柴犬と1400GTR

柴犬・コテツと小鈴とカワサキ1400GTRと食べ歩き日記

映画ビュー

猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)

DeJHhL3yHfPEx7zDpGEfcyJ3dGt3fAjbcVO7Is8M86RvIdWcPj0igRJ3B5PoZ3dy
『猿の惑星』の前日譚(たん)を描いた『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』『猿の惑星:新世紀(ライジング)』の続編となるSF大作。
猿と人類が地球の支配者を決する戦いの一方で、自らの種族を守るべく行動する猿のリーダー・シーザーの心の葛藤も映す。シーザーは、前2作に続きアンディ・サーキスが演じる。
共演は、ジュディ・グリアとウディ・ハレルソンら。監督は前作と同じくマット・リーヴスが務める。 
20171221-2
猿と人類の全面戦争が始まってから2年が経ち、シーザー(アンディ・サーキス)が率いる猿の群れは、森の奥深くのとりでに姿を隠していた。
ある日、奇襲によってシーザーの妻と息子の命が奪われる。シーザーは人類の軍隊のリーダーである大佐(ウディ・ハレルソン)に復讐するため、オランウータンのモーリス(カリン・コノヴァル)らと共に旅立つ。 ymuq6RwBIMz215EZRCb8chLfFpeh185tJDa9dJD9
猿の惑星 創世記は観たが新世紀は観ずにこの映画を観た。 
猿は恐らく昔のような被り物ではなく(主役の猿は特殊メイクなんかも知れないが)全部CGなんだろうがその進歩たるやもはやどれが本物でどこまでCGか区別がつかないほどで、それをここまで多用されると実写映画と言うよりCGアニメに俳優がちょい出演してるだけと言うのが実態だ。 図1猿の惑星・聖戦記
ここまで出来るなら実写映画と言いながら風景や背景だけ本当に撮影して登場人物や乗り物は全部CGという作品が出来ても不思議じゃない。 22
さて物語は人間対猿の闘いを猿の視線から描いたもので内容は取り立てて目新しいものではない。 
人間なのに猿より野蛮なのもいれば猿なのに人間より人間らしいのも登場する。 
猿の中には猿を売り人間側について協力してる裏切猿もいてコレはリアリティがある。 
猿視線のストーリーだからだんだん人間が憎たらしく思えてくる。 
後半の戦闘シーンの迫力はかなりのもので見入ってしまうがラストのまさかのオチはこれなら納得が行く。 
いつまでたってもつまらない争いをやめられない人間は実際問題、ホントに猿よりアホなんかも知れん(笑)

県警対組織暴力

img_0
『仁義なき戦い』の深作欣二監督が暴力団を取り締まる警官に焦点を当て、警察の裏側を描き出した衝撃作。
暴力捜査で叩き上げられたベテラン・久能の、ヤクザ社会を知り尽くしたが故に悪徳の泥沼でもがく宿命的な生き様を描き出す。 SID0020873
警察の権力に癒着する組織と、甘い汁を吸おうとする腐敗した警察。
菅原文太主演×深作欣二監督×笠原和夫脚本で放つ強烈な傑作バイオレンス。 
監督: 深作欣二 脚本: 笠原和夫 出演: 菅原文太/梅宮辰夫/松方弘樹/金子信雄 imgffee51e2zik2zj
舞台は「倉島市」という架空の都市の設定だがどうみても自分の故郷の呉市の風景が映ってるし登場人物がほぼ広島弁を話しているので県警とは広島県警の事だろう。 
主役の菅原文太はやくざ者ではなくなんと、マル暴の刑事だ。 10006983_h_pc_l
マル暴の刑事はやくざと大して変わらないとかいうがこの映画の菅原文太は角刈りこそしてないがやくざより迫力がある。 
それより胡散臭いスケベ社長やらせたら日本一の金子信雄の怪演は圧倒的な存在感だ。 
テーマはズバリやくざを取り締まる警察とやくざの癒着と腐敗で実際こうだったのであろうと容易に想像できる。 C3FnF-mVcAAI7F7
その腐敗を真っ向から正そうとする梅宮辰夫との軋轢などリアリティがありすぎる。 
1975年公開の映画だから今から43年も前になれば出演している俳優さんはほとんど亡くなっておられるのが悲しいがそのギラギラした勢いある映像は今観ても全く古びていない。 
それどころかCGとかを使えない分、役者のスキルがモロに反映されていてみんなの迫力ある映像を作ろうと言う気概が感じられる。 prefectural-police-vs-organized-violence
暴力シーンもよく練り考えられていて実にセンス良くまとめられているのはあの仁義なき戦いシリーズよりも上じゃないかと思うほど。 
ラストの梅宮辰夫の転職には色々考えさせられるが菅原文太の警察官の制服姿に違和感を覚えたのは自分だけではないだろう(笑)

