柴犬と1400GTR

柴犬・コテツと小鈴とカワサキ1400GTRと食べ歩き日記

ヒトリゴト

天皇誕生日一般参賀

てんの - 1てんの - 2
2016年12月23日(金)天皇誕生日の午前8時前に自分は皇居前広場に居た。
言わずもがな天皇誕生日一般参賀のためだ。
東京に土地勘の全くない自分はここにちゃんと来れるか心配だったのだが皇居周辺には警察官が沢山いるので道を尋ねたら親切に案内してくれた。
てんの - 3てんの - 5
しかし朝から凄い人だ。
ざっと見回しただけでも3万人以上はいることだろう。
列に並んでいるとどこからともなく日の丸が手渡された。
てんの - 4てんの - 6
DJポリスのように先導してくれている警察官もたくさんいるのでこれだけの人数でも静かにきちんと整列して並んでいるのだろう。
周りを見渡すと老若男女満遍なくいるのだが外国人、特に白人が多いのがよくわかる。
てん - 1
さて9時半になると皇居正門が開いていよいよ中に入ることが出来る。
基本的にかなり多くの人数ではあるが自分は一人だったので昔スキーでリフトに並んだ要領でうまいこと徐々に前に進んでいけた。
てんの - 7てんの - 8
正門をくぐったあと道が右に曲がっていたので行列の先頭が見えたが、警察官の後ろには右翼な服装の方々が見える。
てんの - 9てんのう - 1
報道陣も多くカメラを構えているのだが運良く右翼の方々の近くまで前に出ることが出来て先頭まであと5列くらいの場所を確保できた。
ちょうど10時20分になると天皇陛下、皇后陛下そして皇太子殿下がお出ましになられてあちこちから「天皇陛下、万歳!天皇陛下、万歳!」と歓声が上がり日の丸が振られる光景は壮観だ。
てん - 3
その後、天皇陛下のお言葉があるのだがあれだけ騒がしかったのが水を打ったように一気に静かになった様はちょっと体験した事がないくらいで、一般参賀に来るような人々の認識の高さを感じる。
てんの - 10てんの - 11
お言葉が終わると再び「天皇陛下、万歳!」となり一般参賀が終わるのだが入ってきた方向から逆方向へ進み、皇居外へと誘導される。
てんの - 12てんの - 14
皇居は基本的に江戸城跡なのでそれらしい雰囲気に満ちており普段の日でも見学できるようだ。
それにしても今上天皇陛下のご尊顔を拝謁できるのはまさに恐悦至極だし譲位の話もあるので単純に日本人としてはやはり人生に1度は一般参賀に訪れるべきじゃないかと思った。

靖国神社 昇殿参拝

やすく - 1やすく - 4
新年明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い申し上げます。
九段下駅から歩いていると靖国神社の大鳥居が見えてくる。
やす - 1
ずっと以前から訪れてみたかった靖国神社なのだが念願叶ってやっとここに来ることができた。
やすく - 2やすく - 3
スマートフォンのWi-Fiをここ靖国神社にしヤフーにアクセスすると靖国神社についての音声案内が始まる。
これを聞きながら先に進んだ。
やすく - 5やすく - 6
参道途中にある大村益次郎像。
ここでもWi-Fi音声ガイドで説明があるので知識がなくてもわかりやすくてありがたい。
やすく - 14やすく - 7
さらに進むと手水舎と神門がみえてくるので手や口を漱ぎ清めてから中門鳥居へと進む。
やす - 2
すると写真などでみたことがある拝殿へとたどり着ける。
やすく - 8やすく - 9
今回は通常の参拝ではなく昇殿参拝が目的なので拝殿ヨコの参集殿の「個人参拝受付」で玉串料を払う。
ここらへんのことは靖国神社の公式サイトに書いてあるので自分は予めのし袋に2千円を包んで持参していたのでそれを納めた。
待合室でしばらく待っていると神主さんに連れられて昇殿し、テレビでよくある政治家とおそらくは同じように玉串拝礼をここが大都会東京のど真ん中かと思えないほど静かで厳かな雰囲気の中行う事ができた。
結論から言えば思想云々に関わらず昇殿参拝は日本人であれば誰だって心の奥に深く沁み入るもんがあると思うので絶対にやってみることをお薦めしたい。
最後のお神酒を頂いた時は感激した。
やすく - 10やすく - 11
さて玉串料を払って昇殿参拝をすると隣接している遊就館に無料で入ることが出来る(駐車場も無料になる)。
やすく - 12やすく - 13
館内は本格的な歴史の展示物が多くあって圧倒される。
映画もやっているのでゆっくり全部見て回ると3時間もかかるらしい。
自分は時間がなかったので駆け足で全部見たがそれでも1時間はゆうにかかったくらいだから見ごたえはかなりのものだ。
昇殿参拝は通常のカジュアルな服装でじゅうぶんだし作法もよく知らなくても丁寧に説明していただける。
変な話、2千円だとちょっと安すぎたと思ったくらいで機会があれば是非ともこの昇殿参拝を体験していただきたい。

