツ ハンズフリー通話可能 Siri対応Marathon
アマゾンのタイムセールで購入し2ヶ月程度の使用感を書く。
れび - 2
箱を開けるとイヤホン本体の入ったケース、交換用イヤーチップ、充電用USBケーブル、そして取説が出てきた。
れび - 3
ケースを開けると本体が出てきたがたしかにこれはコンパクトに収納できそうで持ち運びにはかなり便利だ。
れび - 4
一般的なカナル型などのように耳の穴に突っ込むのではなく耳たぶに乗っける構造のイヤホンなのでこれまでのどのタイプとも装着感が異なる。
れび - 6
イヤホンの操作はほとんど右側の本体に集中しており中央がマルチファンクションボタン、上下がボリューム、前後がスキップ&リバースなのでこれは直感的に理解できる。
尚、iPhoneの場合スキップボタンをダブルクリックするとSiriが起動してBluetooth越しに音声で操作が可能だ。
れび - 5
充電は左本体の下にUSBジャックがむき出しで装備されているのでおそらくはこちらにバッテリーが内蔵されているのだろう。
音質はこれだけのサイズがあれば当然かもしれないがかなり良い印象で通常のポピュラー音楽を聴く程度であれば全く問題がない(個人差あり)と思われる。
れび - 7
マルチファンクションボタンは充電時はこのように赤く光り、通常使用時は青く点滅する。
取説には連続再生時間10時間とあるがこれだけ長時間になると確認のしようがないが通常であれば困ることもないだろう。
そっと耳たぶの上に乗っているだけのような印象ながら走ったりけっこう激しい動きをしても全くずれることがないのは凄いとしか言いようがない。
ただオープンタイプのイヤホンなので大きな音にすれば当然音漏れするだろうし、賑やかな場所だと聞き取りにくくかるのは仕方がない。
あとイヤーチップというかカバーがついているのだがスポーツをすればこれが汗で濡れるのは避けられないのでこの部分が気になるヒトには向かないだろう(自分は全然気にならないが)。
気になったのはボリュームの上下、スキップ&リバースは勿論、普通に曲が変わるときまでも「ピッ」と音がする(しない時もある)のはいくらなんでもやりすぎのように思うが慣れれば問題ないのかもしれない。
電話もテストしてみたがどこにマイクが内蔵されているのか知らんが驚くほど普通に会話できてしまうのだが、電話がかかってきても聴いている音楽はそのまま流れる仕様のようでコレは気を遣ったのかも知れないが普通に切り替えて欲しい。
あれこれあってもこの値段を考えればこの性能で3年くらい使えたら驚異的だと思うしかないだろう。

ZEALOT H6 Bluetooth イヤホン スポーツ ブルートゥース イヤホン

Z - 1
ZEALOT H6 Bluetooth イヤホン スポーツ ブルートゥース イヤホン 高音質 防塵 防汗 軽量 マイク内蔵 無線通話 (黒)
ZI - 1ZI - 2
2000円程度で購入して約半年使った感想を書くことにする。
ZI - 3ZI - 4
まずはすぐに使ってみたがイヤーチップが合わず実際に使うと歩くたびに音が変化してしまって聞きづらいくことこの上ない。
Z - 2
商品を返却しようかとも思ったが市販のイヤーチップ、Comply(コンプライ) Tsシリーズ アジアンフィットを追加購入してなんとか音の方は安定して聴けるようになった。
ZI - 5ZI - 6
それはそれで良かったのだが肝心の音質がなんていうか昔のAMラジオを聞いているような(個人差あり)感じで音楽を聞くというよりはラジオを聴く専門として使っている。
充電は右耳のユニットの下側にゴム蓋付USBポートがあってそこから行うのだがこのゴム蓋が早々に取れて無くなってしまったが余程の大雨でもないと大丈夫そうなのでそのままにしている。
ZI - 7ZI - 8
本体は軽く装着感もしっかりしていて違和感ないのだが時々音切れがあってイライラすることがある。
再生時間は8時間とこのタイプにしては長く問題はないのだが本体だけ見ているとわからないが装着した姿は耳からかなり飛び出すし、本体フレームが耳の遥か上を通っていてなんだかかっこ悪い。
操作は右耳に集中してやるのだがオンオフはまあ良いとして音量調整とスキップ&リバースを同じボタンでやるのが誤操作してしまいやすく使い勝手が良いとは言い切れない。
まあ値段が値段だからと割り切って使う方が良さそうだ。

Anker SoundBuds Curve スポーツ用 Bluetoothイヤホン

あんか - 1
Anker SoundBuds Curve (Bluetoothイヤホン)【Bluetooth 4.1対応/約14時間の連続通話/IPX5防水規格/マイク内蔵】
あんかー - 3あんかー - 4
Anker SoundBuds Sport NB10が非常に気に入ったので同じAnker社の違うタイプのBluetoothヘッドセットを買ってみた。
値段はタイムセールで2000円そこそこだったと思うがこちらも約半年間の使用感を報告しようと思う。
あんかー - 5あんかー - 7
しっかりした軽いポーチに入っているのは嬉しいが付属品のイヤーチップが凄く多いのにびっくりした。
あんかー - 6
これに充電用USBケーブルが入っていた。
あんか - 2
ヘッドセット本体はこんな感じでいわゆる耳かけケーブルタイプのBluetoothヘッドセットだ。
あんかー - 8あんかー - 9
このヘッドセットのキモはこの柔らかいシリコン製の耳掛けで確かにここまで優しいホールド感は体験したことがない。
あんかー - 10あんかー - 11
それだけにガッチリ耳に食い込んではくれないのでイヤーチップとの相性が悪いと耳の穴から浮き上がったりしてしまう。
あんかー - 13あんかー - 12
要はイヤーチップをジャストにセッティングしないとこのヘッドセットの本領は発揮できない。
これだけのコンビネーションがあるとあれこれ試すのにも根気が必要だがこのイヤーチップは2重構造になっていて耳掛けとのホールドのパーツと実際に耳の穴に入れるパーツが別々なのでこの限りない組み合わせからベストなのを見つける作業を繰り返す必要がある。
あんか - 3
操作は右耳コード途中にある本体上で行い真ん中がマルチファンクションボタン、+がボリュームアップとスキップ、マイナスがボリュームダウンにリバースが割当てられている。
あんかー - 1あんかー - 2
この本体で充電も行いフタを回転させるとUSB端子がでてくる。
実際にテストできないほどの12.5時間の連続再生は驚異的とも言え通常の利用であればまず足らないことはないだろう。
自分にベストなイヤーチップを見つければその音質の凄さ(個人差あり)が体感でき、音楽鑑賞にもじゅうぶんに耐えうる性能があると思うが、たまにだけどBluetooth接続が突然切れてイヤホンの再起動を余儀なくされることがある。
欠点はケーブルが擦れるときのノイズになるだろうが付属のクリップを使ってケーブルを固定すれば気にならなくなるレベルだ。
マイクも右耳ケーブル途中の本体に内蔵されているようで電話も簡易的であれば普通にできる。
それにしても最近のこの手の安いヘッドセットの性能は目を見張るばかりで、つい誘惑に負けてあれこれ買ってしまいそうで怖い。
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カテゴリー
月別アーカイブ
記事検索
メッセージ