インターステラー

interstellar_400-980
『ダークナイト』シリーズや『インセプション』などのクリストファー・ノーラン監督が放つSFドラマ。
食糧不足や環境の変化によって人類滅亡が迫る中、それを回避するミッションに挑む男の姿を見つめていく。 
主演を務める『ダラス・バイヤーズクラブ』などのマシュー・マコノヒーを筆頭に、『レ・ミゼラブル』などのアン・ハサウェイ、『ゼロ・ダーク・サーティ』などのジェシカ・チャステインら演技派スターが結集する。 
深遠なテーマをはらんだ物語に加え、最先端VFXで壮大かつリアルに創造された宇宙空間の描写にも圧倒される。
INTSTR_SD_r
近未来、地球規模の食糧難と環境変化によって人類の滅亡のカウントダウンが進んでいた。 
そんな状況で、あるミッションの遂行者に元エンジニアの男が大抜てきされる。 
そのミッションとは、宇宙で新たに発見された未開地へ旅立つというものだった。 
地球に残さねばならない家族と人類滅亡の回避、二つの間で葛藤する男。 
悩み抜いた果てに、彼は家族に帰還を約束し、前人未到の新天地を目指すことを決意して宇宙船へと乗り込む。
164454_02
ダークナイトやインセプションのクリストファー・ノーラン監督作品と聞いて何の予備知識もなく観た。 
インターステラーとは「別の銀河系へと有人惑星間航行」のことでいわゆるSF映画のジャンルに入るだろう。
interstellar-poster-560x811
どことなくあの宇宙戦艦ヤマトなどの日本のアニメを思い出させる内容だがこの映画のテーマは家族愛なのだろう。 
3時間近い長い映画だが難解な部類に入るので必死でセリフを追わないとわけがわからなくなる。 
それに宇宙と地球の時間のズレが生じる設定なので益々理解しにくくなる。
349221_003
更に後半は人間ドラマか複雑になり頭がこんがらかってくるがアン・ハサウェイがキレイなのでオッサン的にな目の保養になる(笑)
8D25575A-2E82-4876-B8BE-168C670104CC-718x404
比較的ゆったりとしたストーリーが終盤は一転スリリングな展開で目が離せなくなるこの作り込みは凄い。 
あらゆる細かい伏線を張り巡らせどんどん回収するのは非常によくできた脚本の特徴だがその点でもこの映画は素晴らしい。
20161205204406
ラストは2001年宇宙の旅みたいに抽象的になるので最後まで付いていくのに必死だったがなんとか最後までたどり着いた。 
こりゃ絶対続編が出来そうなので今から期待したい。 
やはり時間がズレる物語は自分の中で整合性がつかないのでアタマがグチャグチャになるわ(笑)