クリックリーダー

ろう - 1
少し前からその必要性を感じながらずっと問題を先送りにして逃げていた老眼問題。
自分はずっと目が良かったからとにかくメガネが嫌いだ。
サングラスだって長時間かけていられないのでスキーをやってるときはずっとゴーグルだった。
だけどさすがにこの頃歳には勝てず本や雑誌を読むのがキツくなってしまったのでとりあえずアマゾンでまずは安いのを適当に買って使ってみた。
するとびっくりするくらい手元や小さな文字までよ〜〜く見えるじゃないの。
逆に言うと今までここまで見えていなかった事に愕然とした。
ろうが - 1ろうが - 2
そんな老眼鏡だが問題は老眼鏡をかけると今度は遠くが見えにくくなってしまうこと。
そうなるとどうしても老眼鏡をかけたり外したりするのが面倒になってしまったのでこのクリックリーダーを買ってみた。
動機はNHKのにっぽん縦断こころ旅で火野正平さんが使っていたのを思い出したから(笑)
ろう - 3
届いたクリックリーダーはこんな風に弦が後ろで繋がっていて前のレンズの間にマグネットで開閉できるシステム。
ろう - 2
こんな感じに開くのだがこのクリックリーダーのミソはそのまま首にぶら下げる事が可能だ。
だからこれを使わないときはずっと首に置いておけば、老眼鏡を探し回ったりすることもないしど根性ガエルのひろしのように頭に乗っけておくこともないから非常に実用的になる。
中央のマグネットもかなり強力でパチンとくっついたら安易には外れたりしない。
ろうが - 3ろうが - 6
ただその分、首にかける以外の持ち運ぶ方法って無きに等しいのでずっとぶら下げておくか、使う場所限定での使用というのが前提となる。
ちなみに自分は職場限定の使用なので職場ではずっと着用している(笑)
ろうが - 5ろうが - 4
弦の長さは調節可能でこれだけ余裕があれば余程の特異体質でもない限りどんな人でも使える。
だけど弦が繋がっている分、耳の上で固定されているような圧迫感が常にあって、独特の装着感に慣れるまで時間を要するだろう。
人によってはこの違和感で使い続けることができなくなる可能性もある。
だが自分のようにメガネ嫌いのメガネ初心者でも普通にパソコン見たり文字を読むのにあまりにも便利なので手放せなくなってしまったくらいだから、老眼鏡の置き場に困っているような人は一度このクリックリーダーにチャレンジしてみるのも良いかもしれない。

海上自衛隊 呉地方総監部サマーフェスタ2016

いずも - 1いずも - 2
午前9時から呉のいわゆる鉄のくじら(海上自衛隊呉史料館)に行ってきた。
さ - 1
その足で向かったのは海上自衛隊 呉地方総監部サマーフェスタ2016。
アレイからすこじま駐車場にクルマを置いて入場したがこの駐車場、総監部入場とも無料だ。
いずも - 3いずも - 4
軍事基地という場所柄、入場時に厳重にチェックされるのでそれを待つ長い行列ができている。
いず - 4
チェックが終わると待っていたのは最新鋭護衛艦いずも
なんともカッコいいというより美しいと思って見入ってしまった。
いずも - 6いずも - 5
しかし自分はミリタリーマニアではないから詳しくはないのだが、護衛艦ったってこのスタイルは誰がどう見ても航空母艦にしか見えんがね〜(笑)
いず - 1
艦のヨコから中に入ると待っていたのはどでかい航空機用昇降機(エレベーター)。
これに乗って甲板にあげてくれるようだが、そういえば以前安倍総理が乗っておられるのテレビでやっていたの〜。
いずも - 7いずも - 8
まさかこんな心憎いまでの演出があるとは夢にも思わなかったから嬉しくて下痢しそうだった。
いずも - 9いずも - 10
果たして甲板にでるとそこは巨大な駐車場のよう(笑)
よもや海の上に浮かんでいるなんて信じられないくらいの広さだ。
いず - 2
そして艦首にあったのが高性能20mm機関砲
いずも - 12いずも - 11
簡単な説明文があってそのヨコに機関砲の被り物をした自衛隊員がおられて思わず笑いそうになった。
いず - 3
ブリッジとSeaRAMミサイル
いずも - 14いずも - 15
この中にも入ってみたいもんだけど機密だらけだろうからダメだろうな〜(笑)
いずも - 16いずも - 17
搭載されるヘリに艦尾にある旭日旗が実に似合っている。
いずも - 20いずも - 13
この甲板から降りるときも再びエレベーターなので都合2回もこれに乗れるのは嬉しい。
実際には前後2つこれがあって上げ下げするのだがこのサイズならオスプレイでも搭載可能なんじゃなかろうか。
って言うかその為の航空母艦なんじゃなかろうか?
いずも - 21いずも - 22
艦尾は外からは見学できなかったが後ろにも大きな開閉扉があるようだ。
これからはこの艦を何隻も用意して尖閣あたりに配備させて彼の国の脅威に備えなければならんだろう。
いずも - 23
最後は海自カレー(呉教育隊)600円を食べて帰ったがハッキリ言ってこんなの無料でええの?というほどの大感激を受けて帰路についたのだった。
さすがに最新鋭航空母艦たるいずもは大人気だったが時間の関係で、もう一隻の輸送艦おおすみの見学ができなかったのが心残りだった。
来年もまた参加したい海上自衛隊 呉地方総監部サマーフェスタだった。

換気扇交換

かんき - 1
自他共に認める不器用者の自分はこの手の作業はホンマに苦手なのだが渋々換気扇交換をやることになった。
実際ココはかつては風呂だった場所なのだが今は洗濯機が置いてあるスペースになっている。
去年この換気扇の外にキイロスズメバチの巣ができて駆除したのだがまたできたら敵わんので換気扇を回して巣ができないようにしておきたい。
だけどこの古い換気扇を回すと「ガーガー」凄まじい騒音でとてもじゃないが回せないので交換することにした。
かんきせ - 5
さて古い換気扇のカバーを外して確かめた品番が「MITSUBISHI V-12PSK2-SK2 10cm」とあるので調べてみたら現在はモデルチェンジしてV-12P7というのに変わっているらしい。
かんき - 4
三菱電機のサイトから問い合わせフォームを使って送信してみるとすぐに返信されてきて、丁寧に説明がされていた。
要は風圧シャッターがついた同じ性能の換気扇はもうなくなっていてシャッターなしの製品しか発売されていないとのことだった。
かんき - 3
ま、風圧シャッターなしでも構わなかったでV-12PD3をアマゾンで購入すると直ぐに送られてきた。
かんき - 2
しかしなんていうか古い換気扇と比較してかなりのパーツが金属からプラスティックに変更されていてその分安っぽいが軽量化しているのも間違いなさそうだ。
かんきせ - 1かんきせ - 2
一番戸惑ったのがこの連結端子で以前にやったことあるタイプと全然変わっている。
もうこの穴に電源からのコードを強く突っ込むと自動的にハマってフタで止めるといったワンタッチタイプになってるのね。
これなら誰でもできるがね。
かんきせ - 3かんきせ - 4
テストするとファンが回ったのであとはネジで止めるだけなのだがこのネジ位置が4隅固定の昔のとは異なっていて左右2個に変更されている。
新たにネジ穴をどうにか2つ開けて固定に成功したがたまげたのはその作動音。
静かってレベルを遥かに超えて回っているのがわからんほど。
これなら四六時中作動していても全く問題はないと思うが換気扇も日々進化しているコトを実感した出来事だった。
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カテゴリー
月別アーカイブ
記事検索
メッセージ