映画ドラえもん のび太の宝島

nobitanotakarajima-1
テレビアニメ「ドラえもん」の演出を多数担当した今井一暁が、映画版初監督を務めた劇場版『ドラえもん』シリーズ第38作。
宝島を舞台に、ドラえもんとのび太たちが冒険を繰り広げる様子が描かれる。
テレビドラマ「コウノドリ」シリーズなどで俳優としても活躍しているシンガー・ソングライターの星野源が主題歌を担当。
ボイスキャストには水田わさび、大原めぐみ、かかずゆみらおなじみの面々のほか、『探偵はBARにいる』シリーズなどの大泉洋が参加している。 sp00000030523
ジャイアンたちに宝島を発見すると宣言したのび太は、ドラえもんのひみつ道具「宝探し地図」を頼りに宝島を探す。
その地図には太平洋上に突如出現した島が表示され、のび太たちはノビタオーラ号と命名した船に乗って、島を目指す。
だが、島に上陸する一歩手前で海賊の襲撃を受け、しずかが海賊船にとらわれてしまう。
 maxresdefault
東宝のドル箱、ドラえもん映画最新作。 
監督の今井一暁はここなんかを見ると様々なアニメを手がけてきたようで今回のドラえもんが監督として大抜擢されたようだ。 
この手のお子ちゃま向けアニメ映画は大体に若手アニメ監督の登竜門みたいなもんでここで評価されればオリジナルのアニメ作品を任せられるよるになる事が多い。 
ZBe3Dq7DwVUSmKz_ePKLJ_23
この映画は「宝島」がベースになってるようだが決して子供相手と雑にならず驚くほど丁寧に作り込まれている。 
自分らの世代は声優さんが一新された今のドラえもんに今だに慣れなかったがこの映画を観てると普通に受け入れられるようになってしまった(笑) 
海賊がテーマみたいなのでどことなくワンピースの世界観とダブってしまうがさすがは子供が喜びそうな勘所はキッチリ押さえてあるなと感心する。 
chara6
今やビッグスターに成長した大泉洋がかなり重要な役の声優をやっているのだが元々千と千尋の神隠しで番台蛙で出演していたしまるで遜色もないし、長澤まさみも声優上手くて最後まで全く気づかなかった。 
maxresdefault2
最近のドラえもんの映画は子供に連れられて仕方なく同行した保護者の方が感動しまくるとか聞いたことあるがこの作品でもそのような現象が起きたであろう事は想像に難くない。 
子供が大きくなった自分などは近い将来孫とこういう映画に行くハメになってしまいそうだがついつい泣いてしまいそうで怖いわ(笑) 
しかし日本のアニメ監督も次々と才能ある人が出てくるのはこれからの彼らが創る作品が益々楽しみになってしまう。 

不能犯

56290bfc1dbdcc5da396f5d9b306ea2a6d7a1b23_xlarge
『戦慄怪奇ファイル』シリーズなどの白石晃士が監督を務め、グランドジャンプ連載のコミックを映画化したサスペンス。
何度も変死事件現場で目撃されながらも、誰もその犯行を立証できない主人公が暗躍する姿を活写する。
『ツナグ』などの松坂桃李がダークヒーローに挑戦。人の心をいともたやすくコントロールできる謎の男の、善悪を超越した振る舞いに翻弄(ほんろう)される。 20180202013715
大都会を舞台に立て続けに変死事件が起こり、その現場には決まっていつも黒のスーツを着た男の姿があった。
その男は宇相吹正(松坂桃李)で、“電話ボックスの男”とSNSで話題になっており、とある電話ボックスに殺人の依頼を貼るだけで必ず遂行されるとささやかれていた。
実際に標的は100パーセントの確率で、事故や自殺や病気によって命を落としており……。
151041111095047848180
原作はマンガのようだが全く予備知識なしで観た。 
主演は松坂桃李でいわゆるダークヒーロー役だ。 
要は現代版、必殺仕事人みたいなもんだがこれにホラー要素を加えてありなかなか斬新で面白い。 
本当にプラシーボ効果でヒトが殺せるかは別としてストーリーとしてはかなりのもんだ。
e4fdb5108d9eea65145f5b420962e745-1
警察官役で矢田亜希子が出ていたのは嬉しかったが準主役で台詞も多い沢尻エリカの下手っぴさが少々気になった。 
物語はポンポンとテンポよく進み次第にこの映画の世界に惹き込まれてしまった。 
まあ誰にだって一人くらいキライなヒトがいるだろうからこの手の映画は共感を得るのだろう。 
ストーリー後半はやや強引な感がしないでないが一本の映画として細かい伏線が張り巡らされていて回収すると言ったように、マンガが原作としても全く先が読めず脚本が極上だ。
top
松坂桃李もこんな闇の深いダークな役はあまりやったことはないだろうが顔色悪く鬼気迫る演技にはまり役を予感させる。 
このラストだったら続編が出来そうだから期待して待つことにしようと思った。
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カテゴリー
月別アーカイブ
記事検索
メッセージ